テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年4月13日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
53歳女性から、大学4年生になる長女との会話が、中学生3年の終わり頃からまったくなくなってしまった。就職内定したのも20歳の弟から聞いた。夫と娘も仲がいいのに・・どうすればいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

長女との会話がまったくない

相談者は53歳女性、夫は53歳、長女22歳(大学4年生)、長男20歳。4人暮らし。

加藤諦三:もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、はいこんにちは。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:あっ、はい、53歳です。

加藤諦三: 53歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:え・・結婚してます?

相談者:はいしてます。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者:あっ、え、 53歳です。

加藤諦三:同い年、お子さんは?

相談者:えっと・・ 2人で、長女が22歳でぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:はい、長男が、 20歳です。

加藤諦三:はい、じゃあ4人で暮らしてるんですね?

相談者:あっ、そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:あっ、はい、えっと、長女の・・相談なんですけど。ええっと・・

加藤諦三:この20・・

相談者:2歳、今、22歳、はい。

加藤諦三:歳、はい。

相談者:ええっと・・中学・・ 3年生の、終わった頃から。

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっとあんまり喋らなくなってしまってぇ。あの・・

加藤諦三:要するにあなたと・・

加藤諦三:会話がなくなったということね?

相談者:そうですね。

相談者:そうです。

加藤諦三:母と、娘との間だけでぇ・・

相談者:はいそうです。

加藤諦三:お父さんとは話してるの?

相談者:そうなんです、とっても仲良く、過ごしてるんです。

加藤諦三:じゃあ弟も・・話はしてるわけ?

相談者:そうなんです。弟とは1番仲良く話してるんです。

加藤諦三:弟とは仲がいいと。

相談者:はぁい・・そうです。

加藤諦三:という事は、 4人で暮らしていてですね。

相談者:はい。

加藤諦三:このお嬢さんがそうすると・・

相談者:はい。

加藤諦三:あなた以外・・

相談者:はい。

加藤諦三:とはうまくいっている?

相談者:そうですね、うまくいっていると思います、そしてぇ、あのぅ・・ただの反抗期かなぁーって思ってたんですがぁ。

加藤諦三:はい。

相談者:それがぁ、まぁ6年ぐらい経って22歳の今までぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:ずっと続いていてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:今大学4年生なんです。

加藤諦三: 4年生で、はい。

相談者:はい、しゅう・・しょく(就職)も、長男から、弟から聞いたんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:なんか内定、したらしくてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:まぁそういうことも全く一切話さないしぃ・・はぁい。

相談者:そんな感じでぇ・・はい。

加藤諦三:あ、あ、ああ、完全に話さない、だってねぇ・・

相談者:そ、そうなんです、はい。

加藤諦三:就職まで内定してるのにそのことも言わないわけだよねぇ。

相談者:そう、そうなんです、はぁい。

加藤諦三:うん・・

相談者:ただあのぅ・・

相談者:主人の方には。

加藤諦三:うん。

相談者:チラッと言ったらしくて。

加藤諦三:うん。

相談者:詳しく言ってないけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:はいそんな感じ・・なんです。

加藤諦三:っていうことは・・

加藤諦三:あの情報は・・

相談者:はい。

加藤諦三:あ、あなたぁ・・弟を通じて入ってるって感じですか?

相談者:そうですね、弟か主人か・・どちらかから・・

加藤諦三:うんうん。

相談者:そうなんですそれで、ちょっと挨拶とかも、わたし「おはよう」とか話しかけてはいるんですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:返事も来ないし。

相談者:でぇわたしが「お帰り」って言っても、黙って入ってきてぇ。

加藤諦三:黙ってる、うん。

相談者:普通に・・してます(苦笑)。

加藤諦三:う、うん・・

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ・・ご主人はそのことでぇ・・

相談者:はい、そうですね。

加藤諦三:問題だと思ってないんですか?

相談者:高校・・生の頃は。

加藤諦三:うん。

相談者:主人と、娘が・・よく話してて、そのことも、話しててくれたみたいなんですね。

加藤諦三:うん。

相談者:あの、「お母さんと話した方がいい」とかそういう事は・・

加藤諦三:うん。

相談者:こう、言ってたみたいなんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ、全然、「今は無理」みたいな感じの返事でぇ。

加藤諦三:「今は無理」ねぇ・・

相談者:あの返って来ててぇ、その高校の時ですね。

加藤諦三:うんはい。

相談者:そしてぇ・・いろいろ、あのぅ・・

相談者:わたしに対する不満とかを、父には、あの主人には言ってたみたいでぇ。

加藤諦三:あっ、あなたに対する不満は言った?

相談者:そうなんです。

加藤諦三:ど、どんなことに不満?

相談者:えっと・・こうなんかこう・・わたしがちょっと高圧的でぇ・・

相談者:ちょっと機嫌が悪い時とか、仕事で疲れて帰ってきてる時とかの。

加藤諦三:うん。

相談者:イライラを。

相談者:えっと、わたしたちにぶつける?

相談者:むす、あのぅ、子供にぶつけてぇ。

加藤諦三:はぁい。

相談者:それでぇ・・

相談者:中学のときとかまではすごく・・嫌だったっていうことを言ってるそうなんですね。

加藤諦三:あ、あ・・

相談者:振り返ってみれば、明日に、わたし、ちょっとイライラしたりぃ。

加藤諦三:うん。

相談者:あの、ちょっと、やることがいっぱいあった時とかはぁ。

加藤諦三:うん。

相談者:確かに、優しくはなかったなって、こう自分でも思うんですね。

加藤諦三:うん。

相談者:あと主人が、子供のこととかをちょっとあんまり、やる時間がなくてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:すべてわたしがちょっとやってたのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:あの、子供がちょっとサッカーとか、野球とかをやってる・・のも、全部、普通はお父さんがちょっとこう現れてきてぇ、手伝って・・他の家庭はしてるのに。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ、わたしがぜーんぶ、一人でやってたのでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:そのこともちょっとイライラしてぇ。

相談者:あたってしまったりとかも・・ありました。

加藤諦三:常識的に考えるとねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:本当はお父さんやるのに。

相談者:はい。

加藤諦三:お母さんやってくれたって、感謝されていいことだよね?

相談者:ただ、そのぅ・・

相談者:スポーツを辞める時に。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・「わたしは・・『お母さんありがとう』とは、ちょっと言いたくないんだよねぇ」・・みたいな感じの、ことを言ってたんですね(苦笑)。

加藤諦三:あ、ああ・・「お母さんありがとう」といた、言いたくない・・

相談者:ああ・・なん・・なんでだなぁ?・・ってちょっと、その時はちょっとショックに思ったりしたことは・・

加藤諦三:うん・・

相談者:記憶にあるんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:はぁい。

相談者:このまま・・

加藤諦三:はい。

相談者:挨拶とか、わたし、声かけるんですけども・

加藤諦三:うん。

相談者:続けていた方がいいのかぁ。

加藤諦三:はい。

相談者:このもう返って来ないってわかってるから・・

加藤諦三:はい。

相談者:もう挨拶もしないでぇ(苦笑)・・

加藤諦三:ええ。

相談者:そのままもう黙ってたほうが楽は楽なんですね、わたしの気持ち的にはもう(苦笑)。

加藤諦三:うん。

相談者:っていう・・どっちがいいのかなぁっていう・・

加藤諦三:うん。

相談者:ことで今悩んでます。

加藤諦三:あっ・・それはなに? 基本的にこの・・関係の問題?そんで・・

相談者:はい。

加藤諦三:具体的には・・「おはよう」が始まる・・

相談者:はい。

加藤諦三:挨拶の言葉を・・

相談者:はい。

加藤諦三:このまま相手が・・

相談者:はい。

加藤諦三:あの反応してこないのにぃ。

相談者:はい。

加藤諦三:続けた方がいいかどうかっていうことね。

相談者:はい、そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあのぅ・・スタジオに、幼児教育研究の・・

相談者:はい。

加藤諦三:大原敬子先生がいらしてるので・・

相談者:あっ、はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はぁい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 4人家族の中で人間関係が上手くいっていないのはこの相談者だけ。
    他の三人の関係は良好。
    ってことは、この相談者にこそ問題があるんじゃないのか?

    どうもそうらしいですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA