テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2020年3月9日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
48歳男性から、経済的理由から妻が夜、友達の店で働くと言っていたが、本当は風俗で確証はないが浮気しているらしい。子供を通じてしか夫婦間の意思疎通はなく、妻から離婚の話し合いと言われている。離婚やむなしと思うが子供達の親権はとりたい。
加藤諦三氏の〆の言葉『問題解決に必要なのは、表面の現象ではなくその裏にある本質です。』

目次

スポンサーリンク

離婚やむなし、親権はとりがいが

相談者は48歳男性、妻は44歳、長女10歳、長男8歳。

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:はい、よろしくお願い致します。

加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:え・・48歳です。

加藤諦三:48歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はいしてます。

加藤諦三:はい、え・・奥さん何歳ですか?

相談者:え・・妻は44歳。

加藤諦三:44歳、お子さんは?

相談者:ちょう・・じょ(長女)・・10歳。

加藤諦三:はい。

相談者:長男・・8歳。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それで、どんな相談ですか?

相談者:家庭内が・・ちょっと・・複雑になってきましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:どうやら・・ちょっとこう、浮気・・してるようなので。

加藤諦三:奥さんの方が浮気してる?

相談者:そうですね。

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ、確たる・・証拠っていうのは、まだないんですが、例えば、口もきかない状態なのでぇ。

加藤諦三:あっ、もう・・家庭の中で会話がないわけですね?

相談者:そうですねぇ。

相談者:お互いの意思疎通は言葉を通してみたいな感じでぇ。

加藤諦三:あっ・・子供を通して?

相談者:はぁい。

加藤諦三:すっと、子供・・はもう、10歳になると何となく感じているわ・・

相談者:そうですねぇ。

加藤諦三:のですねぇ・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:でぇ、奥さんがどうも浮気してるらしいっていうのは・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:わかりだしたのはいつ頃からですか?

相談者:うーん・・半年・・ぐらいですかねぇ。

加藤諦三:半年ぐらい。

相談者:はぁい。

加藤諦三:んでぇ・・何がきっかけですか?

相談者:うーーん・・まず・・経済的に・・

相談者:厳しいので。

加藤諦三:はい。

相談者:夜・・働くっていう感じになってきて。

加藤諦三:はい。

相談者:そこからやっぱり・・服装やら何やらガラッと変わり始めて。

加藤諦三:はぁい。

相談者:まぁ、どうやらこう・・ゆび、夜のお仕事ってのは、やっぱりなんて言うんですか?その男性を相手に?

加藤諦三:はぁい。

相談者:手帳とか・・

加藤諦三:はあ、はあ、はあ。

相談者:そういった、メモ・・書きとかですかねぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:捨ててあるのを見て。

・・

・・

相談者:あれっ?っていう感じで、始まってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ・・ちょっと怪しいなと思って調べ・・ると、こう・・風俗、みたいな感じですか?

加藤諦三:あっ・・

・・

加藤諦三:そこで働いている?

相談者:ええ。

加藤諦三:はぁい。

・・

加藤諦三:でぇ、だけどそれ・・

加藤諦三:あな・・たが、承知したことですよねぇ?

相談者:いえ、夜働くっていうのは、友人の・・お店を手伝うっていう・・名目・・だったんですよ。

加藤諦三:はぁい、はい。

相談者:はい。

・・

・・

相談者:やっぱり経済的なもんが・・厳しい、家計を任せていたのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:僕の方から、とにかく言ったんですよ。

相談者:僕が・・昼も、夜も、働きますと。

加藤諦三:はい。

相談者:そしたら・・

・・

相談者:「いいです」と断られて。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・友人のお店があるからそちらで、お手伝いでやるからっていうことを・・訴えられたんですよ。

加藤諦三:あっそっか、最初はあなたがもう昼も夜も働くと言ったわけね?

相談者:そうです。

加藤諦三:でえ、あなたは今は昼だけで働いてるの?

相談者:そうです。

加藤諦三:ふぅーん・・

相談者:あの妻がいないもんで子供の面倒やっぱり・・みる人がいないのでぇ。

加藤諦三:そりゃそうですよねぇ。

相談者:はい。

・・

・・

加藤諦三:うん・・

加藤諦三:もう会話がなくなってるから、あんまり・・

相談者:はい。

加藤諦三:詳しく・・お互いに話し合いもないわけね?

相談者:ええ、今のところ・・ないですが。

加藤諦三:はい。

相談者:え・・つい先日・・

相談者:休みがあ・・

相談者:あるからぁ。

加藤諦三:はい。

相談者:え、子供・・を、どこかに連れてくっていう話になってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:母親と三人で行くからっていうことでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:そしたら・・知らない男と・・あの車で、四人で。

・・

・・

相談者:それを目撃して。

加藤諦三:うん。

相談者:それがショックで。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇまぁ、その日に子供と一緒に僕、お風呂入ったんですがぁ。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ・・「どうだった?」「何見てきた?」っていう話をしてから、なんか・・

相談者:「何々ちゃん・・」

相談者:その、その男の人のニックネームじゃないですか。

加藤諦三:うん。

・・

・・

相談者:その人とこう、いろいろ買ってもらったっていう話をしてて。

加藤諦三:うんうんうん・・

相談者:ええ。

加藤諦三:はいわかりました。そんな状態だった、でぇ今日の相談というのは?

相談者:もう、妻には・・

・・

相談者:「離婚したい」っていう・・

・・

相談者:意思は伝えられているのでぇ。

加藤諦三:あっ、妻の方から?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:妻のほうから「離婚したい」とはっきり言われた。

相談者:はい話し合いたいと。

加藤諦三:あっ、離婚・・する、したいので話し合いたいと言われたと。

相談者:はいはい、それでぇ・・

加藤諦三:でぇ・・はい?

相談者:まだこれからなんですが。

加藤諦三:はい。

相談者:二人だと、あの、話ならないので。

加藤諦三:うん。

相談者:あの、身内を立ち会ってもらって、四人ぐらいで話し合いたいと思うんですが。

相談者:僕・・としては、離婚は、もうしょうがないと。

加藤諦三:うん。

相談者:うん、今まで・・子供のためだと思って我慢してきたんですがぁ。

加藤諦三:うん。

・・

相談者:もう離婚は・・もうしょうがないと思ってるんですが。

加藤諦三:はぁい。

相談者:子供の親権をこう・・僕の方で。

加藤諦三:はい。

相談者:ええ、いただきたいのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:どのようにこう・・なんて言うんですかねぇ?

相談者:もっていったらいいか。

加藤諦三:どのような話し合い・・した・・したらいいか?ということ。

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあのぅ、スタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてるのでぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA