テレフォン人生相談
柴田理恵・大原敬子

柴田理恵・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年6月10日(水)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育)
『失われた日常、ひとつ屋根の下の悲劇』46歳の男性から、高校生の娘の布団から携帯電話を発見、出会い系アプリに登録して売春・援助交際をしている事がわかった。娘とどう付き合えばいいでしょう?というご相談です。

目次

スポンサーリンク

高1の娘が出会い系アプリで

相談者は46歳男性、妻46歳、高校3年生の長女、高校1年生の次女、中学1年生の長男の5人暮らし。

大原敬子:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、

大原敬子:はい。

相談者:よろしくお願いします。

大原敬子:はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:あのぉ、一緒に住んでいる次女への対応ということで、

大原敬子:あなたおいくつですか?

相談者: 46歳です。

大原敬子: 46歳、奥さまは?

相談者:同じく46歳です。

大原敬子:あ、はい、えっと、お子さんは、

相談者:高校3年の長女、

相談者:で高校1年生の、次女、

相談者:中学1年の長男と、

相談者: 5人家族です。

大原敬子:ああ、

大原敬子:じゃあその、高1のお嬢さんですか?

相談者:出会い、系、

大原敬子:はい。

相談者:サイト、

大原敬子:はい。

相談者:へ登録をして、

大原敬子:はい。

相談者:まぁ、援助、交際と言いますかね、売春を、やってたと。

大原敬子:ほううう・・あらあ・・はい。

相談者:というのが、

大原敬子:はい。

相談者:あの、今朝わかったものですから、

相談者:もともと、ね、アルバイトを、ま、許可はしてなかったんですが、

大原敬子:うん。

相談者:アルバイトを、

大原敬子:うん。

相談者:え、どうもしていると。

大原敬子:はい。

相談者:で、よくよく聞いてみると、夜、

相談者:の居酒屋さんとか、

大原敬子:うん。

相談者:え、そう言うお店のですね、

大原敬子:はい。

相談者:客引きに、

大原敬子:ほう・・

相談者:を、その、先輩かに紹介してもらって、

大原敬子:うん。

相談者:それをやっていると。

大原敬子:うん。

・・

大原敬子:うん、

相談者:っていうのがありまして、

大原敬子:はい。

相談者:でまぁその時にもすぐに、目の前で電話させてその人にもうすぐ辞めますと、

大原敬子:うんうんうん。

相談者:え、自分で言わせ、

大原敬子:うん。

相談者:で、そんなことで携帯電話使うんだったらまぁダメだと、

大原敬子:うん。

相談者:いうことで、携帯電話も解約、

大原敬子:うん、うん・・

相談者:をしたんですね。

大原敬子:うんうん。

相談者:で現在携帯電話は無いはずなんですが、

大原敬子:うん。

相談者:あの、まぁ今朝家内が、起こしに行ったところ、

大原敬子:うん。

相談者:携帯電話がこう、布団の中からこう、出てきたと。

大原敬子:はい。

相談者:たまたま開けっ放しの手帳が置いてあったので、

大原敬子:うん。

相談者:でそれを見たらですね、

大原敬子:うん。

相談者:その代引きで、 4万円ぐらいの買い物してたんですね、昨日。

大原敬子:はぁい、はい。

相談者:でそんなお金はないはずなのに、

大原敬子:う、うん。

相談者:なんだこれはと、

大原敬子:うん、

相談者:いうことで今朝、話をしたところ、

大原敬子:はい。

・・

相談者:まぁちょっと携帯電話まずその、中身見せろと、

大原敬子:うん。

相談者:目の前で、3人で確認をしたんですが、

大原敬子:はい。

相談者:でその中にの出会い、系と呼ばれるアプリが入ってまして、

大原敬子:はい。

相談者:複数人の男性とのやり取り・・とですね、

大原敬子:うん。

相談者:実際に、まぁ売春というかね、

大原敬子:うん。

相談者:援助交際をしたであろう、っていうところまでの、

大原敬子:うん、

相談者:メッセージのやりとりがいくつか出てきまして、

大原敬子:はい。

相談者:で、

相談者:まぁもちろん、警察の相談も、

相談者:これからする予定なんですが、

大原敬子:ぇ、はい、

相談者:実際に、

相談者:じゃあこれからどういうふうに、

大原敬子:うん、

相談者:接して、ただ、

相談者:ある程度きちっとわからせないといけないということも、

大原敬子:うん、

相談者:あるんですけども、

大原敬子:うんうん、

相談者:でどこまでやっぱり、

相談者:ガツンと、キツク言っていいものか、

大原敬子:うん、

相談者:逆にこれからどういうふうにサポートしていけばいいのか、

大原敬子:はい。

相談者:そこをですね、ご相談、

相談者:に乗っていただけたらなと、

大原敬子:はい。

相談者:思いまして、

大原敬子:はい、あのぉ、高校1年生のお嬢さん、

大原敬子:あの学校に行ってる様子とか、

相談者:はい。

大原敬子:そういうのは、

大原敬子:どんな風だったんですか?

相談者:学校は楽しく、行ってます。

大原敬子:あの成績、とかは?

相談者:中の下ぐらいでしょうか、学年でですね。

大原敬子:夜の、居酒屋の客引きって言うのは夜、いなかったっていうことですねぇ?おうちに。

相談者:わたしがちょっと自営業で、

大原敬子:はい。

相談者:少し夜の、帰りが、あの遅いっていうのもありまして、

大原敬子:はい。

相談者:あのぅまぁそこは家内に、任せたいた部分ではあるんですけども、

大原敬子:あ、あ、あ、あ、

相談者:たまたま、

大原敬子:うん。

相談者:早く帰ったときに、次女の帰りが遅かったので、

大原敬子:うん、うん、

相談者:ちょっと、遅すぎるよと、

大原敬子:うん、

相談者:何処へ行ってたの?っていうことで確認をした、ところ、

大原敬子:うん。

相談者:塾に行っていたと。

相談者:問いただしたところ、塾は行ってなかったと。

大原敬子:うん。

相談者:居酒屋の客引きを、

大原敬子:を、バイトしてたと、

相談者:やってたんだと。

相談者:はい。

大原敬子:どういう、お子さんだったんですか?

相談者:よくクラス、

相談者:では、

大原敬子:うん、

相談者:あの、周りがよく見えて、

大原敬子:うん。

相談者:友達が困っていたりとか、

大原敬子:うん。

相談者:まぁ何かしら心配事があったりいたときには、

大原敬子:うん。

相談者:やっぱりすーっと、友達ところにすーっと、

相談者:助けに行ったりとか、

大原敬子:ああ・・

相談者:声かけたりとかして、

大原敬子:うん、

相談者:あのそういうところでは非常に、どの年の担任の先生からも、

相談者:非常に助かってますと。

大原敬子:ほうう・・

相談者:ええ、すごくよくも周り見えてる、ありがたいです・・っていうふうに、あの、よくおっしゃっていただきました。

大原敬子:うーん、じゃあ、

大原敬子:そのお友達も多い方ですね、じゃあ。

相談者:そうですねぇ、友達自体は多い、なとは思いますが、

大原敬子:うーん、うん、

相談者:まぁ高校になってから、環境も変わりましたので、

大原敬子:うん、うん、

相談者:まぁちょっとこう、なんでしょうこう、

相談者:化粧してみたりとか、

大原敬子:ふん、うん、

相談者:いろいろ興味があってね、

大原敬子:うん。

相談者:それはそれで、

相談者:まぁ仕方ないことだなぁということで、

大原敬子:うん、

相談者:こちらはある程度は、容認はしていたんですが、

大原敬子:うん、

大原敬子:例えばどっかに相談に行くとか、

大原敬子:これからどうやって接して、

大原敬子:いったらいいだろうか?とかっていうご相談、でよろしいですか?

相談者:はぁい、そうですね。

大原敬子:今日の回答者の先生は、

大原敬子:幼児教育研究の、大原敬子先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 大原先生が夫婦が向き合えと言っているのに、柴田さんが3人でいろいろ話すようにと方向を変えてしまったのが残念。

    どうせこの父親は自分の意見をただ説教のように話していくだろう。

    原因を子どもにせずに夫婦問題が元だろうから、まずは夫婦で話してもらいたいと思う。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA