テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2020年2月13日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
54歳男性から、1ヶ月前に長男と一緒に家を出て行った妻から離婚調停を起された。女性関係と書かれていたが、身に覚えはないが風俗で女性とホテルには行っていた。慰謝料、財産分与、年金分割について教えて欲しい。
加藤諦三氏の〆の言葉『言っている事が問題なのではありません。何でその事を言っているのか?それが本質です。』

目次

スポンサーリンク

家を出た妻から離婚調停

相談者は54歳男性、自営業を営んでいる。妻は53歳、結婚30年、子供は二人、昨年嫁いだ長女29歳と長男27歳、妻と長男は一ヶ月前に家を出て行き、父82歳と母75歳との三人暮らし。

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください。

相談者:え・・54歳です。

加藤諦三:54歳、結婚しています?

相談者:はい。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者:53です。

加藤諦三:53歳・・お子さんは?

相談者:え、二人・・

加藤諦三:はい。

相談者:長女が・・

加藤諦三:はい。

相談者:29で、嫁いでます、去年。

加藤諦三:はい、はい。

相談者:長男が・・

加藤諦三:はい。

相談者:27。

加藤諦三:はい。

・・

加藤諦三:今一緒に暮らしてるの?長男は?

相談者:暮らしてたんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:もう、本題に入るんですけど(苦笑)。

相談者:一ヶ月前に・・

加藤諦三:うん。

相談者:息子を連れて・・

加藤諦三:あ、ああ・・はいはい。

相談者:実家の方へ、出て行ったんです。

加藤諦三:一ヶ月前に・・

相談者:お、お・・おそらく実家だと思うんですけど。

加藤諦三:でぇ、あなたはそうすると今、一人で暮らしていると。

相談者:あっ、父と母が・・同居してます。

加藤諦三:お父さんとお母さん?

相談者:はい。

加藤諦三:お父さんとお母さん何歳?

相談者:82と・・

加藤諦三:はい。

相談者:母親が75。

加藤諦三:うん、そうですか。

相談者:はい。

加藤諦三:そうするとあなたは今・・仕事と介護、その他、今、頑張ってるわけね。

相談者:いや、自営業をしてまして。

加藤諦三:はい。

相談者:三人で・・

相談者:自営業を、営んでます。

加藤諦三:それでぇ?

相談者:今日の相談は。

加藤諦三:はい。

相談者:少し前っちゅうんですか?

加藤諦三:はい。

相談者:妻の・・弁護士から・・

加藤諦三:はい。

相談者:家庭裁判所への調停の・・

加藤諦三:ええ。

相談者:出廷・・っちゅうんですかねぇ?

加藤諦三:はい。

・・

相談者:が・・届き・・ました。

加藤諦三:はい。

相談者:離婚調停・・です。

加藤諦三:はい。

相談者:はい・・それでぇ・・わたしも・・

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと市町村の。

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ、無料相談会に・・

相談者:行きましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、その折の、弁護士の先生が・・

加藤諦三:はい。

相談者:もしそうなった場合は。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・引き受けてもよろしい・・って言われたもので。

加藤諦三:はい。

相談者:明日?

加藤諦三:はい。

相談者:お伺いすることに・・なりました。

加藤諦三:はい。

相談者:はい。

加藤諦三:そいでぇ・・

加藤諦三:あなたは離婚したいんですか?したくないんですか?

加藤諦三:あなた・・

相談者:ちょっと、その、その辺が・・

加藤諦三:わかんない?

相談者:気持ち、気持ちが揺らいでるんです。

加藤諦三:ああ・・

相談者:わたしとしては。

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ、したくはないんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:ここ・・一年か、もっと前かわからないんですが。

加藤諦三:うん。

相談者:妻の行動?

加藤諦三:うん。

相談者:を、見ていますと。

加藤諦三:うん。

相談者:おそらく、もう・・

・・

相談者:こっちへは。

加藤諦三:うん。

相談者:帰って来ないだろうっていうのは、想像ですけど。

加藤諦三:ええ。

相談者:見当が・・あはっ(苦笑)・・あはっ(苦笑)・・ついてます。

加藤諦三:ついてる・・その、妻の行動見ていると・・

加藤諦三:こっちに帰って来ないって、妻の行動っていうのは具体的にはどういうこと?

相談者:離婚をすると・・いうことは。

加藤諦三:うん。

相談者:したいっていうことは。

加藤諦三:うん。

相談者:ひと言も・・聞いたことが・・ありません。

加藤諦三:はぁい。

相談者:ただ、言い争いは、もう、日常茶飯事でぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:耐え・・きれなくなってぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:娘が・・昨年、結婚したんですけども。

加藤諦三:あ、はい。

相談者:その前に。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしの方から。

加藤諦三:はい。

相談者:離婚届を・・書いてくれということで。

加藤諦三:はい。

相談者:渡した時に、妻がまぁ、破ったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:それでわたしはまぁ・・

相談者:ホッとしたっちゅうかですねぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:離婚までは考えてないんやなぁ・・と思ったんです。

加藤諦三:はい・・

相談者:その時点では。

加藤諦三:はい。

相談者:ただ・・部屋を・・

相談者:もうずーっと結婚してから一緒の部屋でぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:してたんですけど、部屋をわたしがもう飛び出しました。

加藤諦三:はい。

相談者:毎日かなんわ・・っちゅうことで。

加藤諦三:はい。

相談者:ほれとか・・

加藤諦三:はい。

相談者:おそらく探偵を付けてぇ。

加藤諦三:うん・・

・・

相談者:わたしの写真を撮ってたんです。

加藤諦三:はい。

相談者:風俗・・

加藤諦三:はい。

相談者:年末に母親にメールをしたんです。

・・

加藤諦三:あなたの母にね?

相談者:はぁい。

加藤諦三:はい。

相談者:もうそれも・・

相談者:ちょっと、納得がいかないっちゅうか・・

加藤諦三:はい。

相談者:なぜそんな行動をしたのかっちゅうのが・・

加藤諦三:はい。

相談者:ええ。

相談者:でぇ、その出て行った日は・・

相談者:あのぅ、自分らの部屋ですねぇ、元の。

加藤諦三:うん。

相談者:その押し入れから何から何まで・・

・・

相談者:大きい家具以外はもぬけの空でした。

加藤諦三:はい。

相談者:ほいで置き手紙?

加藤諦三:はい。

相談者:「もう後は弁護士さんに任せてあります」っちゅうことで・・

加藤諦三:はい。

相談者:出て行って・・

相談者:今・・

相談者:弁護士さんから・・

相談者:家庭裁判所への・・出廷っちゅうんですかね?

加藤諦三:うん。

相談者:離婚しゅ・・

相談者:が、届いてます。

加藤諦三:うん・・

相談者:それから・・まっ・・

相談者:あのぅ、電話?

加藤諦三:うん。

相談者:メールとかそんなんは。

加藤諦三:うん。

相談者:今日まで。

相談者:「離婚はしたくない」「連絡ください」って・・いうのはまぁ・・

相談者:送り続けました。

加藤諦三:うん。

相談者:ちょっとでも話がしたいっちゅうことで。

加藤諦三:うん。

相談者:返事があったんが・・

加藤諦三:うん。

相談者:「話し合いはしたくありません」って、一回あっただけです。

加藤諦三:うん、でしょうね。

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの相談というのはですねぇ、まぁ、奥さんがこういう形で・・

相談者:はい。

加藤諦三:まっ、実家・・らしいということですけど。

相談者:はい。

加藤諦三:ま、実家に、あのぅ・・

加藤諦三:出て行ったと。

相談者:はい。

加藤諦三:だけどあなたとしては離婚したくないと。

・・

・・

相談者:うん、どう・・その辺りが・・

相談者:おそらく無理や・・なぁっちゅう方向で。

加藤諦三:うん。

加藤諦三:とり・・

相談者:慰謝料、財産分与。

野島梨恵:うん・・

加藤諦三:はい。

相談者:年金・・分割、二分の一とか。

野島梨恵:うん。

加藤諦三:はい。

相談者:その中の封筒に・・

加藤諦三:はい。

相談者:それについて・・

相談者:まぁ、どんな感じになるんかなぁ・・っちゅうのが・・ちょっと・・

相談者:一番、気になるっちゅうたら・・

相談者:離婚に向けて・・

加藤諦三:そこら辺のところが・・まぁ、知りたいっていうことね。

相談者:はい。

相談者:それと。

加藤諦三:はい。

相談者:もう一つ、その、理由書が・・

加藤諦三:うん。

相談者:女性関係って書いてあったんです。

加藤諦三:はい。

野島梨恵:うん。

相談者:思い当たるんは・・

加藤諦三:はい。

相談者:趣味の・・サークルでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:あの、グループ交際をしてて、一人は趣味が合ったもんで。

加藤諦三:はい。

相談者:LINEのやり取りとか。

加藤諦三:うん。

相談者:出かけたりとかは・・

相談者:一回か、二回はありました。

相談者:その子のことを、すごい気にはしてるんですけど、妻は。

加藤諦三:うん。

相談者:何回、「友達や」って言っても納得しないんです。

加藤諦三:でぇ、女性・・関係というけれども、あなたの目から見ると・・

相談者:もうでもまったくの友達・・

加藤諦三:友達であって別に肉体関係があるとかそういうこと・・

相談者:ああ、全然・・全然ないです。

加藤諦三:まったくそういうことではないと。

相談者:はい・・はい。

相談者:そういうことです。

加藤諦三:はいわかりました、今日はあのスタジオに弁護士の、野島梨恵先生がいらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者、独りよがりで自分勝手な人です。
    平気で妻の心を傷つけて生きてきたんでしょう。
    風俗遊びは浮気じゃない、そんなことを咎める方が間違ってる、とか思ってるんですね。
    じゃあ、奥さんがホストと遊んでもいいってことですかねえ?そうなったら大騒ぎしそうだ。

    これから親の介護に明け暮れる不毛な人生が待っているぞ。自業自得。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA