テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年2月3日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
49歳女性から、長女との関係を改善したい。突破口を開きたいと思う。コントロールマザーだったという相談者、長女が働きに出るとギクシャクするようになってきた。

目次

スポンサーリンク

娘との関係を改善したい

相談者は49歳女性、夫は56歳、長女21歳(短大を卒業して社会人一年生) 次女17歳

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、あっ、こんにちは・・

加藤諦三:さい・・

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください。

相談者:はい、49歳です。

加藤諦三:49歳・・結婚してます?

相談者:はい、結婚しております。

加藤諦三:え、ご主人、何歳ですか?

相談者:はい、56歳です。

加藤諦三:56歳・・お子さんは?

相談者:はい、長女が21歳。

加藤諦三:はい。

相談者:次女が、17歳です。

加藤諦三:はい、でぇ今、四人で暮らしているわけですね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:はい、長女との・・関係を改善したいのでぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:え、あの、突破口を開きたい、と思いますのでぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:ご、ご指導をお願いしたいと思います。

加藤諦三:あの、長女との関係が、今、上手くいっていないということ?

相談者:そうですねぇ。

加藤諦三:例えば具体的に、いつ頃からですか?なんとなく、こうギクシャク始めたのは?

相談者:ギクシャク始めたのは、えっと、短大から帰ってきた感じですかね。

相談者:社会人一年生なんですけれども。

加藤諦三:はい。

相談者:社会人になって、いろいろ環境が変わりましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:あの、今まであのぅ・・結構・・あの、甘えん坊な、感じだったのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっとあの、自立させるために、わたしはあまり、あのぅ・・

相談者:いろいろ関わらないようにしてたんですけれども。

加藤諦三:ええ。

相談者:いろんなことが、新しいことでぇ、本人にとっては、覚えることとか、忙しいこととか。

加藤諦三:うん。

相談者:あってぇ、あの、なかなか思うようにいかない、あのぅ、ところが、あの、また・・

相談者:あたりどころ(?電話が遠い)なってしまってるって感じ・・なんですけれども。

加藤諦三:でぇ、例えば具体的に言うと・・

相談者:あっ、いや・・

加藤諦三:気持ちの動きとか、言葉とか、ど、どんな・・

相談者:そう・・ですねぇ・・あのぅ・・もともと、そうですね、表面的には・・子供の時からなのかもしれないですね。

相談者:やっぱりあの、長女なんでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:いわゆるいい子だったんですよね。

加藤諦三:はあ、はあ、はあ。

相談者:でぇそれで、やっぱりあの、いじめ・・とかったりして。

相談者:本人も、あ・・

加藤諦三:いじめに遭ったっていうのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:いじめられた方?

相談者:いじめ、られた方です、**・・

加藤諦三:いじめられた方ですね、はい。

相談者:はい、本人もあの、強くてあの、親には言い辛くて・・ある程度大きくなってから、こうだったああだったっていうのを・・

相談者:あのぅ、わたしじゃなく、えへっ(苦笑)・・

相談者:他の、あのぅ、親戚の・・

相談者:方とかに・・

相談者:「こんなことがあったんだ」みたいな感じで。

加藤諦三:ふんふんふん。

相談者:聞いたのが、初めてで。

相談者:はい。

加藤諦三:あの、いじめ・・られてるってことは、すごい・・深刻な問題だと思うんだけれど。

相談者:はい。

加藤諦三:その、深刻な問題を・・

相談者:はい。

加藤諦三:一番、近い、お母さんに言えなかったっていうことは・・

相談者:はい。

加藤諦三:どう解釈していいんでしょうか?お母さんと、いちばーん(一番)心の深いとこで繋がっていなかったって解釈していいの?

相談者:そうですねぇ、やっぱり、あのぅ・・わたしの方も・・

相談者:精神的に・・こう、追い詰められてた部分もあったんでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:結局・・わたしが子供に依存してたっていうことになるんですかね?そういうのは?

相談者:はい。

加藤諦三:いわゆる、過干渉?

相談者:過干渉・・ですねぇ。

相談者:なんかあのぅ、いわゆるコントロールマザーだったのかなぁ・・って、今になって思うんですけどね。

加藤諦三:ああ・・

加藤諦三:それで、小さい・・頃は・・

相談者:はい。

加藤諦三:まぁ、コントロール・・するまで・・

加藤諦三:ママになっていたと。

相談者:はい。

加藤諦三:つまり・・

・・

相談者:はい。

加藤諦三:親に・・

・・

加藤諦三:従順だったと。

相談者:そうなんです。

加藤諦三:ところが・・

相談者:はい。

加藤諦三:だんだんと、成長してきて。

相談者:はい。

加藤諦三:従順でなくなってきた。

相談者:はい・・そうです。

加藤諦三:もう、従順の裏にある・・

相談者:うーん・・はい。

・・

加藤諦三:ちょっと、言葉がキツイんですけども、従順の裏にある敵意・・っていうのが・・

相談者:そういうことになりますかねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:が、オモテに出て来たと。

相談者:そうです。

加藤諦三:でぇ、あなたとしては、この長女、21歳の長女。

相談者:はい。

加藤諦三:今も、社会人一年生っておっしゃってましたから。

相談者:あっ・・はい。

加藤諦三:実際に接する・・機会は多くないんですね?

相談者:そうですねぇ。

加藤諦三:だってあなた・・

相談者:はい。

加藤諦三:会社に・・出てく、朝、出て行っちゃうわけでしょう?

相談者:はい、出て行っちゃいますねぇ、はい。

加藤諦三:いや・・

相談者:でぇ、たまにあの、食卓を囲んだとしても。

加藤諦三:ええ。

相談者:「あっ、なに?こんな会話してるの?」みたいな、そんな(苦笑)・・感じでぇ・・

相談者:ちょっとあのぅ・・会話・・をしても、言葉尻を指摘・・「その言葉遣いないんじゃない?」なんて妹に・・こう・・指摘して、なんか、場の空気が悪くなるような・・そんな感じなんですねぇ。

加藤諦三:うん・・

相談者:はい。

加藤諦三:そうしたら、今まで・・このお嬢さんがあって・・

相談者:はい。

加藤諦三:自分の人生があるというような・・

相談者:はい、はい。

加藤諦三:お嬢さん・・の・・

加藤諦三:心理的に、依存していた・・

相談者:はい。

加藤諦三:のが・・

相談者:はい。

加藤諦三:いろいろトラブルが出来て、今、どうしていいか、わから・・ないと。

相談者:そうです。

加藤諦三:どうしたらいいんでしょう?というのが、今日の相談?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:という***・・はい、わかりました。

相談者:はい。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:あっ、はい、よろしくお願いします。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA