テレフォン人生相談
ドリアン助川・マドモアゼル愛

マドモアゼル・愛

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

マド愛:はいどうもこんにちは。

相談者:こんにちは。

マド愛:はい・・

相談者:お願いしまーす。

マド愛:はい、今、一番問題なの、お母さんはこれから・・

相談者:はい。

マド愛:二人できっと・・暮らしていけないだろう・・っていう不安?・・が、あるから、なわけ?

相談者:それもあります。

マド愛:うん。

相談者:と・・

マド愛:うん。

相談者:わたしは・・貯金を、そんな娘に使ってしまったのでぇ。

マド愛:うん。

相談者:あと8年しか、定年まで働けないので、その不安もあります。

マド愛:だってもういいじゃない別に、だってぇ、二人、結婚して・・

相談者:もう援助しなくていいですよね?

マド愛:当たり前じゃないそれは。

相談者:ええ。

マド愛:それをちゃんと、明快に言っといた方がいいと思うよ。

・・

マド愛:ねぇ、あの最後・・の、こういう形でぇ、お金を出してぇ・・敷金と権利金をやったから・・

相談者:ええ・・

マド愛:あとは頑張ってね・・っていうことでぇ、ん、ん、ちゃんと・・

相談者:はい。

マド愛:はっきり言っていいんじゃないですか?

相談者:そうですよねぇ。

マド愛:うん・・

相談者:はい。

マド愛:まずそれはっきりさせないと、やっぱりそこ。

相談者:わたしが、ちょっと厳しく言わないとダメなんですよねぇ?

マド愛:うん、厳しくないよね、だって当たり前のこと言うんだから。

相談者:あはっ(笑)、そうですよねぇ、はい。

マド愛:だからそこが・・気になんだよ、そこら辺が・・

相談者:はい。

マド愛:ただお母さんも、ホントにやることやってきたんだったら・・

相談者:はぁい。

マド愛:もっときっぱり態度って出せるはずなんですよ。

・・

相談者:ええ。

マド愛:ねえ、なのに・・

相談者:うん。

マド愛:甘やかしたとか・・これだけやってるとか、将来どうだとか・・

相談者:はい。

マド愛:なん、なんかきっぱりした考えが持てないのよ、娘さんに対して。

・・

相談者:あ、ああ・・

マド愛:やっぱり何らかの娘さんに対する負い目があるからだと思うの。

マド愛:きっと。

相談者:あのぅ・・

相談者:やっぱりお父さん・・

マド愛:うんいや、お父さんのことだって**だって、子供はだって赤ちゃんの時に、なってるんだから。

相談者:はい。

マド愛:変なお父さんだったらいない方が子供はよく育つと思うしね。

相談者:あ、ああ・・

マド愛:それは全然関係ない。

マド愛:だ、二人だけの関係の中に・・いて。

相談者:はい、はい。

マド愛:お嬢さんが成長期の中でぇ・・

相談者:はい。

マド愛:何かきっと・・あのぅ、お母さんが負い目を感じるような・・

相談者:はい。

マド愛:抑圧とか・・何か押し付けとか・・

相談者:あ、ああ・・

マド愛:きっとあったんだと思うんだよ僕(笑)。

マド愛:だから高校までは、真面目にやって来れたのよ(笑)。

相談者:たぶんなんですけど。

マド愛:うん。

・・

相談者:えーっと・・とても・・昔なんですけど。

マド愛:はぁい。

相談者:鬱になっちゃったんですよ。

マド愛:うん、うん。

相談者:今も治ってません。

マド愛:た・・ねえ、大変だったから、それはわかるけど、はいそいでぇ?

相談者:でぇ・・自殺を・・三回・・未遂で終わってるんですけど。

マド愛:はい。

相談者:その時、わた・・うん。

マド愛:それ、誰が、お嬢さんも見てんの?それ?

・・

相談者:見てなかったですけど・・

マド愛:はぁぁ・・はいはい。

相談者:病院に来たみたいな・・

マド愛:うんうん。

相談者:もんもあってぇ。

マド愛:うん。

相談者:それでぇ・・もう・・すっごいもう怒られます。

マド愛:ん?

相談者:それに対して。

マド愛:だ、誰に怒られるの?

相談者:え、娘です。

マド愛:あ、娘さんにね。

相談者:どんだけ迷惑かけてると思うの?って。

マド愛:なるほど、うん。

相談者:それと、あたしが鬱の時にもう、だ、喋れないぐらい・・

マド愛:うん。

相談者:辛い時があってぇ。

マド愛:うん。

相談者:もう、相手するのもしんどいし、見るのも嫌やったって。

マド愛:お母さんのことをね?

相談者:はい。

マド愛:うん、うん。

相談者:鬱陶しかったっていうのを・・

マド愛:うん・・

相談者:前々から言われててぇ。

マド愛:うん。

・・

・・

相談者:その負い目はあります。

マド愛:うん・・

相談者:今も、まだ、治ってませんのでぇ。

マド愛:うん、って言うか・・まぁ、お嬢さん、お嬢さんなりの・・

マド愛:心配があったわけだよね、お母さんに対するね。

相談者:まっ・・

マド愛:だからお母さんの方が、娘を、自分が鬱にまでなって、苦労して育ててきたとは言うものの・・

相談者:はぁい。

マド愛:もう、お嬢さんとしては・・場合によっては、お母さんを見守ることだけで、自分のエネルギー費やしちゃったような面も・・

相談者:あ、ああ・・

マド愛:逆に・・

相談者:重かったんですかね?

マド愛:重たいし、お母さん自身も娘に頼ってたんじゃないかな?って気がすんだよね。

相談者:ああ・・

相談者:そうですねぇ。

マド愛:ホントのとこは。

マド愛:うん・・

相談者:そうですねぇ。

マド愛:うん・・

マド愛:だからむれ・・

相談者:****があります。

マド愛:群れんのが嫌だっていうか・・もし、ちょっとでもグレちゃったら、母を捨てて、この子は男とどっか行っちゃうっていう危機感があったんだとおもうよ。

相談者:あっ(笑)・・

相談者:まあ・・まぁ、そうですねぇ、いろんな面でありましたねぇ。

マド愛:ね、そうしたら娘さんは元気でいられたんだよ、本当は。

相談者:はぁぁ・・そうなんですか・・

マド愛:うん、そりゃそうでしょう、だって。

相談者:あぁ、そうですね。

マド愛:なんで風俗、行ったと思う?

相談者:わからない・・です。

マド愛:自尊心がないからです。

・・

・・

相談者:自尊心・・

マド愛:自分を大事に思う気持ちを・・

マド愛:この子は・・

マド愛:知らないで育ったからなんです。

相談者:うそぅ(嘘)・・あ・・

・・

マド愛:別に風俗の人が悪いとは言いませんよ、僕ね。

相談者:はぁい、はぁい(涙声)。

マド愛:ただ・・でも高校まで真面目できた子が・・

相談者:はい。

マド愛:いきなり・・

マド愛:風俗に行って、その大事な・・

相談者:ズッ・・

マド愛:そこまでして得たお金を・・

相談者:はい。

マド愛:ホストクラブに通っちゃう。

相談者:(泣)・・

マド愛:自尊の念がないから・・以外、考えられないじゃないですか。

相談者:あ、あ・・

マド愛:ねえ。

相談者:そうなんですか(涙声)・・

相談者:友達・・みたいに・・

相談者:仲良く、仲良くしてたのも重かったんですね、じゃあ。

マド愛:**って、自分を見て・・捨てないで・・っていうときには、友達・・の態度をしたでしょうし。

相談者:はい。

マド愛:お金を出すときには、出してやってるっていう恩着せがましい親の態度になったのかもしれないし。

マド愛:その態度が・・お母さんが考え方で、きっと決められてったんじゃないの?

マド愛:だから自尊心が出来なかったんじゃないの?

相談者:はああ(ため息)・・

相談者:わかりました。

マド愛:うん、でも、お母さんも大変だったのよ、ホントに。

相談者:そうです。

マド愛:だから二人で、ホントは大変だったのよ。

相談者:ええ。

マド愛:その・・共有の思いがね。

相談者:はい。

マド愛:あの、どっかで・・出てくればいんだけども。

相談者:はい。

マド愛:とりあえずは、一度・・もう、年齢も年齢だし。

相談者:はい。

マド愛:お母さんもこれまでやってきて、自分は自分でやっていく。

相談者:はい。

マド愛:お母さんが、今、大事なのは一人で生きていく覚悟をちゃんと・・

相談者:はい。

マド愛:もう、あるよね?今はね?

相談者:あります。

マド愛:そしたら・・お嬢さんも・・安心してお母さんの元離れていける。

相談者:はい。

マド愛:可能性が、あるんでね。

マド愛:あのぅ、お嬢さんだって・・

相談者:はい。

マド愛:28歳、まだ若いから。

相談者:ええ。

マド愛:二人で共稼ぎして。

相談者:はい。

マド愛:スタート、すれば・・

相談者:はい。

マド愛:全く心配ないじゃないの、これはっきりさせておけば。

相談者:そうですねぇ。

マド愛:うん・・でぇ、向こうの・・ご両親なんかにお会いしたんですかぁ?

相談者:いえもうそれが、あ、会いもしないし。

マド愛:それは誰の意見によって会わなかったわけ?

相談者:え・・向こうの、親です。

マド愛:向こうの親が会いたくもない、じゃあ、この結婚に関して、向こうの親は反対してるわけね?

相談者:違います。

マド愛:ん?うん・・

相談者:いっぺん、自由にしていいよ、どうぞご自由に。

マド愛:うん、うん、じゃあ・・

相談者:わたしは知らないからねぇ・・と。

マド愛:じゃあなんで向こうの親は・・

相談者:はい。

マド愛:おめでたい話だねって、結婚式、挙げる、挙げない別にしても。

相談者:はい。

マド愛:はなむけの思いがないの?

相談者:ないです・・不思議でたまらないんです。

マド愛:ふぅーーん・・

相談者:とりあえず、お金は、わたしないからねって、それの一点張りでぇ。

マド愛:あ、向こうの親は?

相談者:はぁい。

マド愛:あ、ああ・・なるほどね。

マド愛:まっ、彼も、お金も・・まだ29歳だし、ないしね。

相談者:はい。

マド愛:あのぅ・・

相談者:はい。

マド愛:うちも・・男の子の親も・・

相談者:はい。

マド愛:そういう・・冷たい親だから(笑)、お前たち、二人だけで頑張っていくんだよ(笑)・・っていう・・

相談者:ええ。

マド愛:ま、そのぐらいの・・

マド愛:もう、はなむけの言葉をかえてあげて。

相談者:ええ。

マド愛:もう・・後はやってもらいましょうよ。

相談者:はい。

マド愛:い、別れの・・ときが、ねぇ、ちゃんと・・

マド愛:きてるんだと思います。

相談者:先生、ひとつ質問なんですけど。

マド愛:はい、はいどうぞ。

相談者:わたし四年前に娘にも・・お母さんいいよって言って、彼氏作ったんですけど。

マド愛:うん。

相談者:あのぅ、わたしが・・お付き合いしていってもいいでしょうか?

マド愛:なんでそんなこと、人に聞くわけ?

マド愛:だってお母さん・・

相談者:いや・・

マド愛:重いじゃない、やっぱり。

・・

マド愛:好きなの?

相談者:娘は・・

マド愛:うん。

相談者:えっ?娘は・・

マド愛:娘、関係ない、それは。

相談者:はい、はい。

マド愛:だって、愛情の問題だから。

マド愛:娘は関係ない、だって、家、出ていくんだし。

相談者:そうですよねぇ。

マド愛:全然関係ない、それは。

相談者:あっ・・

マド愛:好きなんでしょう、その人。

相談者:え、大好きです。

マド愛:じゃあ、何の‥問題もない。

マド愛:それからもう一個だけごめんなさい。

相談者:はい。

マド愛:彼と・・

相談者:はい。

マド愛:娘さんの・・

相談者:はい。

マド愛:こ、心の繋がりっていうのは・・

マド愛:別居とはいえ、あるわけだよね、これは。

相談者:あります。

マド愛:あるわけだよね?

相談者:あります。

マド愛:じゃあ、なんの心配もない、やっぱり。

相談者:はい、そうですか。

マド愛:お母さんも・・

相談者:ええ。

マド愛:心のつながりが・・その人とあれば、生きがいになるわけだから・・素晴らしい話じゃないですか。

相談者:ありがとうございます。

マド愛:ねえ、はい。

相談者:もう、もやもやがとれました。

マド愛:うん。

ドリ助:よろしいですか?

相談者:わかりました。

相談者:はい、どうも本当にありがとうございました。

ドリ助:はい・・はいはい。

相談者:失礼しまーす。




12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ああ、この相談者も主語を抜かして話す人なんだな。聞き手の側から「結婚したのはあなたですか?それとも娘さんの方?」などと一々尋き質さないと話が正確に伝わってこない。聴いていてイライラします。

    それはともかく、今回の愛先生の回答は適切だったんじゃないかな。相談者も納得できてたみたいだし。

    愛先生の言葉の中に「風俗嬢ができるのは自尊心が無いから」というのがありました。これはまさにその通りなんだと私も思います。
    ですが「駕籠に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」という言葉もあります。セックスワーカーがなぜ蔑まされるのか?
    セックスワーカーだけではありません、かつては履物屋さんや屠畜人、皮革業者、俳優(河原者)などなど多くの職業が差別されていました。
    自尊心が無いという視点も大事ですが、社会の在り方としての職業差別の面からも考えてみる必要があるように思います。

  2. 揚げ足鶏 さんへ
    風俗大好きなんですね
    私は風俗も風俗に通う人も嫌いです

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA