テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年3月5日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
39歳女性から、小学校4年生から中学3年生まで、母親に暴言や肉体的な暴力を受けてきた。実家から遠く離れて暮らしているが、何かのタイミングで鮮明に思い出してしまい、乗り越えられず落ち込んでしまう時がある。どう解決していったらいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『立ち上がれないほど傷つけられた言葉は、自分に向けられた言葉ではありません。』

目次

スポンサーリンク

母親からの虐待を思い出し苦しい

相談者は39歳女性、夫は40歳、長女13歳(中学1年生)、長男7歳(小学1年生)

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:あっ、お世話になります。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はぁい、39歳。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はぁい。

加藤諦三:え、ご主人は何歳ですか?

相談者:えーっと、40歳。

加藤諦三:40歳、お子さんは?

相談者:えっと、長女が。

加藤諦三:はい。

相談者:13歳の・・

加藤諦三:はい。

相談者:え、中学1年生で。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと長男が。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと・・7歳で。

相談者:小学1年生です。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:えっと・・わたしのことなんですが。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと、自分が、小学4年生になった頃から。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと、母親・・が。

相談者:急に、精神的に不安定になりましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇわたし・・への。

加藤諦三:はい。

相談者:暴言というか虐待が。

加藤諦三:うんはい。

相談者:えっとスタートしました。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・

加藤諦三:その虐待はあの、暴言だけですか?肉体的な虐待もあった?

相談者:あっ、肉体的な、あのぅ、虐待もありましてぇ。

加藤諦三:あっ、両方ですね、はい。

相談者:はぁい。

相談者:でぇ、それが、わたしが中学3年生・・卒業するまで続きました。

加藤諦三:はい。

相談者:高校に入ってからは、あの随分となくなりましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:え・・大学・・はもう、早く家を出たかったのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:えっと、まぁ、家から出ましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ、え・・家にまぁ、ほとんど戻ることも、あの、なかったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・大学卒業して、えーっと、就職も、あの家から遠いところに、え、行きましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:そこで・・あの今の主人と出会って・・

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・それもまた、実家から遠いところ・・で今、生活をしている状態・・です。

加藤諦三:はい。

相談者:まっ、就職も、あの順調にというか、職場でも楽しく・・過ごすことができまてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、主人も・・あの穏やか・・な人で、あの子供達も今すくすくと・・あの育ってましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:ホントに今、充実・・をしている・・時間、を過ごしているんですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:まっ、二ヶ月か三ヶ月に一回ぐらいなんですがぁ。

加藤諦三:うん。

相談者:あの、ある・・拍子というか、何かのタイミングでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:自分が小学4年生から受けてきた・・

加藤諦三:うん。

相談者:あの母親・・の?

加藤諦三:うん。

相談者:あの虐待についてぇ。

相談者:映画を観るようにというか・・

加藤諦三:うん。

相談者:ま、写真を見るようにというか。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・

相談者:すごくこう鮮明に、え・・思い出してしまうことがありましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:それ・・を、思い出した時に。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・自分でどのように、え・・解決・・を、する・・

相談者:したらいいのか?

加藤諦三:うん。

相談者:どのようにその・・苦しい時・・を乗り越えたらいいのかぁ・・が。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・ちょっと・・こうわからなくなる時がありましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ、うまく・・あの、乗り越えられる日は・・

加藤諦三:うん。

相談者:こう、自分の中で・・グッと堪えてぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:え、乗り越え・・る・・こともあるんですがぁ。

加藤諦三:うん。

相談者:えっと、自分で折り合いがつかない、時と言うのは。

加藤諦三:うん。

相談者:え・・ちょっと外に出るのもしんどくなるぐらい。

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ、落ち込んでしまう、ことが、もう・・

相談者:何年も経ってるのに・・

加藤諦三:うん。

相談者:未だに・・苦しむことがありましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ・・そういう時に、何かいい、あのぅ・・対策というか。

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ、方法があるならば。

加藤諦三:うん。

相談者:え・・何か教えていただけたらなと思いましてぇ(涙声)。

加藤諦三:はぁい。

加藤諦三:お話が・・

加藤諦三:大変よくわかります。

相談者:はい。

加藤諦三:大変よくわかりますけど、虐待っていうよりも・・かなり激しい虐待ですか?

・・

相談者:まっ、言葉っていうのは毎日5年間・・

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:え・・わたしに対する・・

加藤諦三:うん。

相談者:**っていうか・・

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ、あの、「産まなかったら良かった」っていうのは毎日、聞いてます。

加藤諦三:「産まなかったら良かった」ね、はい。

相談者:えっとあとは・・なんか・・

相談者:わたしまだ小学生なのに。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・女性的な、感じで母親から見られてましてぇ。

加藤諦三:はぁい。

相談者:一人の・・大人の女性のように。

加藤諦三:はい。

相談者:え・・暴言を吐かれたりとかぁ。

加藤諦三:はぁい。

相談者:ま、物は買ってもらえなかったですし(涙声)。

加藤諦三:はい。

相談者:ズズッ・・

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ・・ハァァ(ため息)・・

相談者:まぁ(泣)・・認めてもらえないというか・・

加藤諦三:うん、その・・

相談者:何をしても・・

加藤諦三:うん・・

相談者:まぁ・・褒めてもらった・・

相談者:記憶は、ないです。

加藤諦三:***、わかりますよねぇ。

相談者:でぇ・・まぁ・・

加藤諦三:一生懸命やって・・

相談者:しょく・・

加藤諦三:褒めてもらおうと思ったけど、褒めてはもらえなかったですよねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:うん・・

相談者:ま、何をしても・・

相談者:とにかく否定・・をされてぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:あっ、わたしはたぶん、何をしても上手くいかない人なんだなぁ・・っという自分で。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・まっ、納得をしながら・・生きてたと思います。

加藤諦三:うん、うん。

相談者:でぇ、あとを・・

相談者:なら・・あのぅ、我儘はまぁ、言えないのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:とにかく母親が、機嫌を損ねないように。

加藤諦三:うん。

相談者:まっ、常に顔色を伺いながら・・

加藤諦三:うん、でしょうねぇ。

相談者:え・・学校・・でぇ、ちょっとわたしもプライドがたか・・

相談者:かったのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:友達からそれを知られるのがすごく、嫌でぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:え、学校では無理に・・あの、明るい人を・・え・・

加藤諦三:うんうん、そうでしょうねぇ・・

相談者:ずっ・・と、装ってきてました。

加藤諦三:うん・・うん。

相談者:でぇ・・今でも・・

相談者:自分はすごくプライドが高くてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:あの子供たちに、あの、自分がその5年間の(涙声)・・

相談者:受けたことを(涙声)。

加藤諦三:うん。

相談者:知られたくないという気持ちがありましてぇ(涙声)。

加藤諦三:うん。

相談者:お母さんは(涙声)・・え・・小さい時も、幸せ・・に、育ったよ(涙声)・・

相談者:っということと。

加藤諦三:うんうん。

相談者:まぁ、おばあちゃんも、おじいちゃんは・・

相談者:今はすごく、孫のことをすごく大事にしてくれているのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:わたしが小さい時は、あなた達と同じ様に。

加藤諦三:うん。

相談者:え、お母さん、お父さんに、大事にしてもらったという、まぁ無理な、嘘と言うか(涙声)。

相談者:あのぅ・・

加藤諦三:うん。

相談者:恥ずかしくてぇ。

加藤諦三:うん・・

相談者:え、自分が(涙声)・・まぁ・・

相談者:ぅ、ぅ・・

・・

加藤諦三:うん。

加藤諦三:あのぅ・・

相談者:ズッ・・はい。

加藤諦三:まぁ、あのぅ・・あなたの・・

加藤諦三:質問は、今日・・なんか・・上手い方法があるかなぁ?と。

相談者:はい。

加藤諦三:いう方法を教えて欲しいという・・

加藤諦三:あの、ご相談なんですけどね。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はですね、僕よりも。

相談者:はい。

加藤諦三:ほんっとうに・・

加藤諦三:まっ、そういう人間の心を、どう乗り越えるか・・

加藤諦三:っということについては。

加藤諦三:この人をおいていないと。

加藤諦三:いうような・・

相談者:はい。

加藤諦三:方が、スタジオにいらしてます。

相談者:はい。

加藤諦三:幼児教育研究の大原敬子先生です。

相談者:あぁ・・ありがとうございます、はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA