テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年2月1日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
40歳女性から、私の連れ子の娘と夫は相性が悪い、それが原因で夫婦喧嘩になり、昨夜、夫が家を出て行って連絡しても既読スルー、どうすればいいか?という相談。

目次

スポンサーリンク

昨夜、夫が家を出て行った

相談者は40歳女性、バツイチで再婚して1年、夫は35歳で初婚、前夫の子、娘15歳で高校1年生。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。(風邪をひいたのか、声がかすれている今井先生)

相談者:あっ、よろしくお願いします。

今井通子:はい。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

相談者:主人が、家を・・

相談者:出て行ってしまってぇ。

今井通子:あらら。

相談者:え・・どうすれば・・

相談者:いいか・・

相談者:という・・相談なんですが。

今井通子:まずあなた、おいくつ?

相談者:はい、え・・40歳です。

今井通子:ご主人は?

相談者:は(わ)、30・・

相談者:5です(35)。

今井通子:ご結婚、何年目?

相談者:一年・・

相談者:です。

今井通子:一年?

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:あなたは、初婚?

・・

相談者:え・・再婚です。

今井通子:あ、再婚?

相談者:はい。

今井通子:え、ご主人の方は?

相談者:は(わ)、初婚です。

今井通子:初婚?

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:あなた前は・・初婚っていうか、最初は・・

今井通子:何歳から、何歳まで?

相談者:はい、え・・最初は、23歳から・・

今井通子:うん。

相談者:え・・31歳まで。

今井通子:っていうことは、お子さんいらっしゃる?

相談者:はい。

相談者:今、15歳の、高校1年生が・・の、女の子です。

今井通子:でぇ、今回は、そうすると・・一年前に・・

相談者:はい。

今井通子:あの、お子さん・・も、連れて、結婚されたの?

相談者:はい。

今井通子:なるほど。

・・

今井通子:でぇ・・ご主人の方は・・

今井通子:初婚なんですよねぇ?

相談者:初婚です、はい。

今井通子:うん。

今井通子:でぇ・・一年間を・・

今井通子:幸せに暮らしていた(苦笑)?

相談者:あっ、その前から、え・・一緒には暮らしていて・・

今井通子:あっ・・なるほどなるほど。

相談者:そう・・はい。

今井通子:何年ぐらい?

相談者:娘が・・12歳からなので・・

今井通子:そうですね。

相談者:三年と半年ぐらい・・はい。

今井通子:うん、三年あまりね、はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇ・・じゃあその、同棲してたのに、じゃあ結婚しようってなったのはなぜ?

・・

相談者:家を・・

相談者:買った。

今井通子:ああ・・なるほど。

相談者:はい。

相談者:はい。

今井通子:それでそのぅ、買った家に・・

今井通子:今、あなたは・・

今井通子:今、いらっしゃいますよね?

相談者:はい・・住んでます。

今井通子:うん、でぇ、ご主人が・・

今井通子:え、出て行っちゃたと?

相談者:昨日の・・

相談者:夜、はい、そうです。

今井通子:昨夜、出て行って?

相談者:はい。

今井通子:ま、まだ帰って来ない(苦笑)?

相談者:帰って来ないですね、はい。

今井通子:あ、でも・・あれでしょう?

相談者:会社に・・

今井通子:会社に・・お勤めでしょう?

相談者:はい、そうです、会社に・・行ってます。

今井通子:うん。

相談者:はい。

今井通子:会社には行ってる?

相談者:はい。

今井通子:それは確かめた?

相談者:いえ、確かめてないですが、たぶん行ってると思います。

・・

今井通子:ん?携帯かなんかに電話してないの?

相談者:あっ、えっと・・

今井通子:メールして。

相談者:連絡したんですが、既読がつかないので。

今井通子:うん。

今井通子:それでなんか喧嘩した?

相談者:喧嘩しました。

今井通子:う、うん(苦笑)・・

相談者:はい。

今井通子:な、なんの喧嘩したの?

相談者:わたしが思ってるのは・・

相談者:娘と折り合いが悪い・・

今井通子:うん。

相談者:ことを、わたしに愚痴ってきたんですが。

相談者:わたしがそれならば・・「もう一緒に暮らさない方がいいんじゃないか?」と言ってしまい。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、彼は・・

相談者:「え?なんでひと言、わかるよと言ってくれない・・の?」と・・

今井通子:うん。

相談者:「でももう、俺がいつも悪者だね」と言って・・

・・

相談者:というメッセージが来て・・

・・

相談者:「俺が出ていくから・・」

相談者:ということでした。

今井通子:でぇもう、帰って来ないよと?

相談者:はい。

今井通子:はい、それで・・今日のご相談はなんですか?

相談者:えっと、わたしは・・彼、のことが好き・・なんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、娘と彼は、たぶん・・

相談者:相性が悪いと思うんです。

今井通子:はい。

相談者:はい。

相談者:娘はその・・マイペース・・な感じで、わたしはそれが・・

相談者:彼女の・・個性だなと思って・・

相談者:いいと思って・・

相談者:思って過ごしてるんですが。

今井通子:はい。

相談者:彼は、その人から愛される子に・・

相談者:しなければ・・いけないと思うよと。

相談者:言っていて。

今井通子:うん。

相談者:わたしはそれはそのぅ、ピンと来てない・・ですね。

今井通子:うん。

相談者:人から愛される子供・・

相談者:じゃなくても・・

相談者:いい・・いいんじゃないかと思っていて。

今井通子:うん。

相談者:そこの、食い違いがあって、いつも喧嘩・・

今井通子:うん。

相談者:すると思います、はい、なのでぇ、わたしの・・

相談者:考えを直すところがあるんだったら、教えていただきたいし。

相談者:彼の言っていることが、わたし・・が、あまり、理解できてないので。

今井通子:うん。

相談者:はい、そこを、わたしがどうすればいいのか・・を、教えていただきたいなと思って、ご相談いたしました。

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ、三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので・・

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生、よろしくお願いします。

相談者:お願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今井先生の最後のコメントにビックリ!
    そう言えばそんなような話を聞いたことがあるなあ。
    世間ではよくあることなのかしら?

    にしても、子連れの女と結婚するにはよほどの覚悟と能力が必要なのは確か。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA