テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年4月28日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
40代男性から、離島に移住して7年、5年目に子供が出来て妻が実家のある本土に帰りたいと言い始めた。今、二人目を里帰り出産したばかり。別居の話や離婚の話が出ている。

目次

スポンサーリンク

妻が本土に戻りたいと言い出した

相談者は40代男性、コンピューターの仕事をしており起業している。妻は30代半ば、長女2歳、長男0歳。

今井通子:テレフォン人生相談です。

相談者:あの、お世話になります。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

相談者:えっと・・ですねぇ、妻と、えっと・・ 7年前に・・

相談者:離島に移住したんですけども。

今井通子:はい。

相談者:まぁ、移住してから・・まあ5年後に子供が出来ましてぇ。

今井通子:はい。

相談者:子供ができてからちょっと・・

相談者:妻の方が、本土に戻りたいと(苦笑)。

今井通子:ああ、はい。

相談者:いう・・意志を強く・・ま、主張するようになりまして。

今井通子:はい。

相談者:でも、わたしは自然とか・・

相談者:そのぅ・・

相談者:この環境でゆっくり・・

相談者:過ごしたいなぁと思ってまして。

相談者:その意見の違いをどのように埋めていけばいいのかっていうところで相談させてもらいました。

今井通子:という事はお子さん2歳?

相談者:はいそうです。

今井通子:はい。

今井通子:あなたはおいくつですか?

相談者:わたしは40代です。

今井通子:奥さまは?

相談者:30・・半ばです。

今井通子:このぅ・・移住の理由はなんですか?

相談者:移住の理由は自然豊かで・・

今井通子:うん。

相談者:都会のストレスから解放された環境でぇ、生活がしたいと。

今井通子:はい。

相談者:いうのと・・家族との時間を大切にしてゆっくり過ごしたいと・・

今井通子:はい。

相談者:いうのが主な理由ですね。

今井通子:恋愛結婚ですよねぇ?

相談者:ああそうです。

・・

今井通子:そうするとそのぅ・・自然豊かなところで、ゆっくり過ごしたいを・・

今井通子:あのご夫婦ともにというか・・

相談者:そうですねぇ。

今井通子:奥様も・・

相談者:行く前に・・

今井通子:うん。

相談者:はい、そういった話はしましてぇ、実際、夫婦で・・結婚する前に・・離島に・・下見とかしましてぇ。

今井通子:ええ。

相談者:まぁ、納得した上で、結婚してこちら移住という流れになります。

今井通子:なるほど。

今井通子:あなたのご職業は?

相談者:えもう自営業ですね。コンピューターを使った仕事してます。

今井通子:あっ・・なるほど。

今井通子:そうする、その、お子さんが生まれました・・

相談者:はい。

今井通子: 2年経ちました。

今井通子:奥さまが・・え、これは都会に戻りたいっていう事ですね?

相談者:うん、まぁ実家・・が、ある・・まぁ・・

今井通子:あっ・・

相談者:本土に戻りたいと。

今井通子:ご実家のあるとこ、本当に戻りたいということね?

相談者:うん・・そうですね、はい。

今井通子:はい。

今井通子:その理由は?

相談者:理由はやっぱり子供ができてぇ・・ま、選択肢が多い環境・・が、子育てにはいいんじゃないかと。

今井通子:なるほど。

相談者:いうような・・と・・

相談者:病気とか、かかった場合には・・質の高い医療が、受けにくいんじゃないかと、こちらと(苦笑)。

今井通子:うん・・でぇ、お子さんが生まれてから、奥様の方が・・

相談者:はい。

今井通子:そうすると方針が変わっちゃったって・・

相談者:うーん、まぁ、わたしにはそう見えたんですけど、まぁ、実際、妻と話してみると・・

今井通子:うん。

相談者:わたしはまぁ移住当初から、本土に・・戻りたいという意識はあったという話は、してましたが我慢してたと(苦笑)・・っていうことでした、はい。

今井通子:あ、あ、あ・・

今井通子:っていうことはじゃあ、そのお子様が生まれたからと言うよりは・・

相談者:はい。

今井通子:奥様の気持ちは・・

相談者:はい。

今井通子:その、初めからあまり納得はしていなかったっていうこと(笑)?

相談者:っていうことですよね、わたしは、ただわたしはそこら辺、気付かなかったんですけど(苦笑)。

今井通子:うん・・

今井通子:っていうことで今日のご相談は?そうすると?

相談者:は(わ)・・このぅ・・

相談者:意見の違いをどのように埋めていけばいいの?って言うか・・

今井通子:なるほど。

相談者:あとまぁ・・

相談者:妻が今、別居を、求めてきてるところがありましてぇ(苦笑)。

今井通子:ん?

今井通子:別居っていうことは奥様はご実家に戻ってっていうこと?

相談者:そうですね今、あの2人目・・

相談者:生まれたばかりでぇ、えへへ・・

今井通子:あっ・・

相談者:ええ。

今井通子:なるほど。

相談者:はぁい・・でぇ今ちょっと、里帰りしてるんですけど(苦笑)。

今井通子:あっ、もう今、帰っちゃってらっしゃるのねぇ?

相談者:はぁいそうですねぇ。

今井通子:えーっと・・

今井通子:あの、最初のお子さんは男のお子さん?女のお子さん?

相談者:お、女の子です。

今井通子:女のお子さん?

相談者:はい。

今井通子: 2番目の方は?

相談者:は(わ)、男の子です。

今井通子:男のお子さん?

相談者:はい。

今井通子:まだぁ・・そうすると0歳ですよねぇ?

相談者:はい。

今井通子:これは・・アレですかねぇ?じゃあ、出産の時もうすでに、ご実家に帰られちゃった?

相談者:ああ、そうです・・はい。

今井通子:でぇ、もう既に・・奥さまから、別居・・の・・

今井通子:案が出てるわけねぇ?

相談者:まっ、それ言い出したのは実はわたし・・っていうのもあるんですけど(苦笑)。

今井通子:あっ、あなたなんだ?・・はい。

相談者:ええ、実際に、まっ、その子育てしてみてぇ、結局的に、**行ってみてぇ・・まっ、どうしてもやっぱり・・

相談者:うん、キツイってなったらぁ・・もう最悪の手段として、別居っていう考え方もあるかなぁ?って話を、お互いしたんですけど。

相談者:こっちが提案したんですけど(苦笑)。

今井通子:はい。

相談者:その話をした途端、もう・・妻は・・

・・

相談者:全く別居がいいという話・・になってしまいましてぇ。

今井通子:うん、いや、別居じゃなくて別れたい、まで・・では無い訳ね?

相談者:いや、その話もしました。

相談者:口論したときに、まぁちょっとまぁ、いやぁ、もう別れることも選択肢として考えなきゃいけないのかなぁ・・っていう話を・・

相談者:したんですが・・

相談者:まっ、妻はそれは・・

相談者:まぁ、したくないと・・いう回答を得ました。

今井通子:別れなきゃ行けないのか?っていうのはあなたでぇ。

相談者:はい。

今井通子:奥様は別れる気はない?・・ということ?

相談者:そうですねぇ、はい。

今井通子:なるほど。

・・

・・

今井通子:はいわかりました。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ・・

相談者:はい。

今井通子:三石メソード主宰で、作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので・・

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願いいたします。

相談者:お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者は奥さんの話を真剣に受け止めてない。
    子供が急病になったら、離島じゃ十分な医療は受けられない。
    教育水準だって離島と都会じゃ全然違う。子供が大学受験したいとなったとき、愕然とすることになるだろう。子供の将来をどう考えているのか?
    自分は離島で暮らすのが夢だったかもしれないが、奥さんは仕方なしに引きずられてきただけ。
    相談者は自己主張ばかりで相手の気持ちを思いやることが欠落してる。
    このままいけば離婚ってことになるだろうな。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA