テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2020年3月23日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
23歳女性から、人と話すのが苦手で小学校から大学まで友達がいなかった。この春から新社会人になるのだが不安だという相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『私たちの全ての体験は、対人関係の枠組みの中での体験です。』

目次

スポンサーリンク

社会人になるのだが不安です

相談者は23歳女性、一人暮らしで大学を卒業してこの4月から新社会人になる。

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、はい、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

・・

加藤諦三:も、もしもし?

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください。

相談者:23歳です。

加藤諦三:23歳・・はい。

加藤諦三:え・・でぇ、まだ・・独身ですか?

相談者:はい。

相談者:独身です。

加藤諦三:ご両親と一緒に暮らしてるの?

相談者:もう一人で・・暮らしています。

加藤諦三:一人です?・・はい。

加藤諦三:一人で、働いてるんですか?

相談者:大学を卒業して4月から・・社会人として働きます。

加藤諦三:なるほど。

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:あのこれから・・社会人として・・

加藤諦三:うん。

相談者:働くのですが。

加藤諦三:うん。

相談者:っと、わたしは、話すのは、苦手でぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:今まで孤立・・をしたり・・あの・・

・・

相談者:人間関係がうまくいかなかったんでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:これから・・が不安で、ちょっとアドバイスをいただけたらと、思いまして。

加藤諦三:話が苦手と・・あの、言いましたよねぇ。孤立してるって言いましたけれど、孤立って具体的に・・あの学生時代・・の話でどんな・・

加藤諦三:ことですか?

相談者:っと、小学生の時。

加藤諦三:うん。

相談者:あのクラスで友達が、いなかったことや。

相談者:っと・・高校でも。

相談者:クラスで一人の時や・・

相談者:大学でも・・人と仲良くなるのが・・苦手でした。

加藤諦三:でぇ、小学校から大学まで・・お友達が出来なかった、というふうに解釈していいの?

相談者:あっ、そうです。

加藤諦三:友達ができなかった。

相談者:はい。

加藤諦三:話すのは苦手というふうに感じだしたのはいつ頃からですか?

相談者:高校を卒業して・・からです。

加藤諦三:でぇ、大学のときには・・

加藤諦三:例えばゼミなんか、親しい人なんか出来なかった?

相談者:は(わ)、たまに声をかけてくれる人は・・いたんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:なんか話しかけいいのだろうかと言うような・・

加藤諦三:うん・・

相談者:気持ちになってしまってぇ・・

相談者:ちょっと・・

加藤諦三:あなたにねぇ。

・・

加藤諦三:自分をこんな自分・・

加藤諦三:人に、話しかけるなんて・・

加藤諦三:そんな、あのぅ・・人間じゃない、自分はそんなふうにすごく卑下する・・

・・

・・

加藤諦三:蔑視する・・その「こんな自分」という・・

加藤諦三:いうふうに、自分の自己イメージをものすごく、こう悪く・・

加藤諦三:なっていった過程っていうのは、どういうことがあるんですか?

相談者:っと、小学生の時に。

加藤諦三:うん。

相談者:ちょっと、学校で問題を起こしてしまいまして。

相談者:親が呼び出されて。

加藤諦三:うん。

相談者:その後・・家で・・とても、責められてしまうことがありまして。

相談者:そのぅ・・頃から性格ちょっと暗くな・・ったような気がしまして。

加藤諦三:うんうん。

加藤諦三:学校で問題が起こおっちゃって、親が呼び出されたっていうのは、どういうことですか?

相談者:っと、友達同士で・・

加藤諦三:うん・・

相談者:あの、靴を隠す遊びが流行っていたんですけど。

加藤諦三:はい。

・・

相談者:それを先生が・・イジメだと・・

相談者:とらえてしまいまして。

加藤諦三:うん。

相談者:それで、親が、ちょっと呼び出されてしまって。

加藤諦三:うん。

相談者:そのことを毎日・・

相談者:ダメだ・・みたいなことを言われて。

加藤諦三:あ、あーん・・

相談者:でぇちょっと・・

相談者:その頃から・・

加藤諦三:うん。

相談者:暗くなってしまい・・

加藤諦三:悪い・・

加藤諦三:ことをしてるつもりなかったんだもんね、あなたねぇ。

相談者:ああ、はい。

加藤諦三:だけど、親が、こう・・

加藤諦三:そのことであなたのこと散々責めたわけですよねぇ?

相談者:そうです。

加藤諦三:そうするとその時にあなたは・・

加藤諦三:だぁれもわたしのことは庇ってくれないんだ・・と。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:の孤独感が・・

相談者:はい。

加藤諦三:ものすごくあなたの心に影響を・・したっていうような感じは・・

・・

加藤諦三:どうですか?

・・

加藤諦三:結局誰も自分のこと助けてくれないんだと。

相談者:そうですね。

加藤諦三:自分は一人なんだと。

相談者:辛かった・・です。

・・

加藤諦三:辛かったよねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:それは孤独感ってもう、一番辛いもんねぇ。

・・

加藤諦三:まぁ、本当だったら・・

加藤諦三:あなたの話を聞いて。

加藤諦三:実は・・うちの子・・こういうことやったのは、こういう・・ことだったんですと、あなたを守ってくれる側に回ると思ったところが。

加藤諦三:逆にあなたを責める側に回ったんだよね。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、あなたはひとりぼっちと思ったでしょう?

・・

相談者:そうですね。

・・

加藤諦三:辛かったよねぇ。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:周りは敵だもんね。

相談者:はい。

・・

・・

・・

加藤諦三:でも・・23歳までよく頑張ってきたじゃないですか、今まで。

・・

相談者:そう・・ですかね?

加藤諦三:たまたま靴を隠すということが。

相談者:はい。

加藤諦三:こんだけ大きな問題になったというのは。

・・

加藤諦三:靴を隠した時の、あなたの人間関係が問題だったんです。

・・

相談者:あっ、そうなんですね?

・・

相談者:はい。

加藤諦三:靴を隠した時の・・あなたの社会的枠組みが問題だったんです。

・・

・・

相談者:環境・・ですか?

加藤諦三:うん、靴を隠した時の、お母さん、お父さん。

加藤諦三:先生。

加藤諦三:もしこのお父さんと、お母さんとこの先生じゃなかったら、もっと明るくなってたよねぇ。

相談者:そうですね。

・・

加藤諦三:それで今日は・・これから社会人として働くのにこう・・自信がないということで電話くれたんですけども。

相談者:はい。

加藤諦三:おそらくあなたに・・勇気を与えてくれる・・

相談者:はい。

加藤諦三:シンクロの、銅メダリストで・・

相談者:はい。

加藤諦三:メンタルトレーナーの・・田中ウルヴェ京先生です。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 管理人さん、いつも楽しみに読ませていただいています。ありがとうございます。

    今回の回答
    悩んでいる人に対して、その人も気づいていない隠された良さを気づかせてあげられる
    そんな京先生、素敵だなと思いました。
    相談者さんの良さ、これからの人生で、ご自分でもたくさん見つけていけますように。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA