テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年2月21日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
66歳女性から、二ヶ月前に夫が他界、毎日朝晩ご仏壇の前で線香をあげるが、34年前に夫を裏切り、同じ職場の男性と二回不倫したことに自責の念。後悔し思い出しては自殺願望が湧いてしまう。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

亡き夫を裏切り不倫を後悔

相談者は66歳女性、半年間の闘病生活の末、二ヶ月前に夫が68歳で他界、離婚して戻ってきた娘43歳(23歳の時に出産)、孫娘18歳との女三人暮らし。

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?・・あ・・あ・・

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です・・はい・・

相談者:こんにちは、お願い致します。

加藤諦三:はい・・はい・・最初に年齢を教えてください。

相談者:はい・・はい・・

相談者:え、66歳です。

加藤諦三:66歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はいしてます。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者:えーっと、68歳で、二ヶ月前に死亡いたしました。

加藤諦三:ああそうですか、はい。

相談者:はい。

加藤諦三:そいで今・・は、お一人で暮らしてるの?

相談者:いえ、娘と・・孫と・・女三人暮らしです。

加藤諦三:娘と孫ですか?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:でぇ、お孫さん今何歳?

相談者:え、18歳です。

加藤諦三:お嬢さんは離婚して戻ってきてるってことですね。

相談者:はいそうです、はい。

加藤諦三:はい、そいでぇ・・どんな相談ですか?

相談者:えっと・・わたしは34年ほど前に・・

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと二回ほど、あの不倫をしたんです。

加藤諦三:34年前?

相談者:えっと・・4年前、はい。

加藤諦三:ということはあなたが32歳?

相談者:ん・・はいそうです。

加藤諦三:そいで二回不倫した?

相談者:でぇ・・

相談者:二回ですね、はい。

加藤諦三:はい・・はい・・

相談者:まぁ同じ人と、まぁ、出張とか重なって・・

加藤諦三:同じ人と・・はい。

相談者:はい、でぇ、それは、えっとどこにも迷惑をかけずに・・

加藤諦三:はい。

相談者:自分達で、終わらせました。

加藤諦三:はい。

相談者:もちろん悪い事だったのでお互いにもう・・向こうの・・

相談者:家族も知りませんし。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしの、夫も知りません。

加藤諦三:はい。

相談者:それから無事にずっと最後まで夫をきちんと見送ることができましたし。

加藤諦三:はい。

相談者:夫婦で、それなりに苦労して、共に、楽しんだりした生活を送りました。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、ただ、夫が亡くなって・・

加藤諦三:ええ。

相談者:ここ、一ヶ月くらいしてわたしがすごくこう・・すごい夫とは、恋愛結婚でしたし。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしの方がたぶん、好きになった度合いは強かったと思います。

加藤諦三:はい。

相談者:ホントにこんな・・素敵・・な、夫だったので、それをわたしは裏切ったというそのぅ・・自責の念で。

加藤諦三:はい。

相談者:夫がいないっていう悲しみと、辛さと・・

加藤諦三:ええ。

相談者:そしてその、そういうことをしてしまったという後悔ですね今。

加藤諦三:はいはいはい。

相談者:でぇ・・なんかすごいこう、自殺願望があるんです、このまま眠り薬を飲んでね・・死にたいとか。

加藤諦三:はい。

相談者:はい、そういうのがあって、まぁそれは絶対したらいけないことと思うんですが、誰かにこう気持ちを吐いたり立ち直り方を一緒に考えてもらえると・・

加藤諦三:うん。

相談者:もう・・ちょっと・・

相談者:わたしも楽になるかなぁと思いまして、ホントにもう、勝手のいい話なんですけど。

加藤諦三:ええ。

相談者:年齢もいってるんですけど。

加藤諦三:ええ。

相談者:お電話させていただきました。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:あの亡くなられてからまだ二ヶ月・・それは・・

・・

加藤諦三:悲しみは通常・・

加藤諦三:二ヶ月ではまだ・・

相談者:そうです。

加藤諦三:悲しいのは当たり前ですよねぇ。

相談者:はい・・はい、はい。

加藤諦三:うーん・・

相談者:それでこう自分の中にそのぅ・・後悔・・の念がすごく・・後悔って言うんか、申し訳なさというか、それがあるもんですから、写真を見るのもすごく辛いというか。

加藤諦三:写真っていうのは、夫の写真ですか?

相談者:そうですね、はいはい。

加藤諦三:じゃあ・・

加藤諦三:お線香あげるの・・

相談者:は(わ)、毎日してます。朝晩してます。

加藤諦三:じゃあその時は・・しゃ・・

加藤諦三:写真は見ないの?

相談者:み、見ますけど、すごい辛い。

加藤諦三:うん、その時は辛い・・

相談者:はい。

加藤諦三:うん・・

相談者:そのまぁ、後悔があるから・・やと思うんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:はい。

加藤諦三:その、二回という言い方をさっきされたんですけども、でぇ、しかも同じ人っていう、言い方をしたんですけども。

相談者:えっと、ま、ま、たまたま、仕事でこう出張が二回重なったということです。

・・

・・

加藤諦三:ああ・・そうですか。

相談者:はい、はい。

相談者:まぁ、わたしがすごくまぁ・・

相談者:好きだった主人でして、ホントまぁ亡くなって、大切な者を失ったということもあるんですけども、悲しい・・

相談者:さと(悲しさと)、ま、後悔の方が。

加藤諦三:うん。

相談者:後悔の方がやや比重を占めてて。

加藤諦三:うん。

相談者:なんかそれが辛いんですね。

相談者:あのぅ、介護はでも真剣に致しました。看病は。

加藤諦三:うん。

相談者:病気・・でしたから、もう自分の中でも諦めがありましたので。

加藤諦三:ああ、そうですか。

相談者:はい、はいはい、ご仏壇に向かってお線香あげて、「ごめんなさい」ってもう謝る・・ってもう泣くとか・・

加藤諦三:うん。

相談者:はい。

加藤諦三:あの・・

・・

加藤諦三:病気をしてたって言いますけれど。

相談者:はい。

加藤諦三:あの亡くなる前。

相談者:はい。

加藤諦三:どのくらいの期間、病気してたんですか?

相談者:ええっと・・半年間です。

加藤諦三:半年間ですか?

相談者:はい、はい。

加藤諦三:でぇそのぅ・・間に、だんだんと、気持ちの覚悟というの?が出来てきたっていうことですか?

相談者:わたしはもう出来てました。

加藤諦三:うん・・

相談者:はい。

加藤諦三:自殺願望というのは・・

加藤諦三:後を・・追いたいということですか?

相談者:そうです、そうで、終わりたいっていうのと、ごめんなさいって、言えなか・・った・・

加藤諦三:こういう状態で、今・・自分の気持ちをどうしたらいいか?ってことですね?

相談者:はい、そうです。申し訳ございません。

加藤諦三:はい・・はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日は、あの幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい、お願い致します。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA