テレフォン人生相談
今井通子・高橋龍太郎

今井通子・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2020年2月28日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
53歳女性から、高校二年生になる一人娘は、中高一貫校で進学校に通っているが、ネットで知り合った友達と一緒にアイドルを追っかけて、成績がビリから数番。一度娘は辞める決心をしたのだが、それを母親が止めた。止めずに辞めさせた方がよかったのか?

目次

スポンサーリンク

成績が下がりっぱなしの娘

相談者は53歳女性(正社員)、夫は56歳、中高一貫校に通う高校二年生の一人娘。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:もしもし?

今井通子:はい。

相談者:あ、宜しくお願い致します。

今井通子:はぁい、こちらこそ・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:えーっと、高校二年生になる娘との、関係です。

今井通子:はい。

・・

相談者:中高一貫校の・・

今井通子:はい。

相談者:えーっと、進学校に通わせてるんですけども。

今井通子:はい。

相談者:え・・

相談者:まぁ、ずーっと成績が下がりっぱなしの中で、大揉めに揉めましてぇ。

今井通子:ええ。

相談者:今ですねぇ・・え・・わたしとはあまり関りたくないと。

・・

・・

今井通子:はい?

相談者:いう状況で、ま、食事も、まっ一緒にはとってはいません。

今井通子:あ、ああ・・ん、あっ、まず、あなたおいくつ?

相談者:はい、53です。

今井通子:53歳。

相談者:はい。

今井通子:ご主人は?

相談者:50・・6ですね。

今井通子:56歳・・

相談者:はい。

今井通子:お子さまは、この・・

相談者:一人です。

今井通子:一人?

相談者:はい。

今井通子:でぇ・・

相談者:でぇ、そのぅ・・

・・

相談者:わたしが怒ってることというのが。

今井通子:はい。

相談者:成績が、まぁ、非常に悪いんですね。

・・

今井通子:はい。

相談者:学年でぇ・・

相談者:ビリから5%です。

今井通子:はい。

相談者:から3%くらいです、もう・・

相談者:後ろから数えたら、なん・・数番目です。

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・それではやっぱり、いけないということなのでぇ。

今井通子:はい。

相談者:勉強しっかりするように・・ってことでぇ・・

今井通子:はい。

相談者:ええっと・・

相談者:ずーっと、言い続けてきたんですけども。

今井通子:はい。

相談者:ところが・・遊びに行く。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、帰って来るのは11時。

今井通子:はい。

相談者:その友達を遊びにいくのにぃ

相談者:自分の・・

相談者:貯金だということで、そこからお金を出して。

今井通子:はい。

相談者:三万円のハンドバックを・・買ってぇ。

今井通子:はい。

相談者:それを持っていきました。

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・その事で大喧嘩になったのが、まぁ・・この、大揉めに揉める・・

・・

・・

相談者:一番の・・**かもしれないです。

今井通子:最初?

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、その後もその遊びっていうのは、止むことはなくてぇ。

今井通子:はい。

相談者:成績も下がりっぱなし。

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・遊びに行けば・・補導されない時間っていう意味で、11時に帰ってきます。

今井通子:ああ・・

相談者:11時までに帰ればいいというふうに、なってるようです。

今井通子:なるほど。

・・

相談者:でぇ・・毎回・・

相談者:アイドルを追いかけ・・る関係で。

今井通子:はい。

相談者:洋服を毎回、お揃いにするために、買ってぇ。

今井通子:はい。

・・

相談者:遊びに行きます。

今井通子:はい。

今井通子:これってアレですかねぇ?あの、級友の方?

相談者:はい。

今井通子:と、一緒?

・・

今井通子:それとも一人?

・・

相談者:学校のお友達でぇ・・

今井通子:ふん。

相談者:このような遊び方をする子はいないのでぇ。

今井通子:うん。

相談者:全て、ネットで知り合ったお友達です。

今井通子:あ、ああ・・なるほどねぇ。

相談者:はい。

今井通子:じゃあ、一人で行くわけじゃあ、ないのね?

相談者:ないです。

・・

今井通子:これ・・中高一貫校って言うから・・

今井通子:結構・・

今井通子:進学校だったり・・

今井通子:しますねぇ?

相談者:そうです、進学校です、ホントあの、就職する子はいません。

今井通子:うん。

相談者:でぇ、専門学校に行く子もいません。

今井通子:うん。

相談者:でぇ、本人に・・今の成績だと・・

今井通子:うん。

相談者:「就職する気?」って聞いたら・・

相談者:「しない」と。

今井通子:うん。

相談者:「じゃあ、専門に行くの?」って言ったら・・「大変だから行かない」と。

今井通子:うん。

相談者:「えっ?じゃあどうするの?」「一応、大学行く」と。

・・

・・

今井通子:うん。

相談者:でも・・

・・

・・

相談者:行ける大学は、まぁ、あるんでしょうけど。

・・

・・

相談者:本人は・・

相談者:「一度しかない17歳だから楽しみたい」と。

・・

・・

今井通子:うん。

相談者:勉強していい学校に入ろうとも思わないし。

・・

相談者:「いい就職したいとも、思ってない」って。

相談者:「楽しく生きられればいい」と、言っております。

今井通子:なるほど。

・・

今井通子:あのぅ・・

・・

今井通子:まぁ・・ご自身で言い難いでしょうが、かなり裕福な・・お宅なのね?

相談者:違います。

今井通子:えっ?

相談者:まったく違います。

相談者:そのぅ・・

・・

相談者:中高一貫校に入れるにあったた時も。

今井通子:はい。

相談者:えーっと、実はそのぅ・・

相談者:中学の入学の時には、主人は失業してましてぇ。

今井通子:ええ。

相談者:ええ、わたしは震えてました(涙声)。

今井通子:は・・い・・

相談者:怖くて(涙声)。

今井通子:うん。

相談者:(息を吸う)

相談者:必死に働いてぇ(泣)・・

今井通子:うん。

相談者:今、正社員になってぇ(泣)。

今井通子:ええ。

相談者:支えてます(涙声)。

・・

相談者:主人は・・

今井通子:はい。

相談者:10年前に勤めてたところ、転職してから。

今井通子:はい。

相談者:もう・・

相談者:この10年間で、8回ぐらいですかねぇ。

今井通子:はい。

相談者:仕事、変わってます。

今井通子:あっ、そう・・なんですか?

相談者:はい。

相談者:ズッ・・なのでぇ(涙声)・・

相談者:わたしが・・

相談者:8年ぐらい前に入った会社でぇ。

相談者:必死になってやってぇ、今、正社員でぇ・・ズッ・・

・・

・・

相談者:主人より稼いでます(涙声)。

今井通子:うん・・

・・

・・

・・

今井通子:でぇ、そういう・・

相談者:まったく、はい?

今井通子:そういう・・家庭の状況を・・

相談者:はい。

今井通子:お嬢さんは、いつ頃知ったの?

相談者:えーっともう、中学入る時には知っていました。

今井通子:うん。

相談者:だから他所の、その、同じ学校の子達は、本当に裕福な子なんですね。

今井通子:でしょうねぇ。

今井通子:中高一貫校でねぇ。

相談者:はい・・はぁい、だからその子達と、比べ・・た時に、自分がとても・・ってことは・・

相談者:言ってました。

・・

今井通子:あ、もう中学の時ねぇ。

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:まっ、そりゃそうだと思います。

今井通子:うん。

相談者:でも、そうではあったとしても、わたしは、別にあの子に、そのぅ・・引け目を感じさせるようなお弁当を持たせたり。

今井通子:ええ。

相談者:文房具を買い与えないとか、そんなことはしませんでしたし。

今井通子:うん。

相談者:「遊びに行く」と言えば、お金も出していました。

今井通子:はぁい。

・・

相談者:でも・・足りないみたいです。

・・

相談者:その、端々の言葉は非常にキツイ子です。

相談者:わたしに対しても・・

相談者:わたし・・ちょっと、難病があるんですけども。

今井通子:はい。

相談者:それにかかった・・っていう話をしたときも。

今井通子:うん。

相談者:「面倒臭い病気になりやがって」って言いました。

今井通子:ああ、ほう、なるほどなるほど。

相談者:「チッ」ってやりましてねぇ。

今井通子:おお・・

相談者:はい。

・・

・・

相談者:そんな感じですね。

・・

・・

・・

今井通子:そうすると・・あなた自身は、その難病もあり。

相談者:はい。

今井通子:でぇ、お子さんが、そのぅ・・

今井通子:中学の、え・・頃から、勉強が、身に付かなくなっちゃった?

・・

相談者:はい。

今井通子:高校は・・でも・・落第はしてなんでしょう?

相談者:はい。

今井通子:だから・・ちょ・・

相談者:ギリギリです。

今井通子:あっ、ギリギリ・・でも・・まぁ、い、一応、公立になり・・

相談者:はい、高二になり。

今井通子:高二になり。

相談者:はい。

今井通子:うん・・

今井通子:要するに、ご、ご本人が・・

相談者:はい。

今井通子:え・・その事は、意識してないのかな?

今井通子:それとももう・・諦めちゃってるのかな?

相談者:本人は、落第さえしなきゃあ・・

相談者:楽して・・

今井通子:ああ、なるそう・・

相談者:暮らしたいという・・

今井通子:なるほど、低空飛行でいいと。

相談者:ぜんぜん・・それを恥ずかしいとか、悔しいとか・・

今井通子:うん。

相談者:向上心とか・・

今井通子:うん。

相談者:そんなもの、欠片もないです。

今井通子:うーん・・

今井通子:そうすると、今日のご相談はなんですかねぇ?

・・

相談者:正直もう・・

・・

相談者:え・・

相談者:どうしたらいいかわからないです、学校・・なのでぇ・・あのぅ・・

相談者:もう・・

相談者:大揉めに揉めて。

相談者:「だったら学校、辞めればいいじゃない」という話になって。

今井通子:**・・

相談者:本人、学校辞める決心をしたんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・「わたしは通信制に行く」と。

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・

相談者:まぁ、わたし、なんとか最後は止めました。

相談者:学校・・「行きなさい」ということで。

今井通子:ええ。

相談者:ええ、そうしたら・・今度は・・

・・

・・

相談者:「わたしは決心してたのに・・」

今井通子:うん。

相談者:「止めたのはママでしょう」

今井通子:うん。

相談者:「行ってあげてる」

・・

今井通子:うん。

・・

・・

今井通子:なるほど。

相談者:なのでぇ・・

・・

相談者:わたしが・・

・・

相談者:悪いのか?

今井通子:うん。

・・

相談者:ええ、もう高校辞めさせてもいいのか?

・・

・・

相談者:もう、どうしたらいいのかわからないってことですね。

・・

・・

今井通子:それがご相談?

相談者:はい。

今井通子:わかりました今日はですねぇ、精神科医の、高橋龍太郎先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います、先生、よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA