テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年3月6日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
40歳女性から、幼少時から高校まで母親から虐待、暴力や暴言を受けていた。6年前に関係を断ち縁を切る。一人っ子なので母に介護が必要になった時、面倒を看なければいけないが、そうするとやり返してしまう。闇に飲み込まれ優しくなれない自分、どのような心構えでいればいいか教えて欲しい。

目次

スポンサーリンク

自分を虐待した母親との付き合い方

相談者は40歳女性、独身で派遣社員。母は63歳、母の浮気で離婚した父は17年前に他界している。兄弟姉妹はいない一人っ子。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、よろしくお願いします。

今井通子:はい。

今井通子:今日は・・どういったご相談ですか?

相談者:はい・・えっと・・わたしの。

今井通子:はい。

相談者:母親の。

今井通子:はい。

相談者:えっと、老後・・のことについて相談したいんですけども。

今井通子:ああ・・はい。

相談者:はい、わたしは、40歳、で・・

今井通子:はい。

相談者:独身です。

今井通子:はい。

相談者:でぇ母は・・60・・3?

今井通子:はい。

相談者:で・・

相談者:この母には・・えっとわたしが小さい時から。

相談者:酷い虐待を受けまして。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、わたしが、成長するにつれ、中・・小、中、高と成長するにつれどんどんこう・・エスカレートしてったんですね。

今井通子:あらぁ・・

相談者:虐待が。

今井通子:はい。

相談者:それでぇ。

・・

相談者:えっと今から・・

相談者:6年前に。

今井通子:はい。

相談者:縁を・・わたしの方から切りまして。

今井通子:はい。

相談者:もう・・6年間。

相談者:連絡も。

相談者:ないし。

今井通子:はい。

相談者:こっちからも向こうからもないし。

今井通子:はい。

相談者:お互い何処で何をしてるかも。

相談者:わからない状態なんですね。

今井通子:なるほど。

相談者:でぇ、えっと・・

・・

相談者:今回相談したいのは。

今井通子:はい。

相談者:この母親という人間はですね。

相談者:大きいことから言いますと。

相談者:関節的にですが。

相談者:二人、人を殺してるんですね。

今井通子:うん。

相談者:でぇ。

相談者:この先・・その・・老いてって。

相談者:誰かが面倒看なきゃいけない場合に、自分一人っ子なのでぇ。

今井通子:はい。

相談者:いや、わたしは父はもういなくて。

今井通子:お父さま、亡くなっちゃったの?

相談者:はい、10・・7年前に亡くなりました。

今井通子:17年前?

相談者:はぁい。

今井通子:はい。

相談者:でぇ。

相談者:まぁ・・面倒看なきゃいけない?

相談者:でぇ、それを、わたしが・・「嫌だよ」って言ったら・・最悪、刑務所に入ったりとか(笑)・・じゃなのもある・・から・・

今井通子:うん。

相談者:わたし・・が、看なきゃいけないのかな?一応そうなった時に、わたしの・・

相談者:あのぅ・・心構え的なあのぅ・・やられたことをやり返してしまいそうで、下手したら殺してしまうかもしれないっていう・・のが、不安で。

今井通子:うん・・

相談者:ま、今から心配してもしょうがないんですけど、うーーん・・心構えを・・

相談者:う・・

相談者:ま、プロの方に。

今井通子:うん。

相談者:教えていただけたらなぁと思って、本日は相談しました。

・・

今井通子:なるほどねぇ。

・・

今井通子:もっとお父さまは亡くなっちゃったみたいなんだけど。

相談者:はい。

今井通子:その・・お母さまの・・子供の頃の・・虐待って、言葉?それとも暴力?

相談者:両方です。

今井通子:あっ、両方?

相談者:はぁい、わたし・・が・・

今井通子:いわゆるDV?

相談者:よ・・

相談者:あ、そうです、四歳とか五歳ぐらいの時に・・

今井通子:うん。

相談者:目隠しをされてぇ。

今井通子:うん。

相談者:下着一枚にされて。

今井通子:うん。

相談者:でぇ、針で刺されたんですね。

今井通子:どこを?

相談者:お尻を。

今井通子:ああ・・

相談者:でぇ、下着に血がついたんです。

今井通子:はい。

相談者:でぇ。

相談者:「着替えなさい」と言われてぇ。

今井通子:はい。

相談者:下着を着替えたんですね。

今井通子:はい。

相談者:血の付いた下着を。

今井通子:はい。

相談者:そしたら・・

相談者:な、大人になってわかったんですけど、証拠隠滅だったんですよね、そん時は父は、生きてましたから。

今井通子:はい。

相談者:スゥ・・あのぅ・・わたしが中学生まで、父・・と一緒に暮らしてたんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、わたしが中学生の時に離婚をしたので。

今井通子:あっ・・お父さま、離婚されちゃったのね。

相談者:あっ、そうです。

今井通子:はい。

相談者:その後に亡くなったんですけど。

今井通子:あ、なるほど。

相談者:はぁい。

・・

相談者:それでぇ・・わたしがしょうが・・

今井通子:これお父さまが・・

相談者:はい、はい。

今井通子:離婚しちゃった理由はわかる?

相談者:母が浮気したからです(冷めた声)。

今井通子:おお・・

・・

・・

今井通子:なるほど。

・・

相談者:でぇ、えっと小学生の時は、父がいたのでぇ。

今井通子:ええ。

相談者:母は、父に隠れてわたしに、そういう、あのぅ・・

今井通子:う、うーん・・

相談者:ことを・・していてぇ、あとは、中学生の時は・・

相談者:孫の手?

今井通子:うん。

相談者:でぇ、あのぅ・・何度も叩かれたり。

今井通子:うん・・

相談者:あのぅ・・

今井通子:で、叩かれた場所は?

・・

相談者:お尻ですね。

今井通子:あっ、お尻、はい。

相談者:子供の時はお尻でした。

今井通子:うん。

相談者:それでぇ。

相談者:あとは・・蚊取り線香で焼かれたり、「お灸をすえる」って言葉あるじゃないですか。

今井通子:はい。

相談者:あれをホントにされたんですね、火傷(やけど)しました。

今井通子:うん・・

相談者:っていうことがあって。

相談者:でぇ、中学生に、わたしが中学生になったらぁ。

相談者:やっぱりわたしは母親方・・の方に行ったんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、母子家庭だったんですけど、母は、男の家に入り浸って、ほとんど家に居なかったんですね。

今井通子:なああ・・

相談者:それでも・・そのぅ、わたしに・・殴る蹴る、例えば、頭の髪掴んで、振り回したりとか。

今井通子:うん、うん。

相談者:顔、殴ったりとか。

相談者:でぇ、その男との・・そういった、あの、夜の行為をわたしに聞かせてきたりとか。

今井通子:うん・・

相談者:ふぅ・・

・・

相談者:でぇ、わたしが・・

相談者:高校生になった時に、母親は再婚したんですね。

今井通子:はい。

今井通子:そのぅ・・お母さま、兄弟は?

相談者:弟が二人います。

今井通子:ふん、ふん、ふん。

・・

今井通子:でぇ、あなたにとっては叔父さんですよね?

相談者:そうですはい。

今井通子:そのぅ・・いわゆる親戚付き合いみたいなのはあった?・

・・

・・

相談者:ありま・・したけど・・

・・

・・

相談者:あの・・

・・

相談者:さっき、間接的に二人殺したって、お伝えしたじゃないですか。

今井通子:はい。

相談者:その内の一人は。

相談者:あのぅ・・母の、父親なんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、そのことがあって。

・・

・・

相談者:叔父・・は・・

今井通子:この間接的っていう意味は。

相談者:はい。

今井通子:おじいさんは。

相談者:はい。

今井通子:自殺かなんか?

相談者:いえ・・

・・

相談者:普通に老衰なんですけど。

今井通子:うん。

・・

相談者:おじいさんが病院で、入院してて、まぁ、だいぶ危篤状態で、もうすぐダメかもねぇ・・みたいな時に。

今井通子:はい。

相談者:母親が、お見舞いに行ったんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、その時に・・そのぅ・・わたしのおじいちゃんですね。

今井通子:はい。

相談者:おじいちゃんが・・あのぅ、母親と、二人きりで「あんときは楽しかったなぁ、あんときのお酒は上手かったなぁ」みたいなことを思い出話に・・

相談者:したんだそうです。

今井通子:はい。

相談者:そん時に・・「ほうら、お酒だよ、飲みな」ってお酒を飲ませたんですよね。

今井通子:うん。

・・

・・

相談者:うん、まっ・・それが直接の原因ではない・・んですけど、でもだいぶ、ダメージですよね。

・・

今井通子:うーーん・・そこはちょっとよくわからないけど。

相談者:もう、ホントに・・あのぅ・・

今井通子:す、そのすぐ後で亡くなっちゃったの?

相談者:ええ、ええ、もちろんです。

相談者:もうだって、危篤状態で、いつ逝ってもおかしくないっていう状態だ・・った・・

今井通子:うん。

相談者:人間に・・

今井通子:うん。

相談者:お酒を・・飲ますだなんて。

相談者:っていうのがあって、わたしの叔父は、カンカン・・なんですよ、もう、縁を切りたいと思ってる・・と思います。

今井通子:うーーん・・あっ!

・・

・・

今井通子:そっかぁ。

・・

今井通子:でぇ・・結局そのぅ・・6年前に。

相談者:はい。

今井通子:え、要するに「縁を切った」って言われたのは。

相談者:はい。

今井通子:プライベートの間で縁を切っただけでぇ。

相談者:ああ、そうです。

今井通子:うん。

相談者:はい。

今井通子:戸籍抜きましたみたいな話じゃないんだね?

相談者:戸籍を抜いたところでぇ、その・・面倒を看る、老後の介護の面倒を看るとか、そういうのとはまた別なんですよね?

・・

今井通子:まぁでも・・お互いに、どこにいる・・どこに居るかはわかってるのかもしれないけど、何してるか・・

相談者:はい。

今井通子:わかんないんでしょう、今?

相談者:はい、はい。

今井通子:どこに居るかはわかってんの?

相談者:なんとなくは、はい。

相談者:そ、そう遠くはないみたいなんですけど。

今井通子:うん・・

今井通子:でぇ、お母さまも今はそうするとお一人?

相談者:はい・・ああ、わかんないですそれも。

今井通子:ふふふ・・ですよねぇ。

相談者:(笑)はい。

今井通子:うん・・

相談者:っと、思いますがわからないです。

今井通子:じゃああのぅ・・おじいさんはあの、分かったんですけど、おばあさんはどうなさったの?

相談者:かなり前に、わたしが・・

相談者:10歳の頃に、病気で亡くなりました。

今井通子:あら、お母さんの方の?

相談者:あ、はい、はいそうです、そうです。

今井通子:はい。

今井通子:じゃあ、お父さまの方の・・

今井通子:お父さん、お母さん・・ってどうなったの?

相談者:えっと、もう、亡くなってます。

今井通子:あ、亡くなってるのねぇ。

相談者:はい。

・・

今井通子:スゥ・・そうか・・そうすると、あなたとしては・・

今井通子:まあ・・

今井通子:まだ40だからねぇ。

相談者:はい。

今井通子:自分の心配はまだしてないのかもしれないけど(笑)。

相談者:あはは・・ははっ、はい。

今井通子:お母さまの心配もあるかもしれないけど・・

今井通子:あなた自身も・・老後は天涯孤独になっちゃうのかなぁ?

・・

相談者:うん・・わたしは幸せです。

相談者:うふふ・・

今井通子:ふふふふ・・

今井通子:なるほど。

相談者:そう思いたい・・けど。

今井通子:うん。

相談者:自分の相談とも迷ったんですが。

今井通子:うん。

相談者:まあ・・

相談者:そんなに気にしてない・・

今井通子:あなたは幸せでぇ。

相談者:はい。

今井通子:今はなに?

今井通子:お仕事は、会社勤めとか、それとも、自営とか?

相談者:派遣・・派遣です。

今井通子:あっ、派遣の仕事されてるのね。

相談者:はい、はい。

今井通子:はい。

・・

今井通子:わかりました。

相談者:はい。

今井通子:そうすると・・今日のご質問をまとめて言ってみて下さい。

相談者:え・・っと・・

相談者:わたしを酷い目に遭わせた母親・・に対して、母親が万が一動けなくなった時に、母親に、介護を・・

相談者:しなきゃいけないときに、わたしの心構え。

相談者:というとこでしょうか。

今井通子:心構えね?

相談者:はい、わたし自身もそのぅ・・闇に飲み込まれると言いますか・・

今井通子:はぁい。

相談者:そうしたくないけど、とてもじゃないけど、優しくなんて・・

相談者:考えられない・・

相談者:です。

今井通子:なるほどね。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ。

相談者:はい。

今井通子:三石メソード主宰で・・

相談者:ああ・・はい。

今井通子:作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので・・

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います、先生、よろしくお願い致します。

三石由起子:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. さすがは三石先生、見事な回答です。スカッとしました。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA