テレフォン人生相談
柴田理恵・高橋龍太郎

柴田理恵・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2020年6月4日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者は57歳女性、不幸な環境で育ち小学生の頃からずっと死にたくて、子供が大学を卒業したら死のうと思っているが、変だと思っているというご相談です。

目次

スポンサーリンク

不幸な環境で育った私

相談者は57歳女性、夫は68歳、息子二人、長男25歳、次男18歳。

柴田理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:あ、よろしくお願いします。

柴田理恵:はい、こんにちは。

相談者:こんにちは。

柴田理恵:はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:小学生の時から、

柴田理恵:はい。

相談者:ずっと死にたくて、

柴田理恵:はい?

相談者:頑張って幸せを掴んでも、

柴田理恵:うん。

相談者:どうしても死にたくて、

柴田理恵:はい。

相談者:子供が大学を卒業して就職したら死のうと思ってるんですけど、

・・

柴田理恵:はい?

相談者:でも、そんなの変だと思うんです。

柴田理恵:はい?

相談者:あの、病気や事故で、

相談者:生きたくても生きれない方がたくさんいらっしゃるのに、

柴田理恵:うん。

相談者:わたし健康で、

柴田理恵:うん。

相談者:生活にも困ってないのに、

柴田理恵:うん。

相談者:死にたいのは変だと思って、苦しいから電話しました。

柴田理恵:はい。

柴田理恵:わかりました。あなた今おいくつですか?

相談者: 57歳です。

柴田理恵:はい。

柴田理恵:えっとご主人はいらっしゃるんですか?

相談者:はいおります。で、

柴田理恵:おいくつですか?

相談者:はい、 68です。

柴田理恵:お子さんが、

柴田理恵:今、何人いらっしゃるんですか?

相談者:はい、 2人おります。

柴田理恵:はい。

相談者: 1人は25歳です。

柴田理恵:はい。

相談者:はい男です。

柴田理恵:はい。

柴田理恵:でもう1人が?

相談者: 18で、男です。

柴田理恵: 18・・

相談者:主人はとても優しくて、

柴田理恵:うん。

相談者:家庭的で子煩悩で、

柴田理恵:うん。

相談者:どう考えてもわたしは幸せだと思うんですけど、

柴田理恵:はい。

相談者:でもわたし小学生の時からずっと死にたくて、

柴田理恵:ウン、

相談者:今もずっと死にたくて、

柴田理恵:ご主人とはいつおあい、出会われたんですか?

相談者: 28歳の時です。

相談者:子供の頃から、

柴田理恵:うん。

相談者:両親が、

柴田理恵:うん。

相談者:不仲で、その、父が母に暴力を振るっていて、

柴田理恵:うん。

相談者:あの、口論が絶えない家庭で、

柴田理恵:うん。

相談者:父の怒りが、その日の気分なので、

柴田理恵:うん。

相談者:基準がないので、

柴田理恵:うん。

相談者:息をひそめて、育ったんですね。

柴田理恵:はい。

相談者:それであの母は、よ、あの、わたしに八つ当たりをするんです。あと、父も母も2人でわたしを、頭のてっぺんから、

相談者:爪先まで罵倒して、それであの兄からは性的虐待を受けていました。

柴田理恵:(息をのむ)あらまぁ・・

相談者:性格もあの、友達は作りづらい性格で、

柴田理恵:はい。

相談者:学校も家も居場所がなくて、

柴田理恵:うん。

相談者:すごく苦しくて、

柴田理恵:うん。

相談者:子供の頃、マッチ売りの少女、絵本を買い与えられて、

柴田理恵:うん。

・・

相談者:毎日読んでたんですけど、

柴田理恵:うん。

相談者:死んだらおばあさんが迎えに来て天国に行って幸せになったから、

柴田理恵:うん。

相談者:あたしも死んだら幸せになれると思って(涙声)・・

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:**、救いが死しかなかったので、

相談者:どうもならなくなって、そのとき初めてちょっと、OD(オーバードース)みたいなことしたんですけど。

柴田理恵:オ・・オ、

相談者:あっ・・

柴田理恵:オ・・

相談者:ODですね。

柴田理恵:あっ、オーバードース、薬をたくさん飲む?

相談者:はい、そう、はい、はい、

柴田理恵:はい。

相談者:でもあの知識が足りなかったし覚悟も足りなくて、

柴田理恵:うん、

相談者:死ねなかったんですよね、それで、死にきれないなら生きてくしかならない、から、

柴田理恵:うん。

相談者:いろいろ思って、じゃあ、幸せって呼ばれる物を手に入れてみようと思って、

柴田理恵:うん。

相談者:結婚とか出産とかして、

柴田理恵:うん。

相談者:みたんですけど、

柴田理恵:うん。

相談者:子供産んだら、す、

相談者:すごく苦しくて、

相談者:子供って、

柴田理恵:うん。

相談者:あの、人に合わせないでしょう?

相談者:小さい子供って。

柴田理恵:うん、う、うん、うん。

相談者:だから、あの、

・・

・・

相談者:叩いたり蹴ったりしてたんです、あたし。

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:で、なんでこんなことすんだろうと思って、

柴田理恵:うーん、

相談者:わたしそんなことしたくなくて、

柴田理恵:うん。

相談者:あの、自分が親に、

相談者:つ、辛い育て方、られたされたから、

柴田理恵:うーん・・

相談者:子供はとても大事にしたいはずなのに、

柴田理恵:うん。

相談者:叩いたり蹴ったり、なんか言葉の暴言とかひどいんですよね。

柴田理恵:うーん・・

相談者:それで、わたし何やってるんだろ?と思って、親への恨みを子供にぶつけてたんですよね。

柴田理恵:うーん、うんうん、

相談者:それで、これはダメだと思って、カウンセリングとか続けたんですけど、でもあの、

柴田理恵:うん。

相談者:あまりにもトラウマが多すぎて、

柴田理恵:ふぅーん、うん、

相談者:フラッシュバック、毎日毎日、

相談者:あの、

相談者:心の中で、両親があたしを罵倒してるんですよ。

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:の、毎日罵られて、

柴田理恵:うん。

相談者:あざ笑われ、て、せせら笑われて、

柴田理恵:ふぅん、

相談者:何から何までトラウマだらけ、で、

柴田理恵:うん。

相談者:でも、

相談者:治療してればいつかは治ると思ってたんですけど、

柴田理恵:うん。

相談者:どうにもならないってことがわかったんですね。でも、

柴田理恵:うん。

相談者:子供はなんとか、育ったし、

柴田理恵:うん。

相談者:就職したら親としての責任が終わるから、

柴田理恵:うん。

相談者:そのときに死んで、

相談者:あの、この苦しみから開放されたいと思って(涙声)、

柴田理恵:うんうん、

・・

相談者:お子さん、とか、旦那さんとは、

相談者:いろんなお話なさったりするんですか?

相談者:上の子は、

柴田理恵:うん。

相談者:わたしのことをとても嫌っていて、

柴田理恵:ご主人さんは?

相談者:主人は話は聞いてくれますねぇ。

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:であの、主人は、わたしにとって母親代わりの人なんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:優しいんですけど、

柴田理恵:うん。

相談者:でもあの、若いわたしが、初めて夫の一族に会って緊張してるときに、

柴田理恵:うん、

相談者:子供を連れて来なかったことで、な、

相談者:10何時間も責められ続けて、

柴田理恵:うーん・・

相談者:で、一斉に親戚が、わたしを笑い者にしたときに、笑った夫っていうので、なんかもう、ダメなんですよねぇ。

柴田理恵:どうして子供連れて来ないことでそんなに、あざ笑わらら、われな、ければいけないんですか?

相談者:あ、まだ結婚して1年だったから、妊娠してなかったんですよ。

柴田理恵:あ、ああ、はあ、はあ、はあ、

相談者:それで、

柴田理恵:うん。

相談者:妊娠してないってことで、

相談者:責めるんです。

相談者:話好きの、一族の長老みたいな人があたしを、はなす、さなくて、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:ずーっと、「なんで子供連れて来なかった?」って、あの、エンドレステープのように繰り返すんです。

柴田理恵:あっ、だって妊娠してないんだもん、子供なんか連れて来るわけないじゃないですかねぇ。

相談者:あだからその妊娠してないのがダメだっていうんです、結婚して1年経ったのに。

相談者:最後に、この、「今度ここ来るときに、子供連れて来なかったら・・」

柴田理恵:うん。

相談者:「このうちの敷居はまたがせないし・・この町にも一歩も入れないから覚えておけ」って、せ、

柴田理恵:あ、あ、

相談者:啖呵切られてたんですよね、そのときに、

相談者:周りの人たちが一斉に笑ったんです。

柴田理恵:うーん・・

相談者:そのときに、夫も一緒に笑った、んですよね、夫は、

柴田理恵:旦那さんは、

柴田理恵:冗談だと思って笑ったんじゃないんですか?

相談者:あそうみたいです。冗談だと思って笑ったし、

柴田理恵:そうですよねぇ。

相談者:あれ、

相談者:あれは早く子供を作りなさいって言っただけだって言うんだけど、

柴田理恵:うーん・・

相談者:あ、た、しはなんかこう、

相談者:自分だけが他人で、

柴田理恵:うん。

相談者:夫は一族の中に逃げたんだっていうふうにと、ってて、

柴田理恵:うーん・・

相談者:お、っと(夫)のことはどうしてもそこで、

相談者:憎悪に近い憎しみがありますねぇ、夫には。

柴田理恵:わかりました。

柴田理恵:ちょっと先生に聞いてみましょうか。

柴田理恵:精神科医の高橋龍太郎先生です。

相談者:はい。

柴田理恵:先生お願いします。

相談者:あ、***・・

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA