テレフォン人生相談
今井通子・大迫恵美子

今井通子・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2020年2月18日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
63歳男性から、フィリピンパブでアルバイトしていた結婚16年になるフィリピン人の妻が3年前から客と浮気、男のアパートで男と一緒に帰ってくる妻と遭遇、連れて戻るも家を出て行ってしまった妻、子供も居るし、家も建てて2年、戻ってきて欲しいという相談。

目次

スポンサーリンク

不倫して家を出て行ったフィリピン人の妻

相談者は63歳男性、妻は42歳になるフィリピン人、結婚16年、二人の間に男の子15歳と、大学生で家を出て下宿している妻の連れ子の18歳になる男の子。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談でーす。

相談者:あっ、よろしくお願いします。

今井通子:はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:え・・わたしの妻に。

今井通子:はい。

相談者:男性が・・いることがわかりまして。

今井通子:あら。

相談者:えーっと・・

相談者:それで・・

今井通子:あなたおいくつ?

相談者:え・・60・・3(63歳)です。

今井通子:63歳、奥さまは?

相談者:はい・・

相談者:え・・42です。

今井通子:あ、42歳?

相談者:はい。

今井通子:ご結婚何年目?

相談者:え、16年です。

今井通子:16年・・

相談者:はい。

今井通子:お子さんいらっしゃいます?

相談者:はいいます。

相談者:え・・

今井通子:う、上から男の子、女の子・・

相談者:はい。

今井通子:年齢を言ってください。

相談者:あ・・はい、え・・男の子で、15歳・・です。

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:お一人?

相談者:えーっと、もう一人、妻の連れ子が・・

相談者:居まして、その子が、18歳・・の、男の子です。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

今井通子:でぇ・・18歳の・・お、連れ子さんもご一緒に住んでらっしゃるの?

相談者:あ・・その子は今、上の学校、行ってるので、あのぅ・・家には居ません。

今井通子:あ、大学生?

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

今井通子:これは、じゃあ・・どっかに下宿して?

相談者:はい、そうです。

今井通子:なんだろう?・・その地域外に出ていらっしゃるってことね?

相談者:あ、そうです、はい。

今井通子:はい。

今井通子:それでぇ?

・・

相談者:まぁわたしは・・あのぅ、子供も・・

相談者:15歳の子供がいるので。

今井通子:うん。

相談者:ん・・

相談者:出来たら・・戻ってきて欲しいと思ってるんですが。

今井通子:はい。

相談者:ん・・

・・

・・

相談者:どのように・・したらいいかと思いまして、もちろんわたしも戻ってきて欲しいという気持ちがありますが。

相談者:はい。

・・

今井通子:えっと、戻ってきて欲しいってことは(苦笑)、もう、家出してちゃっていないわけ?

相談者:あ、ああ・・

相談者:たまに戻って来るんですが・・

相談者:やはり子供に会いたくて来るのか・・

・・

相談者:たまには戻ってきますが・・

・・

相談者:来ない日が多いです。

・・

・・

相談者:が・・はい。

今井通子:うーーん・・ん、ん、ん、まず第一に。

今井通子:これぇ・・何年前ぐらいから?

相談者:えっと・・

相談者:この間、妻に問い質したら。

今井通子:うん。

相談者:え、三年前ぐらいから・・

相談者:知り合っていたと・・

今井通子:はい、三年・・

相談者:あ、実は・・

今井通子:うん。

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:えーっと、夜の・・

相談者:お店に・・

相談者:フィリピン・・パブっちゅうか、そういう所に・・

相談者:ぇ、アルバイトに行ってまして。

今井通子:あ、奥さんが?

相談者:はい、そ、そこで知り合ったようです、はい。

今井通子:ああ、なるほど。

相談者:はい。

今井通子:奥さまはじゃあ、従業員として行っていたのね?

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:でぇ、そこへお客として来てた人?それとも、同じ、じゅうぎょう・・

相談者:はい・・と・・「お客として来てた」と言っていました・・はい。

今井通子:あ、ああ・・そうなんですか?はい。

相談者:はい。

・・

今井通子:それでぇ?・・つき、それは三年前で?

・・

相談者:と、あのぅ・・妻は・・この間・・問い質したらそういう話をしてました。

今井通子:うん・・

相談者:はい。

今井通子:それで、三年前にはそうなんだけど。

相談者:はい。

今井通子:なんて言うのかなぁ?店に来て、ねぇ・・飲んでた人が、飲んでたか・・

今井通子:なんかの人が・・

相談者:はい。

今井通子:店以外で、会うとか・・

相談者:はい、はい。

今井通子:そういうようになったのは、いつ頃?

・・

相談者:えーっと、それが・・ん・・

・・

・・

・・

相談者:ちょっと三週間ぐらい前に・・

今井通子:うん。

相談者:あのぅ・・一週間ぐらい、帰ってきない・・来ない時がありましてぇ。

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・わたしが・・

相談者:妻の友達のとこへこう・・行ったりして・・

相談者:あのぅ・・ちょっといろいろ聞きましたら。

今井通子:はい。

相談者:そのぅ・・

・・

相談者:男のアパートが・・ちょっとわかりまして。

今井通子:はい。

相談者:そんでぇ・・そこへ・・行きました。

今井通子:なるほど。

相談者:そうしたら・・

相談者:ちょうどそこで・・

相談者:帰ってくるのに、二人で・・

相談者:アパートに帰って来るのに出くわしまして。

今井通子:はい。

相談者:そんでぇ・・ああ、そこで・・あの、はっきりと、*・・

相談者:そうだなってことがわかりました。

今井通子:ふぅーん・・

相談者:うん・・はい。

今井通子:えっ?その時はなに?会ったの?

相談者:あ、たまたまそこで。

相談者:バッタリと会った・・っていうことです、はい。

今井通子:うん、でぇ相手は気が付いたわけ?

相談者:はい。

今井通子:じゃあ、そこでなに?

相談者:気が付いたと言いますか・・あのぅ・・

相談者:どもう妻の方が・・

相談者:え・・

相談者:旦那さんは居ないというふうに、言ってたらしいです。

今井通子:うん。

相談者:その男の方が、そう言ってました・・はい。

今井通子:あっ、じゃあ、おと、その・・

相談者:**・・ええ。

今井通子:男の人と、一応、話はしたのね?

相談者:ちょっとだけですけどね。

今井通子:ほうほう。

相談者:あのぅ・・もう、わたしがもう・・

相談者:妻と・・

相談者:話する方が・・

相談者:集中しちゃって。

相談者:男の方と話するのは、ちょこっと話するだけで(苦笑)。

今井通子:うん。

相談者:そ・・の、妻を連れてもう・・

相談者:帰ったっていうか・・そういう感じです。

今井通子:ふん、ふん・・

相談者:連れて帰ったっていうか、はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇ、そうするとさっきの質問にはちょっと答えになってないんだけど。

今井通子:いつ頃から、そのなに?店じゃなくて外に会うようになったかは、わかんない・・の?まだ?

相談者:それがわたしの・・

・・

相談者:ちょっと、あんまり、そういうところに・・

相談者:関心がなかったので、まぁ・・夜の・・お店などへ行くと・・どうしても帰りが遅いので・・

今井通子:うん。

相談者:うん・・

・・

相談者:今まで、そういうふうに信じてきたのでぇ。

今井通子:うん。

相談者:ホントに知らなくてぇ。

・・

・・

今井通子:はい、それで?

今井通子:え、時々、帰ってはくるけど・・

相談者:はい。

今井通子:一週間も帰って来ない。

・・

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

今井通子:でぇ、今現在は、帰ってきてるの?来てないの?

相談者:今、来てないです。

今井通子:来てないのね?

相談者:はい。

・・

・・

・・

・・

相談者:メッセージがたまにあるぐらいで。

今井通子:うん。

相談者:うん・・

今井通子:メッセージはなに?

相談者:ああ、携帯のメッセージが・・

相談者:え・・

今井通子:うん、メッセージにはなんて書いてあるの?

相談者:はい・・

相談者:え・・

・・

・・

相談者:まぁ、「別れたい」とか・・

・・

今井通子:うん。

・・

・・

相談者:あと・・

相談者:「帰りたくない」とか。

・・

今井通子:「別れたい」「帰りたくない」はい。

・・

・・

相談者:そういうことが・・

・・

相談者:メッセージに入ってます、はい。

今井通子:はい。

・・

・・

・・

相談者:どうしたらいいのかと思いまして。

今井通子:うん。

・・

・・

今井通子:でぇ、一方、あなたとしては奥さんに戻ってきて欲しいんですね?

・・

相談者:戻ってきて欲しいです、はい。

・・

今井通子:それはどういう意味で?

・・

相談者:ええっと・・

相談者:まっ、子供・・も、いるということと。

今井通子:はい・・

・・

相談者:まぁ、わたし・・もまだ・・気持ちがあるんで。

今井通子:はい。

相談者:え・・

・・

・・

相談者:まぁ、出来たら戻って欲しいということと。

今井通子:はい。

相談者:えっと・・

・・

・・

相談者:家も建てたばかりで。

今井通子:はい。

・・

・・

相談者:まだ二年ぐらいですけど。

今井通子:はい。

相談者:そういうのも・・

・・

・・

相談者:お互いに・・まぁ・・

相談者:「お金を出し合っていこうね」っていうことで建てた・・

・・

相談者:家ですし。

相談者:そう・・な、僕も・・年齢的にもそんなに・・

・・

・・

相談者:すごく・・

・・

相談者:仕事が出来るほう・・っていう今、歳ではないので。

・・

・・

相談者:まっ・・

・・

相談者:そういういろんなことが・・重なって・・

・・

・・

相談者:出来たら・・

相談者:四人で・・

・・

・・

相談者:やっていきたいと・・

・・

相談者:わたしは希望してるんです。

今井通子:うん。

相談者:はい。

・・

・・

今井通子:うん、そ、そ、その質問になってないんだけど、わたしは希望してるんです!って言われても。

相談者:はい。

今井通子:うん・・ゆえに?

・・

相談者:ああ、なんとかそのぅ・・

・・

相談者:元に戻ってきて欲しい。

・・

・・

・・

今井通子:うん・・ん、ん、質問としてはそれ・・

今井通子:それでぇ?

・・

今井通子:あの、戻って来てもらうには、どうしたらいいでしょうか?っていうことですか?

相談者:はい・・そうです。

今井通子:うん、わかりました。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ、弁護士の大迫恵美子さんがいらしてるので・・

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

今井通子:先生、よろしくお願い致します。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. いつもありがとうございます。

    このふたり、冷たいものの言い方ですね。
    まだ好きな気持ちがあって、自分の子もいて、
    確かに未練がましいけれど、どうしていいかわからなくて電話してきたんじゃないの。
    「聞いていることにも満足に答えられないのか、そんなんだから捨てられるのよ、もう戻ってくるわけないじゃん。バカなの?」

    って、
    どんだけ上から目線なんだろう。
    前からこのふたりはイヤだなと思っていたけれど、
    馬鹿にした物言いは本当に嫌気が差しました。
    偉そうでサイテーな人間性ですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA