テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年3月7日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
56歳女性からの相談。家庭の事情に一緒に暮らしている男の孫19歳の友人19歳は、三ヶ月契約で居酒屋で働いていた。しかしパワハラが酷く丸っと二ヶ月で行かなくなり辞めることに。先方から呼びだされて手取り15万のところ、臨時の求人費用や代わりの交代要員の費用を負担させられ署名して7千円だけもらって帰ってきた。不当な請求で給料をもらうことはできないか?
加藤諦三氏の〆の言葉『一つ一つの事をきちんとケリをつけてから次に進む事です。』

目次

スポンサーリンク

給与から求人費用を差し引かれた

相談者は56歳女性、夫は58歳、子供二人居るが一緒に住んでいない。長女の子である男の孫20歳と19歳と、19歳の孫の男の友人19歳との五人暮らし。

加藤諦三:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、よろしくお願いします。

加藤諦三:はい・・はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:56歳。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:え・・ご主人何歳ですか?

相談者:58歳です。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:二人います。

相談者:今は孫ニ人と・・

相談者:孫の友人と一緒に・・

相談者:住んでます。

加藤諦三:孫二人と、孫の友人?

相談者:はい(笑)。

加藤諦三:五人で住んでるということですか?

相談者:あっ、はいそうです。

加藤諦三:はいわかりました、で、どういうことですか?

相談者:あのですね孫の友人の相談なんですけど。

加藤諦三:このお孫さんは、おんな・・

相談者:長女のほうの、孫・・二人なんですけど。

加藤諦三:長女のほう・・

相談者:男の子・・

加藤諦三:この人、友人というのも、男の子ですね?

相談者:はい、三人共男の子です。

加藤諦三:あ、孫は何歳ですか?

相談者:えっとです、上の子が20歳でぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:下の子は19歳です。

加藤諦三:この友人というのは・・

相談者:**・・

加藤諦三:上のほうの友人?下の子の・・

相談者:いえ違います、19歳の方のゆう・・あのぅ、孫の方でぇ、友人も19歳です。

加藤諦三:でぇ、なんで・・あなたの家に、来たわけですか?

・・

相談者:そうですね、なんかまぁ家庭・・事情、いろいろあってですね。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・もう孫の方が一緒に・・

相談者:居てもいいか?って言うんで。

相談者:もう、仕事をちゃんとするんならいいよ・・っていう話をしてですね。

相談者:うちの家の、から仕事に通うような感じで・・してます。

加藤諦三:そうこう、この友人はすっと住所・・っていうのはあなたの家の住所に・・

加藤諦三:登録されてる・・

相談者:いえ住所は、移してないんですがぁ。

相談者:あのぅ、住むところを、うちという形でぇ。

加藤諦三:あっ、実際に住んでるのあなたの家であってぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:住所は・・

相談者:実家のほうになっていると思います。

加藤諦三:実家のほう・・実家のほうは・・お父さん、お母さん、両方いらっしゃるの?

相談者:そうですね、お父さんのほう再婚されて、ちょっといろいろあるのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと、お父さんと一緒に・・住んでたんですよね。

相談者:でぇ、お父さんが再婚されて。

加藤諦三:はい。

相談者:うちの方に・・

相談者:孫・・を頼って来てですね。

加藤諦三:なるほどね。

相談者:はい、一緒に。

加藤諦三:それでその時に・・

加藤諦三:お母さんの方には行かなかった・・わけですね?

相談者:そうですねぇ、そこの辺のは、詳しくわたしも聞いていないのでぇ。

相談者:ちょっとわからないんですが。

相談者:はい(苦笑)、すいません。

相談者:はい。

加藤諦三:そ、その子・・

相談者:孫と一緒の部屋でぇ。

相談者:はい、普通に生活してます。

加藤諦三:あ、孫と一緒の部屋?その子の・・

相談者:はい。

加藤諦三:部屋が、で、あるわけではないわけですね?

相談者:そうですね、19歳の孫と一緒に・・

相談者:生活してます。

加藤諦三:いろいろ・・

相談者:はい。

加藤諦三:そうすると19歳だと。

加藤諦三:それぞれ、自分の家が欲しくなるとかっていうことがあってぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの孫とこの友人とが揉める・・ことはないんですか?

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:そこにそのお兄さん・・も居るわけですよね、20歳の。

相談者:えっと、部屋はまた別にあるのでぇ。

加藤諦三:うん・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:五人いるんだけど、五人の関係はまぁ、上手くいっているわけですね?

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:はぁい、はいそれでぇ?

相談者:その友人がですね。

加藤諦三:ええ。

相談者:あの仕事を・・してたんですよ、居酒屋さんで勤めてたんですが。

加藤諦三:はぁい。

相談者:あのぅ・・三ヶ月の契約で。

・・

相談者:二ヶ月・・終わったときにですね。

加藤諦三:はぁい。

相談者:ずーっとあの、「クズ」とか「ノロマ」とか、もう・・「帰れ」とか「役に立たん」とか、ずっとなんか言われ続けてて。

加藤諦三:はぁい。

相談者:でぇあのぅ、本人もたまらなくなって、ずーっとわたし達も聞いてたんですが。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと、二ヶ月、勤め・・

相談者:た後ですね。

加藤諦三:はい。

相談者:「もうやっぱし行かない」って言って、仕事に行かなかったんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・

相談者:一ヶ月19万円で。

加藤諦三:はい。

相談者:手取りで15万円、いろいろ引かれて15万ってことで。

加藤諦三:はい。

相談者:あの、ずっ・・給料もらってたんですよね。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇあの二か月目結局、そのもう耐えられなくて辞めてですね。

加藤諦三:はい。

相談者:辞めて、四日ぐらしして、「辞めます」って本人が連絡したら。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・「明日、出て来なさい」って言われて、出て行ってるんですよ。

相談者:其時に、あの手書きで・・

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・

・・

・・

相談者:突然辞めたから、応援を頼んだ4万円。

・・

相談者:そしてあの、「あなたが辞めたから求人広告に11万円」

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、保険料、クリーニング代っていうことで。

加藤諦三:はい。

相談者:19万の給料で、毎月15万手取りでいただいてたのに。

加藤諦三:はい。

相談者:その一ヶ月分は、7千円しか残りませんって言って、7千円だけ・・

相談者:もらってですね。

加藤諦三:はい。

相談者:その、いろいろ書いてある書類に、名前を書きなさいって言われて。

加藤諦三:はい。

相談者:名前を書いて署名してるんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、7千円だけもらって帰ってきたんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ、労働基準局の方に電話をしても。

加藤諦三:はい。

相談者:「給料ください」ってもう一回、でん・・手紙を書いてみてくださいみたいな感じで言われたのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:あの、これは給料もらうっていうことはできないのかな?って、署名してしまったから、もうダメなのかなぁ・・というところが知りたくって・・

加藤諦三:ああ・・なるほどね。

相談者:お電話しました。

相談者:そうなんです。

加藤諦三:それで今日の相談というのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:その7千円というのが・・

加藤諦三:少なすぎじゃないのかという話ですね。

相談者:そう、そうですね、はい。

・・

加藤諦三:もともと15・・手取りで15万円あるんだからという・・

相談者:はい。

加藤諦三:ことですね。

相談者:はいそうなんです。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:はいすいません。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA