テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年2月22日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
67歳女性から、中学3年生になる15歳の孫娘のおねしょが治らない。週に2、3回はしてしまうが学校の行事の時にはしない。夜尿症で通院していた泌尿器科のお医者さんは精神的な問題では?と言う。離婚して戻ってきた娘の性格がキツイ棘のある喋り方をするのでそれが原因では?

目次

スポンサーリンク

中学3年の孫娘のおねしょが治らない

相談者は67歳女性、夫は7年前に他界、離婚して戻ってきた娘45歳と、中学3年生になる15歳の孫娘と三人暮らし。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願い致します。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

相談者:娘と、孫の、事で、ご相談したいんですけども。

今井通子:あなたはそうすっとおいくつ?

相談者:67歳です。

今井通子:67歳・・ご主人は?

相談者:いないです。

相談者:亡くなりました。

今井通子:あ、何年前ぐらいですか?

相談者:えーっと、今年で7年目です。

今井通子:あ、7年前・・お嬢さまは、お一人?

相談者:はい。

今井通子:おいくつ?

相談者:45歳です。

今井通子:お孫さんがいらっしゃるっていうことは・・

今井通子:お嬢さん、結婚していらっしゃいますねぇ?

相談者:結婚して、離婚して、戻ってきました。

今井通子:今、ご一緒に住んでいらっしゃるわけ?

相談者:わたしと・・娘と孫と。

今井通子:あっ・・

相談者:三人で。

今井通子:はい、でぇ、お孫さんは・・

今井通子:男の・・

相談者:中学3年生です、の女の子です。

今井通子:お一人?

相談者:はい。

今井通子:え、お嬢さんは、ご結婚をされてから、離婚されるまで、何年ぐらい?

相談者:6年か、7年ぐらいだったと思いますけど。

今井通子:でぇ、離婚されたのは何年前?

相談者:もう10・・2年ぐらい前だと。

今井通子:今・・そのぅ・・あなたと・・

相談者:はい。

今井通子:お嬢さんと・・

相談者:はい。

今井通子:お孫さん。

相談者:はい。

今井通子:7年間は、ご主人もいらしてぇ。

相談者:はい。

今井通子:そのあとは、お三人で住んでらっしゃるってことですねぇ。

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:お嬢さんとお孫さんのことについてのご相談っていうことなんですけど、どういうことですか?

相談者:はい・・はい、孫が、あのぅ・・

相談者;夜尿症なんです。

相談者:大きな病院の、泌尿器科には・・掛か・・ってたんですけども。

今井通子:はい。

相談者:4年、もう治療はいいだろう・・っていうことでぇ・・

相談者:あの、治療を止めたんですけども。

今井通子:はい。

相談者:また最近・・ダメなもんですから。

今井通子:はい。

相談者:先生が同じ先生だもんですから。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、わたしと・・孫の先生が。

相談者:「夜尿症は、体の問題じゃなくってぇ・・」

今井通子:はい。

相談者:「精神的な・・問題だから・・」って言って、「お母さんが・・キツいのかなぁ」・・って先生がおっしゃるもんですから。

相談者:ちょっとわたしも思い当たるところがありましてぇ。

今井通子:はい。

相談者:もう、ずいぶん前から・・

相談者:わたしもそれを・・

相談者:娘に・・言い続けてはいるんですけども、ちっともそのぅ、娘が、改善しようとも、しないもんですから(興奮気味?)。

今井通子:はい。

相談者:どういうふうに・・したら・・よくなって行くのかなぁ・・と思って、
孫よりも娘ですねぇ。

相談者:キツくて棘があるみたいな・・あの、話し方をするもんですから。

今井通子:はい。

相談者:嫌味っぽく?

相談者:お漏らし・・

相談者:をした時なんかでも。

今井通子:ええ。

相談者:「どうしていつまでもそんなに甘えてるの!」とかって言って怒るもんですから。

今井通子:はい。

相談者:「そういう問題じゃないのになぁ」・・とか言って・・あの、わたしもちょこちょこ、ちょこちょこは・・娘に・・

相談者:話ししてはきたんですけども。

今井通子:うん。

相談者:その、最初、泌尿器科に掛かる時も。

相談者:泌尿器科に行ったら、行ったら・・って言って、言ってもなかなか、行かなかったり。

相談者:その泌尿器の・・器官に?・・あのぅ・・悪いところがあって、それで、お漏らしするんだったらそれを治さなきゃいけ・・いけないから、一回、病院に掛かってみたほうがいいよ・・って言って。

相談者:そしたらようやく、何ヶ月か後に・・やっと泌尿器科に行ってぇ。

今井通子:はい。

相談者:だからカラダ的には、どこも悪くないって言ってぇ。

今井通子:なるほど。

相談者:尿を調節するホルモン剤をもらいまして、自分が、今夜は、あのぅ、お漏らし・・しちゃうかもしれないと思った時に・・ったときでいいから、飲むように・・って言われて、それでも・・全然治らなくってぇ。

今井通子:はい。

相談者:毎日飲むようになったら、良くなってぇ、それでぇ、もう、治療はいいよ・・っていうことになったんですけども。

今井通子:何年前?もしくは何ヶ月前に病院にいらしたの?

相談者:6、7年前です。

今井通子:え・・今から何ヶ月ぐらい前に、「もういいよ」・・って言われて止めたんですか?

相談者:7ヶ月か8ヶ月ぐらい前です。

今井通子:
そして、7、8ヶ月前からは・・お薬はじゃあ、飲んでないわけですね?

相談者:はい。

今井通子:でぇ、飲んでないで・・え・・どれぐらい、夜尿症は収まってたんですか?

相談者:えっと、ダメでした。

今井通子:薬を止めてから、しばらくは良かったんじゃないんですか?

相談者:しばらくもダメでした。

今井通子:あっ、じゃあ・・「いいよ」って言われてぇ。

相談者:はい。

今井通子:病院に行かなくなったら、もうすぐにまた始まっちゃったってこと?

相談者:そうです。

今井通子:
でぇこの夜尿症の回数っていうのは、毎日・・必ずなの?それとも・・いっし・・

相談者:毎日ではないですねぇ。

今井通子:一週間に、何回とか?

相談者:2、3回。

今井通子:でぇこれが、あなたの思うには・・

相談者:はい。

今井通子:お母さんがキツイ言葉で怒ったりした時の、夜がまずいと?

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:それに、病院の先生が・・言われるの・・は、そのやっぱりその・・あの、カラダの問題じゃなくってぇ・・夜尿症の、もう・・

相談者:100%は・・

今井通子:うん。

相談者:精神的な・・

相談者:うん、問題っていうんですか?

今井通子:うん。

相談者:うん、だから・・あの最初に、その、泌尿器科に掛かり・・

相談者:い、行った時も・・

相談者:せ、あのぅ・・泌尿器科と・・あのぅ・・心療内科?

相談者:「両方掛かったほうがいいと思うよ」って、一応は言ったんですけども。

今井通子:はい、はい、はい。

相談者:うん、あのぅ・・その心療内科のほうには行かなくって、泌尿器科のほうだけ行ってぇ、その、お薬を・・

今井通子:この心療内科に行かなかった原因はなに?

相談者:面倒臭いだけだったんじゃないんですか・・と思うんです、わたしからしたら。

今井通子:あっ、お母さんが?

相談者:はい。

今井通子:ああ・・

相談者:娘が。

今井通子:あ、あなたは一緒に行ってないのねぇ?

相談者:はい、うん・・

今井通子:はい。

相談者:あの孫は、特に、その、わたしが痛いところを突くもんですから。

今井通子:うん。

相談者:余計反発するっていうのか。

今井通子:うん。

相談者:うん、それも、中学3年生になったんだから、自分がどうして・・あのぅ・・お、お漏らししちゃうのか?・・ちょっと自分でもちょっと考えてごらん・・とかって言って、話しても・・

今井通子:はい、はい。

相談者:うん、もう・・怒り出すんですよね。

今井通子:うん。

相談者:あの、またぁ・・そのぅ、泌尿器科の先生に、「じゃあもう一回あの、病院連れて来て・・」って言って、言われたんですけども。

今井通子:はい。

相談者:娘にも話はしたんですけども、娘に・・「家庭の問題」・・って、先生にも言われて・・

相談者:「お母さんが・・キツイのかなぁ」・・って、い、とかって、言われて。

相談者:その、泌尿器科の先生も・・「娘は、お母さんの言うことは聞かんわなぁ」・・とかって言ってぇ(苦笑)・・

今井通子:うん。

相談者:なんか、わたしも・・

相談者:遠回しには・・

相談者:言ってたり。

今井通子:はい。

相談者:まぁ、たまにはこう・・本気でぇ。

今井通子:うん。

相談者:言ったりもす、すると・・あのぅ、「うるさいなぁ」・・とか、「わかってるわ!」とかちゅってぇ、娘に言われるだけだもんですから。

今井通子:はい。

相談者:うん、それも・・だから娘自体も、意識が低いし。

今井通子:はい。

相談者:孫は孫でぇ、なんか・・女の子だし、中学3年生だし、お互いなんかちょっとこう、意識が・・

相談者:ん、低すぎで、わたしだけが空回りしてぇ、心配してるだけみたいな。

相談者:ほれと、あとは、学校の行事とかがあってぇ、その修学旅行とか。

今井通子:はい。

相談者:うん、そういう時には、お漏らしはしないんですよねぇ。

今井通子:うん。

相談者:うん、あの何しろ、わたしも娘・・をちょっと甘やかしすぎたもんですから。

相談者:うん、あのぅ・・母子家庭でぇ、あのはたら・・かなきゃ(働かなきゃ)いけないもんですから。

今井通子:はい。

相談者:家のことは、一手に私が引き受けてぇ、娘は仕事に行って、でぇ、家に帰って来てわたしの・・作った、ご飯を食べて、お風呂入って(苦笑)。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、寝るっていう生活を・・

・・

相談者:をずーっと続けて来ましてぇ、うーん、だからもう、こ、これ以上、どう・・わたしがどういうふうに娘にアドバイス・・

相談者:したらいいのかなぁ・・とか言って、「話の仕方がキツイよ」とかとは言うんですけども、全然そのぁう・・な、直そうとしない?

相談者:だからもう・・

今井通子:そうすると、今日のご相談としては。

相談者:はい。

今井通子:あなたの、お嬢さんの、そのキツイ言葉の掛け方?

相談者:はい。

今井通子:を、どうしたらいいかっていうこと?

相談者:はい、わたしが、どういうふうに持ってけば・・いいのかなぁ・・とかと思ってぇ。

今井通子:今日はですねぇ・・

相談者:はい。

今井通子:三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますのでぇ、お聞きしてみます。

相談者:はい。

今井通子:先生、よろしくお願い致します。

相談者:お願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA