テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2020年4月21日(火)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
59歳男性から、プロポーズを断られた相手からお金を無心された。下心があったので2回、計100万円ほど貸したのだが、まったく結婚するつもりはないらしい。月々7~8千円を返す約束で履行されてはいるが、意味がないので全額一括返済できないものか?

目次

スポンサーリンク

お金を一括で返してもらいたい

相談者は59歳男性、バツ2、プロポーズを断られ、お金を貸している彼女51歳。

柴田理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、お願いします。

柴田理恵:はい、今日はどのようなご相談ですか?

相談者:プロポーズを・・

相談者:女性にしたんですけどね。

柴田理恵:あっ・・プロポーズ?はいはい。

相談者:はい。

柴田理恵:はい。

相談者:見事、断れましてね。

柴田理恵:ああ、はい。

相談者:はい、まぁそれでまぁ、諦め・・てたんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:後に・・

相談者:「お金を貸してください」と。

柴田理恵:ああ・・

相談者:その女性から。

柴田理恵:はい。

相談者:ええ・・

柴田理恵:うん。

相談者:ほいでぇ・・まぁ、どういったことかな?ちゅう話でまぁ・・

相談者:まぁ詳しくは聞かなかったんだけども。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁ私がプロポーズした経緯もありますので。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁ年齢が年齢なのでね。

柴田理恵:はい。

相談者:ああごめんなさい、あたし59歳・・

柴田理恵:あなた、ああ・・

相談者:ですけども。

柴田理恵: 59歳。

相談者:ほいでぇ相手が・・えーっと、51歳。

柴田理恵:51歳、はい。

柴田理恵:あなたは・・ご結婚なさった経験とかはお有りなんですか?

相談者:ああ、ありますあります。たくさん。

柴田理恵:はい・・あっ・・結構バツいくつついててるんですか?

相談者:バツ・・ツゥぐらいですねぇ。

柴田理恵:あ、ああ・・そうですか。

相談者:はい、はい。

柴田理恵:えっと・・相手の方も・・は・・

相談者:ワンですねぇ。

柴田理恵:ああそうですか、そういう・・

柴田理恵:それでぇあのぅ・・

柴田理恵:じゃあ・・

柴田理恵:少しお付き合いとかなさってたわけですか?

相談者:いや、そうではないです。まぁ年齢が年齢なのでぇ・・

柴田理恵:はい。

相談者:なの前提に付き合っていただきないか?っちゅう話で。

柴田理恵:あ、ああ・・はいはいはいはい。

相談者:うん・・

柴田理恵:じゃあそのお金貸してほしいというのは・・

相談者:うん。

柴田理恵:いくらぐらい?

相談者:まぁ30万前後・・ですねぇ。

柴田理恵:はいはい。

相談者:うん・・

柴田理恵:貸したんですか?

相談者:はぁい。

柴田理恵:うんふんうん。

相談者:あの下心がありましたので。

柴田理恵:はあ、はあ、はあ。

相談者:はい。

柴田理恵:はあ。

相談者:まぁ結婚前提に・・っていう・・お話をした後ですのでね。

柴田理恵:はぁい。

相談者:まぁ断られはしましたけども(苦笑)。

柴田理恵:うんうんうん。

相談者:うんまぁそういったことで、あのぅ、こちらのほうに、あのぅ、無心をお願いするっていうことは、それなりの・・

相談者:ことがあるんじゃないかなってことでこっちは、推測(苦笑)したんだけども(苦笑)。

柴田理恵:ああ、ああ、ああ・・なるほど、はい。

相談者:うん・・うん・・

柴田理恵:あの、お金を、貸したのは、一回だけですか?

相談者:あ、あ・・その時と、二回ありますねぇ。

柴田理恵:二回?

相談者:はい。

柴田理恵:いくら?二回・・

相談者:70万円・・と、そのくらいですかね。

柴田理恵:70・・じゃあ全部で100万貸したんですか?

相談者:100万近くですね。

柴田理恵:は、は、はあ・・

相談者:はいはいはい。

柴田理恵:はい、それでどうなったんですか?

相談者:いやだから・・

相談者:まぁ返してもらうっていうか、それだけのお金を(苦笑)・・あのぅ・・貸したのでぇ・・

柴田理恵:うん。

相談者:当然・・まぁ、好意を持っていただいておるのかなぁ、なんてこっちが勝手に思ったんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:どうもそんなあれは・・無いようなのでぇ。

柴田理恵:はあ・・

柴田理恵:ちゃんとあのぅ・・借用書とかそういうのは書かなかったんですか?

相談者:いや、か、書いて、おります。

柴田理恵:は、は、は、は、はい。

相談者:うん、まぁ・・念のために・・あのぅ・・相手の印鑑だけは、押してねぇ。

柴田理恵:はいはいはい。

相談者:うんまぁあの、契約書ちゅう格好でねぇ。

柴田理恵:はい。

相談者:やっているんですけども。

柴田理恵:はい。

相談者:まぁ月に・・

相談者:7、8千円の、返済でね。

柴田理恵:お、月、7、8千円?

相談者:へへへ(笑)・・

柴田理恵:ああ・・

相談者:ですからもう・・10・・5、20年近くになりますかねぇ。

相談者:返済完了に、そうすると・・

柴田理恵:はい。

相談者:もう、80・・うふふ(笑)・・超えちゃうわねぇ(笑)。

柴田理恵:そうですねぇ。

相談者:うん、ですから、まぁ、いいだろうっていうふうに思ってたんですけども。

柴田理恵:うん、うん。

相談者:どうも、そのぅ・・かたは・・

柴田理恵:うん。

相談者:まぁ結婚だとかそういう事は・・考えてないみたいでねぇ。

柴田理恵:はいはいはい。

相談者:うん・・

相談者:うん、ですのでぇ、まぁ(苦笑)、これ以上お金貸しとっても・・ダメだなぁ・・っていうことでぇ。

柴田理恵:ほう・・

相談者:あのぅ・・ひっかつ・・一括返済・・をねぇ・・まぁ、よう・・要求・・す、するのが1番いいのかなぁ・・っていう話なんだけども。

柴田理恵:はあ、はあ、はあ。はあ・・

相談者:うん・・

相談者:ただ・・

柴田理恵:です・・うん。

相談者:まぁあのぅ、7、8千円の返金・・

相談者:は、月々の返済は。

柴田理恵:うん。

相談者:まぁ、契約書の通り今・・あの、履行していただいてるのでねぇ。

柴田理恵:うん、あの、契約書には、月々・・7、8千円っていうもう・・

相談者:ああ、そうそうそうそう・・

柴田理恵:ことになってるわけですか?

相談者:そうそうそうそうそうそう・・ねっ。

柴田理恵:あ、ああ・・それを・・

相談者:うん・・

柴田理恵:一括に返済できないものか?っていうこと・・

相談者:いやぁ・・

柴田理恵:ですか?

相談者:うん、っていうよりか、もうはい・・見込みのないのに貸しとる(苦笑)・・あの、いわれもないわけ・・ですかねぇ。

柴田理恵:ああ・・

相談者:うん・・

柴田理恵:うんなるほど・・

相談者:うん、だもんでぇ・・

相談者:うん、馬鹿みたいでしょう(苦笑)?

柴田理恵:まっ、そりゃそうです。

相談者:そうですね。

柴田理恵:でも結局あれですよねぇ、女の人としてみたら・・

柴田理恵:結婚の話は、結婚の話。

相談者:ええ。

柴田理恵:断りました。

相談者:はい。

柴田理恵:お金貸して下さいって言ったら、お金の話。

相談者:ええ。

柴田理恵:借用書・・

相談者:ええ。

柴田理恵:書きました。

相談者:はい、はい。

柴田理恵:でぇ・・終わりになっちゃわ・・

相談者:終わりですよね。

柴田理恵:ねえ。

相談者:ええ、そういうことですよねぇ。

・・

柴田理恵:そこなんとか・・ならないのか?っていう・・

相談者:うーん・・

柴田理恵:ご相談・・

相談者:だもんでぇまぁ・・調停もってくか、裁判か・・っていう話なっちゃんだけど、それは別に、やりたくないのでねぇ。

柴田理恵:裁判?・・ふぅーん・・

相談者:うん、まぁ裁判っていうか・・ど、どうなんでしょうねぇ。

・・

柴田理恵:じゃあ・・

相談者:うん・・

柴田理恵:例えばそのぅ・・借用書に書いてある、返済の仕方じゃなくても・・一括っていうことを・・は、出来るのかどうか?っていうご相談でよろしいですか?

相談者:そうですねぇ・・ほいでぇ、要はその、まぁ、今、ねぇ、そうおっしゃられたように・・

柴田理恵:うん。

相談者:結婚、要は・・

相談者:そういったことはもう・・断わって・・

相談者:お金を・・

相談者:貸してくれ(苦笑)ちゅうてまぁ・・貸した方も悪いんだけども。

柴田理恵:うんうん・・

相談者:うん、それっていうのは・・

相談者:まぁ、男は・・ほうからしてみりゃ・・

柴田理恵:うん・・

相談者:まぁ、からはし・・からあしを踏んだっていうかねぇ。

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:うん、まぁ、そんな感じなのでぇ・・

相談者:うん・・

柴田理恵:じゃああのぅ、今日のご相談は・・

柴田理恵:お金は貸したけれども・・その返済方法を・・早めて、一括に返してもらうことはできるか?っていうことでよろしいですか?

相談者:あっ、そうですねぇ、ほいでぇまぁ・・そういったなに?に、人情的というかねぇ。

柴田理恵:うん、うん。

相談者:まぁ、情に逆らうようなことをされてしまったのでねぇ。

柴田理恵:うん、ふんふんふん・・

相談者:うん、こちらとしてはちょっと・・あの、やりきれない部分がありますのでぇ。

柴田理恵:あの、もう一度聞きますねぇ。

相談者:はい。

柴田理恵:あのぅ、プロポーズを断れてから・・

相談者:うん。

柴田理恵:「お金を貸して欲しい」っていう申し込みがあった・・わけですか?

相談者:あっ、そういうことです、そういうことです、はい・・はい。

柴田理恵:あの返事が曖昧な前に・・

相談者:ええ。

柴田理恵:お金を・・貸してくれって言われたわけではないんですよね。

相談者:ではないですねぇ、もう・・

柴田理恵:わかりました。

相談者:あのぅ・・

柴田理恵:じゃあ、先生に、聞いてみましょうかね。

相談者:はい、すいません。

柴田理恵:はい、今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。先生、お願いします。

相談者:はい、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 最後にシバリエにきつーく論破されてたけど、それでも抵抗してたね
    最後まで判らない人でした(苦笑)これで59ってねぇ・・・

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA