テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2020年6月8日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
「失われた日常、一つ屋根の下の悲劇」嫁に行った44歳の娘が半年前に脳内出血で突然亡くなり立ち直れないでいる。という74歳のお母さまからのご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。
加藤諦三氏の〆の言葉『感情は表現することで処理できます。』

目次

スポンサーリンク

43歳の娘が半年前に突然死

相談者は74歳女性、夫75歳 二人暮らし。長男46歳、長女44歳(半年前に脳内出血で他界) 長女夫、長女の娘20歳、長女の息子(中学3年生)

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:はい、お願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 74歳です。

加藤諦三: 74歳、結婚しています?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者: 75歳です。

加藤諦三: 75歳、

加藤諦三:でお子さんは?

相談者:子供が、

相談者:男の子46歳。

加藤諦三:はい。

相談者:と・・

相談者:えっと44歳の娘です。

加藤諦三:で今・・

加藤諦三:あなたは・・

加藤諦三:ご主人と2人で暮らしてるんですか?

相談者:あ、2人で、2人で、

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:でどんな相談ですか?

相談者: 44歳の、

加藤諦三:はい。

相談者:娘が、

加藤諦三:はい。

相談者:半年前に亡くなったんです。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:で44歳のお嬢さんは結婚していたの?独身?

相談者:あ、結婚してました。

加藤諦三:結婚していたの?

相談者:はい。

加藤諦三:すっとあなたお孫さん、

相談者:はい。

加藤諦三:もうい、

相談者:はい、娘の孫がいます。

加藤諦三:い、いたんですね、はい。ほいで40、4歳の方、亡くなられた、はい、ほいで?

相談者:はい、それで、それからずーっと、寂しく寂しくて(涙声)、

相談者:ズズッ・・ウ、ウ、ウ・・

加藤諦三:ああ・・

相談者:はい(涙声)、

相談者:ズッ、これからどうして行けばいいかなぁと思って、先生に、

加藤諦三:うん、

相談者:相談したいと思って電話しました(泣)。

加藤諦三:はい。

相談者:ゥ、ゥ、

加藤諦三:お嬢さんとの心の繋がりが深かったのかなぁ?

相談者:はい、ズッ・・

加藤諦三:うーん、お嬢さんは、

加藤諦三:結婚したのは、何歳ですか?

相談者:スゥ・・23歳です。

加藤諦三:23歳のとき。

加藤諦三:亡くなられたのはいつって言いましたっけ?

相談者:半年前です。

加藤諦三:半年前ですか、

加藤諦三:まだ悲しみは、癒えないですよねぇ。

相談者:はい、それからもう、

相談者:苦しくて、苦しくて、ゥ、ゥ、ゥ・・

加藤諦三:うん。

相談者:う、う、う、う(嗚咽)・・ズズズッ・・

加藤諦三:うん・・

・・

加藤諦三:お孫さんのほう、

加藤諦三:は、何歳ですか?

相談者:上の子が、女の子で二十歳(はたち)です。

加藤諦三:はい。

相談者:で下の子が男の子で、中学3年生です。

加藤諦三:中学3年生・・

・・

加藤諦三:住んでるところは別だったわけですね?

相談者:はいそうです。今は、お父さんと、孫と3人で、

相談者:暮らしてるんです。

加藤諦三:ふぅーん、

加藤諦三:そうすっとずっと、ご主人と2人の生、活は、長かったん、

加藤諦三:ですよね?

相談者:1年ほど前、から2人です。息子が結婚して出て行ったので。

加藤諦三:あ、それまで、息子さんがいて、

相談者:はい。

加藤諦三:3人だったわけですか。

相談者:そうです。

加藤諦三:うーん。そうすっと今はあれですか?何をやっても、お嬢さんのことが出て来るわけね?

相談者:そうです、もう、1日何回も出て来て、そのたびに・・ズズッ・・泣いてしまうんです(泣)、う、う、う・・

加藤諦三:うーん・・

加藤諦三:お嬢さんが亡くなったということが、信じ、られない、

相談者:ええ、そうです。

加藤諦三:んですよねぇ。

相談者:はい、あのぉ、家にね、

加藤諦三:うん。

相談者:遺骨があるんですけどね。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしんとこに。

加藤諦三:はい。

相談者:それを見るんですけどね、

加藤諦三:ええ。

相談者:信じられないんです。

加藤諦三:信じられないよね。

相談者:急に亡くなったからね。

加藤諦三:うん。

相談者:脳内出血でもう、夜寝てる間に、朝気づいたら、もう息してないっていう、

相談者:ので、

加藤諦三:あ、ああ、

相談者:もう信じられない、夢みたいな感じでね。

加藤諦三:うん、じゃあ、今はもう、

加藤諦三:悲しみ、

相談者:そうです。

加藤諦三:と、絶望の、

相談者:ええ。

加藤諦三:ときですよねぇ。

相談者:そうです。

・・

相談者:だから、ズッ・・

相談者:まだ仕事してるんですけどね、主人が。

加藤諦三:うん。

相談者:仕事にして、1人になったとき、1人で泣いてるんですね(涙声)。

加藤諦三:うん、

相談者:ズッ・・だから、

加藤諦三:しゅ、しゅ、はい。

相談者:主人の前では泣けないです(涙声)、う、う、う・・

加藤諦三:ああ、

相談者:1人になったとき、思い切り、大声出して泣いてるんですけどね(泣)。

加藤諦三:ああ、大声出してねぇ。

相談者:ええ。

加藤諦三:あ、それ大声出して、思い切り、

加藤諦三:泣いたほうがいいって言い方、ちょっとおかしいですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:大声出して泣いたほうがいいですよね。

相談者:ええ。

加藤諦三:こういうもう、ものってのは、我慢して、

相談者:ええ、ええ。

加藤諦三:耐えられるもんじゃないですからねぇ。

相談者:ええ、

加藤諦三:むしろこの悲しみを、

加藤諦三:表現することのほうが、

相談者:はい。

加藤諦三:悲しみの気持ちを、

相談者:ええ。

加藤諦三:癒してくれるんですよ。

相談者:ええ。

加藤諦三:
で、思い切り泣いたほ、ほうが、気持ちが、すっきりしますよねぇ。

相談者:そうですねぇ、だけど、主人の前ではね、

加藤諦三:ええ。

相談者:主人も辛いので、可哀想だから、泣けないんです。

加藤諦三:ええ。

相談者:だから、ズッ、主人の前では、

相談者:廊下のとか行って、涙拭いて来て帰って来るんですけどね。

加藤諦三:ええ。

相談者:ええ、わたしだけ・・苦しんじゃないし主人もねぇ、

加藤諦三:ええ。

相談者:辛いんだしね、ズッ・・

加藤諦三:ええ。

相談者:うん、1人になったらもう思い切り泣くんですけどね(涙声)。

加藤諦三:うん。

相談者:1日何回も。

加藤諦三:何回もねぇ。

相談者:え、ええ(涙声)・・

加藤諦三:でも、

加藤諦三:半年って言いましたよねぇ?

相談者:はい、ズッ・・

加藤諦三:まだ半年ですから、悲しみと絶望は深いですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:そんだけ大声出して泣いてれば、

相談者:はい。

加藤諦三:最初のうちに比べれば少しずつ、どっかで、

加藤諦三:現実を受け入れるっていうような気持ちっていうのは、今出て来て、います、出て来ていませんか?

相談者:ズッ・・最初と比べれば、楽になりまし・・たけど、

加藤諦三:楽になりましたよね?

相談者:夜も、最初は寝られなくて、

加藤諦三:うーん、

相談者:あれしたんですけど、この頃ちょっと楽になって、

加藤諦三:うん。

相談者:ちょっと寝られるようになったんですけど。

加藤諦三:それはやっぱり、大声出して泣いてるからですよね。

相談者:あ、そうですか。

加藤諦三:うん、悲しみの感情っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:抑えちゃうよりも、

相談者:はい。

加藤諦三:表現すれば表現するほど、

相談者:はい。

加藤諦三:癒されて行くんですよ。

相談者:あっ、そうですか。

加藤諦三:ええ、でこれはあの、離婚の研究なんかでもあるんですけどね。

相談者:はい。

加藤諦三:離婚して・、苦しいっていうほうの、

相談者:はい。

加藤諦三:人で、

加藤諦三:悲しみを表現しない人と表現、

加藤諦三:しちゃう人とで、

相談者:はい。

加藤諦三:1年後にどういうふうになってるかっていうようなの、

加藤諦三:調査もあるんですけどね。

相談者:ええ、ええ、

加藤諦三:やっぱり、

加藤諦三:悲しいときには大きな声で、表現しちゃうっていうほうが、

相談者:はい。

加藤諦三:少しずつに、楽になって行くんですよねぇ。

相談者:ああ、急に亡くなったのでね、

加藤諦三:うん。

相談者:娘が、

相談者:あっちで、

相談者:辛い思いしてるんじゃないかぁとか、

加藤諦三:うん。

相談者:そういうこと考える、たら、

加藤諦三:うん。

相談者:もう、辛くて辛くてねぇ(涙声)、

加藤諦三:ええ。

相談者:可哀想で、

加藤諦三:ええ。

相談者:うん。

加藤諦三:小さい頃から、

加藤諦三:関わりが深ければ深いほどねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:そういう悲しみも深いわけですよね。

相談者:ええ、ズッ・・

加藤諦三:でも、ご主人が、

加藤諦三:もいるし、お孫さんもいるし、

相談者:ええ。

・・

加藤諦三:泣けるときには泣けるし、

相談者:ええ、

加藤諦三:ほいで、今日のご相談というのは、

加藤諦三:もう、それで44歳のお嬢さんが、

相談者:ズッ・・

加藤諦三:そういう形で亡くなって今、悲しくてどうしようもないと。

相談者:ええ。

加藤諦三:どうしたらいいんでしょう?っていうことですか?

相談者:そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあのスタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてんので、伺って見たいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA