テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年3月14日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
64歳女性から、今住んでいる家は父の名義だったが昨年他界し相続、土地は姉名義で贈与の話が出ている。15年前からお礼として毎年50万円ずつ渡していたがその金額と相殺できないものか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

贈与税がどうなるか教えて

相談者は64歳女性、夫は70歳、長女39歳、長男35歳の四人暮らし。去年他界した父と、同い年の姉。

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、はじめまして、よろしくお願い致します。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:えっと、64歳です。

加藤諦三:64歳・・結婚しています?

相談者:あっ、してます。

加藤諦三:え、ご主人、何歳ですか?

相談者:えっと、70です。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:えーっと、上が、女で、39歳。

加藤諦三:はぁい。

相談者:下が男で、35歳で、同居してます(笑)・・はい。

加藤諦三:ということは今、四人で暮らしてるわけですか。

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はぁい、わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:えっと、贈与税のことなんですけど。

加藤諦三:はぁい。

相談者:今、わたしがここに住んでる家が・・15・・年ほど前に。

加藤諦三:はぁい。

相談者:父・・と、姉が買った家なんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:家屋の方が父の名義で。

加藤諦三:はい。

相談者:土地の方が、姉の名義になってたんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ父が去年亡くなったのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:家屋の方、わたし名義にはしたんです。

加藤諦三:はい。

相談者:はい、土地の方の名義を書き換えるにあったってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:贈与税がかかりますよねぇ?

加藤諦三:はい。

相談者:その贈与税に関してですがぁ。

加藤諦三:はい。

相談者:えっと・・一応、姉が・・お金をだしてるのでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:**、10・・5年ほど?・・姉に・・年に50万ずつ、お金を渡してたんです、支払ってたんですね。

加藤諦三:15年間、お姉さんに、お金を・・誰が払ってたんですか?

相談者:わたし・・

加藤諦三:あなたが払ってた?

相談者:わたしのうちで払ってたんです。

加藤諦三:はぁい。

相談者:そのぅ・・分を・・えっと贈与・・税を払うにあたって、その・・

相談者:分を差し引けるのか?

加藤諦三:はああ・・なるほどね。

相談者:贈与・・はアレがありますよね、金額が。

加藤諦三:はい、はいはい。

相談者:何千万の・・土地、めい・・

加藤諦三:はい。

相談者:土地のお金というの・・から引けるのかどうか?

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、それが引けた場合に。

加藤諦三:はい。

相談者:姉に。

相談者:税金が掛かってくるのか?姉が・・もし、申告したりなんだりして、税金を払わなくちゃいけないのかを、この二点を聞きたいんですけど。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい、すいません。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA