テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年3月30日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
56歳女性から、不倫を疑われるくらいの食事だけの関係の会社上司Aが同僚のBと不倫関係だった。それをA氏妻に密告、結果的にAもBも離婚。するとA氏妻とBより400万の慰謝料請求、離婚したのは密告したからだとのこと。
加藤諦三氏の〆の言葉『自分の人生を生き生きする最も安易な方法は、他人の人生を巻き込む事です。』

目次

スポンサーリンク

W不倫を密告したら慰謝料を請求された

相談者は56歳女性、夫は55歳、長男35歳と次男33歳は結婚独立、長女23歳と実母76歳と4人暮らし。会社上司A42歳、A氏妻、会社の同僚でAの不倫相手B。

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:56です。

加藤諦三:56歳。

相談者:はぁい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者:55歳です。

加藤諦三:55歳、お子さんは?

相談者:長男35歳・・

加藤諦三:え・・

相談者:次男33歳・・

加藤諦三:はい。

相談者:が、もう、既婚でぇ・・

相談者:家に・・

加藤諦三:外に出ている?そうすると今お二人で暮らしてるんですね?

相談者:あん、一番下に、23歳の、娘がいます。

加藤諦三:あっ、そうですか、はいわかりました。

相談者:あ、あ、あと・・わたしの母親と一緒に暮らしています。

加藤諦三:あ、と、お母さん?

相談者:はい。

加藤諦三:お母さん何歳ですか?

・・

相談者:76です。

加藤諦三:76歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、それで、どんな相談ですか?

相談者:ちょっ、男女間の・・

加藤諦三:ええ。

相談者:トラブルから。

加藤諦三:はい。

相談者:慰謝料を要求されていてぇ。

加藤諦三:はぁい。

相談者:あの、それも、わたし・・

加藤諦三:その男女間のトラブルって言うのは、誰が・・あなたがトラブってるの?

相談者:ええ、わたし、はい、わたしが要求されてるんですけど。

加藤諦三:うん。

・・

・・

相談者:ん、誰から・・かって言うと・・

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・わたしと、その・・

相談者:交際、交際っていうか、あのぅ・・

相談者:食事・・だけなんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:食事友達であった、A氏の・・

加藤諦三:はぁい。

相談者:元奥さんから?

加藤諦三:はい。

相談者:慰謝料を、要求されていてぇ。

加藤諦三:はい・・はい。

加藤諦三:そのAさんの奥さんから・・

相談者:はい。

加藤諦三:あ、慰謝料を要求されてると。

相談者:はい。

加藤諦三:どのぐらい要求されてるんですか?

相談者:400万です。

加藤諦三:400万!?

相談者:はい・・

加藤諦三:あ、あの、このAさんとは、お付き合いっていうのはどのぐらいつづ・・

加藤諦三:の長さなんですか?

相談者:4年前・・ぐらいから・・

加藤諦三:4年前ぐらい・・から・・

相談者:から・・ま、2年ぐらいです。

加藤諦三:二人だけでぇ・・食事をするようになったきっかけっていうのは、なんですか?

相談者:まっ、職場が、あ、同じだった・・

加藤諦三:あっ・・

相談者:っていうことと。

加藤諦三:職場ですか?はい。

相談者:はい、食事の趣味があったっていうことでぇ。

加藤諦三:そいでこのAさんというのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:何歳ぐらいの人?

相談者:40・・2です。

加藤諦三:42歳?

相談者:はい。

加藤諦三:要するに、食事だけの、ことであってぇ。

相談者:はぁい。

相談者:あのホントに、でも、周りはたぶん誤解をしてた・・

相談者:と思います。

相談者:まっ、それも・・

相談者:あのぅ・・承知でした。

加藤諦三:男と女の関係だ、恋愛関係だ、ふり、ふる・・

相談者:じゃないかって、噂されたりっていうことも。

加藤諦三:うん。

相談者:ありました。

・・

加藤諦三:食事の時の内容・・話の内容っていうのはどういう内容なの?

相談者:あ、仕事のこととか・・

加藤諦三:うん・・

相談者:あの家族のこととか。

加藤諦三:うん。

相談者:ま、食べ物の話とか(笑)。

加藤諦三:よ、要するにアレですね。

相談者:はい。

加藤諦三:好きの嫌いのと言った・・うえの話はまったくないということですね。

相談者:そうです。

加藤諦三:そいでぇ・・

加藤諦三:4年間ぐらいは、4年前ということですけれども・・

相談者:はい。

加藤諦三:月に・・何回ぐらい会ってたの?

相談者:一回・・

加藤諦三:月に一回ぐらい?

相談者:あ、あーん・・

加藤諦三:まあね・・

相談者:多くて二回ぐらいですね。

加藤諦三:多いときで二回ぐらいね。

相談者:はい。

加藤諦三:うん・・それであなたのご主人は、これ知ってたわけ?

相談者:まっ、特には言わなかったです。

加藤諦三:特には・・

相談者:はい。

加藤諦三:じゃあこういうふうに理解すればいいの、実は・・

・・

加藤諦三:食事だけだったけれども。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの気持ちの中では。

加藤諦三:このAさんという人が。

相談者:はい。

加藤諦三:男として好きだったと。

相談者:そうですね、家庭を、ちゃんと・・あのぅ・・してる人という意味で。

相談者:そこは、あのぅ、一目置いてました。

相談者:なのでぇ。

相談者:なんか、どういう、こういうふうになりたいとか。

相談者:向こうの家庭を壊したいとか、そういったことはまったくなく。

加藤諦三:うん。

相談者:まあ・・

相談者:ちょっと不思議・・

相談者:な、感じかもしれないですけど。

・・

相談者:まぁ、そんな感じで。

加藤諦三:うん、でぇ、今日の相談というのは。

相談者:はぁい。

・・

相談者:その間に・・この、A氏が・・

加藤諦三:うん。

相談者:実は不倫をしているということが・・

相談者:あってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:B子と不倫・・まぁ、ダブル不倫って、B子と不倫をしているっていうことを。

加藤諦三:うん。

相談者:が・・

相談者:ありましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:まっ、そのことはわたしも知ってたんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:ま、食事友達の間・・から、知ってたんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:あることがあってぇ。

相談者:ちょっとわたし・・の、そのぅ・・

・・

・・

相談者:腹の立つことがちょっとありましてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:そのことを・・A氏の奥さんに。

加藤諦三:うん。

相談者:密告したんです。

・・

加藤諦三:うん。

相談者:わたしが。

加藤諦三:うん。

相談者:あのB子と。

加藤諦三:うん。

相談者:そういう関係にある・・

加藤諦三:うん。

相談者:い、あるっていうこと、密告したんです。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ・・A子、さんは・・

加藤諦三:うん。

相談者:その情報を、どんどん知りたがってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:え・・「どういうことかもっと詳しく教えてくれ」とか。

相談者:「このB子の旦那の事は、詳しく知らないか?」とか。

加藤諦三:うん。

相談者:あれやらこれやらいろいろ聞いてきてぇ。

相談者:わたしはわかることは、お伝えしますという形で。

相談者:伝えたんです。

加藤諦三:うん・・

相談者:でぇ結局・・

相談者:このぅ・・

相談者:A・・さんと・・

相談者:A子さんの夫婦は・・

加藤諦三:うん。

相談者:最近になってぇ、離婚・・したんですね。

加藤諦三:うん。

相談者:それを、今になってぇ、このぅ・・A子、さんと・・

相談者:不倫相手のB子?

加藤諦三:うん。

相談者:が・・

相談者:一緒になってぇ。

相談者:わたし・・のせいで。

相談者:そういうふうになったっていうことを。

相談者:あのぅ・・

加藤諦三:わたしのせいで、そういうことになったの「そう」っていうのはどういうことですか?

相談者:お、お互いの家庭が壊れた、離婚することになった。

・・

加藤諦三:うん。

相談者:その不倫相手の、B子。

加藤諦三:うん。

相談者:も、結局・・まっ、旦那さんとは離婚してぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:お互いの家庭が、破綻したのは、わたしが・・

相談者:そのいらん情報を、どんどん送り付けてきてぇ、なんか・・

・・

相談者:こっちが精神的に、追い詰められてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:離婚することに至ってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:結局は、それは全部・・

加藤諦三:うん。

相談者:あの、わたしが・・

相談者:情報を・・

相談者:どんどん送り付けてきてぇ。

相談者:苦しめたからだっていうことでぇ。

加藤諦三:はい・・はい。

相談者:慰謝料を・・訴えられました。

加藤諦三:はい・・要するに今日のあなたの相談というのは、わたしはこれは払う必要ないですよね・・っという、そういう相談ですか?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はい、今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. しばらく前に聴いた相談を思い出しました。

    7年間不倫していた相手が相談者を振って、別の男と付き合っている。
    その不倫をやめなければお前の旦那にバラすぞ、と言ったら「私を脅すつもりですか!」と逆切れされた。
    その女性の夫に告げ口するのは違法なことですか?

    という相談でした。
    大迫先生に「嫉妬心でそんなことするのは見っともない」と叱られてましたね。
    今日の相談者さんも思慮が足りませんでした。自業自得。

  2. 相談者はW不倫の情報を流して何かメリットが有る?
    自分の感情を傷付けられたから、腹いせの為にやっちまっただけ。要は好きなんでしょ!
    夫に内緒の食事関係、職場から不倫の誤解を認識。
    そういう中で自分に酔っているから気付いたら4年間継続中。
    結局は自分のことしか考えていないとのこと。
    『不貞行為はしていないからいいでしょっ』
    だろう。
    結婚しても人を好きになることは有るだろうけど、夫がこのことを知ったら不快になることは容易に想像できる。今回を機に、夫に寄り添うことを願う。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA