テレフォン人生相談
今井通子・マドモアゼル愛

今井通子・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2020年5月5日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛
52歳女性から、長男が離婚しシングルファザーになった。週に2日、お泊りで面倒をみるのだが、娘のことをママと呼ぶようになった。祖母として孫とどう関わっていけばいいだろうか?

目次

スポンサーリンク

父子家庭の孫との関わり方

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、こんにちは、お願いしまぁす。

今井通子:はい、今日はどういったご相談でしょう?

相談者:えっと・・息子と、息子の子供・・との、関係・・まっ、祖母としてのわたしがどうやって、関わっていけばいいかという事です。

今井通子:あなたおいくつ?

相談者:わたしは52歳です。

今井通子: 52歳・・息子さんおいくつですか?

相談者:えっと、27歳です。

今井通子:27歳でぇ・・奥さまは?息子さんの?

相談者:えっと・・ 1年前に離婚をしてるんですけど、今22歳だと思います。

今井通子:あっ、 22歳・・何年前・・に結婚されたの?

相談者: 2年前ですね。

今井通子:あ、じゃあもう、 1年しか一緒にいなかったっていうこと?

相談者:そうですねぇ、はい。

今井通子:でぇ、息子さんと息子さんの、また息子さんの話?

相談者:そうです。来月で2歳になる・・子です。

今井通子:あ、2歳・・はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇ、その離婚したときに。

相談者:はい。

今井通子:引き取ったのはどちら?

相談者:えっと息子の方です。

今井通子:っていう事は何?今、ご実家のほうに息子さんいらっしゃるの?

相談者:いえ、わたしといっしょに暮らしているのは・・

今井通子:うん。

相談者:夫と・・

今井通子:うん。

相談者:あと、姉夫婦・・と、あと孫・・と暮らしています。

今井通子:あなたのご主人おいくつ?

相談者: 52歳です。

今井通子:でぇ、お嬢さんおいくつ?

相談者: 26です。

今井通子:その息子さんよりは1つ下なのね。

相談者:はい年子です。

今井通子:はい、お嬢さんのご主人は?

相談者:も、26です。

今井通子:でぇ、お孫さんは?

相談者: 5歳です。女の子です。

今井通子:あなたの息子さんは27とおっしゃったから、結婚した、ときには、 25でぐらい、え、ぐらいですよねぇ。

相談者:そうですねぇ、はぁい。

今井通子:だけどその、相手の方が、 22歳とおっしゃいましたねぇ?

相談者:えっと・・付き合い出したのが、その子が20歳(はたち)・・ぐらいの時だったんですけど。

今井通子:でしょうねぇ、うん。

相談者:えっと・・その時には、あのぅ・・その子は子供産んでばっかりだったんですよ。

相談者:未婚のシングルマザーだった状態の時に、知り合ったんですね。

今井通子:はぁい?

相談者:息子・・の、友達は、娘の友達みたいな・・エス、エスエヌエス上で繋がっていたりするのでぇ・・

相談者:そういうところでその子の情報とかも流れてきてぇ・・が、子供が生まれたばっかりなのに・・

相談者:そういう・・飲み会とかに来るっていうのは、どうなのかなぁ?みたいな話を娘から聞いていたのでぇ。

今井通子:うん・・

相談者:ちょっと、付き合い自体も、わたしはそんなに・・好んではいなかったんですけれども。

相談者:まぁでも、付き合いをするという事、聞かなかったのでぇ・・まっ、そうすると・・あの、生まれたばかりの子は・・息子を父親だと思って育って・・いきまして、すぐ同棲を始めてしまいましたのでぇ・・

今井通子:この時のお子さんっていうのは・・

相談者:はぁい。

今井通子:男の子?女の子?

相談者:男の子です。

今井通子:男の子・・

相談者:でぇ・・

今井通子:でぇ、その男の子はそうすると、今何歳なの?

相談者: 3歳くらいになるんじゃないですかねぇ?

相談者:結局、できちゃった結婚という形で結婚をしてぇ。

相談者:今の、 2人目の・・ 2人目のというか、子供が生まれたんですけれども・・

相談者:まぁ、わたしもその子とは、関係をうまくやろうとは思・・っていたんですけれども・・

相談者:なかなか、こう・・なんかわたしにもちょっと・・好きになれない部分がありましてぇ。

相談者:あんまり関係を持たなかったんですね。

相談者:でそれをちょっと、あのぅ・・息子に愚痴ることが多かったようでぇ。

相談者:まぁあと長女から、そのぅ・・その子のお友達たちの状況とかも伝わってきたのでぇ・・

相談者:あんまり関わりを持たない方がいいんじゃないかなぁ・・っていうふうに、思っていたんですけれども。

相談者:なんかすごい夫婦喧嘩があったようで。

相談者:まっ、そこが引き金になってしまってぇ・・彼女が、ちょうど、ええっと・・ 2人目の子供が・・

・・

相談者: 9ヶ月ぐらいの時からですかね。 2人の子供を置いてぇ・・遊びに行くようになってしまいましてぇ。

相談者:ま、息子が家に帰ってくると子供2人が泣いてぇ・・いるという状態が、えーっと・・5、6回あったそうでぇ、電話にも出ないで、帰ってくるのを待っていると・・まぁ、友達とカラオケに行っていたとか・・映画を見ていたとか・・

相談者:わたしも結構怒ってしまったんですけれども。

相談者:そうしたらなおさら彼女のほうも意固地になってしまいましてぇ・・

相談者:そんなら別れると・・でぇ、まぁ息子は息子で別れるんだったら、まぁ下の子はね、あのぅ、渡さないという話なりまして。

相談者:かなり、揉めましてぇ。

相談者:まっでも最終的には、ま、下の子は息子・・上の子は彼女が引き取るという形で、1年ぐらい前に成立したという形には、なりました。

相談者:でぇ、ええっと、息子は今まで、営業の仕事をしていたんですけれども、まぁシングルファザーとして子供を育てるということでぇ、まぁ・・

相談者:家は、わたしの家の近く、車で10分くらいのところに引っ越してきましてぇ。

相談者:もう何かあったときに呼び出しがきても、大丈夫なように、融通が利く仕事に勤めてぇ・・

相談者:でぇ・・まぁ、家計が足りない分がありますので、えっと夜週に2日間、えっと・・夜の・・ちょっと・・

相談者:道路の整備のような仕事に、しているので、週に2回ほどは、わたしが、あの保育園に迎えに行ってぇ、一晩・・

相談者:あの子供・・を、預かって、次の日の朝に保育園に連れて行くという形で、関わっているんですけれども。

相談者:最近ですね、あの言葉も出てくるようになりまして、長女・・のことを、「ママ、ママ」というふうに言うようになりまして。

相談者:でぇ・・「そうじゃないんだよ、お姉ちゃんだよ」っていうふうに言っても・・「ママ、ママ」というふうに、すごく・・

相談者:言うようになりましてぇ、でぇ・・わたしのことも、あのぅ、時々「ママ、ママ」というふうに、言うようになりましてぇ。

相談者:息子をたまに「一人になりたいなぁ」なんて言って、「ちょっと1人になっていろいろ考えたいなぁ」なんて言うこともありましてぇ。

相談者:わたしがまぁ、「何言ってるのよ?あんたがしっかり、育てるって言ったんでしょう」・・って言ってハッパをかけますけれども、まぁ、ほ、本人も結構切羽詰まってるところがあるみたいでぇ・・

相談者:ただ子育てはすごく・・あ、真面目にやっていましてぇ。

相談者:まっ、それが疲れてしまうところもあるみたいなので、わたしがどのようにあのぅ、こう・・これからもあのぅ・・

・・

相談者:関わって行ってあげればいいのかなぁ・・っていうのがちょっと悩みどころでぇ・・す。

今井通子:あなた自身は?

相談者:会社・・に勤めています。

今井通子:あ、勤めてらっしゃる?

相談者:はぁい。

今井通子:これはあの、正社員で?

相談者:そうです。

今井通子:ああ・・

今井通子:ええっとご主人も?・・会社員でいらっしゃる?

相談者:そうですね・・

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:そうすると昼間は・・保育所で預けるしかないわけですよねぇ?

相談者:そうですねぇ、はい。

今井通子:ご自身が今後、どうやってその息子さんの、息子さん、だからあなたにとってはお孫さんと関わったほうがいいかっていうことなの?

相談者:そうですねぇ、あと、娘に「ママ、ママ」と言うようになった孫に対してぇ・・まっこれから「そうじゃないんだよ」って言った方がいいのか・・

相談者:まっそれともなんとなく、成り行きに任せちゃったほうがいいのか・・っていうのが・・ちょっと悩みどころです。

今井通子:お孫さんが、を、ひき、引き取るって言うと変だけど。

今井通子:保育所に行っててぇ。

相談者:はい。

今井通子:それでぇ、まぁ、息子さんが時間間に合わない・・

相談者:はい。

今井通子:じゃあって、その時には・・あなたのご実家のほうに、連れて行くわけねぇ?

相談者:そうです。

今井通子:そうするとそこには・・あなたが・・そのぅ・・お孫さん面倒見るだけじゃなくってぇ。

相談者:はい。

今井通子:あなたのお嬢さんも、居てぇ。

相談者:はい。

今井通子:一緒に面倒見てるわけ?

相談者:そうですねあのぅ・・わたしが、ご飯とかを作っている間に・・娘がお風呂に入れてくれたりとかぁ。

今井通子:あ、ああ・・なるほどなるほど。

相談者:はい。

今井通子:お嬢さんは・・え・・専業主婦でいらっしゃるの?・・それとも・・

相談者:え、娘も、パートで働いています。

今井通子:あ、パートで働いてらっしゃるの?

相談者:はぁい。

今井通子:でぇ、要するにだからもう・・実家で・・お風呂も入れちゃうし・・

相談者:はい。

今井通子:ご飯も食べさせちゃってぇ・・

・・

相談者:えーっと、その週に2日は、わたしの家に泊まる、形ですね、そこが・・

今井通子:ああ、でぇそのまま泊まっちゃって、はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇあとは保育園の方に行っててぇ・・

相談者:そうですねぇ、はい。

今井通子:でぇ、息子さんが自分で・・

今井通子:引き取って・・

相談者:はい。

今井通子:夕飯とかも食べさせてって。

相談者:はい。

今井通子:じゃあ・・今日のご相談については・・

相談者:はい。

今井通子:今、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生にお願いします。

相談者:あっ、ありがとうございます。

今井通子:先生、よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA