テレフォン人生相談
今井通子・大迫恵美子

今井通子・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2020年5月16日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
66歳男性から、母が妹に500万円ずつ2つに分けて預けた1千万円、母が返してくれと言うと妹が半分の500万円しか返してくれない。それを兄の自分が請求しろと言うが、お互いにその話を避けてばかり、どうすればお金を戻してもらえるか?

目次

スポンサーリンク

母のお金を妹が返してくれない

相談者は66歳男性、独身の年金暮らし。母83歳と2人暮らし。妹64歳は結婚し子供がいる。

今井通子:もしもし・・

相談者:あっ・・

今井通子:テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、もしもし?

今井通子:はい。

相談者:すいません、はじめまして、よろしくお願いします。

今井通子:はい。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

相談者:えーっとですねぇ、あの、金銭面のことなんですけども。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ・・わたし・・66歳の。

今井通子:はい。

相談者:独身なんですけども。

今井通子:はい。

相談者:母親と・・ 2人で暮らしているんですけども。

今井通子:はい、お母様おいくつ?

相談者: 83歳です。

今井通子:はい、 83歳・・

相談者:はい。

今井通子:お元気ですか?

相談者:はい、元気です。

今井通子:はい。

・・

相談者:それであの・・シィ・・私には妹がいまして。

今井通子:はい。

相談者:妹は65歳です。

今井通子:はい。

相談者:あっ、ごめんなさい、 64歳ですね、はい。

今井通子:4歳・・はい。

相談者:それであの妹はもう結婚して・・

今井通子:はい。

相談者:あの、孫まで・・いますけども。

今井通子:はい。

相談者:はい。

相談者:それであの・・わたし・・現在今、仕事ちょっとやってないんです、あの今・・面接したり、仕事を探してる最中なんですけども。

今井通子:はい。

相談者:っていうのは年金・・が、あのぅ、たくさん(苦笑)、あのぅ、ないものでぇ、あのぅ・・普通の人より少ないもんで。

相談者:もうちょっと、70くらいまで、仕事しないといけないんですけども。

今井通子:はい。

相談者:それであのぅ・・母親が、まぁあのぅ・・母親の・・差し金なんですけども。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ・・1千万円とは別で、まぁ3百万くらいをあのぅ、金銭を、お金をもってるんですけど、母親は。

今井通子:はい。

相談者:お母さんはそのぅ、まぁ・・

相談者:毎月年金ももちろんあの、遺族年金、一応父親亡くなってるもんで、遺族年金で。

今井通子:はい。

相談者:まぁ母さんは・・暮らしてるので、わたしはわたしで自分の年金今年から始まったもんで、暮らしてるんですけども。

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、お母さんが、1千万ありますもんで、そのお金を・・まぁわたし・・

相談者:あの、家に置いておくと、わたしがひょっとしたら、利用しちゃう場合があるってこと、ありますもんでぇ。

相談者:そいでお母さんは、あの妹に、預けたわけなんですよ。

今井通子:なるほど(微笑)。

相談者:1千万を、はい。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、1千万を、そのまま1千万で預けちゃうと、シィ・・なにかあのぅ、お母さんの考えてはあのぅ・・利息がついちゃうかなにか・・マイナス利息がついちゃうとマズイかなんか、そういうことを、おっしゃ・・しゃべって、あのぅ・・5百万ずつに分けてぇ・・

相談者:2つ・・近くの信用金庫でそのぅ・・5百万の、分けて、作ったわけなんですけども。

今井通子:はい。

相談者:預けた・・わけなんですけども。

今井通子:はい。

相談者:その時に、名前を・・

相談者:母親の名前じゃなくて・・妹の名前に・・変えたわけなんですよ。

今井通子:はい。

相談者:それはお母さんも、了解済みであのぅ・・もちろん銀行さんの方も、了解済みで、そういうふうに変えて、妹の名前に変えちゃったわけなんですよねぇ。

今井通子:はい。

相談者:その時の、妹は・・ちゃんと、わたしが、やったげるから、心配しなくてもいい・・ってことだったんですけども。

今井通子:はい。

・・

相談者:ところが、その、最近ちょっとお母さんが、まぁ、やっぱり・・お金は・・自分で働いた物は、自分で使ってぇ、あのぅ・・足したいって言ったら・・いいか?っていうのが(苦笑)、あ、僕は別に・・あ、自分の年金で、自分で生活・・できるから、お母さんは自分の金使っていいよ・・っていうふうに、話してたんですけども。

今井通子:はい。

相談者:そしたら、じゃあ、まぁ、そうするわ・・ってことで、妹に・・連絡して、あのぅ・・お金を、下ろしてもらえんか・・ってふうにしたら・・半分は(苦笑)、あのぅ、5百万は、持って来たんですよ。

今井通子:はい。

相談者:あとの5百万は、その・・この今持って来た5百万を、使ってからか、そのなくなるちょっと、手前にまたぁ・・ないからって言ってもらえば・・また、持って来るからって言い方したんですよ、そのときは。

今井通子:はい。

相談者:それを言ったんですけど、母さんは納得しなくてぇ、あのぅ・・

今井通子:はい。

相談者:今でも・・夜ごと、1千万ほしいから・・あ、あ、どうせ使うんだからあのぅ・・手元に置きたいっていうのを、母さんは言うわけなんですけど、妹は・・

相談者:1ヶ月、2ヶ月ぐらい経ったら、急に変わって、態度が。

相談者:お母さん亡くなって、僕が亡くなっ・・たら、この家(うち)を壊さないといけないもんでぇ・・そういうお金が・・かかるし・・もちろんあの、僕自身の葬式も、とりあえす妹の・・娘がやらなきゃ・・いけない、立場になるかもしれないからぁ・・

相談者:あのぅ、その残りの5百万は、そのお金に使うから、わたしが、預かってくっと、こういう言い方したわけなんですよ。

今井通子:はい。

相談者:ええ、それで母親は・・急に怒っちゃってぇ・・怒っちゃったっていうか・・嘆いてあのぅ・・わたしの・・一生懸命働いてぇ・・お金なのに・・お前と・・あの妹と、そういうことをするのか?っていうふうに(苦笑)・・

相談者:あれしちゃったもんでぇ、お前は兄だったら、妹に言ってぇ・・あのぅ・・返してもらってよって、こう(苦笑)言うわけなんですよ。

今井通子:はい。

今井通子:あの、ちなみにですねぇ。

相談者:はい。

今井通子:お母さまは・・

相談者:はい。

今井通子:日頃の生活費は、お父さまの遺族年金っておっしゃいましたよねぇ?

相談者:はい。

今井通子:でぇ、これは、いくらぐらいなんですか?・・月。

相談者:あの、1年にだいたい100・・20万(120万)ぐらいですねぇ。

今井通子:120万?

相談者:はい。

今井通子:年額ですね?

相談者:そうです。

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:でぇ・・あなたは、いくらぐらいなの?

相談者:わたしは・・1年に・・まぁ・・少ないんですけど、86万ぐらいですね。

今井通子:年間にね?

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:そんなにあのぅ・・生活に困ってるわけでは・・ない・・

今井通子:さ、ぅん、そう、だから差し迫っては困ってはいないんだけども・・

相談者:はい。

今井通子:妹さんのほうは・・

相談者:はい。

今井通子:お母さんのお金、だけれども・・ってことはわかっていてぇ。

相談者:はい、わかってます、はい。

今井通子:うん、それで5百万は、お母さんが自由に使ってもいいけど・・

相談者:はい。

今井通子:あとの5百万は、もしお母さん亡くなっちゃったときにぃ。

相談者:はい。

今井通子:お兄さんが頼りないし(苦笑)。

相談者:はい、はい。

今井通子:家のことも・・

相談者:ええ。

今井通子:ねぇ。

相談者:はい。

今井通子:なんか、いわゆる相続は・・

相談者:はい。

今井通子:あ、あのぅ・・いろいろしなきゃならないのでぇ。

相談者:ですねぇ。

今井通子:それは残しときなさいと。

相談者:ええ・・

今井通子:いう、判断をしてぇ。

相談者:ええ。

今井通子:でぇ、お母さんとしては、いやぁ・・自分が稼いだお金なのだから・・

相談者:ええ。

今井通子:うん。

今井通子:息子や娘に・・

今井通子:後処理のために残すっていうわけにはいかないっていう・・

相談者:そうです・・はい。

今井通子:意見が違うわけよね。

相談者:そうですねぇ。

今井通子:でぇ、結局、あなたとしては(微笑)・・

今井通子:今日、こちらへ対するご相談は・・何を、どうしたいっていうか、何をどうしたらいい・・

相談者:あのぅ・・

相談者:結局、妹を、妹とお母さんを喧嘩させないように、あのぅ・・

今井通子:説得する?

相談者:どういうふうにそのお金を・・お母さんに・・妹から・・返してもらうようにしたらいいのか?

今井通子:あっ・・

相談者:どういうふにしたらいいのか?

今井通子:なるほど、お母さんに返したほうがいいと思ってらっしゃんのねぇ、あなたはね。

相談者:ええ、わたしは、ええ、そうですねやっぱり・・母親・・の、苦労してるの見てますからぁ。

今井通子:はい。

相談者:やっぱり、何年で、あと、10年・・5年生きるか知りませんけど、やっぱり・・好きなことやってほしいもんでぇ・・はぁい、あのぅ・・

今井通子:わかりました。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので・・

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。先生よろしくお願い致します。

相談者:はい・・お願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA