テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

中川潤

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

中川潤:こんにちは・・中川です。

相談者:はい今日はよろしくお願いします。

中川潤:ご質問はその親権どうこうっていうのが・・ポイント・・のようなんだけど。

相談者:はい。

中川潤:ただちょっとその前に気になったのはね。

相談者:はい。

中川潤:なんでふ・・二人じゃあ・・ダメなの?

・・

相談者:うん・・

中川潤:なんで身内に立ち会ってもらうってことを・・お考えになるのか・・は、どうしてなのかなぁ?ってとっても不思議だから今・・聞いてるわけだけど。

相談者:うーーん・・

中川潤:とりあえずだけど二人で話し合いを・・まず・・やって、みたんですか?

相談者:まだです。

・・

・・

中川潤:うん・・

相談者:はい。

・・

中川潤:やっぱりお二人の問題・・なんだから。

相談者:はい。

中川潤:二人でなさるべきじゃないですか?

相談者:ああ、最初にですか?

中川潤:はああ。

相談者:ああ・・はい。

・・

中川潤:それが一つと。

相談者:はい。

中川潤:それからもう一つ・・そこでぇ・・第三者を入れるんであれば。

相談者:はい。

中川潤:家庭裁判所・・っていう存在はご存知ですよね?

相談者:はい。

中川潤:でぇ、離婚の場合は必ず・・裁判じゃなくてその前に話し合いの場、調停・・でぇ。

中川潤:いったん、トライをしてから・・

相談者:はい。

中川潤:そこでぇ・・え、どうしても駄目だっったら・・あ、離婚訴訟だっていう・・手順を踏めってことにな・・

中川潤:ってるんだけども。

相談者:はい。

中川潤:その・・調停。

中川潤:という形でそのぅ・・裁判所の調停委員が間に入って。

相談者:はい。

中川潤:でぇ・・

相談者:はい。

中川潤:それぞれから話を聞いてぇ。

相談者:はい。

中川潤:離婚っていう方向性はそうはっきりしているわけですから。

相談者:はい、はい。

中川潤:そんな親権の問題をどうするか・・ってことを・・

相談者:ええ。

中川潤:第三者を入れたいんであれば。

相談者:はい。

中川潤:離婚調停。

相談者:はい。

中川潤:の、場・・

中川潤:を、お考えになるのがやっぱり・・あのぅ・・本筋だと思うよ、わ、わたしはその法律家だからそう言ってるんじゃなくってぇ。

相談者:はい。

中川潤:ある年齢・・以上のね。

相談者:はい。

中川潤:ご夫婦、まぁ、そもそものご夫婦・・であれば。

相談者:はい。

中川潤:その・・親だの兄弟だの・・入れて、話し合うっていうのは、わたし的にはね。

相談者:ええ。

中川潤:まぁ、いろんな考え方ある・・とは思うけど。

相談者:はい。

中川潤:わたしはあんまり・・好ましいことだとは思ってません。

相談者:ああ、そうですか?

中川潤:うん。

相談者:はい。

中川潤:それと、もう一つ、その・・親権の問題なんだけども。

相談者:はい。

中川潤:親権と言うよりも。

相談者:はい。

中川潤:具体的などちらが引き取るかと。

相談者:はい。

中川潤:いう・・おそらく、イメージとして考えておられると思うんですよね。

相談者:はい。

中川潤:ただねぇ、それを考える場合は。

相談者:はい。

中川潤:考える場合は。

相談者:はい。

中川潤:この夫婦関係が壊れたことについて。

相談者:はい。

中川潤:あなた、からすれば・・あ・・女房の浮気、あるいは男関係。

相談者:はい。

中川潤:ということ、になって。

中川潤:母親として子供を、きちんと育てられる・・とは思えないと。

相談者:はい。

中川潤:いうのが、おそ、おそらくあなたの・・ぉ、思いだろうし。

相談者:はい。

中川潤:自分でぇ・・好き勝手をやって。

相談者:はい、はい。

中川潤:でぇ、子供まで・・持って行くっていうのは虫が良すぎると。

相談者:はい・・

中川潤:いうのが、あなたの思いだと思います。

相談者:はい。

中川潤:たぶんね。

相談者:はい。

中川潤:だけどねぇ。

・・

中川潤:あのぅ・・

・・

中川潤:ほん・・っとにはた迷惑な話なんだ、子供にとっちゃ!(強調)

相談者:はい。

・・

中川潤:どんなにねぇ。

相談者:はい。

中川潤:相手・・が、憎かろうが、非があろうが。

相談者:はい。

中川潤:子供を・・が、どちら・・が、引き取って育てるかっていうのは。

相談者:はい。

中川潤:その子供たち・・にとって。

相談者:はい。

中川潤:どちらが・・好ましいか・・の、一般論として言えば、この10歳と8歳の子供さんが居て。

相談者:はい。

中川潤:母親、と父親が居た時に。

相談者:はい。

相談者:はい。

中川潤:どちらの元に置くか・・っていうことについての・・一般的な判断っていうのは・・どちらかと言うと母親に傾斜してるんですよ。

相談者:はい。

中川潤:裁判所の判断っていうのは。

相談者:はい。

中川潤:ねぇ。

相談者:はい。

中川潤:だからねぇ・・あなた・・代理人をつけなさいな。

中川潤:弁護士。

・・

相談者:はい弁護士ですか?

中川潤:はい。

相談者:はい。

中川潤:でぇ、こういう状況で。

相談者:はい。

中川潤:自分の方で監護をしたい。

相談者:はい。

中川潤:面倒みていきたい、引き取っていきたい。

相談者:はい。

中川潤:ということを。

相談者:はい。

中川潤:その、弁護士共々二人三脚でぇ。

相談者:はい。

中川潤:相談しながらトライするように・・

中川潤:した方がいいと思います。

相談者:ああ、そうですか?

中川潤:というのは・・

相談者:はい。

中川潤:あのぅ・・

・・

中川潤:ちょっと先走った物の言い方をするようですが。

相談者:はい。

中川潤:今の状況下で。

相談者:はい。

中川潤:まぁ、二人で話して最終的には・・あなたが申し立てるか、あるいは向こうが申立てるかわからないけども。

相談者:はい。

中川潤:たぶん・・あの、離婚調停になると思うですよ。

相談者:はい。

中川潤:流れとしては。

相談者:はい。

中川潤:でぇ、その時に、奥さんには奥さんなりの言い分がおそらくあるんですよ。

相談者:ええ、はいはい。

中川潤:ねっ。

相談者:はい。

中川潤:でぇ、それを聞いた調停委員が。

相談者:はい。

中川潤:どういう判断するかって言うと。

相談者:はい。

中川潤:今のまま、あなたが本人で。

相談者:はい。

中川潤:当事者で出て行ったら間違いなく奥さんの方が・・

相談者:はい。

中川潤:あのぅ・・親権者引き取り先、に、なる、ことは・・あの99%間違いないです。

相談者:あっ、そうなんですか?

中川潤:ですから。

相談者:はい。

中川潤:あなたが・・

中川潤:もう、ともかく力を尽くして、子供さん、を・・自分の方が・・

中川潤:見守るのにふさわしいと・・

相談者:はい。

中川潤:いう確信をお持ちで。

相談者:はい。

中川潤:その環境整備ができると。

相談者:はい。

中川潤:いう、万全の自信がもしお有りになるのであれば。

相談者:はい。

中川潤:今から、急ぎ弁護士を・・

中川潤:頼んで。

相談者:はい。

中川潤:その相談をされるべきだと思います。

相談者:あっ、弁護士の方・・はい。

中川潤:やり方としては。

相談者:はい。

中川潤:今のが、あなたの質問に対する直接の・・答えなんですよね。

相談者:あ、はい。

中川潤:技術的なことです、だからそういう意味では。

相談者:はい。

・・

中川潤:だけどねぇえ。

中川潤:あのぅ・・ちょっとあのぅ・・距離を置いて考えてほしいことが一つあってね。

相談者:はい。

中川潤:子供さん・・上の女の子さんも。

相談者:はい。

中川潤:下の息子さんもそうなんだけども。

相談者:はい。

中川潤:お二人に取ってみれば。

相談者:はい。

中川潤:お父さんもお母さんも。

相談者:はい。

中川潤:大事なんですよ。

相談者:はい、もちろん、はいそれはわかってます。

中川潤:わかるでしょう?

相談者:はい。

中川潤:でねぇ・・こういう渦中にある子供さんっていうのが、一番・・ある意味では悲惨なんでありましてぇ。

相談者:はい。

中川潤:お母さん・・と、一緒にいるときには・・

相談者:はい。

中川潤:お母さんの機嫌を。

相談者:はい。

・・

中川潤:なんとかしてとろうとする。

相談者:ええ、ええ、ええ。

中川潤:お父さんと一緒にいるときには。

相談者:はい。

中川潤:お父さんの・・

相談者:はい。

中川潤:機嫌を損ねないようにしようとする。

相談者:はい。

・・

中川潤:ともかく・・

中川潤:お父さんと、お母さんが・・

相談者:はい。

中川潤:いさかいを起さないように・・

中川潤:どうすればいいんだろうか?

相談者:あ、ああ・・

中川潤:という思いで・・

相談者:はい。

中川潤:心の中はいっぱいでありましてね。

相談者:はい。

中川潤:でぇ。

中川潤:それが。

・・

・・

中川潤:ぁ・・ぉ・・お二人が・・別れざるを得ないってことは・・それは受け入れてもらうしかないんだけれども。

相談者:はい、はい。

中川潤:別れるにあたって、「子供は俺が引き取る」「お前が引き取る」・・って、いうことではなしに。・

相談者:はい。

中川潤:「俺たちは別れるんだけれども」

相談者:はい。

・・

・・

中川潤:冷静に考えようじゃないかと。

相談者:はい。

中川潤:いうことぐらいのねぇ、リーダーシップはあなた、取ってくれませんか?

相談者:はい。

中川潤:そういう気持ちでいてくれませんか?

相談者:はい。

相談者:わかりました。

中川潤:わかりますぅ?

相談者:はい。

中川潤:今、一番辛い思いしてるのは・・

相談者:はい。

中川潤:あなたは辛いんだけども。

相談者:はい。

中川潤:実は・・お嬢さんであり・・息子さんなんですよ。

相談者:はい。

中川潤:それはわかってあげてくださいね。

相談者:は、はい。

中川潤:でぇ、それを・・奥さんと話をするときに。

相談者:はい・・わかります。

中川潤:さっき、調停って申し上げたけど、すぐ調停っていうんじゃなくて。

相談者:はい。

中川潤:それは・・繰り返しちょっとやってもらえません?

相談者:はい、わかりました。

中川潤:それ、わたしのお願いです。

相談者:はい、わかりました。

中川潤:加藤先生にお返ししますねぇ。

相談者:はぁい、ありがとうございました。

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA