テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年5月14日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
26歳女性から、音楽の道を目指してきたが挫折し、今は生きていくモチベーションがない。自分は何の為に生きているのかわからない。実家の母も応援してくれているが、貯金はあと6ヶ月で尽きてしまう。

目次

スポンサーリンク

自分は何の為に生きているのか

相談者は26歳女性、父はいない。実家の母と祖父母、兄弟もいない。

柴田理恵:もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:はい、こんにちは。

柴田理恵:はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:やりたいことがなくて。

柴田理恵:うん。

相談者:え・・なにもやりたくなくて。

柴田理恵:はい。

相談者:え・・何のために生きているのかがわからない・・くってぇ・・

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:はい。

柴田理恵:はいあなたは今おいくつですか?

相談者: 26歳です。

柴田理恵:独身ですか?

相談者:はい。

柴田理恵:お父さんお母さんはお元気ですか?

相談者:父親は、いなくて。

柴田理恵:はい。

相談者:母親は、えっと、実家にいます。

柴田理恵:あ、じゃあ、今1人くらしなんですか?

相談者:はい。

柴田理恵:ご兄弟はいらっしゃいますか?

相談者:あ、いないです。

柴田理恵:やりたいことがない・・やりたくないっていうのは・・

・・

柴田理恵:なんでだろうねぇ?

柴田理恵:え・・

相談者:いろいろあの、仕事とかも、アルバイトとかに、行ったり・・たまにするんですけれど。

柴田理恵:はい。

相談者:ん・・働くのがなんて言うの?苦痛で、お金を、その、得るために何か、頑張ろう・・

柴田理恵:うん。

相談者:っていうふうには思えないし・・

柴田理恵:うん。

相談者:その・・我慢が出来ないっていうか・・

柴田理恵:生活費はどうしてるんですか?

相談者:えっと・・母親に、出してもらってます。

相談者:家賃・・

相談者:とか、足りないっていうとか・・この分、なんか、自分の貯金・・から・・

相談者:え・・出してぇ・・

柴田理恵:うーーーん・・

相談者:やっててぇ。

柴田理恵:貯金、じゃあ、結構あるの?

相談者:いや、でも、貯金も、もうそろそろその・・あの、半年とか・・ぐらいかなぁ・・っていう感じでぇ。

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:だから、それ・・がなくなったら・・うん、それでも・・

・・

相談者:そこまで頑張ってまで・・まぁ、生き・・生きていくの・・が、もうモチベーショがないっていうか・・

柴田理恵:何時頃からそんな、気持ちなんですか?

相談者:大学受験とか・・失敗した後も、その留学をしてみたり。

柴田理恵:留学したんですか?

相談者:はい。

柴田理恵:うん・・

相談者:でも体調が、あまり・・

相談者:結構、カラ・・ダが、すぐれないというか。

・・

相談者:悪くなっちゃってぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:それで挫折しちゃってぇ。

柴田理恵:うん・・

相談者:でぇ、そういうの繰り返しては、なんでも・・

相談者:ん・・続いたためしがなくて。

柴田理恵:そうですかでも、留学・・なさったときは。

相談者:はい。

柴田理恵:あのぅ・・

相談者:夢があってぇ。

柴田理恵:あった・・なにになりたかったとか・・

相談者:行ったんですけれど。

柴田理恵:あったんですか?

相談者:向こうの大学に、行く・・行くだとか・・

柴田理恵:うん。

相談者:向こうで働くとか、そういう・・人間性に憧れていたみたいな。

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:あったんですけれど。

柴田理恵:それがやっぱりちょっと具合悪くなったりしてぇ。

相談者:はい。

柴田理恵:留学も途中・・中途半端みたいになって、帰って来られたんですか?

相談者:はい。

柴田理恵:それは何年前?

相談者:3・・年前・・

柴田理恵:3年前・・

相談者:はい。

柴田理恵:うん。

柴田理恵:お母さんは・・なんておっしゃってますか?

相談者:音楽の道を、やろうと思ってぇ、出て来たんですけれど。

柴田理恵:はい。

・・

相談者:それぇ・・

柴田理恵:あじゃあ、ゆ・・夢あるじゃない・・音楽の。

相談者:やる・・わ、わたしとしては・・うん、あんまり現実的・・じゃないなっていう感じはするんですけれど。

柴田理恵:うん。

相談者:母・・としてはすごい・・

相談者:期待して(苦笑)。

柴田理恵:うーん・・

相談者:応援をしてくれているんですけれど、そんだけれどやっぱり生活のためには・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:やっぱり生活費・・のために働かなきゃいけないのでぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:でも・・

相談者:そのために・・

柴田理恵:うん。

相談者:でぇ今、仕事が結構な・・く、苦痛で、続かなくてぇ。

相談者:あ、我慢する・・ことができないっていうか。

柴田理恵:小さい頃から・・

柴田理恵:あんまりこう・・人と関わるのは得意じゃなかったんですか?

相談者:そうです、あんまり得意じゃないです。

相談者:2、3年・・前とかだったら、まだ、もっと元気だったんですけれど。

柴田理恵:うん。

相談者:最近***、あんまり・・

・・

相談者:何を見ても、そこまで・・感動し・・たりとか・・

柴田理恵:うん。

相談者:世界・・がなんか。

柴田理恵:うん。

相談者:あんまり・・好きじゃないっていうか。

柴田理恵:うーん・・そう・・

相談者:まぁ一部の、なんか、人だけがすごい・・お金・・を持っていてね。

柴田理恵:うん。

相談者:他の人たちはすごい・・安い、金額で、よくない生活をしてる・・みたいな。

柴田理恵:うん。

相談者:そういう、社会・・ん、がなんか・・

柴田理恵:うん・・

相談者:あんまり・・

相談者:見ていて、***い、好きになれないっていうか。

柴田理恵:マイナス面ばっかり見ちゃうんだねぇ。

相談者:はぁ、はい(苦笑)。

相談者:何をモチベーションに、頑張って行けばいいかとか、生きて行くための・・

柴田理恵:うん。

相談者:気力?・・が・・

柴田理恵:うん。

相談者:なくてぇ、毎日・・ただ1日が過ぎて行くみたいな。

柴田理恵:1日何してんですか?・・じゃあ?

相談者:家にいたらやっぱり・・余計にくらぁーく(暗く)なっちゃうのでぇ。

柴田理恵:うん。

相談者:やっぱり、その辺に・・

相談者:歩きに出かけたりとかぁ。

柴田理恵:おっ、歩きに出てるんですねぇ?

柴田理恵:それでもやっぱりこう・・ホントにやりたいことってなんだろう?・・って、やっぱり・・思っちゃうんですね。

相談者:はい。

柴田理恵:先生に聞いてみましょうか、じゃあ。

相談者:あっ・・お願いしまーす。

柴田理恵:今日の回答者の先生は・・

相談者:はい。

柴田理恵:三石メソード主宰、作家で翻訳家の・・

相談者:あっ・・はい。

柴田理恵:三石・・由起子先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA