テレフォン人生相談
柴田理恵・大迫恵美子

柴田理恵・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2020年4月16日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
49歳男性から、23歳の息子が大学卒業し、大手企業に新卒で入社、支点の上司が替わり早出、残業、パワハラが酷くなった。様子を見に行ったら身だしなみの良かった息子がボサボサの状態。もう辞めたいと言い始めたのだが、親としてどう対応すればいいか?

目次

スポンサーリンク

上司のパワハラで息子ボロボロ

相談者は49歳男性、妻49歳、長男23歳、次男18歳。

柴田理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

柴田理恵:はい、今日はどんなご相談ですか。

相談者:息子の。

柴田理恵:はい。

相談者:会社のこと、で、ちょっと・・

柴田理恵:はい。

柴田理恵:あのあなたおいくつですか?

相談者:え、 49です。

柴田理恵:奥さんはおいくつでしょうか?

相談者: 49です。

柴田理恵:お子さんは息子さん・・

柴田理恵:と、あと他にいらっしゃいますか?

相談者:長男23歳。

柴田理恵:はい。

相談者:次男18歳。

柴田理恵:じゃあ長男さんの、会社のことで・・ってことでしょうか?

相談者:はいそうですね。

柴田理恵:はい。

柴田理恵:あ、どうなさいました?

相談者:大学卒業して・・

柴田理恵:はい。

相談者:就職したんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁはい・・って(入って)すぐから。

柴田理恵:うん。

相談者:朝、早出・・

柴田理恵:うん・・

相談者:夜遅いっていうのがあって、それはまぁ、いいんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:キツイなぁ・・って言いながらやってたんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者: 2か月ぐらい後にですねぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:あのぅ・・なんか上・・の方が、替わったらしくて。

柴田理恵:はい。

相談者:あの・・その上の方はですねぇ、何かあのぅ・・パワハラって言うんですか?・・そのうちの息子にだけ・・キツイ、あたりをするというか。

柴田理恵:はい、新しい・・上司の方がですね?

相談者:ええ、そうですね。

柴田理恵:ふん、うん、どういったパワハラなんですか?

相談者:例えばですね、あのぅ・・

柴田理恵:はい。

相談者:うちの息子なんか入ったばっかりだから。

柴田理恵:はい。

相談者:その会社で色々 、決め事のやってることって・・

・・

相談者:なんでそうなったかなんて知らないじゃないですか。

柴田理恵:ああ、ああ・・はいはい。

相談者:**から、あたらしくきた人は、「なんでここの支店はこんなことをやっているんだ」って・・

相談者:息子に怒るらしいんですよね。

柴田理恵:その、上司の人も新しくここに・・来たかん・・

相談者:ああ、そうですそうです。

柴田理恵:はい。

・・

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:でぇそんなこと・・息子に言われてもしら・・いや、わかん・・わかりません・・って話しなんですよね。

柴田理恵:いや、わかりませんって話ですよねぇ?・・はい。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁそういう感じのが・・ずーっと、続いてたらしくてぇ、朝の早出も。

柴田理恵:うん。

相談者:ホントは・・会社は9時からなんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:朝7時・・前には行かなきゃなんないらしいんですよね。

相談者:それもう息子だけ行かされるらしいんですよ。

柴田理恵:なぜ?

相談者: 9時から・・営業を、みんなでこう回るやつの。

柴田理恵:はい。

相談者:準備を、するのに。

柴田理恵:はい。

相談者:それは新人の仕事だ・・って言ってやらされるらしいんですよね。

相談者:でぇ、たぶんみんなで来ればそんなの・・

柴田理恵:そうですねぇ。

相談者:30分で、終わると思うんですけど。

柴田理恵:はい。

相談者:なんか、そういう・・

相談者:習わしがあるのか、そこの会社は・・

柴田理恵:上司の人は・・

柴田理恵:そのシステム知らないはずでしょう?

相談者:いやあのぅ・・

・・

相談者:知ってるみたいです。

柴田理恵:あの他所から変わってきても。

相談者:ええ。

柴田理恵:それは、息子さんにやらせるわけですか?

相談者:ああそうです、やらせるんです。

柴田理恵:新人だから?

相談者:ええ。

柴田理恵:はい。

・・

相談者:でぇ、朝・・ 7時前に行って、夜、帰ってくるのは11時っていうのがもう毎日続いててぇ。

柴田理恵:あ、ああ・・はぁい、はぁい。

相談者:大変だなぁ・・っと思ってたんですけども。

柴田理恵:はい。

・・

相談者:まぁわたしも・・昔は、そういうのいろいろ経験してるからまぁ・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:踏ん張りどころかなぁ・・と思って。

柴田理恵:はい。

相談者:うん、頑張れって、色々言ってたんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:あんまり・・いろいろ、ひどい話聞いたもんだから。

柴田理恵:はい。

・・

相談者:あのぅ・・わたしが、ちょっと会社のほうに・・

柴田理恵:はい。

相談者:匿名でメールしたんですよね。

柴田理恵:はい。

相談者:いやこういう状況みたいなんだけど、わかっているんですか?みたいな感じで。

柴田理恵:はい。

相談者:ちょっと、親が出んのどうかなぁ・・と思った、から・・

柴田理恵:うん・・

相談者:ちょっと(笑)、匿名で言ったんですけども(笑)。

柴田理恵:う、うん・・うん。

・・

相談者:でぇ、誰・・っていうのわからないようにして、言ったですけどもね。

柴田理恵:はい。

相談者:そしたら、それはちょっと重大なことなので・・

相談者:こっちの方でも、対応しますので・・いうはな、へん、返事が返ってきたんですけども。

柴田理恵:か、会社は、どの部署に・・言ったんですか?

相談者:かなりおっきい会社でぇ。

柴田理恵:はいはい。

相談者:もう・・全国にあるんですよ。

柴田理恵:はいはい、はいはい。

相談者:そこの本社の、なんかホームページ、みたいなの・・から、問い合わせみたいなのがあってぇ。

柴田理恵:あっ、ああ・・はい。

柴田理恵:本社のほうに直接おっしゃったわけですね?

相談者:ええ、ええ、そうです。

柴田理恵:はいはい。

相談者:で、人事部の方から・・連絡きてぇ。

柴田理恵:あっ、なるほど。

相談者:でぇ・・なんかしてくれるのかなぁ・・と思いながら。

柴田理恵:はい。

相談者:ちょっと心配で・・あの、メールしたちょっと後に。

柴田理恵:うん。

・・

・・

相談者:ちょっと親元離れて遠いとこ居るんですけど。

柴田理恵:あっ、はい。

・・

相談者:わたしちょっと、行きましてぇ。

柴田理恵:はい。

相談者: 2泊ぐらいしてぇ。

柴田理恵:はい。

相談者:なんか、行ったらもう・・

相談者:結構、清潔な・・奴だったんですけども。

柴田理恵:うん。

相談者:なんか髪の毛もボサボサになってて。

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:なんかちょっとねぇ、身だしなみも・・悪くて。

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:部屋も、すごい汚かったし。

柴田理恵:はい。

相談者:***、掃除したりして。

柴田理恵:はい。

相談者:そうしてるうちに今度。

柴田理恵:うん。

相談者:その1ヶ月ぐらい後ですかねぇ。

柴田理恵:はい。

相談者:あ、あのぅ、息子にこうキツク当たる・・上司の方が。

柴田理恵:あ、はいはい。

相談者:なんか大変なミスを犯したらしくてぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:営業先の・・

・・

相談者:とこ、出入り禁止になってしまったんですよね。

柴田理恵:ほう。

相談者:上の方が大きい・・取引のところを持つらしいんですよ。

相談者:習わしでは。

相談者:息子の会社は。

柴田理恵:はい。

相談者:新人は・・小っちゃいところを何個も回るって。

柴田理恵:はいはい。

相談者:でぇ、新人がそんなおっきいとこもつ、もつ・・事はないらしいんですけども。

柴田理恵:うん。

相談者:その支店長がもう・・そこの、出禁になったもんだからぁ。

柴田理恵:うん。

相談者:もう息子しか・・行ける奴がいないってことになってぇ。

柴田理恵:はぁい。

相談者:息子が行くことになったらしいんですよね。

柴田理恵:はいはい。

相談者:だけどもまぁ・・

・・

・・

相談者:ちょっと考え方変えれば・・「チャンスだべやぁ」っていう話をして。

柴田理恵:うん。

相談者:そこでちゃんとやれば・・

柴田理恵:うん。

相談者:ねぇ、いろいろ認められるし。

柴田理恵:はいはい。

相談者:「大変だろうけども」って言ってて。

柴田理恵:はい。

相談者:「そうだね」って言って、やってたんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:やっぱりすごい・・キツイらしくてぇ。

柴田理恵:はい。

相談者:今まで以上の残業もあるらしくて。

柴田理恵:うん。

相談者:で、残業のその・・

相談者:残業つけると支店長の評価が悪くなるからつけるな・・って言われて残業なしでやってるんですよね。

柴田理恵:はああ・・

相談者:そしたら昨日、昼ぐらいに。

柴田理恵:うん。

相談者:「もう無理だわぁ」って電話きたんですね。

柴田理恵:はい。

相談者:「なしてだ?」って言ったらぁ。

柴田理恵:うん。

相談者:この上司の・・

相談者:伝票とかは。

柴田理恵:うん。

相談者:新人は、やれないらしいんですよね。

柴田理恵:はい。

相談者:そこの大きい取引先に・・

柴田理恵:うん。

相談者:行くのは息子なんですけども。

柴田理恵:うん。

相談者:請求書とかそういう書類関係は・・

柴田理恵:うん。

相談者:その上司の方が・・

相談者:やらなきゃならないらしいんですよ。

柴田理恵:あ、ミスった上司が?

相談者:ええ、ええ。

柴田理恵:うん。

相談者:でぇ、それをもって・・

相談者:昨日、行ったらぁ。

柴田理恵:うん。

相談者:なんか、間違えばかりでぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:息子が・・

相談者:ものすごい、怒られてきたらしいんですよね。

柴田理恵:はああ・・

相談者:でぇたぶん、その怒られてすぐ電話、掛けてきたのかなぁ・・っと思うんですけども。

相談者:その息子も、まぁ自分が、ミスで怒られるのは仕方ないと思うけども。

柴田理恵:うん。

相談者:自分がやってないのに。

柴田理恵:息子さんはそれ・・

柴田理恵:その支点の・・とか、本社の人事とかに言えないもんなんですか?

相談者:だからわたしも・・「言えばいいんじゃないか?」って言ってたんですけども。

柴田理恵:うん。

・・

相談者:まぁわたしも、内情よくわかんないんで。

柴田理恵:うーん・・

相談者:「うーん」とは言うんですけども。

柴田理恵:なるほどねぇ。

相談者:でぇ「もう辞めればいいべやぁ」って言ってたんですけど。

柴田理恵:うん・・

相談者:「来月ぐらいには辞めようかなぁ」・・みたいな話は、してたんですよね。

柴田理恵:はぁい・・はぁい。

相談者:わたしもその、息子から電話が来た後にすぐ・・また・・

柴田理恵:うん・・

相談者:そこの会社に・・直接電話しようかなぁーってちょっと悩んだんですけども。

柴田理恵:うん・・

・・

相談者:やぁでもやっぱり親が・・そこまで介入する・・ことじゃないのかなぁ・・と思ってぇ。

柴田理恵:はい。

相談者:やめたんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁ、相談したかったのは、やっぱりそこは親が・・立ち入るところではないですかねぇ?っていう・・

柴田理恵:あ、あ、ああ・・

相談者:ちょっと・・

柴田理恵:そういう、あのぅ・・

相談者:ええ。

柴田理恵:親として何をしてあげたらいいだろうか?っていうアドバイス・・

相談者:ええ、ええ、はい。

柴田理恵:が、欲しいってことでしょうかねぇ?

相談者:そうですねぇ。

柴田理恵:やっぱり心配ですもんね。

相談者:そうですねぇ。

柴田理恵:今はねぇ、そういう・・

柴田理恵:そういうことで過労死みたいになれる方も・・

相談者:ええ。

柴田理恵:いらっしゃいますからねぇ。

相談者:居ますからねぇ。

柴田理恵:はぁい。

相談者:ええ。

柴田理恵:じゃあちょっと、回答者の先生に聞いてみましょうかねぇ。

相談者:はいはい。

柴田理恵:はい、今日の回答者の先生は・・弁護士の、大迫恵美子先生です。

相談者:あっ・・

柴田理恵:先生お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA