テレフォン人生相談
今井通子・大原敬子

今井通子・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年6月16日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大原敬子(幼児教育)
54歳の女性から、夫は「実家を守る」と言って一人で実家に住んでいる。夫と二人で農作業をしているが、夫がわたしの働きぶりを認めてくれない。というご相談です。

目次

スポンサーリンク

働きぶりを認めてくれない夫

相談者は54歳女性、夫は60歳、長女28歳(結婚し独立)、長男27歳(未婚・独立)、次男18歳、婚姻28年(出来婚)、夫は夫実家で独り暮らし、次男と二人暮らし、夫と妻で農業経営一人雇っている。

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談でーす。

相談者:あ、こんにちは、よろしくお願いします。

今井通子:はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:旦那との関係の件で。

今井通子:えっ?どういう関係?

相談者:農業をやってまして、

今井通子:はい。

相談者:ずーっと仕事をしてるんですけど何かを認めてもらえてなくて(苦笑)、

今井通子:アラー

今井通子:あなたおいくつ?

相談者: 54歳です。

今井通子:ご主人は?

相談者: えーっと、60歳です。

今井通子: 60歳、

相談者:はい。

・・

今井通子:あのぅ、オタク自身は、ご主人のご実家だったり?

相談者:はいそうです。

今井通子:ああ・・

今井通子:そうするとお父さんお母さんは?

相談者:もう亡くなって、ますね、はい。

今井通子:あ、あのぅ、

相談者:旦那の方は、はい。

今井通子:ご主人のほうの、お父さんお母さんはもうなくなってる?

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:お子さんいらっしゃいます?

相談者:はい、上が女の子で、

今井通子:はい。

相談者: 28歳。

今井通子:はい。

相談者:男の子で、 27歳。

今井通子:はい。

相談者:男の子で、 18歳です。

今井通子:でぇ、

今井通子:結婚されてから何年目位?

相談者:あ、 28年です。

今井通子: 28年?28歳の、お嬢さんいらっしゃる?

相談者:はい、はい。

今井通子:あ、できちゃった結婚?

相談者:はい、そうですねぇ。

今井通子:ああ、なるほど。

・・

今井通子:で、ご主人、

今井通子:が、元々、

今井通子:その頃、

相談者:はい、あのぅ、

今井通子:継ぐって言われてた?っていうか、もうされてた?

相談者:やってましたねぇ、なんか、

相談者:小学校の、低学年のほうからずっと手伝わされてたみたいで、

今井通子:なるほど。

相談者:もう自然の成り行きでっていうか(苦笑)、

今井通子:うん、でも、

相談者:ずっと、

今井通子:ずっと農家を継ぐと、

相談者:はい、そうです。

今井通子:え?農業そのものを好きだった?

相談者:いえ、嫁いでっても、

相談者:彼の、仕事とわたしの仕事は別だから関係ないと思ってましたね(苦笑)。

相談者:彼が農業でやってても、

今井通子:うん、

相談者:ただ、

相談者:わたしが手伝う・・っていうのが、義務、じゃないみたいな(苦笑)、なんか、

相談者:終わったら自分で、また、

相談者:外で仕事したいなって考えてました。

今井通子:ああ、子育てが終わったらねぇ。

相談者:はい。

今井通子:はい。

今井通子:で、それが、できなかったわけですね?

相談者:はい、義理の母が、

・・

今井通子:ん、

相談者:ちょっと身体弱いんですけど、ずーっと手伝ってて、

今井通子:はい。

相談者:それを見てて、あっ、

相談者:なんか、もう可哀想と思っちゃってぇ・・

今井通子:ああ、

相談者:それで、って、

今井通子:要するに、義理のおかあさ、うん、

相談者:ちょっと手を出したのが(苦笑)、

今井通子:うん。

相談者:ははっ(苦笑)、

今井通子:はい。

相談者:ずーっとそれからですねぇ。

今井通子:でぇそうなるとあれですかねぇ、

今井通子:これ食事の支度だとか掃除洗濯みたいな、

今井通子:家事の仕事もあなたが全部引き受けたわけ?

相談者:はい、そうです。

今井通子:はぁ、はぁ、なるほど。

・・

今井通子:えーっと、その義理の、お母さんお父さま亡くなったの何年前ぐらいですかね?

相談者:義理の父は4年前、母は去年ですね。

今井通子:で亡くなられてから、ちょっと生活変わりました?

相談者:はい。

相談者:旦那の実家が、

相談者:空いてしまったんで、

相談者:旦那は向こうに、今住んでます、1人で(苦笑)。

今井通子:あっ、別居生活してるってこと?

相談者:はい、あの実家を守らない、

相談者:といけないってことで、寝泊りして、

今井通子:うん。

相談者:わたしたち、わたしはもう何も言いませんでしたねぇ(苦笑)。

今井通子:ふぅーん、

今井通子:ご主人そうするとごきょうだいあんまりいらっしゃんなかった?

相談者:いえ、います。

相談者:一男四女です。

今井通子:一男っていうのは、ご主人が一男?

相談者:あ、長男で、

今井通子:うん、

相談者:あとは、

今井通子:全部、女性?

相談者:はい。

今井通子:要はだから、

今井通子:一人っ子(笑)みたいなもんですね。

相談者:はい、そうですね、はい。

今井通子:あの、実家を継ぐのはもうごしゅ、ご主人しかいなかったみたいな。

相談者:はいはい、そうです、はい。

今井通子:で、

今井通子:お子さんも、みなさん大っきいじゃないですか。

相談者:はい。

今井通子:そうすると、

・・

今井通子:そのぅ、ご主人が移られるとき、あなたも、移っても良かったんじゃない?

相談者:それは、考えは全然なかったですね。

今井通子:ん?理由は?

相談者:なぜかというと、なんか、出入りが、とても、オープンなんですね、自宅自体が。

相談者:親類や、

今井通子:うん。

相談者:姉妹たちが、

今井通子:うん、

相談者:もう、毎日(苦笑)、ひどい、ときだったら毎日っていうぐらい、

今井通子:おお、

相談者:訪ねて来るんで、

今井通子:ほう、ほう、ほう、ほう、ほう、

相談者:なんかプライベート空間がないなと思って(苦笑)。

今井通子:なるほどねぇ。

相談者:もう、こんなだったら、仕事も大変だのに(苦笑)、どうして?みたいな感じだったんで、

今井通子:うん、ふん。

相談者:もう、一切、

相談者:一緒に、向こうに移る気はなかったです。

今井通子:なるほど。

相談者:またぁ、家も古いんで、もう、ちょっとネズミとかも多いんで、

今井通子:あははは(笑)、

今井通子:わかりました。

今井通子:でそのことはでも、ご主人は、来いよとか、

今井通子:反対とかは、されなかったわけね、じゃあ、うん。

相談者:心の中ではとても思ってると思いますけど、

相談者:口には出しません。

今井通子:ああ、そうなの?

相談者:うん。

相談者:出さないですねぇ、なんか男のプライドかわからないですけど(笑)。

今井通子:うふふふ(笑)、

今井通子:それでぇ、あれですか?

今井通子:え、ご実家でその、そうすると、ご主人は1人で、寝起きすんのはいいんだけれど、食事の支度、

相談者:あっ、あ、とても器用なんで、なんか小さいときから、

相談者:いろいろ作ってたみたいで、

今井通子:うん。

相談者:それも、自分で、全部やってます。

相談者:で、

今井通子:あっ!?そうなの?

相談者:うん、週に1、1回ほどわたしが行って、

今井通子:うん、

相談者:乱れてるとこ、ボカって直して、

今井通子:うん、

相談者:塵出しとか、するぐらいですね。

今井通子:ああ、掃除ぐらいはして、

相談者:うん。

今井通子:あとはもう、ご自身で?

相談者:はい。

今井通子:そうするとあなたは、

今井通子:今、息子さんとかお嬢さんは?

相談者:一番上の子はもう結婚をして、ます。

今井通子:でぇ、あの、外へ出てらっしゃんの?

相談者:はい、

今井通子:ん、ん、

相談者:2番目の子も、今は、一人暮らししてます。

今井通子:3番目の18歳の、

相談者:は(わ)、一緒に住んでます。

今井通子:ああじゃあ、あなたのところは、そうするとあなたと、

今井通子:坊ちゃんだけっていうこと?

相談者:はい、そうです。

今井通子:ああ、はあはあ、はあ、

・・

今井通子:でぇあなたは坊ちゃんの、食事の支度とか、

相談者:はい。

今井通子:そういうのはしてる?

相談者:はい。

・・

今井通子:そうすると、農業の手伝い?

相談者:はい。

今井通子:これは、まぁ、両方の、

今井通子:おうちから、別々に出て来て、

相談者:はい。

今井通子:鍬持って

相談者:そう、そう、そうですね、はい。

今井通子:うん。

今井通子:で畑に、か、まぁ、

相談者:はい。

今井通子:田んぼかわかんないんですけど、

相談者:はい。

今井通子:行くわけですねぇ?

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

今井通子:でぇ、

・・

今井通子:これ、

今井通子:義理のお父さんやお母さんが認めてくれなかったんじゃなくて、ご主人が認めてくれないの?

・・

・・

相談者:うん、何か、わたしがやってることに対しても、いちいちなんか(苦笑)、愚痴が出るっていうか、

今井通子:愚痴を言うの?

相談者:あっ、これやっててまた、主人も主人でまぁ、病気の管理とか、こういうのもある、

今井通子:あ、もちろんもちろん。

相談者:も、あるんですけど、

今井通子:うん。

相談者:従業員さんに対しても、どっか壊れたところが、あったら、

今井通子:うん、

相談者:なんで、

相談者:修理して、やらないとか、とか、

今井通子:うん、

相談者:でも、ふふっ(笑)、こんな、修理をしてる、時間、がないぐらいちょっともう、切羽詰まってんですよ、時間が、あはは(苦笑)、

今井通子:大変ですねぇ。

相談者:うんでぇ、

相談者:これだけ働いてんですけど、

・・

相談者:自分も、

相談者:経営者として、

今井通子:はい。

相談者:もっと働いてると。

今井通子:うん・・

今井通子:でぇ、あなたから見て、

今井通子:ご主人自身は、どれぐらい働いてます(笑)?

相談者:うん、も、もうなんか、一応、朝も6時、から、約12時間ぐらい働いてるんですけど、

今井通子:うん、

相談者:でもわたしから見たらそれを、なんかこういうふうになったのは(苦笑)、

相談者:経営者のあなたですよねぇ(苦笑)、みたいな感じるのがちょっとあるんですよ、とっても、ふふふっ(苦笑)。

今井通子:ふふふ(笑)、なるほど。

相談者:もし、これを、やりたくなければじゃあ、なんかもっとなんか、

相談者:利便性っていうか、こんなのもっと取り入れたら?みたいな感じのがあるんで、えへへ(苦笑)。

今井通子:うん。機械化するとかねぇ。

相談者:そう、

今井通子:人を雇うとか、

相談者:うん、人を雇う、ああ人を雇っても、うふん、ひどいときには午前中で辞めていきます、ふふふ(笑)、

今井通子:(苦笑)、あっ、それぐらいハードなのねぇ?

相談者:はい。

今井通子:ま人はそうすると雇えないと。

相談者:もうだからわたしからけい、まぁ、いろいろ、言い争ったときに、

今井通子:うん、

相談者:僕がいるから、

今井通子:うん、

相談者:ここは経営成り立ってる。僕がちゃんと経営してるからお前たちは食べていける。

今井通子:うん、

相談者:給料も与えてる、うんでも、わたし達、りょ、逆に、わたし達一生懸命働いてるからしたら、わたしたちがいなかった(苦笑)、

相談者:あの人できる?みたいな感じなのが、あるんで、もうま、わたしも、相手のこと認めてあげないといけないのかぁなって思うけど、もうそれはちょっと無理ですねぇ、あはは(苦笑)、

今井通子:んん、なるほど。

相談者:難しい!

今井通子:うーん・・

・・

今井通子:はい。

今井通子:それで、そうすると今日のご相談なんでしょう?

相談者:うんだから、旦那がこういった態度っていうか、出て来るんですけど、

今井通子:はい。

相談者:わたしはどうして、対処したらいいかどうか?ふふふ、

今井通子:なるほど。わかりました。

今井通子:今日はですねぇ、

今井通子:幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてますので、

相談者:あっ、

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願いいたします。

相談者:はい、よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA