テレフォン人生相談
今井通子・坂井眞

今井通子・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年4月14日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
50歳女性から、実家で商売をやっている両親、80歳を過ぎ続けていくのが厳しくなったので店を閉めることに。借地だが約束で店を閉めたら出て行くことになっているが、駅から5分の住み慣れた地区に住みたいと言っている。年金暮らしでは厳しいと言っているのだが納得してくれない。

目次

スポンサーリンク

年金暮らしになる両親の今後

相談者は50歳女性、夫は50歳、実家の父83歳、母80歳。

今井通子:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

今井通子:はぁい、今日はどういったご相談ですか?

相談者: 80代の両親・・のことで。

今井通子:はい。

相談者:え・・

今井通子:お父さまおいくつ?

相談者: 83です。

今井通子:お母さまは?

相談者: 80です。

今井通子:ちなみにあなたは?

相談者: 50歳。

今井通子:あなたは結婚してらっしゃいます?

相談者:はい。

今井通子:じゃあご主人はおいくつ?

相談者: 50歳。

今井通子:で、今は・・ご主人とあなたと・・お父様お母様の問題って、あのご一緒に、住んでらっしゃるの?

相談者:いえ、えーっと、わたしの。

今井通子:うん。

相談者:あのぅ・・両親です、離れて、あの別な所で暮らしています。

今井通子:あ、なるほど。

相談者:長年・・自営業をしてまして。

今井通子:はい。

相談者:だんだん、こう体が辛くなってきて。

今井通子:うん。

相談者:閉めようかって話をしてるんですね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、今住んでるところっていうのは。

相談者:店舗が1階で・・2階に自宅・・で住んでるんですけども。

今井通子:はい。

相談者:商売を止めると。

今井通子:はい。

相談者:そこから出るっていう・・

相談者:契約というか約束になってまして。

今井通子:はい。

相談者:土地が借りてるので、出なきゃなんないんですよね。

今井通子:建物は、ご両親のもの?

相談者:そうです、両親のものなんですけど。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、住むところを今・・探してるんですけど。

今井通子:はい。

相談者: 80代なので。

今井通子:はい。

相談者:なかなか・・貸してくれるところは、っていうか、なくてぇ、年金暮らしになるのでぇ・・

相談者:その範囲内で、住めるとこっていうのこう・・安いところ探してるんですけれど。

今井通子:はい。

相談者:そうなると、今・・両親が住んでるところから遠くなるっていうか。

今井通子:はい。

相談者:便が悪くなるので。

今井通子:はい。

相談者:今・・住んでるところから。

相談者:あのぅ、「離れたくない」って言ってるんですよね。

相談者:そうなると・・高いんですけど。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、それでも・・やって・・行くって言って、 2人の年金・・

相談者:合わせた、半分が家賃のところに住もうとして、そのぅ・・

相談者:契約っていうか、そこまで来てるんですけど。

相談者:それには、まぁ保証人もいるし、その保証人っていうのは・・わたしぐらいしかいないんですよね。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、家賃の他に・・いろいろかかってくる、光熱費だとか。

今井通子:はい。

相談者:食費だとか・・

今井通子:ええ。

相談者:まぁ、病院に行くだとか。

今井通子:ええ。

相談者:そういうのを踏まえても・・これじゃやってけないよ・・っていうこと言ってるんですけども。

今井通子:はい。

相談者:「何とかする」っていう・・一点張りで。

今井通子:ええ。

相談者:でぇ、「今の段階では保証人のハンコは押せないよ」っていうふうに言ってるんですよね。

今井通子:はい。

相談者:それで、両親も・・

相談者:こんなはずじゃなかったと、きっと思ってると思うんですが。

今井通子:うん・・

相談者:世の中のその動きっていうのかな、よくわかってないのか・・常識、外れてるっていうか・・

相談者:「やってけない分どうするの?」って言ったら、「貯金を切り崩す」って言うんですよね。

今井通子:うん、ふん。

相談者:この先・・あの、長生きしないから大丈夫・・みたいなこと言ってるんですけど。

今井通子:ふふふ・・

今井通子:うん・・

相談者:そういう両親を、どうやって説得っていうか・・言ったらいいのかなぁ・・と思って。

今井通子:やってらっしゃる店舗自身は・・

今井通子:どなたかに引き継がれるってことができないわけね?

相談者:父で2代目なんですけど、 3代目には・・行かないっていう・・

相談者:から更地に・・するんですよ、出るときは。

今井通子:それは・・いつの契約?

相談者:父になってからですね。

今井通子:もともと・・そのあなたのお父様、2代目っていうことは・・

今井通子:同じところで、商売してらしたの?

相談者:はい。

今井通子:でぇ、大家さんはそうすると、その初代の時からの大家さん?

相談者:そうです。

今井通子:今回で終わりにしようと・・向こうは思ってるわけね。

相談者:たぶんもうそこ・・地下鉄・・出てもう、5分圏内のとこなのでぇ、たぶんマンションにすると思います。

今井通子:なるほどねぇ。

相談者:更地にする・・のにお金がかかる、それも全部・・大家さんのほうでみるっていう・・

今井通子:引っ越すとして、お父様とお母様は。

相談者:ええ。

今井通子:一軒家を希望されてるわけ?

相談者:いえ・・

今井通子:じゃあ・・

相談者:それはないんですけど。

今井通子:うん、うん。

相談者:今・・居る、ところからは・・離れたくないっていうか、もう環境を・・

今井通子:うん、なるほど。

相談者:変えたくないっていう。

今井通子:うん、うん。

今井通子:でもそこって・・何?商店街っぽいとこなんですか?

相談者:そうです。

今井通子:そうすると、商店街のすぐ後もしくはその・・3っつぐらい隣まで行かないと・・

今井通子:住宅街とかないでしょうねぇ。

相談者:そうですね。

今井通子:住宅街を・・探すと、そこは・・コストが高いと。

相談者:はい。

今井通子:お二人の年金では・・回っていかないと。

相談者:とおも、思うんですけど・・

今井通子:うん。

相談者:両親は、やるしかないって言ってます。

今井通子:っていうかあの(笑)・・今まで自営でいらしてどれぐらい貯蓄があるかによるから。

相談者:「どのぐらいあるの?」って聞いたら・・

相談者:び・・っくりするぐらい少なかったんですね。

・・

相談者:あのぅ・・1千万はきります。

今井通子:お父様と、お、お母様にしたら、この1千万は大切な1千万だし。

相談者:大きなお金だって感覚なんでしょうねぇ。

相談者:でも、こちらに・・すると、何十年・・ってやってきてぇ、この・・金額なの?・・って、思いまし(苦笑)。

相談者:「最後のお願いだから」って言われました。

今井通子:ああ、なるほど。

相談者:でぇ、夫にすると・・「最後のお願い」っていう・・のはどういうことですか?って、この先、何年も生きていくのに・・

相談者:ここで最後のお願いって使うのはどうなんですか?っていう(苦笑)・・

今井通子:ふふっ・・

相談者:感じではいるんですよねぇ、でぇ・・きっと・・両親の、心の中では・・

相談者:もうこれ以上年寄りイジメしないでよ・・って思ってると思うんですよね。

今井通子:うん・・

相談者:もう、好きなようにさせてよこれからの・・第二の人生・・っていうふうに思ってると思うんですよ。

今井通子:そするとご相談・・としては?

今井通子:どうやってご両親説得するかってこと?

相談者:そうですね。

今井通子:例えば、じゃあ、他に・・ここを離れないで、お店を止めないでってのが・・

今井通子:望み?

相談者:いや、止めない・・

相談者:でっていうことはないです。かなりもう・・

相談者:こたえてるのでぇ、体力的に。

相談者:ああ、ちょっともう無理だなぁ・・っていうの、今までよく続けてこれた、頑張ってきたな・・っていうのはわかるんです。

今井通子:わかりました。今日は弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。先生、よろしくお願い致します。

相談者:はぁい。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA