テレフォン人生相談
玉置妙憂・三石由起子

玉置妙憂・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年7月8日(水)
パーソナリティ:玉置妙憂(看護師・僧侶)
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
87歳の男性の方から、一緒に住んでいる56歳の娘との考え方や話し方のズレを感じている。娘の幼少期の育て方が悪かった事を反省しているんっです。というご相談です。

目次

スポンサーリンク

娘の育て方が悪かった事を反省

相談者は87歳男性、妻は85歳、同居する娘56歳。

玉置妙憂:もしもし、テレフォン人生相談です。

玉置妙憂:今日はどのようなご相談でしょうか?

相談者:娘とのねぇ、

玉置妙憂:はい。

相談者:言葉がこう、通じないっていうか、

玉置妙憂:うん、

相談者:こう、考え方のズレから、

玉置妙憂:うん、

相談者:問題が生じて、来てしまって、

玉置妙憂:まずご年齢を、お伺いしてもよろしいでしょうか?

相談者: 87。

玉置妙憂:今奥さまは?

相談者: 85です。

玉置妙憂:娘は56、一緒に、住んでおります。

相談者:ほう、あの娘さんは、ではご結婚は?

玉置妙憂:いや、あ、していないです。

相談者:うん、でぇ、娘さんと、その、考え方が、ということですけれども、具体的には、

相談者:いつ位から、どんな感じでですか?

相談者:ここ4年ぐらい

玉置妙憂:うん、

相談者:からでしょうか、子供の、幼少期の頃に、ついて、あまりこう、関心を持って、こう、育てようとしなかった、というようなこと、これは、ここ最近になって、

相談者:いろいろ、考えろというようなことを、問われて、いるにしたがって、次第に、わたしなりに、ああ・・

相談者:小さい、時の育て方がまずかったのかなぁ・・っていうことで、でてきたわけなんですな、

玉置妙憂:うーん、つまり、娘さんが、あなた様に対して、

相談者:うん、

玉置妙憂:小っちゃい頃、わたしを構ってくれなかったって言ってるってことですかね?

相談者:はい、そうです。

玉置妙憂:うーん・・

相談者:うん、前はどちらかというと、

相談者:精神、治療などを、こうしておったんですが、

玉置妙憂:ふぅーん・・

相談者:え、そいが・・4年目あたりから、サプリ、による、治療というような方向に変わって行ったんですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:その前までは、こう頭が、スッキリしない状態でいたんだけども、

相談者:そういうサプリなどを、飲むようになってから、

相談者:こう・・スッキリしたっていうか、目が覚めたというか、

玉置妙憂:うん、

相談者:感じ方が、変わって来たん、

玉置妙憂:うん、

相談者:ですね。

相談者:それでぇ、お話を、するようになって来たんですが、

玉置妙憂:その、病院に、娘さんがかかり始めたのは、おいくつぐらいのときからですか?

相談者:うん、30・・歳・・

相談者:以後の頃から、

玉置妙憂:娘さん、もっと、お小さい頃って、学校行ったりとか、そういうお勉強、の、成績だったりは大丈夫だった、

相談者:うーん、その頃・・はねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:忙しかったのでぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:あまり子供に関心はなかったんですけども、

玉置妙憂:うん、

相談者:幼少期のときに、

相談者:子供がなんとなしに、こういうふうなんだぁ、というような、

相談者:遠回しに言ってるようなことから、

相談者:こう、考え、て、わたしは、ああ、

相談者:この、ぉ、子供のときに、ホントにこう、可愛がって、

相談者:こう、思いや、りの気持ちを、持って、楽しい思い出を作るようなことをすればえかったのに、しなかったなぁ・・っていうことを今、

相談者:感じてんですが、

玉置妙憂:うーん・・

玉置妙憂:奥さまは?

相談者:やっぱりこう、働いてたから、最初の、子供に対してはあまりこう、

・・

・・

相談者:そこまでは、しなくても・・ま、まぁ・・いい・・子であったような感じで来たから、

玉置妙憂:うん、

相談者:感じなかった、だろうと思うんです。

玉置妙憂:ふぅーん・・

相談者:ただ、

相談者:小さいときは分からなかったんだけど、だんだん大きくなるにつれて、学校へ行かなくなった、行きたくなかったようなことだ、

相談者:とかいろいろこう出て来て、

相談者:え、あるいは、周りの人との関係も、上手くいかなかったようなことが、出て来たらしいんですが、

玉置妙憂:うん、

玉置妙憂:お仕事は、あのぅ、自営業か何かで奥さまと一緒にされてたんですか?

相談者:いやいや・・勤めに行っていたんです、ええ、

玉置妙憂:お勤めで?

相談者:はい。

玉置妙憂:でぇ、奥さまも働いてらっしゃって、

相談者:はいそうです、ええ、

玉置妙憂:おぉ、じゃあ、あのぅ、お2人で働いてるときに娘さんは、どなたがみてらしたの?

相談者:年寄りが、

相談者:いたんだけども、

玉置妙憂:はい。

相談者:あんまり・・年寄りも、関心が、少なかった、

玉置妙憂:うーん・・

相談者:のかなぁ、

玉置妙憂:うん、

相談者:とも思うけどもねぇ。

玉置妙憂:うーん・・

玉置妙憂:でぇ4年前、治療方法が変わってぇ、

相談者:うん、

玉置妙憂:娘さんの頭がスッキリしたら、

相談者:スッキリして、

玉置妙憂:いろいろ、

相談者:そしてぇ、本をたくさん読み始まってぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:え・・あるいは、テレビにしても、こう、関心を持つようになったのは事実なんですが、

玉置妙憂:うん、

相談者:あたしらのこう、言っている言葉、は、どちらかというと、こう、普段の言葉で、

・・

相談者:こういうふうにしたほうがいいんじゃないかなぁとか、こういうふうな・・考えでなんでもこう話してますよねぇ?

玉置妙憂:うん、

相談者:うん、だけども、えぇ、その中に・・どちらかというと・・心・・が、こもった、そのぅ、表現がしていないっていうようなことで、

玉置妙憂:うん、

相談者:いつもでも、言われんですよねぇ、

玉置妙憂:あっ、

相談者:こう、

玉置妙憂:娘さんが?

相談者:ええ、

玉置妙憂:お父さん達の、話すのは、

相談者:うん、

玉置妙憂:心がこもってないって言うってこと?

相談者:ええ、そうそう、

玉置妙憂:ああ、

相談者:感情とかそういうものを、

相談者:心の中からこう、

相談者:お話、が、なかなか、あたしにはこう、できないんですよねぇ、す、なかなかこう、心のこもった、感情のある言葉を表現することができなくてぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:ただこう、当たり前の言葉を、

相談者:ぉ、言ってぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:しまい、がち、

玉置妙憂:うん、

相談者:なんですよねぇ。

玉置妙憂:うん、

相談者:そうすると、話してる内容が、

玉置妙憂:玉置妙憂:ああ、

相談者:子供のようだとかね。

玉置妙憂:うん、

相談者:新聞、に、そんなのがあったのは・・あぁ、切り取っ、て来たやつを・・ぉ、お話してるぐらいじゃねぇかなぁとか、こう、言われちゃうんですが、

玉置妙憂:言われちゃってねぇ。

相談者:その心のこもった言葉がこう表現できない、

玉置妙憂:うん、

相談者:そういう、欠点は、多々あると思ってるんです。

玉置妙憂:うーん、分かりました。

玉置妙憂:今日お答えいただきますのは、三石メソード主宰、作家で、翻訳家の三石由起子先生です。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA