テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年2月17日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
58歳女性から、プチ整形にはまって貯めていたお金を使い切ってしまった。夫は気付いていても褒めてくれないが、四年前から不倫関係の大学同窓会で再会した昔の彼は褒めてくれる。
加藤諦三氏の〆の言葉『ありのままの自分が許されることがない人は、褒められる為に生きていきます。』

目次

スポンサーリンク

不倫相手に褒められ舞い上がる

相談者は58歳女性、夫は61歳、二人暮らし。一人息子32歳は独立している。四年前から不倫関係の彼(大学生の時に付き合っていた・同窓会で再会)

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?はい・・

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい・・58歳です。

加藤諦三:58歳・・結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者:61歳です。

加藤諦三:61歳・・お子さんは?

相談者:えーっと、男が一人、32歳です。

加藤諦三:はい、でぇ今、一緒に暮らしてるんですか?・・さ・・

相談者:いえ、独立しております。

加藤諦三:独立してる・・

相談者:はい。

加藤諦三:そうするとお二人に暮らしているんですね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はいわかりました、でぇどんな・・

相談者:はい。

加藤諦三:相談ですか?

相談者:あのぅ・・四年ぐらい前から・・

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ、美容整形に、ちょっと通うようになってしまってぇ。

相談者:それでぇ、初めは・・軽い気持ちで、あの、プチ整形みたいな感じでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:お試しみたいな感じで、ちょっとやってみようかなって、あの、いろいろ雑誌とかネットを見て・・

加藤諦三:はい。

相談者:あの、や、あの、行ってみたんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:そうしましたら・・やっぱり、ちょっと気になってた小じわの所を。

加藤諦三:はい。

相談者:ヒアルロン酸とかで注射してもらったら・・

加藤諦三:はい。

相談者:やっぱり、そこがフラットになってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:なんか、やっぱ、ちょっと、若くなったように見えるかなぁ、なんて思ってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:で、それと・・同時並行ぐらいに・・

加藤諦三:うん。

相談者:大学の、同窓会が、ちょうどあったんですね。

加藤諦三:はぁい。

相談者:でぇ、たまたま、わたしの、横に・・坐った、男性が・・

加藤諦三:うん。

相談者:大学時代、お付き合いしてた男性だったんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、「あっ、ちっとも変わらないねぇ」みたいな話になってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしが別れてすぐに今の主人と結婚したんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ、その方も、家庭を持ったって話を聞いてぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:ま、そんな感じでいて、一応、携帯のメール、交換をしました。

加藤諦三:はい。

相談者:はい、なんかそうしたら、ちょっとわたし・・その時、「変わらないね」(微笑)とか言われたんですけども、あのちょっと体型を誤魔化すようなスタイルで行ってたのでぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:「あ、もう少しダイエットしなきゃあ」・・とかと思ってしまってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ、半年で10キロダイエットしたんですね。

・・

加藤諦三:すっごいねぇ。

相談者:ははははい(喜)、はぁい、それでぇ・・あの、わたしの方から・・

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと彼の方に・・

加藤諦三:はい。

相談者:あの、連絡をしてみたんです。

加藤諦三:ええ。

相談者:そうしたら、やっぱり・・自分の顔を見た時に、あのぅ・・

加藤諦三:うん。

相談者:もう・・58歳・・っていうか、その時は、もう54歳くらいなんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:なんかだんだん、顔も・・

相談者:おばさん・・に、なってくるじゃないですか(苦笑)、当たり前のことですけども。

加藤諦三:はい・・はいはい。

相談者:その、プチ整形の、ちょっとお試しに行った所に、もう一度行きましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:あの、アンチエイジングをしたいっていうことを、ちょっともう、思い切って話をしたんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:そして、いろいろ、やってるうちに・・やっぱり・・

相談者:「あ、なんか目も気になるな」とか、わたし、奥・・二重だったもんですからぁ、「もうちょっと目をね、はっきりさせた方が、若く見えるんじゃないですかぁ」ってアドバイスもあったのでぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:ま、この際だから・・と思って・・

相談者:っていう感じでぇ・・今度そうすると、鼻・・の、鼻筋がこんど、通ってないとか、こんどそっちの方に気になっちゃってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:今度、鼻筋を通す手術をしたりとか・・

加藤諦三:はいはい。

相談者:まぁ、なんだかんだ、いろいろなことをやってるうちに・・

加藤諦三:はい。

相談者:わたし・・の、もう、ずっと長くパート勤めしてたんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:あのま、コツコツ、コツコツ、貯めてたお金があったんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:もうそれが、ほとんど底を突いてしまったぐらい。

加藤諦三:はい。

相談者:使ってしまったんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:まっ、そのぅ・・

相談者:話が前後になってしまうんですけども、彼と逢う時になった時には、なんか・・「どんどん、どんどん若くなっていくね」(喜)って、まっ、言われてぇ(喜)・・はぁい。

加藤諦三:ということは彼と会ってるわけですね?・

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:はい、はいはい。

相談者:一番言わないのは夫というか(苦笑)・・

加藤諦三:うん。

相談者:夫は・・

相談者:わたしに対してもう・・もう今、全然無関心みたいでぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:もともと口数は少ない人だったんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:今は・・

相談者:さらに口数が少なくなってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:なんか普通に話かけても・・キレやすい・・って感じで喋ってくるんですねぇ。

加藤諦三:ええ・・

相談者:うんだから、なんかちょっとあんまり話にならないというか・・

加藤諦三:はい。

相談者:うん、いえだから今は家庭内・・

・・

相談者:別居みたいな感じになってるんですね。

加藤諦三:はい、じゃ、食事は一緒にしてるん・・

相談者:あっ・・あの主人はテレビつけて、テレビばっか見てます。

加藤諦三:ああ、そっか。

相談者:でぇ、わたしも何回か、「食事の時だけはテレビ止めて欲しいんですけど」って言ったんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:でも言っても全然聞かなくてぇ・・それで、数年前に、夫の方から・・

加藤諦三:うん。

相談者:息子もまぁ、独立したっていうこともあったんでしょうけども。

加藤諦三:うん。

相談者:「もう、わたし達の関係は終わったね」って言われたことがあったんです。

加藤諦三:ほう・・

相談者:もしかして離婚・・考えてるのかなぁ・・と思ったんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:ホントは経済的に余裕があれば、家を出て・・

加藤諦三:うん。

相談者:離婚でもしたいと思いますけれども。

加藤諦三:はい。

相談者:なかなかわたくしも、パート勤めなものですから。

加藤諦三:はい。

相談者:夫と離婚するまでの勇気がちょっと持てなくてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:今・・家庭内別居みたいな形でいます。

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ悩みというか、あれは二つありましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:まっ、そのぅ、美容外科の方にずっと通ってしまってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:だいぶお金も使ってしまってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:うん、でもそれは・・四年前から交際が続いている・・あのぅ、彼氏・・

相談者:が、「いつも若くて綺麗だね」って言ってくれるのがすごく嬉しいというかぁ・・

加藤諦三:はい。

相談者:それが今、一番、自分の中の自己満足みたいな感じでぇ。

加藤諦三:はいはい・・はい。

相談者:まぁ、夫との関係もこんなような状態なのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:うん、なんか、まぁ・・

・・

相談者:そうですねぇ・・はい。

加藤諦三:どうしたらいいか?ということですねぇ。

相談者:はぁい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました、今日はあの、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるのでぇ・・

相談者:あっ、はい、すいません。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい、よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA