テレフォン人生相談
ドリアン助川・マドモアゼル愛

ドリアン助川・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2020年2月5日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
52歳女性から、シングルマザーとして女手一つで育てた娘、大学を出てもまともに働かずデリヘルに勤めてホストに貢いでいた。10年付き合っている大学の先輩と今月籍を入れるもお金がなく別居婚状態。娘の将来が心配。

目次

スポンサーリンク

風俗で働きホストに貢いだ娘

相談者は52歳女性、出来婚し借金が原因ですぐ離婚、娘28歳と二人暮らし。娘の夫29歳は大学の先輩で10年付き合っている。

ドリ助:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

ドリ助:はい、よろしくお願いします。

ドリ助:え、今日、どんなご相談でしょうか?

相談者:娘の子育てがねぇ。

相談者:ちょっと間違っていたのかなぁ・・っと思って、ちょっと今人生が・・もう・・どうしていいかわからなくなってるんです。

ドリ助:あなた・・が・・

相談者:あっ、そうです。

ドリ助:ということですね。

ドリ助:娘さんおいくつなんですか今?

相談者:え・・28歳です。

ドリ助:28歳・・あなた様は?

相談者:52歳です。

ドリ助:52歳・・まず今、起きてることはどんなことなんでしょう?

相談者:今月に・・婚姻届けは出したんですけどね。

ドリ助:娘さんが?

相談者:はいそうです。

ドリ助:はい、はい。

相談者:え・・でも・・あのぅ、旦那さんも、娘も・・お金を持っていないため、別居結婚になってるんです。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ、わたし今まで娘に・・もうたくさんのお金を・・つぎ込んだっていうか・・

相談者:とられたというか(苦笑)・・

ドリ助:ほう。

相談者:ま、そういうのでぇ。

相談者:「こうこれ以上だせないから」・・

相談者:「引っ越し代ないよ」・・って言ってたんですが。

相談者:別居結婚が、長くなって娘が沈んでいてぇ。

相談者:これじゃあダメだと思って。

相談者:出したんです、お金を、敷金、礼金とか・・

ドリ助:はい。

相談者:保証金みたいのをね。

ドリ助:ええ。

相談者:それで来週引っ越しに、やっとなってくれるんですけどね。

ドリ助:はい。

相談者:それでもなんか・・感謝もないし・・

ドリ助:うん。

相談者:まぁ、大学出て・・まぁ、ほとんど働いてなかったんですねぇ。

ドリ助:うん・・

相談者:わたしは知らなかったんですけど。

相談者:少し・・風俗にも行ってましたりしてぇ。

ドリ助:風俗のアルバイトをしてたということですか?

相談者:まぁ、アルバイトじゃないですねぇ、毎日やったから。

ドリ助:ああ・・そうなんだぁ、うん・・

相談者:でぇあたしは命がけで、辞めさしました。

ドリ助:はい。

・・

相談者:でぇ、もう、わたしも貯金を切り崩して、娘に渡してきたので。

ドリ助:うん・・

相談者:あたしは・・

・・

相談者:甘やかし過ぎた結果、こうなったんかな、と思ってぇ。

相談者:父親が居ない分ねぇ・・わたしは絶対に苦労はさせんという・・気持ちで育ててきたんです。

ドリ助:あなた様・・は・・

相談者:はい。

ドリ助:一回、結婚はしたんですか?

相談者:結婚したんですが・・

ドリ助:はい。

相談者:ちょっと・・

・・

相談者:とても・・酷い人で、もう、出来ちゃった婚で、出産してすぐに離婚しました。

ドリ助:でぇ、それから・・

相談者:はい。

ドリ助:ま、シングルマザーとして。

相談者:そうです。

ドリ助:お嬢さんを育ててきたと。

相談者:そうです。

ドリ助:うーん・・その間、結婚したりってことはなかったんですね?

・・

相談者:え、したいとは思ってましたが、やっぱり、グレたら嫌だと思って娘が。

ドリ助:はい。

相談者:一切、それは止めてたんです。

ドリ助:ふぅーん・・

相談者:そしたら・・四年前ぐらいに・・

ドリ助:はい。

相談者:娘が、「お母さん、もういいよ」って言ってくれたんでぇ。

ドリ助:ええ。

相談者:お付き合い、まぁ、してる人は居ます。

ドリ助:あっ、今ね。

相談者:はい。

ドリ助:ふん、うん。

ドリ助:どんな仕事をしてこられたんですか?支えるために。

相談者:えっと、三年間は・・その離婚した旦那さんが、借金・・

相談者:280万、わたしの名前で・・昔は借りれたんですねぇ。

ドリ助:はい。

相談者:それを、や・・ってしまっていたのでぇ。

ドリ助:はい。

相談者:朝・・と・・夜・・

相談者:まぁ・・

相談者:水商売ですけど。

ドリ助:はい。

相談者:三年間して。

ドリ助:うん。

相談者:借金、返せたのでぇ。

ドリ助:はい。

相談者:その後は・・

相談者:建設会社の・・

ドリ助:はい。

相談者:営業として、もうずーっと・・頑張ってます。

ドリ助:ずーっと?うんうん。

ドリ助:でぇ、大学も出されたっておっしゃいましたねぇ?

相談者:はぁい。

ドリ助:でぇ・・

ドリ助:だけど、なんかそのぅ・・あと・・どこか就職ということではなくて、風俗の方、行っちゃった?

相談者:まったく、そうなんです。

ドリ助:ふぅーん・・

相談者:あれ、なんて言うんかなぁ?あれ?

ドリ助:ええ。

相談者:で、でり・・デリシェル?

ドリ助:デリヘル?

相談者:はい、はい。

ドリ助:なんか、きっかけがあったんですかねぇ?そっちに行く?

相談者:お友達が行ってたらしいです。

ドリ助:うんでぇ、お金になったんですかねぇ?

相談者:全然、なってません。

ドリ助:なってない?!20代・・の若さで・・その世界飛び込んで、毎日やってたら・・

ドリ助:すごくお金になってそうな気がするんだけど?

相談者:全部・・使ってました。

・・

ドリ助:なに?ホストクラブ?

・・

相談者:あっ(涙声)、そうです。

ドリ助:ありゃあ・・

・・

相談者:それでまだ未収とか、そんなんでもねぇ・・

ドリ助:うん・・

相談者:わたしは払ってきてねぇ。

・・

相談者:もう・・

ドリ助:あの・・

相談者:どういうふうに・・はい?

ドリ助:付き合ってる男性いなかったのかな?

相談者:旦那さんは、大学の先輩なのでぇ・・

ドリ助:ええ。

相談者:付き合って10年なんです。

ドリ助:あっ・・

相談者:ええ。

ドリ助:旦那さんと付き合ってるのに風俗行っちゃったん?

相談者:はい。

ドリ助:毎日、デリヘル?

相談者:はぁい・・

ドリ助:でぇ、ホスト?

相談者:はぁい・・

ドリ助:あらぁ・・

相談者:高校までは真面目やったんですけどねぇ。

ドリ助:うん・・

相談者:なんか、大学でお酒を覚えてしまってぇ。

ドリ助:ええ・・

相談者:もう大学も・・ろくに・・あんま行ってなく、ギリギリ卒業できました。父親がいないからなのかと、わたしが自分をずっと責めてきてぇ。

ドリ助:うん・・

相談者:でも、どうしようもないし・・

ドリ助:じゃあ、今、起きてること、もう一回整理しますけれども。

ドリ助:娘さん28歳は・・

相談者:はい。

ドリ助:え・・まぁ、10年前から付き合ってる・・

相談者:はい。

ドリ助:男性がいるわけですね。

相談者:はい。

ドリ助:大学の先輩ということで。

相談者:そうです。

ドリ助:でぇ、この方ともう・・法律上の結婚はしてるわけですね?

相談者:はい。

ドリ助:はい。

ドリ助:ただそのぅ・・

ドリ助:これまでは、お金がお互いないので別居結婚ということで。

相談者:はい。

ドリ助:でぇ・・

ドリ助:お嬢さんは・・ご自宅に居るんですか?

相談者:あっ、今は自分、わたしの、家におります、はい。

ドリ助:でぇ・・

相談者:はい。

ドリ助:えーっと、敷金や礼金、あなたが払ってあげてぇ。

相談者:はい、はい、はい。

ドリ助:二人に、新居をプレゼントしたということですね。

相談者:あっ、そうです。

ドリ助:はいはい、でぇこれから・・まぁ、二人はそこで暮らすわけだけど。

ドリ助:え・・

相談者:たぶん、無理と思うので。

ドリ助:えっ?!

相談者:不安です。

ドリ助:うーーん・・

ドリ助:まぁでも、これ、若い二人のこれから、若いって言ったって、28歳ですからねぇ・・

相談者:若くないですよ。

ドリ助:そんでそのぅ・・先輩という彼氏はいくつなんですか?

相談者:えーっと、一つ上で、29です。

ドリ助:29?29と28のカップルにねぇ・・

相談者:はぁい。

ドリ助:あんまり、あれこれ言う・・ことも出来ないと思いますけどねぇ。

相談者:はぁい。

ドリ助:でぇ・・で、とりあえず今・・こうなって、ここまで来た・・

ドリ助:52歳のあなたの・・感慨としては・・甘やかし過ぎたと。

相談者:ああ・・そうです。

ドリ助:うーん・・でぇ、結果的に・・なんだかちょっと・・

相談者:はい・・

・・

ドリ助:こういう子になっちゃったぞと。

相談者:はぁい。

ドリ助:でぇ・・

ドリ助:わたしはどうしたらいいでしょうか?という・・

相談者:ああ!そうです。

ドリ助:ことですねぇ。

相談者:これからどうしたらいいか?・・はぁい。

ドリ助:まぁ、あの、ずいぶん頑張って来られたんだと思いますよ。

相談者:ありがとうございます、はい。

ドリ助:あのぅ、問題が無い人って、一人もいませんからね。

相談者:はぁい。

ドリ助:ですから、問題の部分だけ見ると・・

相談者:はい。

ドリ助:んーってこと、なっちゃうかもしれませんけども。

相談者:ええ。

ドリ助:ま、それでは、今日の、回答者の先生に・・

相談者:はい。

ドリ助:また、話してみてください。

相談者:わかりました。

ドリ助:はい、心についてのエッセイストとしてお馴染み、マドモアゼル愛です、よろしくお願いします。

相談者:はい。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ああ、この相談者も主語を抜かして話す人なんだな。聞き手の側から「結婚したのはあなたですか?それとも娘さんの方?」などと一々尋き質さないと話が正確に伝わってこない。聴いていてイライラします。

    それはともかく、今回の愛先生の回答は適切だったんじゃないかな。相談者も納得できてたみたいだし。

    愛先生の言葉の中に「風俗嬢ができるのは自尊心が無いから」というのがありました。これはまさにその通りなんだと私も思います。
    ですが「駕籠に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」という言葉もあります。セックスワーカーがなぜ蔑まされるのか?
    セックスワーカーだけではありません、かつては履物屋さんや屠畜人、皮革業者、俳優(河原者)などなど多くの職業が差別されていました。
    自尊心が無いという視点も大事ですが、社会の在り方としての職業差別の面からも考えてみる必要があるように思います。

  2. 揚げ足鶏 さんへ
    風俗大好きなんですね
    私は風俗も風俗に通う人も嫌いです

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA