テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2020年5月29日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
53歳の女性から、62歳のバツイチの夫と知り合って半年で入籍、すると途端に夫の態度が激変、DVに遭い別居して離婚を考えているというご相談です。
加藤諦三氏の〆の言葉『外で子羊、家で狼、最も卑怯な男だとヒルティ(カール・ヒルティ)が言っています。』

目次

スポンサーリンク

入籍した途端に夫の態度激変

相談者は53歳女性(無職)、夫は62歳(バツイチ)、結婚して半年

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:はい、よろしくお願い致します。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者: 53歳です。

加藤諦三: 53歳?

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい、しています。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者: 62歳です。

加藤諦三: 62歳?

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:いません。

加藤諦三:お二人で暮らしてるんですね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はいわかりました、でどんな相談ですか?

相談者:結婚してからですね、

加藤諦三:はい。

相談者:っていうか籍を入れた途端に、

加藤諦三:はい。

相談者:性格が変わったというか、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁわたしへの対応が変わったというか(苦笑)、

加藤諦三:はい。

相談者:すぐに何かあるとき激昂するようになり、

加藤諦三:はい。

相談者:そのうちに、男というものは、口では、女性に敵わないから、

加藤諦三:うん。

相談者:暴力でどうにかするしかないんだというふうに、

相談者:言い出したかなぁ、と思いましたら、

加藤諦三:うん。

相談者:約1ヶ月、ぐらい前にですね、

加藤諦三:うん。

相談者:実際に、警察の方では、 DVだという判断、

加藤諦三:あ、

相談者:をとられたというような形の、ことになってしまったんですね。

加藤諦三:家の中であることが起きて、

相談者:はい。

加藤諦三:であなたが、警察を呼んで、そうすると警察の方ではこれはDVだと言ったということですか?

相談者:呼んだというかですね、

加藤諦三:はい。

相談者:実際には、夜、逃げて、そのまま交番に行ったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:でそうしましたら交番のほうで「どうしましたか?」ということで、

加藤諦三:はい。

相談者:一応、聴取と言うんでしょうか?

加藤諦三:はい。

相談者:ありまして、交番の方から警察へ連絡が行き、

加藤諦三:うん。

相談者:警察の方では、もうこれはDVだから、

加藤諦三:うん。

相談者:警察のほうに、来てくださいという事になったわけです。

加藤諦三:事件が起きたのはいつ頃ですか?

相談者: 1ヶ月前です。

加藤諦三: 1ヶ月前?はい。

相談者:はい。

加藤諦三:これが初めての事件ですね?

相談者:具体的にそういう、形になったのは、

加藤諦三:うん。

相談者:そうなんですが。

加藤諦三:うん。

相談者:実際には、一緒に住み始めてからというか、

加藤諦三:うん。

相談者:そういうこと、になるんじゃないかと、思うような、暴言とかですね、

加藤諦三:うん。

相談者:「もう、***しかないみたいなことを、言われたりとかして、

加藤諦三:うん。

相談者:寝てる間に、トイレに、入って、スマホで、おばに、助けを求めたりって事は、何度か、あったんです、既に。

加藤諦三:はぁはぁ、結婚してから、どのぐらい経つんですか?

相談者:半年ぐらいです。

加藤諦三:あっ、

加藤諦三:あなた、結婚したばっかりなんですね?

相談者:そうなんです。

加藤諦三:はぁ、はぁ、はぁ、

加藤諦三:これ当然、恋愛結婚ですね?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:で恋愛期間はどれくらいあったの?

相談者:半年ぐらいですね。

加藤諦三:半年ぐらい?

相談者:ええ。

加藤諦三:であなたの目から見ると、

相談者:はい。

加藤諦三:半年の間は、

相談者:はい。

加藤諦三: DVなんていう事が、考えられもしない、

相談者:ええ、はい。

加藤諦三:優しい男性だったわけですね?

相談者:そうですね、それ以前に2年ぐらい前に知り合っているんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:他の人たちの中でも、わたしの前でも、

加藤諦三:はい。

相談者:穏やか、で優しい人という、

加藤諦三:うん。

相談者:ことで通ってるというか、で実際付き合っていた時も、そうでした。

加藤諦三:あ、ああ、

加藤諦三:会社なんかでは、

相談者:はい。

加藤諦三:優しくて責任感が強くて、仕事熱心な、男性ということですか?

相談者:おそらくそうなのではないか、

相談者:思います。

加藤諦三:外で子羊、家で狼、っていう言葉が、あ、あるようにね、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚すると人が変わるっていうのは、

相談者:ええ。

加藤諦三:相手がすると非常に驚くべき事なんだけれども、

相談者:ええ。

加藤諦三:あの世の中では、どこにでもあることなんですけども、

相談者:はああ、

加藤諦三:そのレベルを超えているということですね?

相談者:そうですね。

加藤諦三:で今日の相談というのは、どういうことなんですか?その、逃げ出した時にあなたは、暴力は、大変怖かったということです、

相談者:そうですね。

加藤諦三:ねぇ、

相談者:もう今までも、何度もそういう、ことがあったんですけども、

加藤諦三:うん。

相談者:今日は、決定的だというふうに、その時は思って、逃げたわけなんですよね。

加藤諦三:うん、うんうん。

相談者:での彼のほうは、大変落ち着いていて、警察でもなんでもどこでも行けばいいじゃないかと。

加藤諦三:うん。

相談者:で訴えるならば、訴えればいいと。

加藤諦三:うん。

加藤諦三:決定的だと、

相談者:はい。

加藤諦三:思うのは今までと違ったところがあったんですか?

相談者:彼がいたところが、お風呂の中だったので、

加藤諦三:はい。

相談者:彼が、掴むものがなかったから、

加藤諦三:はい。

相談者:風呂桶に、

加藤諦三:はい。

相談者:お湯をたくさん汲んで、お風呂の外にいたわたし、に、すごい勢いで、 ザバァっとかけたわけです。

加藤諦三:はい。

相談者:いきなり激昂してですね。

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっとあまりにもひどいというか、

加藤諦三:うん、

相談者:まぁ今までもとても、我慢してきましたし、

加藤諦三:はい。

相談者:半年ぐらい前は本当に(苦笑)、辛くて、

加藤諦三:うん。

相談者:死んでしまいたいと思ったりとか、

加藤諦三:うん。

相談者:そこからも、何度か、あったんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:実際にそういう、

相談者:手元にあったのはお湯だったので(苦笑)、お湯をかけられたわけですが、

相談者:もし側に、あったのが、他のものだったらそれで殴られていたかもしれないというか、

加藤諦三:はい。で、

相談者:そう考えると、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっともう決定的だなと自分で思ったというか、

加藤諦三:決定的、という事は、今日の相談というのはどういうことですか?

相談者:離婚のこと、

相談者:も視野に入れてるんですが、やはりその前に、

加藤諦三:はい。

相談者:あとで警察の方から経過、観察のような形で電話かかってきたときにですね、

加藤諦三:はい。

相談者:できれば、別居を勧めるというふうにも言われましたし、

加藤諦三:はい。

相談者:自分でもその方がいいのではないか、というふうに思っている、ということ、

加藤諦三:はい。

相談者:今彼が、じゃあどういう態度でわたしと接しているかと言うと、

加藤諦三:ええ。

相談者:非常にそのあたしに優しくて接しているわけなんですね。

相談者:で絶対に今後、別れたくないと。

加藤諦三:うん。

相談者:一緒に絶対にいたいと。

加藤諦三:うん。

相談者:まぁそういうようなことを言ってくるんですよね。

加藤諦三:うん。

相談者:ただ、人間ってそんなに、

相談者: 60を過ぎてから、そういう気性が急に変われ、ないのではないかというふうに、わたしは思っていて、

加藤諦三:うん。

相談者:その彼、

相談者:を信じるのはちょっと難しいなというふうに(苦笑)、

加藤諦三:うん。

相談者:思っているので、

加藤諦三:うん。

相談者:実際にそういう人が、穏やかな生活?

加藤諦三:うん。

相談者:を送る、ように、変わって、

相談者:生活して、いけるのかな?ということ、をちょっと、ご相談したいなと思っています。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあのスタジオに弁護士の野島梨恵先生が、

相談者:はい。

加藤諦三:いらしているので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 楽をして生きてゆきたかったんだろうな。
    男に寄り掛かって養ってもらおうって思って結婚したら、意外にもしんどかった。
    旦那は典型的なダメ男。
    そういうことだろうな。
    世の中甘くないのだよ。

    こんなダメ男と生活を続けて行くよりも、離婚して自立してゆく方がベターでやんしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA