テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2020年3月25日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
57歳女性から、30年以上前にアメリカに渡った姉、幼稚園をやっているのだが、10年ほど前に両親からお金を借りて、以降、お金も返さず連絡もない。母が要介護5で認知、最期に会わせてあげたいが返信してこない。
加藤諦三氏の〆の言葉『自分の運命を受け入れる。するとやる事が見えてきます。』

目次

スポンサーリンク

両親が姉に貸したお金

相談者は57歳女性、20年くらい前に離婚し23歳の次女と二人暮らし。両親(母86歳は要介護5で認知症) アメリカに住んでいる姉(幼稚園経営、義兄、甥)

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、よろしくお願いいたします。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい・・わたしは57歳です。

加藤諦三:57歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:いや、20年ぐらい前に離婚しました。

加藤諦三:ああ、そうですか・・

相談者:はい。

加藤諦三:そうすると今は一人で生活しているの?

相談者:いや、あのぅ・・次女と二人で生活をしています。

加藤諦三:ああ、そうですか。

相談者:はい。

加藤諦三:次女は何歳ですか?

相談者:はい、23歳です。

加藤諦三:23歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:はい、わたしの両親が。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしの実の姉に。

加藤諦三:はい。

相談者:お金を、1400万ぐらい貸してぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:その後なにも連絡なく。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ、返す見込みもなく。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・どうしたら姉からお金を・・少しでも返していただきたいのと。

加藤諦三:はい。

相談者:姉の、消息を、知りたいということでお電話しました。

加藤諦三:今・・あのぅ・・お姉さんの消息を知りたいっていうことはまぁ、あなた要するにお姉さん・・が今どこにいるか・・

相談者:はい。

・・

加藤諦三:その・・ど・・

相談者:アメリカにおります。

加藤諦三:あっ・・

相談者:はい。

加藤諦三:アメリカに居るということはわかってるんですか?

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:でぇ、アメリカにいることはわかっているけれども・・

相談者:はい。

加藤諦三:連絡は取れるんですか?取れないんですか?

相談者:はい、あの電話しても・・

加藤諦三:はい。

相談者:留守番電話にな・・ってぇ。

加藤諦三:はい・・で・・

相談者:折り返しの、お電話が、ない・・

加藤諦三:電話がないと。

相談者:です、はい、「電話かけてください」・・っと・・言っても、電話が、かからない。

加藤諦三:うん・・でぇ、そのアメリカに行ったのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:どのぐらい前ですか?

相談者:もう大体30年ぐらいになって、永住権、取ってぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:ます、でぇ・・アメリカで・・幼稚園を開いてます。

加藤諦三:ああ・・そうですか。

相談者:はい。

加藤諦三:そうするとあなたが離婚する前にもうすでに・・

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:アメリカに・・

相談者:行ってます、はい。

加藤諦三:行っていたんですね。

相談者:はいそうです。

加藤諦三:でぇもう、グリーンカード持ってるということは・・

相談者:そうです・・はい。

加藤諦三:本人はもう・・アメリカで・・

相談者:はい。

加藤諦三:暮らしていくという・・

相談者:はい。

加藤諦三:ことですねぇ。

相談者:そうですはい。

加藤諦三:それでこの1400万円・・

相談者:はい?

加藤諦三:お母さんが貸したのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:どのぐらい前ですか?

相談者:約、10・・年・・ぐらい前だとおも・・はい。

加藤諦三:ん、10年ぐらい前・・

相談者:はい、だったと思います。

加藤諦三:でぇ、あなたが離婚して・・次女と、二人で暮らして始めてからですね?

相談者:そうですはい。

・・

加藤諦三:っと・・

・・

加藤諦三:10年くらい前に貸したという時は、貸したときはもうすでに・・

相談者:あっ・・はい。

加藤諦三:お姉さんはアメリカにいたの?

相談者:そうですあめ・・アメリカに居てぇ・・あのアメリカで幼稚園を開く時の、設備費として母に・・

加藤諦三:うん・・

相談者:あの「貸してください」と・・

加藤諦三:あ、あ、あ・・

相談者:お願いされたので、母が200万、よ・・400万、ちょこちょこ貸してぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしが、郵便局で、手続きをして、母のお金なので。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしは、どういう・・ことも言えないので、そのまま・・

相談者:母の言う通り、父の言う通りに・・

相談者:送金して・・きたました。

加藤諦三:送金して、それが総額・・両方で・・

相談者:今、せん・・はい。

加藤諦三:1400万円になってる?

相談者:な・・義理の、お兄さんにも・・

加藤諦三:はい。

相談者:日本にいる時に・・うちに・・お金を・・

相談者:商売するからと言って、400万ぐらいは貸してます。

・・

相談者:でぇ、あのぅ・・姉に、一応、念を押したんですけども。

加藤諦三:うん。

相談者:わたしに・・あのぅ・・かえ、「絶対に返すから」っていうことで・・

相談者:「寝てるようなお母さんを、裏切るようなことはしない」ということでぇ・・

相談者:「まぁ、わかりました」ということでぇ・・

相談者:そのまま送金して・・

相談者:いってるんです。

加藤諦三:最後に送金したのはどのくらい前ですか?

相談者:えっと送金したのは、だいたい10・・ねん・・くらい前、はい。

加藤諦三:くらい前って言いましたけれど・・その・・

相談者:それからもう全然・・もう、全然、まったく、連絡が取れないので。

加藤諦三:はい。

相談者:その消息っていうのも、知りたいし、姉が生きてるか死んでるか・・もわからないし。

加藤諦三:もわかんないという・・

相談者:はぁい・・なのでぇ・・

・・

相談者:うちの母・・が・・もう高齢で、要介護・・5なんですけども・・生きてる・・

加藤諦三:お、お母さんはなん・・何歳?

相談者:はい、80・・6歳です、はい。

加藤諦三:86歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:うん・・

相談者:でぇ、にん・・

加藤諦三:でぇ、アメリカ・・ああ、もちろんどこに居るかは、わかんないわけですよね?

相談者:いや、いや、ニュージャージーです、はい。

加藤諦三:あっ、ニュージャージーという事は、わかってんの?

相談者:はい。

相談者:でぇ、住所もわかってるので。

加藤諦三:住所わかってんの?

相談者:手紙を最初送ったんですけど返事は・・来てたんですもう全然・・

加藤諦三:うん。

相談者:もう・・ちょっと、み、はい。

相談者:憎しみとかみ、なんとか・・もうわたしも来てましてぇ。

加藤諦三:あなたが、お姉さんに対する、憎しみが・・

相談者:そうです、あったんですけども・・母が、もう80・・高齢でぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:認知症になりまして・・

加藤諦三:ええ。

相談者:一目でいいから、母にあ・・あのぅ、会わせてあげたいと。

・・

・・

相談者:おも・・

加藤諦三:母に会わせてあげたいというのは、お姉さんを・・

加藤諦三:会わせてあげたいということ?

相談者:そう、それと、できれば・・母の、おか、父との両親のお金を・・返してもらいたいということを・・

加藤諦三:うん・・

相談者:おね・・切に、思ってる状態です。

加藤諦三:うん・・

加藤諦三:でぇ・・

加藤諦三:お姉さんが先ほど話だと、まぁ、あ・・

・・

・・

加藤諦三: 30年ぐらい住んでるということですよねぇ?

相談者:そうです・・はい。

加藤諦三:そんでだけど、居る場所はわかってるけど、生活、の様子はわかるんですか?

相談者:はい、一応、幼稚園の、園長を、してぇ・・

・・

相談者:でぇ、あのぅ・・

加藤諦三:ああ、ああ。

相談者:甥っ子が・・そこに、また跡継ぎでぇ・・義理のお兄さんは送迎バスとか、ああいうようなことをしてるとは・・

相談者:あのぅ・・ずっと前・・の方に、聞いております、はい、はい。

加藤諦三:それであなたとしては・・

相談者:はい。

加藤諦三:こういう状態だけども・・

相談者:はい。

加藤諦三:わたしはどうしたらいいでしょうか?っていう・・

加藤諦三:ことですかね?

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。

加藤諦三:今日はあのスタジオに弁護士の大迫恵美子先生が・・

相談者:ああ・・

加藤諦三:いらしてるので・・

相談者:はい、ああ、すいません。

加藤諦三:伺ってみて・・

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA