テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2020年4月24日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
57歳男性から、スマホのマッチングアプリで知り合った女性と、自分が予約した店を断り、女性の薦める高級な店で食事、メニューも見せられず言われるままのオーダーで請求が14万円だった。その後、投資話を持ち掛けられたが、この14万円を割り勘にできないだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『今に満足してない人は、すぐに騙されます。』

目次

スポンサーリンク

割り勘になりませんか?

相談者は57歳男性、妻は51歳で数年前から重い病気で入院している。子供は4人、28歳・27歳・25歳・16歳。

加藤諦三:もしもし?

相談者:はいもしもし。

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。最初に年齢を教えてください。

相談者: 57です。

加藤諦三: 57歳、結婚します?

相談者:はい、はい、してます。

加藤諦三:はい、奥さん何歳ですか?

相談者: 51です。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:えーっと28と、27・・25と・・16です・・はい。

加藤諦三:でどんな相談ですか?

相談者:ちょっと前にですねぇ。

相談者:スマホの・・

相談者:マッチングアプリっていうのがあるんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:それであのぅ・・知り合った女性と、あのぅ・・食事に行ったんですよ、夜。

相談者:そしたらあのぅ・・わたしが・・予約した店じゃない・・ところを。

相談者:急に行きたいって言い出して。

相談者:でぇまぁ・・

相談者:そこに行ったんですよね。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇたらまぁ結構高級な、お店だったんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ、メニューをわたしに全然見せてくれないで。

加藤諦三:はい。

相談者:好きなもんをどんどん頼んで。

加藤諦三:彼女がねぇ?

相談者:はぁい。

加藤諦三:は、はい。

相談者:でまぁ2時間ぐらい・・お話をして。

加藤諦三:はい。

相談者:でお会計・・をする・・っていうのに向こうの・・あのぅ、マスターに、依頼をしてわたしの・・

相談者:テーブルの上に請求書を置いてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:いやそれが14万だったんですね。

加藤諦三:14万?

相談者:はぁい。

相談者:ちょっと雰囲気的にそのぅ・・彼女と、マスター・・とか店員の人も。

加藤諦三:うん。

相談者:すごく仲良く・・なってて雰囲気と、わたしも結構お酒飲んで酔っ払っっちゃったんで。

加藤諦三:うん。

相談者:カードで支払ったですね。

加藤諦三:うん。

相談者:それから、 2人で帰ってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:LINEの・・

相談者:交換はしてるんですね。

加藤諦三:彼女とね。

相談者:はぁい、はい。

・・

相談者:まっ、「今日はごちそうさまでした」っていうのと。

加藤諦三:うん。

相談者:わたしも・・あのぅ・・

相談者:「家に着きました」・・とかっていう・・LINEの交換は続いてるんですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:ま、今思い出すと。

・・

相談者:あのぅ、初めて会って、わたしより・・

相談者:20ぐらい、年下の女性だったんで。

加藤諦三:うん。

・・

相談者:やっぱりあのぅ・・

相談者:急に、わたしが予約した店をキャンセルしてくれないかっていうことでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:そのぅ・・わたしの知ってる店・・に、ぜひ行きたいって言ったことも。

加藤諦三:うん・・

相談者:そのメニューを全然見てなくてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:ま、勝手に・・一番高いコースと、高い・・

相談者:あのぅ・・ワインのボトルで、2本も頼んでぇ。

加藤諦三:うん。

・・

相談者:でぇ・・ガンガン飲んで。最後の請求も、すごい金額で、何か店と・・グルでぇ。

加藤諦三:うん。

・・

相談者:でぇまぁあのぅ、こういうマッチングアプリで・・引っかかっ男性を。

加藤諦三:うん。

相談者:このパターンで、まぁ呼び込んで。

加藤諦三:うん。

相談者:うん、店とグルで儲けてるのかなという・・

相談者:ふうにも思えるんですね。

加藤諦三:うん。

・・

・・

相談者:それでぇ・・まぁ・・そのお金を・・え・・わたしが食べた分はしょうがないとしてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:まぁ、割り勘でね、7万円は返してほしいんです。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇ・・その場合どういう・・手が・・あるのかなという質問なんですけど。

加藤諦三:ああなるほどねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたはもちろん予約したわけですから。

相談者:はい。

加藤諦三:会う前に、わたしが・・よや・・店を予約しますよって事は言ってたの?

相談者:はぁい、わたし・・が、予約したお店に・・7時に行こうって言ったら、ああ、ありがとう・・っつって・・

・・

相談者:それで、てっきり、その店に・・

加藤諦三:ああ、よ、もう、しょう・・

相談者:行ってくれるのかなぁ・・と思ったら。

加藤諦三:ああ、そう、そうですか。

相談者:はぁい。

加藤諦三:そして会ってみたら実際は・・

加藤諦三:その店じゃないほうに行ったということねぇ。

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:うん。

加藤諦三:それであなた途中で・・

加藤諦三:なんかこれおかしいなぁ・・っていうような風に、感じた?

相談者:え、感じましたあの・・

相談者:店があまりにもその・・

相談者:場違いな高級な店・・

相談者:でぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:まっ、その・・店も、お客がホントに少なくてぇ、頼む・・料理・・を・・結構な年配のマスターみたいな人が・・

加藤諦三:うん。

相談者:なんかトリュフとかフォアグラとか。

相談者:すごく・・

相談者:小さい声でぇ、女性と、言ってたんですね。

加藤諦三:うん。

相談者:ええっ?っと思ってそんな・・高級料理・・初対面で・・って思ったんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:なんかちょっと、わたしも流れ的に・・

相談者:もう任せちゃったんですね。

加藤諦三:なんか・・いい顔しちゃったのかなぁ。

相談者:ああ、そうですそうです、そうですそうです。

加藤諦三:メニューを見せないっていうのはちょっと・・

加藤諦三:おかしな話だよねぇ。

相談者:ええ、非常におかしい話でぇ・・

加藤諦三:うん。

相談者:そのぅ・・

相談者:マスターも・・全部彼女、の・・

相談者:よ、横に立ってて・・

加藤諦三:うん。

相談者:彼女が、これとこれね・・って言ってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ・・はいわかりましたって、わたしの方に一回も来ないんですねぇ。

加藤諦三:あのぅ、その後も、そう今、帰りました・・どの程度LINEで・・***を、***ったわけですよね?

相談者:そうですねぇ。

加藤諦三:という事は今も・・関係は切れてるわけ・・じゃないんですね、この女性と。

相談者:あっ、違います違います。

加藤諦三:切れてないんですよね。

相談者:ええ・・

加藤諦三:そいでぇ・・まぁできれば、7万円は返してほしいということですね。

相談者:そうですね、で多分・・次回もですねぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:昔は有名だった芸能人の、人と一緒に商売やってるから。

加藤諦三:うん。

相談者:あのぅ、あなたも是非・・あのぅ、儲かる、仕事だから、投資・・してみませんか?っていう・・

加藤諦三:ああ・・

相談者:話・・でぇ、そこのまた、時間と場所は・・お教えしますから・・

相談者:みんないい人ばっかりですよ、来て下さいね・・っていうのが・・

相談者:今・・次に会う・・内容なんですね。

・・

加藤諦三:カモのおじさんについて、偽の投資の話だねぇ。

相談者:わたしもそう思うんですけど。

加藤諦三:そうですねぇ、だけどそれを、とりあえずその偽物の投資の話の前に。

加藤諦三:そのぅ・・払った14万を、どうにかしたいということで・・すね。

相談者:はぁい。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあのスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい・・

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 自己主張すべき時にしないでおいて、後になってからグズグズ言ってる。
    浮気をしたいという下心があったから我慢したけど、どうやら上手く利用されただけと気付いて騒ぎ出したんだな。
    しかも言ってる内容があまりにもケチ臭い。
    浮気したいんなら、それなりのコストは覚悟しとけって感じ。
    出会い系で素人女とエッチできれば安上がりとでも思ったのかな?
    こういう男は風俗のお世話になりゃいいんだよ。安物買いの銭失い。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA