テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2020年2月26日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
43歳女性から、子供を怒り過ぎてしまう。怒り出すと止まらない。ヒステリー、パニックのようになってしまうのをどうにか止めたい。頭ではわかっているけれど、自分の機嫌、夫の機嫌などで度合いが違ってくる。
加藤諦三氏の〆の言葉『あなたが目を逸らしたがっていることは何ですか?』

目次

スポンサーリンク

子供を怒りだすと止まらない

相談者は43歳女性、夫は33歳、子供は三人、長女9歳(小学4年生)、長男4歳、次男2歳。

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは。

加藤諦三:こんにちは、最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、43歳です。

加藤諦三:43歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい、しています。

加藤諦三:え・・ご主人何歳ですか?

相談者:33歳です。

加藤諦三:33歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:9歳、小学校4年生、女、4歳、男。

加藤諦三:はい。

相談者:2歳、男です、はい。

加藤諦三:でぇ、え・・どんな相談ですか?

相談者:子供を。

相談者:怒り過ぎてしまう。

加藤諦三:ぐたい・・具体的に言うと、こんなことでカァーっとなって・・

相談者:あっ・・はい。

加藤諦三:ぶっちゃう?うん。

相談者:些細なことで怒り過ぎてしまってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ、怒りだしたら、止まらなくなってしまうんです。

加藤諦三:止まらないねぇ、はい、はい、はい。

相談者:はい。

相談者:ヒステリーとかパニックみたいな感じで。

加藤諦三:はい。

相談者:自分でもほんっとに嫌になってしまうんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:これを、どうにか、止めたいんです。

加藤諦三:でぇ、良くない事だともう・・わかってるわけですよね?

相談者:わかってます。

加藤諦三:はい。

相談者:頭では。

加藤諦三:叱ってしまうっていうのは・・どの程度?

相談者:その時の。

加藤諦三:うん。

相談者:それも問題だと思うんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:その時のわたしの機嫌とか。

加藤諦三:うん。

相談者:あとは、夫の機嫌の悪いときとか・・

加藤諦三:うん。

相談者:日によって・・

相談者:その度合いがまた違ってくるんですね。

加藤諦三:ああ、そりゃ、そりゃそうでしょうね。

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:要するに問題は別に、子供がなんかしたか・・ってことが原因じゃないからね。

相談者:あっ・・ああ、はい。

加藤諦三:こっち側の感情が問題だからね。

相談者:あ、はっ、そうです、はい。

加藤諦三:はい、はい。

相談者:そう思います。

相談者:はい。

加藤諦三:んでぇ・・

加藤諦三:この9歳4歳2歳・・全員・・の・・

相談者:はい。

加藤諦三:子供に対してそうですか?

相談者:特に・・

加藤諦三:特に?

相談者:長女・・

加藤諦三:長女?これ9歳?

相談者:長女・・9歳、女の子で。

加藤諦三:ええ。

相談者:特に、自分の、小さい頃、見てる、よう・・な感じ、自分と被ってしまって、余計イライラしてしまう・・

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:のと・・

加藤諦三:自分の小さい頃と・・

相談者:はい。

加藤諦三:あのぅ、似ているっていうのは、どういうことですか?

相談者:ん、似ているというか、わたしはよく親に・・「だらしない」とか言われてて。

加藤諦三:うん。

相談者:育ってきてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:やっぱり。

相談者:それは子供であるから今かん・・なんて言う、普通・・

加藤諦三:うん。

相談者:例えば、洗濯を・・たたまないでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・

相談者:な、そこに、脱ぎっぱなしにしてるとか。

加藤諦三:うん。

相談者:宿題をやらないでダラダラしてるっていうのが、普通のことだと思うんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:それを目にすると、とっても、怒ってしまうとか。

加藤諦三:うん。

相談者:「あなたはだらしないのよ!」って怒ってしまったりとか。

相談者:あの、習い事をしているのですが・・

加藤諦三:うん。

相談者:習い事の練習を毎日しないといけないんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:それをやっぱり、さぼったりとかすると。

加藤諦三:うん。

相談者:「あなたはそうだから・・」

相談者:その・・

相談者:「コンクールで、上に行けないのよ」とか・・

加藤諦三:うん。

相談者:「だから落ちる・・試験に落ちるのよ」とか。

加藤諦三:うん。

相談者:どうしても、そういう傷つく言葉を言ってしまうんですね。

加藤諦三:傷つくような・・でぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:たとえ・・なんかあの・・褒められるような、立派なことをしたとしても。

相談者:はい。

加藤諦三:それはぜ・・あの、あなた***・・き、気が付かないっていう場合も多いでしょう・・が、ほとんどで・・

相談者:あっ、そうです、はい、多いです。

加藤諦三:多いですよねぇ?

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、だいたい、わかって褒め・・は、しないですよね。

相談者:あっ・・

相談者:そうなんです、褒めないでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:その、小さい・・裏にある小さい・・そんなところはいいけれど、もっと、別の嫌なところ、嫌なところ、出来てないところを突いてしまいます。

加藤諦三:を・・見つけて言うんですね。

相談者:はぁい。

加藤諦三:それで、こんな・・ことしちゃダメだと。

相談者:はい。

加藤諦三:思って止めようと思っても、止められないんですよね。

相談者:そうなんです、止められないんです。

相談者:はい。

加藤諦三:なんで、でも、止められないんだと思います?

相談者:わたし自身の解釈としては・・

加藤諦三:うん。

相談者:な、こういう怒り方になったのは・・

加藤諦三:うん。

相談者:わたしの親がこうだったから、親のせいにしたいとか。

加藤諦三:う・・

相談者:なんか自分のせいって認めたくないっていうか・・

加藤諦三:認めたくないね、うん。

相談者:自分のな・・はい。

相談者:自分の中に問題があると・・認めたくない。

相談者:あとは、認めてしまってぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:普通に、普通にな、なってしまうと。

相談者:ああ・・怒ることにたぶん、快感みたいのを覚えてしまっているのかもしれないです。

加藤諦三:快感という・・

相談者:快感と言うか、それで、は、は、はい。

加藤諦三:**か、す、救いですよね?

相談者:ああ・・そうかもしれないです。

加藤諦三:怒ることに救いがあって、認めてしまったら、ホントに世界がもう、崩壊するような感じだもんね。

相談者:ああ・・

相談者:そうかもしれないです。

加藤諦三:うん・・

相談者:自分じゃなくなるみたいな感じが***・・

加藤諦三:そうそうそうそう、自分じゃなくなる。

相談者:はい。

加藤諦三:その前にちょっと、考え・・伺いたいの、夫との関係は?

相談者:は(わ)・・

相談者:表面上、いいのかもしれないですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:っていうか、今は落ち着いたって言ったほうが・・

・・

相談者:せい・・正しいのかもしれないです、け・・

加藤諦三:表面上は・・

加藤諦三:た、な・・

相談者:はい。

加藤諦三:うまくいっている?

相談者:はたから見たら・・まぁ、普通の夫というか、表面上はっていうか、はい。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:お母さんと、あなたと、あなたのお母さんとの関係っていうのは、どうだったの?

相談者:は(わ)・・

相談者:良くないと思います。

加藤諦三:良くなかった?

相談者:はい。

加藤諦三:良くなかったっていうのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:ど、ど、どういうことか?あなた、あのぅ・・

相談者:はい。

加藤諦三:喧嘩は出来ないで、黙らされたほう?

相談者:いや、わたしはもう、とってもはっ・・なんて言うんでしょう?そこでも・・大声上げて。

加藤諦三:うん。

相談者:お母さんに抵抗・・抵抗してっていうか、「うるさい!糞ババア!」とか・・

相談者:もう激しい・・子だったと思います。

加藤諦三:うん・・

加藤諦三:すっと、お父さんとの関係は?

相談者:ああ・・はい、もう、最悪・・で・・

加藤諦三:うん。

相談者:それこそち・・父はもう・・

相談者:じ、自営業とは名ばかりでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:もう、お酒を飲んで給料も入れないでぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、酒乱でぇ・・母に暴力ばっかふってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:その、小さい頃から(泣)・・こんなしゃ・・

加藤諦三:うん・・あのぅ・・

相談者:*****・・

加藤諦三:アルコール依存症みたいなもんか?

相談者:あっ・・そうです、そうです。

加藤諦三:そうですねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:はい、わかりました、まぁ、そういう環境の中で育って・・今・・

加藤諦三:こういうことで悩んでる。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、こ、この自分では・・

加藤諦三:悪いとわかりながら・・

加藤諦三:止められないんだけれども・・

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたらいいですか?っていう相談ですね?

相談者:そうです。

加藤諦三:はいわかりました。今日はあの、シンクロの銅メダリストでメンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA