テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年2月19日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
50歳男性から、3年前に妻からゲーム仲間の年下妻子ある既婚男性と一対一で会うのに許可してしまった。先日妻から「彼とラブホテルへ行ってもいいですか?」と聞かれ許可しなかった。不貞関係はないと言う妻、しかし携帯メールはまるで恋人のような内容。
加藤諦三氏の〆の言葉『人はいったん行動すると、その行動の正当性を心の中で確信します。』

目次

スポンサーリンク

妻が既婚男性と一対一で会うのを許可した結果

相談者は50歳男性、妻は50歳、結婚26年、妻のボーイフレンドは年下の妻子ある既婚男性。

加藤諦三:もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、はい。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください。

相談者:50歳です。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:奥さん、何歳ですか?

相談者:ぇ、同い年です。

加藤諦三:何年間ぐらい、結婚してるんですか?

相談者:26年。

加藤諦三:それで、どんな相談ですか?

相談者:家内の、交友関係で・・悩んでまして。

加藤諦三:どんな・・交友関係です?

相談者:三年前から、ゲームで知り合った男性と、会うようになってですね、定期的に続いてて、相手の・・家に行くか・・中間点か・・

加藤諦三:会ってるというの、これはデートをしてるという意味ですか?

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:ボーイフレンドが居るということ?

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:でぇ、ボーイフレンドと・・

加藤諦三:その定期的って言うのは?

相談者:早ければ月に一回、長ければ三ヶ月・・あくときもあります。

相談者:必ず、事前報告があるんですね。

相談者:え・・いついっか、どこどこで、誰と、会ってくるから、よろしいか?っていうふうな・・申し出があって、不明な時間は作らないでおこうということで、お互い、同性異性関係なしに、家を空けるときには・・

相談者:事前報告して、許可をもらってから・・

相談者:遊ぶんですね。

加藤諦三:相手の男性は、何歳ぐらいの?

相談者:年下っていうのは聞いてるんですが、既婚者で、子供も・・

相談者:おるというのは聞いてます。

加藤諦三:事前に必ず報告するというのは・・

加藤諦三:例えば今度、何月何日に・・

加藤諦三:誰そ・・さんと・・どこそこで・・

加藤諦三:会います・・ということ?

相談者:そう、そうですそうです。

相談者:男性と・・え・・一対一で会うことは・・ダメだって言ってたんですが。

加藤諦三:うん。

相談者:そんなことは大丈夫やから・・いうことで、ま、最初、許可したのが、三年・・ほど前になるんです。

相談者:その後たびたび・・申し出があるたびに。

加藤諦三:うん。

相談者:え・・「お前たち、ほんまに何もないのか?」と、問い質してたんですね。

相談者:あのぅ、「ゲームをしてるだけだ」

相談者:長時間一緒に居るもんですから、食事とか、映画を観たりとか、報告は受けてたんですね。

加藤諦三:うん。

相談者:チク・・チクっとは楔を刺していたんですが・・

相談者:「お前らほんまに怪しないんか?」と、「男が、もうそろそろ・・『ええやないか?』と言うてきてないのか?」とか。

相談者:「浮気は絶対認めないぞ」とか・・は、言ってたんですね。

相談者:でぇ、「明日・・会ってきてもいいか?」っていうことを、言われてぇ・・「いいよ」って言った晩にですね。

加藤諦三:うん。

相談者:「ホテルへ・・行ってきてもいいか?」って、言われたんです、要は、ラブホテル・・で・・

加藤諦三:うん。

相談者:セックスを・・

相談者:してきてもええか?っていう・・

相談者:ことだったので、まぁ、「出ていくなら・・行ってもいいけど帰ってくるな」・・っていうことで・・

加藤諦三:はい。

相談者:そしたら・・会うのは止めたんです。

相談者:その後・・

相談者:ずっと、話でけてなかったので・・悔い改めてぇ・・

・・

相談者:止めたのか。

加藤諦三:うん。

相談者:面倒臭いから・・その日はとりあえず、止めにしたのか・・

加藤諦三:うん。

相談者:どっちなんだろう・・っていうのがずーーっと、モヤモヤ、モヤモヤしたまんまきたんです、いつも・・携帯はロック掛けてるのでぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:見れないし、自分は見る気もなかったんですが。

加藤諦三:うん。

相談者:たまたまさわ・・りながら・・寝てしまったんですね。

相談者:僕の・・横で。

加藤諦三:うん。

相談者:当日も・・メールのやり取りしてたのでぇ、ずっと関係は続いてるんです。

相談者:恋人のような、あの、メールのやり取りですね。

相談者:「愛してます」「誰々さんが・・あのぅ、いつも支えてくれるから・・」

加藤諦三:うん。

相談者:「わたしは頑張っていられる」とか。

加藤諦三:うん。

相談者:え・・男の方は・・「いつでも迎えにいくよ」とか。

加藤諦三:うん。

相談者:そういう恋人同士・・のような・・

加藤諦三:うん。

相談者:内容で・・

加藤諦三:そもそもあなた、男性と、一対一で会うのはダメだと。

相談者:はい。

加藤諦三:一番最初、言ったわけですよねぇ?

加藤諦三:もうちょっと申し出、強く申し出があったんで、あなたの言葉を使えば許可したということですよね?

相談者:そうです、はいはい。

加藤諦三:もうその段階で・・ちょっとおかしいと。

加藤諦三:思いません?

加藤諦三:つまりこの段階で許可したことで、今日(こんにち)までのことは・・

加藤諦三:相手から見たらもう当然の成り行きになってますよねぇ。

加藤諦三:あなたの奥さんにとって・・

加藤諦三:だんだんと当たり前のことになってきてるわけですよ。

・・

・・

相談者:ああ・・

加藤諦三:いったん、許可した時に・・あなたの気持ちの中でも・・

加藤諦三:まさに許したんですよね。

加藤諦三:でぇ、だんだんとだから・・

加藤諦三:ダメだということが不当なことにあなた、中で気持ちの中で感じ始めてる。

加藤諦三:でぇ、今の段階では・・既にあなた・・全然気持ちが変わっているということに・・

加藤諦三:自分で・・と思いませんか?

相談者:そうですね、まぁ、なにもないって・・いうのを信じたのでぇ。

加藤諦三:信じたわけじゃなくて、信じたかったってことでしょう?

加藤諦三:今なんか・・あれだよねぇ、あなた・・生きていて面白くないよねぇ。

相談者:今は面白くないです。

加藤諦三:本当の自分を認めてないから。

加藤諦三:で、あなたが一回・・

加藤諦三:彼女に対する、許可するたんびに、実際に彼女がデートに行って帰ってくるたんびに・・

加藤諦三:あなたの気持ちはどんどん、どんどん変わっていったんです。

加藤諦三:でぇ、自分が自分が、どんどん嫌になっていったの。

加藤諦三:だけど嫌になった自分を認めないの。

加藤諦三:今なんかあなたもう・・

加藤諦三:どうしようもないでしょう?

加藤諦三:正直なところ。

相談者:そうですねぇ、わ、悪い事、したがう・・ことしかしてないですねぇ。

加藤諦三:つまり今あなた僕との話の中でも・・

相談者:はい。

加藤諦三:本当のことは言ってないんです。

加藤諦三:あなたはずーっと、自分でない自分で・・ずっと、生きてきてるんですよ。

加藤諦三:あなたの今日の相談というのは・・今後どうしたらいいでしょうか?ってことですね?

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:はい、わかりました、今日はスタジオに、弁護士の、坂井眞先生がいらしてくださってるので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 婚外恋愛は配偶者には絶対知られないのが、
    言い方は悪いけど配偶者に対する最低限のマナーではないのかな?
    この妻は夫を夫と認識していない。
    どう捉えているのか理解出来ない。
    夫婦は合わせ鏡と聞くが、この夫有りでこの妻と
    言うことかな?
    まあ、白黒ハッキリさせた方が良いから
    行動あるのみ。
    そうすれば、おのずと妻の本性が垣間見える。
    後は相談者が離婚か再構築かよく考えて判断すれば良いのでは?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA