テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2020年5月22日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
69歳女性から、定年になって10年、攻撃的な言葉と高圧的な態度の夫が家に居て自分の居場所がない。時に暴力をふるわれることもあって、穏やかな老後を送りたいと思っているのだが・・
Dependent hostile relationship(依存的敵対関係)
加藤諦三氏の〆の言葉『人を批判するのは、人を批判しているのではありません。「俺はこんなに凄いんだぞ!」と叫んでいるだけです。』

目次

スポンサーリンク

穏やかな老後が送りたい

相談者は69歳女性、夫は73歳の2人暮らし。子供は2人、長女45歳と長男43歳。

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい・・

相談者:はい。

加藤諦三:テレフォン人生相談です。

相談者:はい、お世話になります。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、わたし69歳。

加藤諦三: 69歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい、してます。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者:はい、 73歳。

加藤諦三: 73歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:長女が45で・・長男が43歳です。

加藤諦三:はい・・そいでぇ、 2人で生活してるの?

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな?

・・

相談者:主人との、関係でぇ・・悩んでるんですけど。

加藤諦三:はい。

相談者:非常にあのぅ・・攻撃的な言葉を(苦笑)、投げつけてきたり、高圧的な態度だったりとかあるんですけど。

相談者:わた・・

加藤諦三:その高圧的な態度っていうのは、具体的に言うと例えばどんな態度ですか?

相談者:うん、普通に何か話していても、気にいらなく・・なると。

加藤諦三:ええ。

相談者:お前はあのぅ・・さげまんだとかうるさいだとか、黙れとかって言い出したり。

相談者:俺の金でね。

加藤諦三:はい。

相談者:生きているくせに・・

加藤諦三:うん。

相談者:俺に逆らうのか・・ってこういう風になっちゃうんですねぇ。

加藤諦三:はい、はぁい・・

相談者:うーーん・・

加藤諦三:まさに高圧的な態度と、攻撃的な言葉が・・多いって言ったんですけれども。

相談者:はい。

加藤諦三:具体的に言うとどんな言葉ですか?

相談者:例えば・・主人の、他の人に対して・・

相談者:「あいつはこうだな」とか・・「生意気だな」とか言うと、わたしが「そんなことないんじゃない」なんて言うと・・「俺に対して意見するのか」とかね。

加藤諦三:うん。

相談者:そういう感じで言ってくるんですね、うーん・・

加藤諦三:でぇ、なんでそんなに怒んなきゃなんないんだと思います?

相談者:わからないですねぇ、なんかイライラしたら・・

加藤諦三:だから、まぁある・・AならAはねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:加藤諦三なら加藤泰三をものすごく批判してぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:「あいつは愚かだ」、「もうアホだ」って、批判・・

相談者:はい。

加藤諦三:してるのはねぇ・・何も加藤諦三がアホだ・・なんだって言ってるんじゃなくってぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:俺はこんなに偉いんだぞ。

相談者:ああ・・

加藤諦三:俺はこんなにすごいんだぞ・・

相談者:はい。

加藤諦三:っていうことを言ってるわけですよ。

相談者:ああ・・そうですねぇ・・そうか・・

加藤諦三:その時に・・

相談者:**、ええ、ええ・・

加藤諦三:「そんなことないんじゃない」って言われたらぁ。

相談者:うん。

加藤諦三:自分のプライドズタズタに傷つけられるわけですよ。

相談者:あ、ああ・・はぁい。

加藤諦三:だから・・

相談者:はい。

加藤諦三:劣等感の強い人っていうのはものすごい・・

加藤諦三:攻撃的で人を批判・・

相談者:ああ・・

加藤諦三:しますからぁ。

相談者:はい。

加藤諦三:人を批判してるときに同調して乗ってこないでぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:「あの人にもいいとかあるんじゃない」・・

相談者:はい。

加藤諦三:なんて言ったらぁ・・

相談者:そうなんです。

加藤諦三:ものすっごい傷ついちゃうんですよねぇ。

相談者:あ、ああ・・***・・

加藤諦三:だからすっごい怒っちゃうんです。

相談者:そう・・

加藤諦三:もともとだから傷つきやすいわけですよ。

相談者:あ、ああ・・そうかもしれないですねぇ・・

加藤諦三:最初のうちからそうだったの?それとも・・

相談者:いやぁ・・だいぶ経ってからですね、20年ぐらい経ってから・・

相談者:やっぱちょっとなんか、会社・・でも大変な位置で。

加藤諦三:うん。

相談者:仕事もバリバリしなきゃいけなくってぇ。

加藤諦三:うん。

相談者:まっ、そういうののストレスもあったかもしれないですけど。

加藤諦三:うん。

相談者:その時に・・殴られたりしましたけどね。

加藤諦三:どの程度ですか?

相談者:あ・・

加藤諦三:その暴力?

相談者:顔面殴られて、鼻の・・真ん中の筋ですかねぇ、あの、なに?鼻骨っていうんですかねぇ?

加藤諦三:うん。

相談者:それを・・(苦笑)・・折れたというか・・

加藤諦三:鼻骨が折れるほどの・・

相談者:ええ・・すごかったんですけどね、それは(苦笑)・・ちょっと・・

加藤諦三:うーーん・・

加藤諦三:でぇ、あなたの解釈だと、会社・・でストレスが強くなってていうことですか?

相談者:それもあると思いますねぇ、あと・・

加藤諦三:うん・・あなたは、だいたい、人をよく解釈する方ですよねぇ?

相談者:そうですどっちかって言うと、わたしは・・皆と仲良くしていきたいですけど・・

加藤諦三:うん。

相談者:主人はそうでもないですねぇ。

相談者:人に対して非常に厳しく、批判したりします。

相談者:だから・・

加藤諦三:厳しいと言うよりも・・

相談者:ええ・・思うように、やれない・・

加藤諦三:あのぅ・・怒りの対象ですからねぇ。

相談者:ああ・・そうですねぇ・・

加藤諦三:うん・・

相談者:だから子供達ももう全然寄り付かないっていうかねぇ。

相談者:こないですよ、家(うち)には。

相談者:でぇ、わたしにはメールしてきたりとか・・

加藤諦三:うん・・

相談者:写真送ってきたりとかぁ・・

加藤諦三:うん。

相談者:あるんですけど、一切ないんです、もう子供との接触が。

加藤諦三:でぇ・・その最初のうちはもうそうでもなかったんだけども、後半に・・攻撃的になったということですけれども。

相談者:はぁい。

加藤諦三:父親であることが、ある時期から非常に負担になったって事はないんですか?

相談者:あ、ああ、ああ・・そうでしょうかねぇ・・やっぱり「俺が食わしてやってる」っていう気持ちはすっごく、強かった・・みたいですねぇ・・

加藤諦三:うーん・・

相談者:うん・・

加藤諦三:というように感じて・・

相談者:はい。

加藤諦三:それで今日のあなたの相談というのは・・

相談者:ええ・・もうちょっと穏やかにね、もう・・今更、別れる・・っていうのもなんですから。

相談者:穏やかに過ごしたいんですけれども。

相談者:あのぅ・・

加藤諦三:要するに穏やかに過ごすにはどうしたらいいかと。

相談者:はい・・でぇ・・

加藤諦三:ったらもう、73歳ですからぁ。

相談者:はい。

加藤諦三:会社は定年・・

相談者:はい、もちろん、もう・・

加藤諦三:ですよねぇ。

相談者:ですねぇ、はい。

加藤諦三:でぇ、定年後は、不機嫌なんですか?

相談者:そうですねぇ、もうやることがないってぇ・・

加藤諦三:ないからねぇ・・

相談者:おかしいですねぇ(苦笑)・・

加藤諦三:うん。

相談者:でぇもう面白くないって、毎日なにしたらいいんだぁ!って・・

加藤諦三:うん・・

相談者:いう感じですねぇ。

加藤諦三:それはあのぅ・・

相談者:うん・・

加藤諦三:面白くないでしょうねぇ、社会的立場がなくなってきてぇ・・

相談者:はぁい・・

加藤諦三:子供もいなくなってしまってぇ。

相談者:はぁい。

加藤諦三:あなたが・・ご主人と一緒になってぇ、世の中アホばかりだねーっつってぇこう・・嘆いてくれてればいいんだけれども。

相談者:あ、あ(ため息)・・

相談者:(苦笑)・・

加藤諦三:あの人そんなことないわよって言われてぇ・・

相談者:え、ええ・・

加藤諦三:カアッ・・っとくるというような・・まぁ、そんな、毎日を・・なんとか穏やかに過ごしたいということですね。

相談者:そうですぅ・・はぁい。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあのスタジオに、弁護士の大迫恵美子先生が・・

相談者:あっ、はぁい。

加藤諦三:いらっしゃってるのでぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:いろんないいアドバイスいただけると思います。

相談者:はぁい、はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA