テレフォン人生相談
今井通子・佐伯チズ

今井通子・佐伯チズ
テレフォン人生相談 2020年4月18日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:佐伯チズ(美容家)
68歳女性から、1年くらい前、夫が近所のシングル女性と繋がっているのが分かった。茶飲み友達だと言うけれど夫の行動に疑心暗鬼。付け回したり暴言を吐いたり暴力をふるったりする自分に自己嫌悪、独占欲の強い愚かな自分をどうにかしたい。

目次

スポンサーリンク

夫のあとを付け回す自分に自己嫌悪

相談者は68歳女性、夫は70歳(60歳まで会社員)、子供2人は結婚してないが独立した。長女42歳、長男41歳。近所のシングル女性50歳くらい(昼は普通の店で働き夜は水商売らしい)

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:はい、お願い致します。

今井通子:はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者: 1年くらい前に・・

今井通子:はい。

相談者:夫があのぅ・・

相談者:まぁ近所の方だったんですが。

今井通子:はい。

相談者:女性とつながりを持っていることが・・

相談者:わかりましてぇ・・

今井通子:はい。

相談者:それがわたしがちょっと騒いじゃったんですね。

今井通子:はい。

相談者:んでぇあのぅ・・夫に暴言を吐いたり。

今井通子:はい。

相談者:まぁ、手を出してたりなじったり。

今井通子:はい。

相談者:しちゃったんですが。

今井通子:はい。

相談者:で精神状態がおかしくなっちゃいまして。

今井通子:はい。

相談者:この1年あの・・夫を信じることができずに・・

今井通子:はい。

相談者:疑心暗鬼に陥ってしまって。

今井通子:あ、はい。

相談者:夫のメールを見たり。

今井通子:はい。

相談者:ちょっと後を、つけ回して、夫の行動・・が、どこに居るのか確認しないと。

今井通子:はい。

相談者:気が済まないようになってしまいまして。

今井通子:はい。

相談者:んでぇ、異常に夫に・・

相談者:固執してしまうっていうのかしら?

今井通子:はい。

相談者:でぇ夫の行動全てが気になっちゃって気になっちゃって、 1年経ったんですが・・

今井通子:はい。

相談者:なんかますます、自分自身が、何か夫に対する、その気になってしまうことが多くて・・

今井通子:はい。

相談者:心がすごく変に、なので。

今井通子:はい。

・・

相談者:この自分の考え方がおかしいのか、その気持ちをどういうふうにもってって・・いったらいいのかそれが知りたいんです。

今井通子:はい。

今井通子:あなたおいくつですか?

相談者:わたし68です。

今井通子: 68歳。

今井通子:ご主人おいくつ?

相談者: 70です。

今井通子: 70歳。

今井通子:お子さんいらっしゃいますか?

相談者:はいいます。

今井通子:はい・・はい。

相談者:長女が・・

今井通子:はい。

相談者: 42歳、でぇ長男が、 41歳です。

相談者:で結婚はしてないんですが・・

今井通子:はい。

相談者:家は出てます。

今井通子:独立して・・別な所に住んでらっしゃるっていうことですね。

相談者:そうです、そうです。

今井通子:はい。

相談者:そうです。

今井通子:そうすると今・・お住まいは・・あなた方お二人?

相談者: 2人です。

今井通子:はい。

今井通子:ちなみにご主人は・・

相談者:はい。

今井通子:今も、何か、お仕事されてます?

相談者:いえ、してません。

今井通子:そうすると、あの・・

相談者:て・・はい?

今井通子:現役時代は・・え、会社にお勤め?それとも、自営?

相談者:会社・・会社員です。

今井通子:かい、会社員だった?はい。

相談者:はい。

今井通子:何歳まで?

相談者: 60まで。

今井通子:そうするともう・・ 10年間はお暇な訳ね。

相談者:そうですね、暇です、はい。

今井通子:はい、で、何かご主人、趣味とかお持ちかしら?

相談者:特別ないですけど・・

今井通子:ええ。

相談者:家庭菜園かなんかはやってます。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

今井通子: 1年前に・・

今井通子:近所の・・女性と、いわゆる浮気ですか?

相談者:あの色々と話したんですが、浮気、ではなくて、ただの、本人は友達って言ってます。

今井通子:いわゆる茶飲み友達?

相談者:茶飲み友達、相談友達?

今井通子:うーん、ふん、ふん。

相談者:遊び友達?

今井通子:そうか、そして、その・・女性の方は。

相談者:はい。

今井通子:おいくつぐらいの人?

相談者:ちょっと歳は若いですけど、 50くらい、なのかしら?

今井通子: 50歳?

相談者:ええ・・

今井通子:だいぶ若いですね。

相談者:はい。

今井通子:でぇあのぅ・・ご家庭は、そうするとその方は・・ご主人とかいらっしゃる?

相談者:あ、いられないみたい・・

今井通子:お一人?

相談者:シングルみたい、シングルみたいです、はい。

今井通子:あ、シングルの方ね、はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇ、働いてらっしゃるのかなぁ、じゃあ?

相談者:そうですそうですねぇ。

今井通子:どういうところで?

相談者:あの、普通の、あのぅ・・お店で働いてられる・・で・・

今井通子:店?

相談者:なんか、ちょっとよくわからないんですけれど、夜は・・あの水商売か何かやってられるみたい・・な感じではあります。

相談者:はっきりわかりませんけど。

今井通子:あ、ここははっきりわかんないけど、えーっと・・

相談者:うん、だ、そういうとこで夫は知り合ったと言ってますので。

今井通子:飲み屋さんとか?

相談者:飲み屋さんで。

今井通子:うん、ふんふん。

今井通子:それで、例えばですよ。

相談者:ええ。

今井通子:あなたがまぁ、だから・・

今井通子:あのぅ、そのことを噂で聞いたの?それとも・・

相談者:いや、あの、やっぱりね、様子がおかしいのがわかったんですね。

今井通子:うん。

相談者:よの・・あの、夕方ちょっと・・おめかしして出かけたり。

今井通子:なるほど。

相談者:で朝方帰ってきたり。

今井通子:はい。

・・

相談者:ちょっとそういうのが続いたんです。

今井通子:ええ。

・・

相談者:そんで、あら?と思って。

今井通子:ええ。

・・

相談者:いろいろとあの、背広のポケットを調べたり。

今井通子:はい。

相談者:あと、ちょっとメモ魔なんですよね。

今井通子:あ、ご主人がね。

相談者:うんでぇ、まぁ、パソコンの横にメモをちょこちょこと書いてるもんで。

相談者:彼女の名前も書いてあったので(苦笑)、それでわかっちゃってわたし、あのかなりしつこく調べたんです。

今井通子:はい。

相談者:そいでちょっといろんなこと分かって来ちゃったんです。

相談者:*****さ・・

今井通子:それでなんかぼ、暴言を吐いたとかおっしゃいましたよねあなたが。

相談者:おん、そうですね、ま暴言っていうか夫を問い詰めてぇ。

今井通子:はい。

相談者:で誰なの?っていうことで。

今井通子:ええ。

相談者:そしたらちょっと遊びたかったんだよ・・って・・言われたんです。

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:そして、つけまわしたっていうのは?

相談者:まぁ、まぁ、たぶんあそこのお店にいるかもしれない、行くかもしれないとか。

今井通子:ええ。

相談者:どっかで会ってるんじゃないかとか。

今井通子:ええ。

相談者:その程度なんですが。

今井通子:あっ・・

相談者:あと・・こんな時間にいないの、どこに行ったんだろうと思って、夫が行きそうなところを、ちょっと車で回ってみたり。

今井通子:うん・・

相談者:そのことし・・しないと気が・・動転しちゃってぇ・・

今井通子:はい。

相談者:ドキドキしちゃってぇ・・

相談者:精神状態おかしくなっちゃいそうなので。

今井通子:あ、はい。

相談者:そのぅ・・はい。

相談者:確かめたかったんです。

今井通子:でぇそれが・・

相談者:そう思っ・・

今井通子:今でもその・・

今井通子:お、か、あのぅ、ご主人が、家になかったりすると何処へ行ったんだろうって言って、自分は車に乗って行って、そんなところ見て回ったり・・

相談者:そうです。

今井通子:っていうことを・・されてるってことですよね。

相談者:そうです、それをしてしまう自分がすごくおかしいってのがわかるんですけど。

今井通子:うん。

相談者:この気持ちが抑えられないんで。

今井通子:うん、なるほど。

相談者:ん、でぇ、わたしが、ちょっと・・つけ回したりなんかして・・

相談者:そういうとこがあるので。

今井通子:うん。

相談者:二回、 2人だけで居るところに出くわしたって、わたしねぇ・・

相談者: 2人の前に出て行っちゃったんです。

相談者:そして一回は、夫の方をおもいっきり・・

相談者:叩きました。

今井通子:はい。

相談者:「会わないって言ったでしょう」って言って。

今井通子:はい。

相談者:で一回は、彼女もいたんですが。

今井通子:はい。

相談者:「あなたにくれてやれる」ってそこまで言っちゃったんですよね。

今井通子:はい。

相談者:そんな行動を、わたし愚かな行動を、二回しちゃってるんですよね。

今井通子:はい。

相談者:そいで、自分でそういう行動しながら、自己嫌悪に陥っちゃってるんです。

今井通子:なるほど。

・・

今井通子:でその場合、お、あの、ご主人は、それでも、例えば・・未だにちゃんと、おうちに帰ってきてるの?

相談者:帰ってきてるし。

今井通子:うん。

相談者:あの優しいし。

今井通子:うん。

相談者:わたしも食事に連れてってくれるし。

今井通子:うん。

相談者:で彼女、との関係に・・

相談者:対してわたしがワイワイ騒ぐもんで。

今井通子:ええ。

相談者:「オマエの勘違いだ」と。

今井通子:うん。

相談者:「そんなことは何もない」と。

相談者:「ただのフランクの友達なんだよ」って。

今井通子:今でもおっしゃってるのね?

相談者:でぇわたし・・

相談者:い、言ってます。そいで何ら、態度変わりません。

今井通子:そうすると今日のご相談は?

相談者:はい。

相談者:あのそういう。

今井通子:うん。

相談者:こういうわたし・・

相談者:は(わ)、どういう考えを持って・・

今井通子:はい。

相談者:どいう行動・・をしたら。

今井通子:ええ。

相談者:こんなこと、夫のことをあとをつけ回すような。

今井通子:はい。

相談者:愚かな・・行動をせずに。

相談者:自分が楽に生きられるか。

今井通子:はい。

相談者:楽に物事を考えられるか。

今井通子:うん。

相談者:この愚かな自分をなんとかしたいんです。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

今井通子:で、どうしたらいいでしょう?っていうことですか?

相談者:そうです。

今井通子:あなた自身は・・

相談者:はい。

今井通子:ご主人を、今でも好きなんですね?

相談者:大好きです。

今井通子:はぁーい。

今井通子:わかりました。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ。

相談者:はぁい。

今井通子:美容家の佐伯チズさんに・・お話を伺ってみたいと思います。

相談者:す・・

今井通子:先生よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA