テレフォン人生相談
今井通子・マドモアゼル愛

今井通子・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2020年7月7日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
53歳の女性から、肺がんの手術をした主人が、もう人生を諦めてしまったような感じになってしまった。主人の気持ちをどう受け止めるべきか、というご相談です。

目次

スポンサーリンク

人生を諦めた感じの夫

相談者は53歳女性、夫は53歳で単身赴任中、子供は2人、23歳独身の長男、独立し外に出ている。14歳の次女と2人暮らし。

今井通子:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:お世話になります。

今井通子:はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:えっと病気をした主人が、人生を諦めているような、発言を、し出したのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:その相談なんです。

今井通子:なるほど、あなたおいくつですか?

相談者:53歳です。

今井通子:53歳、ご主人は?

相談者:53歳です。

今井通子:53歳、え・・ご結婚何年目?

相談者:えっと25年目です。

今井通子:25年目、お子さんいらっしゃいます?

相談者:はい。23歳の息子と、

今井通子:はい。

相談者:14歳の娘です。

今井通子:え・・23歳の、息子さんまだ、

相談者:はい。

今井通子:あ、おうちにいらっしゃいますよねぇ?

相談者:えっと独立して、外へ出てます。

今井通子:もうご結婚されて?

相談者:いや、結婚はまだですが、

今井通子:はい。

相談者:はい、でぇ14歳の、むす、め(娘)と、わたしが一緒に暮らしていてぇ、

今井通子:はい。

相談者:えっと主人は、近隣の、県に単身赴任中です。

今井通子:ああ、あ・・はい。

今井通子:ご病気は、ご主人いつなさったの?

相談者:えっと8ヶ月前に、肺がんの手術をしました。

今井通子:え・・片、肺ですかねぇ?

相談者:そうです、はい。

今井通子:ええ、

相談者:3分の2取りました。

今井通子:現在は、もう、そうすると、

相談者:っと4ヶ月前に仕事復帰してぇ、

今井通子:はい。

相談者:そのあと1ヶ月ぐらいは、あのすごく生き生き、仕事してたんですねぇ。

今井通子:はい。

相談者:それでメールも明るくてぇ、

今井通子:はい。

相談者:順調に行ってるなぁと思ってたんですが、

今井通子:はい。

相談者:その後の、1ヶ月後ぐらいからですねぇ、

今井通子:うん、

相談者:だから今から3か月ぐらい前から、

今井通子:はい。

相談者:え・・突然メールが、ある日突然ホントに突然来なくなったんです。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、あとぉ、わたしがまぁ、心配で、あのあちらのほうにも行くんですけれども、笑わなくなったり、冗談もまったく言わなくなってしまったんですねぇ。

今井通子:はい。

相談者:それで、今までの人生は全部失敗だったとか、

今井通子:うん、

相談者:もう半分死んでる状態やっていうことを、何回も言い出したのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、詳しく、話を、聞くようにしたんです。

今井通子:はい。

相談者:すると、今まで、あのぅ、主人の実家との金銭トラブルがあってぇ、えっと10年ぐらい疎遠な状態なんですね、今。

今井通子:はい。

相談者:はい、そのこととか、あと息子とも不仲になってぇ、おりましてぇ、あとぉ、

相談者:自家用車を、家庭の事情でちょっと一旦手放して、

今井通子:はい。

相談者:それ以来、買ってないんですけども、

今井通子:はい。

相談者:まぁ、そのこととかを、いろいろこう、わたしにこう・・ぶつけてきだしたんです。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、わたしが、あのときに、こう言うたやろ、ああ言ったやろっていうことすごく、まぁ責めるような言い方を、し出したんですね。

今井通子:はい。

相談者:それで、一応わたしは謝ったんです。

今井通子:はい。

相談者:うんけれども、わたしを責めるような言い方をしたあとで必ず、それもこれも全部、声大きくしっかり、君に伝えられなかった僕のせいや、だから僕が悪いんや、だから僕の人生はもう全部失敗やった。

相談者:っていうことを、言い出したんですねぇ。

今井通子:はい。

相談者:はい。

相談者:それでまぁ、わたしもすごく心配になってぇ、放っとけないのでぇ、

今井通子:ええ、

相談者:2週間に1回ぐらいは、あのぅ、必ずその、赴任先に出向いてぇ、

今井通子:はい。

相談者:まぁ、この、話を、もう何回も何回も、行くたびに繰り返したりしてぇ、

今井通子:はい。

相談者:また自分を責めたり、

今井通子:うん、

相談者:いやわたしはそんなことないよ、幸せやから、

相談者:っていうふうな、まぁその繰り返しを、してたんですが、

今井通子:はい。

相談者:昨日、一緒にちょっと出かけたんです。

今井通子:はい。

相談者:はい。

相談者:そしてぇ、主人の単身赴任先に、帰ったときに、

今井通子:はい。

相談者:また息子の話をこう・・言い出したんです。

今井通子:はい。

相談者:あいつは、こういうところがアカン、ああいうところはアカン、みたいなこと。

今井通子:はい。

相談者:それでぇ、わたしはもう、その話は聞きたくないなぁと、心でまぁ、思ったんですね。

今井通子:はい。

相談者:それでぇ、

相談者:もうあのぅ、その話はもう何回も聞いたし、

今井通子:うん、

相談者:あなたの気持ちはもう分かってるから、っていうことでぇ、

今井通子:うん、

相談者:その話を、まぁ、一旦中断してぇ、「コーヒーでも入れようかぁ」って言うたんですねぇ。

今井通子:はい。

相談者:いや、それが気に入らなかったみたいでぇ、すぐ息子の話をしたら話を中断して、話を変えようとする。

今井通子:うん、

相談者:うん、俺の気持ちを、言葉では『分かった』・・『ごめん』とか言いながら、全然分かってない!・・って言い出してぇ、

相談者:なんか、涙がすごくこう、潤み出したんですねぇ、主人がねぇ。

今井通子:はい。

相談者:それでそのときに、もう心臓麻痺で一気に死にたい、とか、

今井通子:うん、

相談者:手術は失敗したら、良かったんや、とか、

今井通子:うん、

相談者:でぇ、怖いことにねぇ、もう1回タバコ吸ってガンになったらええんや!とか言って、すごく昨日・・もう・・諦めたような、

今井通子:はい。

相談者:言い方を、し出したんです。

今井通子:はい。

相談者:とても心配でぇ、

相談者:主人の、気持ちを、どういうふうに、受け止めてあげてぇ、どういうふうな、対応をしてあげたら、またこう、生きて行こう、頑張ろうっていう気持ちに、なってくれるのか?

今井通子:ふぅーん・・

相談者:それが知りたいんです。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

・・

今井通子:えぇ、今日はですねぇ、

相談者:はい。

今井通子:心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA