テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年5月11日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
25歳女性から、現在一人暮らし、両親は離婚し月に一度、祖父母と父が居る実家に帰る。父は話をしている途中で急に怒り出したりするので怖くて話かけられない。どうしたらいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『もし、あなたがありのままの私を愛してくれたら、私はもっと幸せになったろう。』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

父親が怖くて話かけられない

相談者は25歳女性、2年前から一人暮らし。実家の父49歳、母(年齢不明)とは離婚、姉(年齢不明) 祖父母(年齢不明)

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:お願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 25歳です。

加藤諦三: 25歳・・結婚してます?

相談者:してません。

加藤諦三:そうすると今、お父さんお母さんと一緒に暮らしているの?

相談者:今一人暮らしです。

加藤諦三:一人暮らしですか?・・きょうだいは?

相談者:姉が1人います。

加藤諦三:お姉さんが1人?

相談者:はい。

加藤諦三:でぇお父さんとお母さん何歳ですか?

相談者:両親が離婚して、いるのですが。

加藤諦三:あっ、離婚しているんですか?

相談者:はい、父が、 40・・9・・

加藤諦三:はい。

相談者:です。

加藤諦三:わっかりました、そしてあなたそうすると一人暮らしをして何年ぐらい経つんですか?

相談者: 2年くらいです。

加藤諦三: 2年ぐらいですか。

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、それで、どんな、相談ですか?

相談者:今、一緒に暮らしていない父と、どう関わったらいいかわからない・・というか・・

加藤諦三:あ、そうですか。

相談者:はい。

加藤諦三:年に何回ぐらい会うの?

相談者:月に1回ほど、は実家に帰るんですけれども。

相談者:もともとあの、祖父母も一緒に暮らしているんですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:祖父母と、姉と、わたし4人でぇ・・ほとんど食事でぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:父は、わたしが、小・・学校・・高学年ぐらいから一緒に食事をすることなくってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:あとになって聞いたら・・父は祖父のことが、どうしても嫌だったみたいでぇ。

加藤諦三:うん。

相談者: 1人で、ご飯を食べていたみたいなんですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:それから・・

相談者:わたしも就職をしてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:でぇその時も、引き続きそんな状態でぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:わたしが一人暮らしが、決まってぇ。

相談者:その時に、父に、手伝いをお願いしたりとか・・してぇ。

相談者:やっと、姉と3人でお酒を飲んだりとかっていうことが、時々 ある・・ようになったんですけども。

加藤諦三:はい。

相談者:そんな中でも、どうしても、昔父が、急に怒ったりとか。

加藤諦三:うん。

相談者:昔っていうか今もなんですけど。

・・

相談者:でぇ何か、報告するときも突然・・怒ったりとかぁ。

加藤諦三:う、うん・・

相談者:すごい反応が、すごい怖くてぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:話しかけ・・するのがどうしてもこを・・いのでぇ。

加藤諦三:うんうん。

相談者:今後・・ずっとそのまままでは・・いけないなぁと思っている・・んですけれども。

加藤諦三:うん。

相談者:どうしたらいいのかわからなくてぇ(苦笑)。

加藤諦三:うーん、まっ、そうでしょうねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:えっと、月に1回ぐらいって言いました?

相談者:そう・・ですねぇ、月に1度くらいでぇ・・

mうん。

相談者:最後に一緒、お酒・・飲んでぇ、話したのはぁ。

相談者: 3ヶ月くらい前なんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:そっから・・時々帰るんですけど・・あまり、ちょっと関わりたくなくってぇ。

相談者:話し、かけたりしないんですけど。

相談者:それを感じているのか。

相談者:別の報告が、あって、話しかけた時にもすごい、反応が冷たくってぇ。

相談者:どうしたらいいかわかんないんですけど(苦笑)。

加藤諦三:要するにそのぅ・・

加藤諦三:お父さんは。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたを些細なことで怒ったりするけれども。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたから見てどうなの?実はお父さん・・自分のことを・・好きなんだとかっていう・・

加藤諦三:無意識では・・あなたのことを・・好きで、結びつきたいんだけども、娘と父と。

・・

相談者:はい。

加藤諦三:だけど、意識の、中では・・あなたとの関係ばっかりじゃなくてぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:母親との関係から始まってぇ。

加藤諦三:いっぱい色んな怒りを・・心の中に持ってる人じゃないの?

相談者:そうだと思います。

相談者:祖父、自身もいろいろあってぇ。

相談者:それがたぶん、父に向かってってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:なってるのかなぁと思うんですけども(苦笑)。

加藤諦三:そうですよねぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:だからお父さんが、ものすごい怒りやすいっていうのは。

相談者:はい。

加藤諦三:と、お姉さんと3人でお酒飲んでた時の・・

相談者:はい。

加藤諦三:その言葉で怒ってるわけじゃなくてぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたとは関係ないんだよね、本当はね。

相談者:はい・・

相談者:わかってはいるつもりなんですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:前までは・・

相談者:親なのでぇ。

相談者:父ならわかってくれるとか。

加藤諦三:そうだよねぇ。

相談者:を、信じてたんですけど。

加藤諦三:そう思うよねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:だけど・・お父さんはねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:お姉さんと3人でお酒飲んでるんだけども。

相談者:はい。

加藤諦三:カラダは、お姉さんとあなたと3人でそこにいます。

相談者:はい。

加藤諦三:カラダは。

相談者:だけど心は・・

加藤諦三:そこに居ないんですよ。

相談者:はい・・

加藤諦三:だから怒るんですよ。

相談者:うん・・

加藤諦三:だからはあなたとお姉さんとのその場のことろをなんか怒ってるわけじゃないんでしょ?

相談者:はい・・

加藤諦三:そこら辺のところがよ、よくわかればいろいろ・・

加藤諦三:解決・・の道っていうのは見えてくれますけれども、今日のあなたの相談っていうのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:あなたがそういう形でぇ・・

加藤諦三:今25歳でぇ、一人で暮らしていてぇ。

加藤諦三:すぐお父さんが怒るんでぇ、お父さんとの関係をどうしたらいいか・・っというのが今日の相談っすね?

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。

大原敬子:はい。

加藤諦三:今日はスタジオに幼児教育研究の、大原、敬子先生がいらしてるのでぇ、伺ってみたいと思います。

相談者:お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今回の回答は良かった。さすがですね。
    加藤・大原両先生に拍手!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA