テレフォン人生相談
今井通子・塩谷崇之

今井通子・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2020年4月17日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
63歳女性から、1年前に義母が他界、相続の事で義妹二人と揉めている。夫は7年前に他界し、働きながら相談者が介護をしてきた。預貯金50数万円、もっと残っているだろうと言われているのだが・・

目次

スポンサーリンク

義母の遺産で義妹二人から言いがかり

相談者は63歳女性、夫は7年前に他界。義母は1年前に93歳で他界。長男40歳、長男嫁40歳、孫娘5歳、孫息子3歳と同居。娘も一人いる。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あ、すいません、お願いします。

今井通子:はい。

今井通子:今日は、どういったご相談ですか?

相談者:えーっと、遺産の、相続についてちょっとお願い・・したいんですけども。

今井通子:はい。

今井通子:あなたはおいくつ?

相談者:えーっと、 64です。

今井通子: 64歳。

相談者:あ、 63です。すいません。

今井通子:うふふ・・

相談者:****・・

今井通子: 63歳(笑)?はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇ?

今井通子:え・・どなたの遺産相続?

相談者:おばあちゃんです。

相談者:主人の母親です。

今井通子:ご主人の、母親?はい。

相談者:はい。

今井通子:ご主人おいくつ?

相談者:えーっと主人はねぇ、 7年ほど・・前に亡くなったんです。

今井通子:あ 、亡くなっっちゃったの?はい。

相談者:はい・・はい。

今井通子: 1年前?

相談者:はい7年前に。

今井通子:あ、 7年前?

相談者:はい。

今井通子:でぇ。

相談者:それ・・で、えーっと主人の。

今井通子:しゅ・・

相談者:父親が。

今井通子:うん?うん。

相談者:父親がいるんですけども。

今井通子:はい。

相談者:10・・7年前に、亡くなりましてぇ。

今井通子:はい。

相談者:それで、主人が亡くなるまでは、わたしと主人で、おばあちゃんの面倒、看てきたんですね。

今井通子:はい。

相談者:あ、それで、主人あのぅ・・おじいちゃんが亡くなった時に。

今井通子:うん。

相談者:主人の兄弟が。

今井通子:うん。

相談者:あのぅ、妹2人おりまして。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、その時に、あの話し合いで。

今井通子:ええ。

相談者:遺産相続・・についてなんですけども。

今井通子:はい。

相談者:家とか、あのぅ・・

・・

相談者:土地の名義は・・主人がみると、そのかわり、母親を俺が長男だから。

今井通子:うん。

相談者:俺が面倒を看るからっていうことでぇ・・遺産、のお金については一切渡してないんです、なかったんですよね。話し合いで。

今井通子:はい。

相談者:うん、それで、あのぅ・・そのまんま17年間。

今井通子:うん。

相談者:えーっと、おばあちゃんの面倒を看てきたんです。

今井通子:はい。

相談者:そしたら、 7年前に、主人が急に亡くなりまして。

今井通子:ええ。

相談者:え、その時に、あの義妹たち・・夫婦から。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ・・まっ、誰が面倒を看るかっていう話し合いの時に。

今井通子:はい。

相談者:えーっと、おじいちゃんが亡くなった時に、うちの主人が、あの、おばあちゃんの面倒を看るからっていうことで、うちのとか、そんなん全部、遺産、放棄したわけだから。

今井通子:はい。

相談者:看るべきだ・・っていうことで。

今井通子:はい。

相談者:あの、話し合い、一回、もったんですよね。

今井通子:はい。

相談者:でぇまぁ、いろんな話し合いの中で、揉め・・てしまいまして。

今井通子:はい。

相談者:それで、あのぅ・・まぁ、わたしが最終的に、全部・・面倒看てきたんです。

相談者:そしたら・・去年ですけども。

相談者:あのぅ・・おばあちゃん、亡くなったんですよね。**・・亡くなってぇ。

今井通子:はい。

相談者:そしたら・・

今井通子:その、お、お、おばあさんは、おいくつで亡くなったの?

相談者:えーっと、90・・3です。

今井通子:あらぁ・・ご長命だったのねぇ。

相談者:はい、でぇ、7年、まぁ、**・・

今井通子:大変でしたねぇ。

相談者:主人が亡くなってから、もうずーっと独りで、まぁ、看て来たんですね。

今井通子:うん。

相談者:でぇ、認知症・・患ってまして、要介護4で。

今井通子:うん。

相談者:まぁ、歩くこともできないと。で、わたしも・・仕事をしてたもんで。

今井通子:うん。

相談者:まぁ、あのぅ・・ケアマネとかデイサービスとかショートステイ使いながら・・

今井通子:はい。

相談者:あのぅ・・

相談者:きたんです。

相談者:それでぇ、2年ほど前に・・長男夫婦が・・まぁ大変だからっていうことで・・同居を始めたんですね。

相談者:長男と、嫁と、孫・・ 2人がいるんですけども。

相談者: 2年ほど前に・・

今井通子:あっ・・あなたのご長男ね?

相談者:はいそうですわたしの子供。

今井通子:はいはい。

相談者:はい。

相談者:が、あのぅ・・まぁ・・

相談者:同居はじめてぇ。

今井通子:うん。

相談者:まぁ、おばあちゃんとは・・ 1年ちょっと、一緒に同居したんですけれども。

今井通子:そうすると?あなたと、ご長男と、ご長男おいくつ?

相談者:えーっと、 40です。

今井通子: 40歳。

相談者:はい。

今井通子:ご長男は、結婚してらっしゃるわけよね?

相談者:はいはい、そうです。

今井通子:と、奥様は?

相談者:あ、嫁さんも40ですね。

今井通子:40・・

相談者:はい。

今井通子:でぇお子さんもいらっしゃるんでしょう?

相談者:そうです孫が、おと・・女の子と男の子・・

今井通子:はい。

相談者:います。

今井通子:何歳と何歳?

相談者:え、 5歳と3歳です。

今井通子: 5歳と3歳、はい。

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:っていうことは・・

相談者:そうです。

今井通子:あなたと・・ご長男のを、ご家族と。

今井通子:でぇ・・おばあちゃんを1年半看てたと、はい。

相談者:そうです1年半・・

今井通子:はい。

相談者:そうです。

今井通子:はい。

相談者:そういう感じできたんですけど、去年亡くなってぇ。

今井通子:ええ。

相談者:あのぅ・・義妹達から。

今井通子:うん。

相談者:お母さんの・・あのおばあちゃんね。

今井通子:うん。

相談者:あのぅ・・

相談者:お金、遺産、どのくらいあるの?って言われたんですね。

今井通子:うん。

相談者:のでぇ・・まぁ、ホントの50何万ぐらいしか残ってないと。

今井通子:はい。

相談者:それは・・介護費用とか、**とか・・まぁ、おばあちゃんの兄弟、おじいちゃんの兄弟もおりましたんでぇ。

今井通子:うん。

相談者:冠婚葬祭とか・・

相談者:あのぅ・・

相談者:でぇ・・義妹達に、来た時に、使ったお金だよってこと、使ってきたのでぇ。

相談者:このくらいしか残ってないんだっていうこと・・言ってたんですよね。

今井通子:はい。

相談者:そしたら、まぁ、向こうも怒って、そんな馬鹿なはずはないと。

相談者:まぁ、そのぅ・・おじいちゃんの年金、遺族年金と、おばあちゃんのと、あの、一回の年金が・・

相談者:20万円弱ありましたのでぇ。

今井通子:うん。

相談者:まぁ、義妹達は、それを計算して。

今井通子:うん。

相談者:1800万ぐらいあるはずです。

今井通子:うん。

相談者:***って、でぇ、まぁ、介護費用とかかる・・そういう・・ののほか・・まぁ、半分は残ってるんじゃないかって。

今井通子:うん。

相談者:でぇ、300万ずつ、の、要求にきたんですね。

今井通子:うん。

相談者:うん、でぇ・・

相談者:わたしとして見れば・・ねぇ、一生懸命やってきて、残ったの50万しかないんだから。

今井通子:うん。

相談者:あのぅ・・まぁ・・

相談者:残ったの3人で分ける?

今井通子:うん。

相談者:そういうふうに思っているんですけども。

相談者:まぁ、あのぅ、わたしも・・ほら、あのぅ、主人との生活の中で、おばあちゃんに、の、ついてぇ。

今井通子:うん。

相談者:あのぅ・・通帳とかそういうのに・・

相談者:とか、わたしは別に・・私的流用は全然してないですよね、あのぅ、おばあちゃんのために使ったとか・・お年玉とも、お年玉とか、冠婚葬祭とかも、おばあちゃん、それ使ってくれって言ったから、使ってきたんですけども。妹達の言い分では・・冠婚葬祭に使うのも・・

相談者:おばあちゃんのお金使うのおかしいとか。

今井通子:うん。

相談者:小遣いは、ひ孫に・・孫、子供にやるのは・・

相談者:いいけども、ひ孫にやるのは、おばあちゃんの認知症・・けど、あ、わたしが・・あのぅ・・

相談者:うまく使って、わたしの・・お金だして、おばあちゃんのお金使うのはおかしいとか。

今井通子:うん。

相談者:そんな・・***のことを言ってきてぇ。

今井通子:はい。

相談者:こんな感じ・・の・・義妹達なんですよね。

今井通子:ふん。

相談者:でぇ・・あのぅ・・お金についても、まぁ、おじいちゃんが亡くなった時にね、お金、払ってないから、そういうのも含めて、わたしは、こんな、いくつまでもこんな調子で、**のは嫌なので。

今井通子:はい。

相談者:まぁ、義妹達に、遺産・・金の、50・・何万の・・遺産、遺産分割した・・他に、上乗せしてまぁ、100万ずつ、義妹達にはらってぇ、もう、解決したいと思ってるんですけども、そういう解決の仕方でいいのか、自分はどういうふうにしたらいいのかなぁ?と思いましてぇ。

今井通子:あ、ああ・・なるほどねぇ。

相談者:うん・・

・・

相談者:もう・・

今井通子:結局、あれですよねぇ、あなたの・・お父さんお母さんではないので、あなたは関係ないんですよね。

相談者:そうですはい、わたしは一切関係ない、息子・・達が・・

今井通子:でぇ、えーっと、あなた、の、ご主人が亡くなっちゃっててぇ。

相談者:はい。

今井通子:この、おばあさんの、お子さんとしては・・あなたのご主人と、その妹さん2人なのね?

相談者:ええ、2人・・うん、そうです。

今井通子: 2人なのね?

相談者:はい。

今井通子:うん、でぇ、あなたのご主人はいらっしゃらなくて。

相談者:はい。

今井通子:え、お子さんが・・ご長男と、あともう一人・・いらっしゃるんでしたっけ?

相談者:わたし・・

今井通子:長男と・・

相談者:長男と、もう1人、娘がいるんですけども。

今井通子:お嬢さんがいらっしゃるのね。

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

・・

・・

相談者:そういうことなんです。

今井通子:ということでぇ・・

相談者:はい。

今井通子:今日はそうしましたら・・あの弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてますのでぇ。

相談者:はい。

今井通子:あなたがわざわざ上乗せする・・必要があるのかどうかわかんないんですけど。

今井通子:その辺も、聞いていただいた方が・・

相談者:はい。

今井通子:いいってことですね。

相談者:はい、そうです。

今井通子:はい。

今井通子:じゃあ・・

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 理不尽な要求をする人とは闘わなくちゃいけません。
    丸く収めようなどと安易な譲歩をすると、相手はますますカサにかかって要求をエスカレートしてきます。
    先方から喧嘩を売ってきてるんですから、遠慮する必要はありません。キッチリ主張すべきは主張しましょう。
    「ご不満ならどうぞ裁判所に訴えてください、受けて立ちますよ」とでも言い放てばケリがつくでしょう。裁判沙汰にするほどの金額でもありません。
    たかが50万円、されど50万円。アホ臭いけど仕方ないですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA