テレフォン人生相談
玉置妙憂・三石由起子

玉置妙憂・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年4月15日(水)
パーソナリティ:玉置妙憂(看護師・僧侶)
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
36歳女性から、新卒で入社した大手IT企業、本来は不動産、鉄道関係に進み街づくりをしたかったが父の勧めで就職活動をして入社、この年齢になり、本来、したかったことをしよと転職すべきかどうか悩んでいる。

目次

スポンサーリンク

転職すべきかどうか

相談者は36歳女性(大手IT企業に勤めて12年)、夫は45歳、2歳の娘との3人暮らし。

玉置妙憂:もしもし?

相談者:はいもしもし。

玉置妙憂:はい、テレフォン人生相談です。

玉置妙憂:よろしくお願いします。

相談者:あ、はい、よろしくお願いします。

玉置妙憂:はい、早速ですが今日は、どのようなご相談ですか?

相談者:あっ、えっとですねぇ。

玉置妙憂:はい。

相談者:ちょっとあのぅ・・仕事・・に関して。

玉置妙憂:うん。

相談者:悩んでまして。

玉置妙憂:はい。

相談者:これから・・方向転換を、したいと思ってるんですけども。

玉置妙憂:うん。

相談者:あの本当に・・

相談者:ず、すべきか。

玉置妙憂:うん。

相談者:ちょっとあのぅ・・どうしたらいいんだろうっていうことで悩んでいます。

玉置妙憂:うん、わかりましたじゃあ、今日は仕事に関して、転職されるかどうか今後のことをちょっとご相談ということですねぇ。

相談者:はいそうです。

玉置妙憂:はい、えっとまずは年齢をお聞きしてもよろしいですか?

相談者:はい、えっと36歳。

玉置妙憂:はいありがとうございます。えーっと、ご家族構成はいかがでしょうか?

相談者:はい、夫が、えーっといましてぇ。

玉置妙憂:はい。

相談者:40・・5歳です。

玉置妙憂:はい。

相談者:あと、子供・・2歳の、子供・・が、います。

玉置妙憂:お一人?

相談者:はい、そうです。

玉置妙憂:女のお子さん?・・男の、お子さん?

相談者:あ、女の子です。

玉置妙憂:女の子の、2歳さんが、一人でぇ・・

相談者:はい。

玉置妙憂:っていうことですね。

相談者:はい。

玉置妙憂:はい・・今お仕事は何されてるんですか?

相談者:あっ、えーっと、会社員・・で。

玉置妙憂:うんうん。

相談者:12年・・ほど、働いています。

玉置妙憂:おっ、12年もずーっと?

相談者:はい。

玉置妙憂:じゃあもう、結婚されて、ご出産される前からずーっと働いてらっしゃるんですね?

相談者:あっ、はいそうですあの・・

玉置妙憂:うん。

相談者:新卒で。

玉置妙憂:ふぅーん。

相談者:就職しました。

玉置妙憂:そうですか。

玉置妙憂:それでぇ・・あの今になって、転職かどうかっていう、考え出したこのきっかけっていうのは・・

相談者:ああ、そうですねぇ、えっと・・

玉置妙憂:うん。

相談者:就職活動、のときから・・なん、の、話になるんですけど。

玉置妙憂: 12年前ってことですよね?

相談者:はい。

玉置妙憂:うん。

相談者:そうですね。

相談者:えっと、入社・・ああ、えっと・・わたしがその、就職活動するときに。

玉置妙憂:はい。

相談者:あのぅ・・

相談者:ま、興味のある分野が。

相談者:ま、不動産関係とか。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・鉄道関係とか、そういう・・分野に、すごく興味があって、街づくりとか、なんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:なの・・でぇ。

相談者:就職活動すごく自分なりに頑張ってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:一番行きたいところに・・内定をいただいたんですよ。

玉置妙憂:うん。

相談者:でぇ、えっと・・まぁ、親に・・

相談者:そのことを言ったら・・不動産関係とか鉄道関係に・・まぁ、いいイメージを持っていなくてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:あの・・「そういうとこはやめた方がいい」っていうふうに・・

相談者:言われましてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ、その父の・・え・・知り合いで、えっと大手の、企業でぇ、あのぅ・・働いて、あのぅ・・重役の、人がいて。

玉置妙憂:うん。

相談者:そういう会社に興味がないか?っていうふうに言われてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:でぇ・・

相談者: IT系の会社・・なんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:そこでの・・

相談者:でぇ・・

相談者:まぁ、自分としては、そんなに興味はなかったんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:親が、もう、すごく自分のこと考えてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ、言ってくれてる・・っていうふうに・・思ってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・その会社を見学に行ったりだとか。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・ま、見てぇ、いい会社だなぁ・・って思ってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・まぁ、受けてみることにしたんですね。

玉置妙憂:はい。

相談者:ちゃんと、まぁ、試験も受けて、合格して。

玉置妙憂:うん。

相談者:その、会社に入ることになったんですけど。

玉置妙憂:はい。

相談者:まぁ、あのぅ、まぁ・・入社が決まった時点でわたしはすごく後悔してぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ、 ITって全然興味がないのに、なんかそういうほうの会社に・・決めてしまってぇ。

玉置妙憂:うん。

・・

相談者:すごく、な、なんて言うか、今後・・が、恐ろしいなって思ったんですけど。

玉置妙憂:ええ。

相談者:まぁでも決めてしまったんだから。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ何をやったとしても、まぁ頑張ってやったら。

相談者:まぁ・・

相談者:それが・・そのぅ、自分の道になるかもしれないと思ってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ入社して。

玉置妙憂:うん。

相談者:がんばり始めたんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:でぇ、まぁとにかく1年は辞めずに、頑張ろうと思ってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:でぇ・・ただまぁお客さんから・・

相談者:あの、仕事は5年目ぐらいから面白くなるんだよって言われてぇ。

玉置妙憂:ええ。

相談者:じゃあ5年は頑張ろうって思ってぇ。

玉置妙憂:うん・・

相談者:まぁ頑張って・・結構まぁすごく、激務な会社だったのでぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:今は変わってきたんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:なの、当時は・・

相談者:夜中の11時、12時まで、毎日のよう・・ように働いてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ、やってましてぇ。

相談者:でぇ・・ま、 5年目では面白くならずに。

玉置妙憂:うん。

相談者:まだまだ、自分はまだまだなんだなぁって思って。

玉置妙憂:うん。

相談者:6年・・

相談者:もうちょっと続けようと思ってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:そうしてるうちにまぁだんだん売り上げも上がってきて。

玉置妙憂:うん。

相談者:結構、部の中でも、たくさん売り上げを上げる・・れるようになってきてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:でもまぁ・・あのぅ、ズッ・・

相談者:とにかくまぁ無我夢中にやってたという感じ・・

玉置妙憂:うん。

相談者:でした。でぇ、あのぅ・・まぁ、あまりに忙しい・・かったので・・

玉置妙憂:うん。

相談者:営業部門で。

玉置妙憂:うん。

相談者:え、ちょっとこれから・・子供が、欲しかったりもするし、子育てしながらそういうとこで働くのは大変だなぁと思って。

玉置妙憂:ええ・・

相談者:あのぅ・・まぁ、ちょっと部門を、異動して。

玉置妙憂:うん。

相談者:技術的な、ほうの部の、部門に・・

相談者:異動したんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:そうするとまた・・

相談者:もっともっとIT的な部分・・の、あの技術的な話になってきてしまうのでぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:また・・もっと苦しさが増してきたというか。

玉置妙憂:うん。

相談者:でぇ、まぁ、あのぅ・・

相談者:忙しい時・・は、夢中で・・

相談者:やって、充実してるような気分になるんですけど。

玉置妙憂:うん・・

相談者:忙しさが終わると毎回・・こう虚しいような・・

玉置妙憂:うん・・

相談者:あ、気持ちが下がってきちゃう感じになるのでぇ。

・・

相談者:あのぅ・・なんかだんだん・・

相談者:こう・・方向転換を・・

相談者:しようと思った時に。

相談者:もう36歳ですし。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・早くしないといけないんじゃないかな・・っていうふうに・・

玉置妙憂:ふぅーん・・

相談者:思っていてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:でぇ・・

相談者:まぁ、人生の中で、あの、起きてる・・時間の中では、仕事をしている時間がほとんど・・

玉置妙憂:うん。

相談者:なのでぇ、やっぱり・・自分にとって、あの、興味のある分野のことをしたいな・・って、思うんですけど。

・・

相談者:なかなかちょっと踏み出せない自分がいるというか。

玉置妙憂:うん・・

相談者:もう、親から言わせると、あのみんな・・嫌なことを・・

玉置妙憂:うん。

相談者:仕事してぇ、あの、お金もらってるんだよと。

玉置妙憂:うん・・

相談者:じゃあまぁ・・

相談者:なんか自分の中ではそれはそうじゃないんじゃないかな・・って、ちょっと思ってる・・ところがあってぇ。

玉置妙憂:うん・・

相談者:でも、なんか、こう、今、まぁ、大企業で働いていてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:短時間勤務が・・出来たりとか・・してるのでぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:そういう、恵まれた環境に居る中でぇ。

相談者:ズッ、まぁそれをしてて。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ、自分の興味のある分野に・・

相談者:行くっていうのがぁ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ、あ、あのぅ・・

相談者:まぁ、興味のある分野っていうのが、心理学であったり、子育てに関わる事、やってみたいな・・って思ってるんですけど。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・

相談者:まぁ、そういう方面のなにか・・専門的な知識があるわけでもないのでぇ。

相談者:まぁ、やるとしたらあのぅ、アルバイトだったりだとか、そういうことにな・・なったりするのかなぁ・・と思っていてぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:まぁ、ちょっとなかなか踏ん切りがつかずに・・ま、な、悩んでいるというか。

玉置妙憂:うん・・

玉置妙憂:そういう・・ご状況なんですねぇ。

相談者:はい。

玉置妙憂:じゃあ、今やりたいってことは、かつて12年前にやりたかったことと、まぁ、ちょっと変わってきたっていうことですよね。

相談者:そうですねぇ・・

玉置妙憂:前は、鉄道・・街づくりだったけれども。

相談者:そうですね。

玉置妙憂:うん。

相談者:あのぅ・・まぁ・・心理学とかぁ。

玉置妙憂:うん。

相談者:子供・・あのぅ、とかっていう内容は・・ずっと、興味はあってぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:ずーっと決断・・出来ずに、なんか・・

玉置妙憂:うーん・・

相談者:きたような・・

玉置妙憂:うーん・・

相談者:感じがあって。

・・

相談者:ん、ん、そうですねぇ。

玉置妙憂:うん。

相談者:はい。

玉置妙憂:わかりました。

玉置妙憂:え、それでは今日、お答えいただきますのは・・三石メソード主宰・・作家で、翻訳家の、三石、由起子です。

玉置妙憂:先生、よろしくお願い致しまぁーす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA