テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2020年4月20日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
53歳男性から、風俗で知り合った女性と関係を持ち、同情から風俗をやめる為のお金を出す。度々彼女からお金の無心がありお金を渡すも全く自立する気がない。
加藤諦三氏の〆の言葉『今の状態から逃げる為に始まった恋愛は必ず破綻します。』

目次

スポンサーリンク

同情してお金を渡した風俗嬢

相談者は53歳男性、妻は54歳、長男29歳(おそらく結婚し独立・子あり) 長女26歳 下の娘との3人暮らし。5歳下の風俗で働いていた女性(バツイチ・養護学校に行く子あり)

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:どうも。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、えっと・・53歳です。

加藤諦三: 53歳、結婚してます?

相談者:はい・・ あ、してます。

加藤諦三:はい奥さん何歳ですか?

相談者:54です。

加藤諦三:54歳、お子さんは?

相談者:はい、長男が29で・・

加藤諦三:はい。

相談者:長女26歳です・・はい。

加藤諦三:でぇ今、そうすると・・奥さんと2人で暮らしてるの?

相談者:うん、あのぅ・・下の子も、暮らしてるんですけど。

加藤諦三:あっ、3人で暮らしてるんですね。

相談者:はい。

加藤諦三:はいそれでどんな相談でしょうか?

相談者:ちょっとある女性と。

加藤諦三:はい。

相談者:知り合っちゃいましてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・ちょっと関係もっちゃって。

加藤諦三:はい。

相談者:結局は・・結構、金が・・がかかるおん・・女、だったんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:うん・・

相談者:うん、でもなんかちょっと・・ほっとけなくてぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、ずるずるずるずる、今まで、来ちゃっててぇ。

加藤諦三:ある女性と知り合ったのは何年ぐらい前ですか?

相談者:え、でもまだ短いです、3、4ヶ月前・・ぐらいですね。

加藤諦三:あっ・・

相談者:要は、あのぅ、その、彼女は・・

加藤諦三:うん。

相談者:風俗で出会ったんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:うん、行きたくもないのにあの、上司に、「行こう」「行こう」って言われて行ったところでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:たまたま知り合っちゃってぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:で、いろんな話ししてるうちに、何か、まぁ、放っておけない・・

加藤諦三:はい、はい。

相談者:女って・・感じになっちゃって。

加藤諦三:はい。

相談者:彼女も、そのぅ・・なんかいろいろ、まぁ・・あの病気がちで、こう、お金が、足りなくなっちゃって、どうしようもなく、この仕事や、やったみたいな感じだったんでぇ。

加藤諦三:はい。

相談者:うん・・

相談者:「これだけ稼いだもうやめるつもりだ」って言ってたのを聞いた時に。

加藤諦三:うん。

相談者:じゃあもう・・俺金だすからこの仕事やめてくれっていうような感じで辞めさせたんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:その後は、あの自分で自立するような話をしてたんで。

加藤諦三:うん。

相談者:そういうふうに・・あのぅ・・面倒看ちゃった・・んですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:結局は、自分のこと変えようとしないし。

加藤諦三:うん。

相談者:お金が足りないようなこと・・言ってくるんでぇ。

相談者:その都度その都度ちょっと用を、足しちゃってあげててぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:でそれが、結構なお金・・使っちゃってまぁ、もう、それはそれでわたし・・

加藤諦三:今ど、どのくらい・・どのくらいですか?

加藤諦三:その、つか・・

相談者:え・・

加藤諦三:使ったのは?

相談者:200万。

加藤諦三:200万?

相談者:はい。

加藤諦三:3、4ヶ月で200万・・

相談者:はい。

相談者:でぇ、最初に100万渡しました。

相談者:それで稼いだら・・

加藤諦三:うん。

相談者:あの、やめるって言ってたんで、じゃあ俺が出すから、この仕事やめてって。

加藤諦三:あ、ああ・・そうか。

相談者:あのぅ・・うん。

加藤諦三:100万たまったらやめると言ったので・・

相談者:うん。

加藤諦三:じゃあそれは俺が出してやると。

相談者:うん男としたらやっぱり・・

加藤諦三:うん。

相談者:なんだって気になっちゃったらそういうのって・・

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・働いても、***もないから・・

加藤諦三:うん。

相談者:あの、ちょっと無理して話したけど。

加藤諦三:うん。

相談者:でももう、自分ですることだし。

加藤諦三:うん。

相談者:もう、返せとか、どうのこうのはもう、全然わたしは、思ってないんだけど。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇその後、なんか自立できなくて・・また・・そのぅ・・10万だ・・5万だなんだって・・なってきちゃって・・

加藤諦三:でぇそのぅ・・

相談者:うん。

加藤諦三:お金・・は・・

相談者:はい。

加藤諦三:奥さんに知られないで・・なん・・

相談者:あっ、わたし、自営・・なんでぇ。

加藤諦三:あっ・・はいはいはい。

相談者:はい。

相談者:まっ、ずーっとこんなことしたら、もう続かないなっていうのは・・

加藤諦三:うん。

相談者:わか・・

相談者:ってるんですけど。

加藤諦三:うんうん。

相談者:「働く」って言ってたじゃないってそういう話も・・するんだけど。

加藤諦三:ええ。

相談者:うん、そん時は・・

相談者:あ、わたし頑張るとかなんとか・・

加藤諦三:うん。

相談者:は、言うんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:結局は何か、先送り、先送りみたいになっててぇ。

加藤諦三:うん。

・・

・・

相談者:うーーん・・あ・・

加藤諦三:でぇ相手は独身ですか?

相談者:えーっと、バツイチですねぇ、男の子・・が、一人居てぇ、それも、ちょっと養護学校通ってて、あのぅ・・そういうのも、最初、聞いたときになんか同情かっちゃったのも・・

相談者:うん・・

相談者:やっぱるんですけど。

加藤諦三:う、うん。

相談者:なんかもうあとに引けなくなっちゃって、今(苦笑)。

相談者:はい。

加藤諦三:年齢はどのくらいの人ですか?

相談者:あっ、ええっと・・わたしより、5歳ぐらい下です。

加藤諦三:5歳ぐらい下・・

相談者:はい。

加藤諦三:じゃもう、50前後の方ですね。

相談者:そうですね。

加藤諦三:うん・・

・・

加藤諦三:それで今・・あなたの気持ちとしては・・

相談者:ええ。

加藤諦三:深みにはまってぇ・・

相談者:ええ・・

加藤諦三:はいさよなら・・っていうわけにもいかない、気持ちということですね。

相談者:ちょっといけないですねぇ、いけないし・・

加藤諦三:うん。

相談者:ああ・・なんだろう?

相談者:なんかホント、都合がいいこと言ってるかもしんないですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:かみさんも・・

相談者:こんだけ、30・・

相談者:年以上連れ添ってるしもう今なんだろう?

相談者:好きとかそういう感情もなくてぇ、なんとなくいるだけ。

加藤諦三:い、え・・

相談者:な感じなんですよ。

加藤諦三:要するに、心の触れ合いが、なくてぇ・・

相談者:え、ないですねぇ。

相談者:な、なくて・・でも・・

加藤諦三:そこでぇ・・

相談者:でぇ、もう、かみさんには、ホントに申し訳ない・・っていう・・

・・

・・

相談者:のがありますよ。

加藤諦三:うん、気持ちは・・

相談者:いま・・

加藤諦三:今あると。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:お金くれないんなら奥さんに言うわよとかなんか、そういうことではないんですね?

相談者:あっ・・そういう女じゃないんです。

加藤諦三:うんうん・・で、ふた・・

相談者:別に奥さんと別れて、わたしと一緒になってとかも言わないし。

加藤諦三:ええ。

加藤諦三:だからあなた・・

相談者:結構、冷めてるっていうか冷めてるかもしんない、なんか。

加藤諦三:ということは、今日の相談としては、この女性との関係がこうなっていて、今は、わたしはどうしたらいいでしょうか?ってことですね?

相談者:ズズッ・・はい、ズッ・・

加藤諦三:あのぅ・・今日はあのスタジオにですねぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:シンクロの銅メダリストで・・

相談者:はい。

加藤諦三:メンタルトレーナーの・・

相談者:はい。

加藤諦三:田中ウルヴェ京がいらしてるので・・

相談者:ズッ・・ズッ・・あっ、そうですか。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい・・よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. こんな話、よくある話なんだよな。
    傍目八目というか、はたから見たら一目瞭然。たちの悪い女に手玉に取られてるの。
    十代や二十代前半の若者ならともかく、50年以上も生きてきてこんな簡単に騙されるなんて情けない。
    真面目一筋に生きてきて、全く耐性ができてなかったんだろうなあ。
    真面目なのは良いことなんだけど、人生経験乏しすぎ。
    若いうちなら笑って過ごせる失敗でも、50歳過ぎてからだとシャレにならねぇよ。

  2. 「で、どうしたらいいの?」
    という相談者の声が聞こえてきそうでした。
    先生方の理知的な答えから答えを導き出す余裕はないでしょう。
    時々こういう隔靴掻痒なアンサーがあるので残念です。

  3. 騙されているのは当然かと思いますが、
    自営業で上司がいるというのは不思議なことです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA