テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

坂井眞

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

坂井眞:え、よろしくお願いします。

相談者:あっ、よろしくお願い致します。

坂井眞:前提のところを、ちょっと確認をしたいんですが。

相談者:はい。

坂井眞:15年前に、お父さんと、お姉さんが・・今住んでいらっしゃる・・

坂井眞:自宅ですよね、土地と建物を・・

相談者:はい。

坂井眞:購入、購入された、買ったということですね?

相談者:はい、そうです。

坂井眞:でぇ、お姉さんは・・

坂井眞:いくつ・・年上なのかな?

相談者:いえ、同い年なんです。

坂井眞:64歳・・あっ・・なるほど。

相談者:ええ。

・・

坂井眞:15年前ということは。

相談者:はい。

坂井眞:50歳、49歳ってことか、お姉さん。

相談者:はい、そうです。

坂井眞:でぇ、これ買ったのがお二人でとおっしゃるんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:当時お姉さんは・・

坂井眞:何か仕事をしてらっしゃったの?

相談者:実は・・

坂井眞:ホントにお金を出したのか?ってことがまず聞きたいんだけど。

相談者:あっ、お金は・・

相談者:半々ではないらしんですけど、そこんとこはちょっとわたしにはよくわからないんですけれど。

坂井眞:うん。

相談者:いろいろ、訳がありましてぇ(笑)。

坂井眞:うん。

相談者:訳があってぇ。

相談者:父と・・姉が、お金を出して、買ってくれたとこなんですね。

坂井眞:じゃあ、二人で、え・・まぁ土地と建物。

相談者:はい。

坂井眞:この、代金を出したことは、どうも事実なんですね?

相談者:そうです。

坂井眞:でぇ、どれだけどっちが出したかはよくわからない?

相談者:だいたいはわかるんですけど。

坂井眞:うんわかりました、あんまりここではハッキリ言えないのかな(笑)?

相談者:はい。

坂井眞:ふふっ、だいたいはわかる。

相談者:ただね。

坂井眞:うん。

相談者:父が、住んでる家が、あったんですけど。

坂井眞:はい。

相談者:そこも、父が、家屋の名義になってて。

坂井眞:うん。

相談者:土地は姉が・・

相談者:買った物なんですよ。

坂井眞:うん・・今おっしゃったのは・・

坂井眞:きょ、今日問題になっている、あなた方、ご家族の住んでいる所とは別に。

相談者:はい。

坂井眞:お父さんが、生前住まわれていた、お父さんの自宅があったという話ですね?

相談者:ええ、そう、それが借地だったんですけど。

坂井眞:うん。

相談者:んっと、30年ぐらい前に、書き換え・・の時に・・

坂井眞:うん。

相談者:地主さんから、「買わないか?」っていう話があったらしくてぇ。

坂井眞:はい。

相談者:その時に、姉が買ったらしいんです、安く、すごく安くね、えへへっ(笑)。

坂井眞:底地をね。

相談者:ええそうです。

坂井眞:まっ、底地って言いますけども。

相談者:はぁい。

坂井眞:今、建ってる所の敷地部分ね。

相談者:ええ。

坂井眞:お姉さんが、買ったと、そのお姉さんは?

相談者:別のとこに住んでるんです。

坂井眞:そういう・・別のとこに住んでいて。

相談者:まぁ、近くに住んでるんですけど、はい。

坂井眞:うん。

坂井眞:でぇ、お姉さんは、そういうお金を実際・・あのぅ、自分のお金としてぇ・・え・・持っておられた?稼いでて・・

相談者:そうです。

坂井眞:持ってても、おかしくない人?

相談者:そうですね。

坂井眞:なるほど、それ大丈夫なのね。

相談者:はい大丈夫です。

坂井眞:え・・なんでこんなこと聞くかっていうと。

相談者:はい。

坂井眞:名義はお姉さんになってるけど、実は金はだしてませんっていうことってぇ・・

坂井眞:あるわけでぇ。

相談者:あっ、そうなんですか?はぁい(笑)。

坂井眞:だってぇ、だから、あの名義が間違ってるから戻しますなんてこともあるわけですよ。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:うん。

坂井眞:だから、あ、ホントのところはどうなのかなぁ?というのが、気になったのでぇ、今・・

相談者:はい。

坂井眞:聞いてるんですがぁ。

相談者:はい。

坂井眞:そうするとお姉さんがお金を出してるってことも、どうも事実だし、お姉さんがそういうお金を持ってても・・

相談者:はい。

坂井眞:おかしくないし。

相談者:はいそうです。

坂井眞:つまり、お父さん、生きてる間に、お金もってるわけだから、相続で手に入れた財産ではないわけで。

相談者:はい。

坂井眞:自分で稼ぐか、誰かからもらったか、何か別のことでもってなきゃおかしいですよね。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、それはちゃんとあって。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、お父さんが住んでいた・・いらした家の・・

坂井眞:え・・地主さんから、その敷地も・・お、書き換えの時に・・買ったのはお姉さんだと。

相談者:はい、そうです。

坂井眞:と、そこの敷地の名義もお姉さんだと。

相談者:はいそうです。

坂井眞:でぇ、お姉さんは別の所にご自宅があるのね?

相談者:はぁい。

坂井眞:わかりました。

相談者:はい。

坂井眞:と、15年前に買ってぇ、去年、お父さんが亡くなられて。

相談者:はい。

坂井眞:これ相続人は、お姉さんとあなたと二人ですか?

相談者:そうです。

坂井眞:でぇ、二人で、遺産分割協議をして。

相談者:はい。

坂井眞:え・・この建物は、わたし一人で相続しますということになったわけね。

相談者:はいそうです。

坂井眞:でぇ、土地は、お姉さんの名義だから。

相談者:はい。

坂井眞:まっ、少なくとも名義を見る限り相続財産ではないので、お父さんに、の、相続人・・

相談者:そうですね、はい。

坂井眞:でぇ、それはそのままなんだけれども・・

相談者:はい。

坂井眞:こっから本題に入りますが。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、えーっと、お姉さんは自分の自宅もあるし。

相談者:はい。

坂井眞:別に、あなた方、ご家族が住んでいる、家・・の土地は。

坂井眞:別に・・名義は自分のもんだし、お金出しているけど。

相談者:はい。

坂井眞:もういらないから・・

坂井眞:え、妹であるあなたに、あげます・・と、こういう話になったんですか?

相談者:そうなんです。

坂井眞:でぇそれは、お父さんが亡くなった後に、そういう話になった?

相談者:そうです。

坂井眞:っということですねぇ。

相談者:はい。

坂井眞:わかりました。

坂井眞:でぇそれはあのぅ・・ご心配の通り、あなたのご自宅の、敷地部分。

相談者:はい。

坂井眞:を・・もらうということになると、当然、贈与税が・・

坂井眞:かかりますからぁ。

相談者:はい。

坂井眞:あ・・じゃあ、贈与税、いくらに対して、この税率・・掛かってくるんだろうか?っていう・・ことは、気になってご相談されてるわけですよね?

相談者:はいそうなんです(笑)、はい。

坂井眞:でぇ、え・・まずそこまで聞きました、でぇ、もう一つ、別の話をされてるんですけれども。

相談者:はい。

坂井眞:15年前から・・

坂井眞:年に50万円ずつ・・

坂井眞:お姉さんに払ってましたと。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、それはまぁ一応、あなた名義で。

相談者:ええそうです。

坂井眞:ということですよね。

相談者:はい。

坂井眞:だから、贈与されるにあたってぇ。

坂井眞:え、15年間で50万円ずつっていうと、結構、なな・・750万になるのかな?

相談者:はい。

坂井眞:750万円・・を、払ったんだから・・

相談者:はい。

坂井眞:まっ、その土地・・の、底地の価格がいくらか?敷地の価格はいくらかはわからないけれども。

相談者:はい。

坂井眞:それだけ払ったんだから、贈与税がかかる部分について。

相談者:はい。

坂井眞:差し引いて。

相談者:はい。

坂井眞:え・・基礎控除と同じように。

相談者:はい。

坂井眞:え・・これなにか、た、対価ないし・・か何かと差し引いて。

相談者:はい。

坂井眞:え・・税金少なくならないだろうか?っていうのが・・

相談者:そうなんです。

坂井眞:最初のご質問ですよね。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、結論から言うと。

相談者:はい。

坂井眞:あっ、結論の前に、もう一つ聞いておきたかったことがあります。

相談者:はい。

坂井眞:15年間、年に50万ずつ払ったって、それなんで?

・・

・・

相談者:なんで?・・ってわけじゃないんですけど。

相談者:あのぅ・・

坂井眞:えっ?だってそれなんで?って理由あるでしょう?

相談者:え、えっと、なんとなく・・ここに住んでるのにお金も払わないのに住んでるのは・・悪いかなぁ・・と思って。

・・

相談者:一応は、前もってわたしは・・あの賃貸に入ってたんですね。

坂井眞:はい。

相談者:え、賃貸に入ってた・・お金ぐらいを。

坂井眞:うん。

相談者:払っておこうかなぁ・・と思ったんですけど(苦笑)。

・・

相談者:ダメでしょうかね?

相談者:ダメだったんでしょうか?

坂井眞:あのぅ・・いや、全然ダメじゃないんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:そ、そ、そのぅ、だから・・姉妹の人間関係が上手くいってるからまぁいいと思うんだけど(苦笑)。

相談者:はい。

坂井眞:得してラッキーだけじゃなくてぇ(笑)、お姉さんの土地の上にある家に住むならば、と言うんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:お父さんはじゃあ、一緒に住んでたんですか?

相談者:いえ・・

坂井眞:違うよね?

相談者:そうじゃないですけど、介護を・・しなくちゃいけなかった、母も居たのでぇ、前は。

坂井眞:ふん。

相談者:母と父の介護をしながら。

相談者:っていうのはあったんですけど。

坂井眞:でぇ、お父さんたち・・は、そのぅ、お父さんの家、そこにお父さんもお母さんも居たんですよね?

相談者:はい。

坂井眞:でぇそれ、ご近所なのかな?

相談者:そうなんです。

坂井眞:でぇ、そこへ介護に行っていて。

相談者:はい。

坂井眞:だから、お父さん名義の建物で、敷地はお姉さん名義の所に。

相談者:はぁい。

坂井眞:あなた方、ご家族が・・

相談者:はい。

坂井眞:賃貸の所から・・引っ越してきたと。

相談者:はいそうなんです。

坂井眞:ということだ。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、引っ越してきて・・面倒はみるんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:でも、タダで住んじゃうのはもうしわけないから。

相談者:はい(苦笑)。

坂井眞:え・・妹に(※姉の間違い)50万ずつ払ったと。

・・

坂井眞:お父さんには払わなかったの?

相談者:うん、お父さんには、払わ・・(笑)。

坂井眞:ふふふ、ええっとねぇ。

相談者:父には払わなかったんです、いけないですか?

坂井眞:まぁ、面倒看るしね・・っていうのがあったのかもしれないんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:え、法律的に、分析をしますと。

相談者:はい。

坂井眞:お父さんの家・・に住んでいて。

相談者:はい。

坂井眞:お父さんが、お姉さんの土地の上に建物を持ってるわけ。

相談者:はい。

坂井眞:だから、本当は、建物もってるお父さんが、お姉さんに地代を払って。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、自分の建物を、借地上に建っている・・借地・・じゃないんだけどね、金払ってないから。

相談者:はい。

坂井眞:普通で言うと、借地上に建っている建物を、誰かに貸す、みたいな形に近いわけ。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:だから・・わかりやすく言うと・・別に土地・・借りたんじゃなくて、家、借りてるわけですよね。

相談者:あっ、はい。

坂井眞:借家に住んでとおっしゃるから、わかるかと思うんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:家を借りて住む時には。

坂井眞:そのあのぅ、敷地が・・

・・

坂井眞:その建物の所有者の物か。

坂井眞:借地なのかって関係ないじゃないですか。

相談者:あっ、はい。

坂井眞:家借りて、この家の家賃払いますって。

相談者:あっ、はい。

坂井眞:家賃って言うから、その通りだよね、家の(笑)・・賃料だから(笑)。

相談者:そうですね、はい。

坂井眞:土地の賃料じゃないね、地代じゃないもんね。

相談者:はい。

坂井眞:だから、何が言いたいかというと。

相談者:はい。

坂井眞:お姉さんの土地の上に建っている・・建物に住んでいるんだから。

相談者:はい。

坂井眞:50万ぐらい払わなきゃ申し訳ないのかなぁと、まぁ月々に割ったら、そんなに大きな金額じゃないしと。

相談者:はぁい。

坂井眞:いうようなことだと思うんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:でも、普通考えると・・でもお父さんの家に住んでるんだけど・・っていう感じがするわけ(笑)。

相談者:はい、ふっ(笑)。

坂井眞:でぇ、ただまぁ・・あのぅ・・じゃあ、お父さんの代わりに、地代をか、払ってるみたいな感覚はあったのかもしれないけれども。

相談者:はい。

坂井眞:でぇそれはそれでまぁ、ある程度・・合理性があるとは思うんですよ。

相談者:はい。

坂井眞:つまり、ぃ、言い方を変えると・・理由もなく50万ずつお姉さんに払っていたとすると。

相談者:はい。

坂井眞:これはお姉さんに対する贈与にならないかみたいな問題があってぇ。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:でぇただ、50万だから。

相談者:はい。

坂井眞:ご存知と思うけど110万超えてないのでぇ。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:え、基礎控除の部分ね。

相談者:はい。

坂井眞:だから、あのぅ、贈与税はいりませんと。

坂井眞:年に110万円まではいいです・・っという。

相談者:はい。

坂井眞:のは、し・・ご存知ですよねぇ、この話。

相談者:はい。

坂井眞:してらっしゃるから。

相談者:はい。

坂井眞:だから・・そういう問題が、あるかもしれないけど、まぁ、それはオッケーだと。

相談者:はい。

坂井眞:でぇただこれは、えーっと今回の・・あなた方が住んでらっしゃる・・家の・・

相談者:はい。

坂井眞:敷地を、お姉さんから・・贈与を受けるにあたっての。

相談者:はい。

坂井眞:何らかのその贈与と関係する物ではないわけですよ。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:当たり前ですよねぇ、だって去年、お父さんが亡くなってぇ。

相談者:はい。

坂井眞:え、そのあと、贈与を・・受けることに・・しました、というわけだから。

相談者:はい。

坂井眞:まぁその前の、15年間、まぁ14年間かもしれないけど。

相談者:はい。

坂井眞:その間の・・毎年の支払いって、今回の敷地の贈与と、なんの・・なんの関係もないですよね。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:だから。

相談者:はい。

坂井眞:まぁ、そういう意味でいうと。

相談者:はい。

坂井眞:この贈与となんにも関係がない・・

坂井眞:え・・毎年50万。

相談者:はい。

坂井眞:もっと言ってしまうと、お姉さんの土地を、使わせてもらってるから・・その対価として払ってた50万と、。

相談者:はい。

坂井眞:今回の贈与とは何も関係ないので。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:差し引けないですねっていうのが・・

相談者:あっ、ああ、そうね(笑)、はい、わかります。

坂井眞:あの、理屈はわかりますよね?

相談者:はぁい。

坂井眞:うん、この、贈与を・・いずれ受けるから。

相談者:はい。

坂井眞:あらかじめ前払いしておきました・・っていう話、になれば。

坂井眞:それは、贈与じゃなくって売買だよね。

相談者:あ、ああ・・はい。

坂井眞:でも、全然それと関係なくてぇ。

相談者:はい。

坂井眞:お父さん亡くなって、家もらっちゃったから・・その敷地は・・お姉さんのもんだけど、お姉さんも家があるからもうあなたにあげるわよ・・って話だとすると。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:その前に払ってた・・

坂井眞:まっ地代みたいな物?

相談者:はい。

坂井眞:は(わ)、贈与と関係ないですよね。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:ということになりますね。

相談者:あっ、そうなんですか、はい。

坂井眞:はい・・でぇ、お姉さんに税がかかって来るのかっていう話をされていたけれども。

相談者:はい。

坂井眞:今回そのぅ・・

・・

坂井眞:ご自宅の敷地がお姉さんの名義で、真実お姉さんの物だとすれば・・

坂井眞:それを・・あなた方に贈与する。

相談者:はい。

坂井眞:贈るほうなので。

相談者:はい。

坂井眞:もらうほうはあなた方のほうなので、あなたなので。

相談者:はい。

坂井眞:税金かかるのは贈与税かかるのはあなたであってぇ。

相談者:はい。

坂井眞:お姉さんは、別に・・それで得するわけではないのでぇ。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:え・・、贈与することで税金がかかるということは、ないですね。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、あと気になるのは。

相談者はい。

坂井眞:ん・・最初聞いて・・い、よくわかりません・・って言われちゃったからこれ以上話せないんですけど。

相談者:はい。

・・

坂井眞:まっ、最初想像したのはホントはお父さんが全部金出してたんじゃないのかとかって想像したわけですよ。

相談者:あっ、それはないです。

坂井眞:ねっ。

相談者:はい。

坂井眞:でそうだとすると、名義はお姉さんの物になってるけど。

相談者:はい。

坂井眞:あ、実質の所有権はお父さんの物だから。

相談者:はい。

坂井眞:両方相続しちゃえば・・

・・

坂井眞:相続税の問題になるよねと思ったんですけど。

相談者:あっ、はい。

坂井眞:だけど、どうもそうじゃなくてぇ、真実お姉さんが・・

・・

坂井眞:土地の代金・・の、部分を出してらっしゃるようだから。

相談者:あっ、はい。

坂井眞:と、名義と所有権は一致してるから。

相談者:はい。

坂井眞:お姉さんから、もらうとしたら贈与税になっちゃう。

相談者:あっ、はい。

坂井眞:っていう話になりますよね。

相談者:これってぇ、一般贈与のほうの税額になりますよね?

・・

坂井眞:一般贈与っていうと?

相談者:あのぅ・・税、贈与のところに、ちょっと、表を見たときにね。

坂井眞:はい、はい。

相談者:親とか・・

坂井眞:はい、はい。

相談者:からか・・

坂井眞:うん、あれぇ、ご覧になってると思うけど。

相談者:はい。

坂井眞:ぉ、あのぅ・・20・・平成27年・・からかな?

相談者:はぁい。

坂井眞:あのぅ、おじいさんとか・・おばあさんとか、お父さんお母さんから。

相談者:はい。

坂井眞:もらった場合の、特別のやつですよね。

相談者:うん、じゃないほうの一般贈与有になりますよね?

坂井眞:うん、これは、うん、お姉さんと妹だから。

相談者:はい。

坂井眞:そこには入んないから、一般の・・

坂井眞:あの贈与税の・・

相談者:あっ、はい。

坂井眞:税率でぇ、あとは・・税率がもうご覧になってると思うけど・・

相談者:はい。

坂井眞:贈与税の、課税の、対象・・の価格によって税率が変わるじゃないですか。

相談者:はい。

坂井眞:上がって行くと、だんだん税率が・・ふ、増えて行ってぇ。

相談者:ええ。

坂井眞:でぇそっからあのぅ・・

坂井眞:控除分をちょっと引いて、みたいな。

相談者:はい。

坂井眞:どっかで、表をご覧になったと思うんだけど。

相談者:はい。

坂井眞:でぇその・・

坂井眞:評価がどうなのか・・っていう、その敷地のね。

相談者:ああ、はい。

坂井眞:でぇ、それは敷地なのでぇ、家が建っているから。

相談者:はい。

坂井眞:その、更地の評価ではもちろんなくて。

相談者:はい。

坂井眞:建ってる部分の評価はどうなの・・っていうことも調べてらっしゃるかもしれないけど。

相談者:うん、はい。

坂井眞:でぇそこから、そのぅ、110万引いたら、いくら残って。

相談者:はい。

坂井眞:それに対する税率をかけて。

相談者:はい。

坂井眞:ということになってぇ・・残念ながらその50万の話は贈与と関係ないのでぇ。

相談者:あっはい、わかりました。

坂井眞:えへっ(笑)・・ということになりますね。

相談者:はい。

坂井眞:あとお姉さんのほうの税ってのは、今の・・

坂井眞:わたしに・・え・・

坂井眞:この・・敷地を・・お・・贈与してくれた・・んだけど、なんか、そのことで、かからないのか?っていう点だけでいいんですよね?別の、何か、心配ではないですね?

相談者:いえ、あ、そのことだけで、いいんです、はい。

坂井眞:あっ、わかりました。

相談者:はい。

坂井眞:じゃあ、お答えとしては以上になりますかね。

相談者:はい、わかりました、どうもありがとうございました。

加藤諦三:よろしいですか?

相談者:わかりました、すいません。

加藤諦三:はいどうも失礼しまぁーす。

相談者:はい、失礼致します。




12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA