テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2020年7月10日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
27歳の男性から、同じ職場の男女が不倫関係にあり、その男性の奥さんと一緒に男性を尾行して写真を撮ったら、相手の女性から「訴える」と言われたというご相談です。
加藤諦三氏の〆の言葉『不満のある人ほど、デマに関心を持ち、デマを信じます。』

目次

スポンサーリンク

不倫関係の男女を尾行し写真を撮る

相談者は27歳男性(独身・実家住まい)登場人物:会社同僚男女(不倫関係)、会社同僚男の内縁の妻

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、お願いします。

加藤諦三:最初に、年齢おしえてください。

相談者:27です。

加藤諦三:27歳、独身ですか?

相談者:独身です。

加藤諦三:お一人で生活してんの?それともご両親と一緒?

相談者:実家で、はい、生活しています。

加藤諦三:あ、実家で、

加藤諦三:はい分かりました。そいで、どんな相談ですか?

相談者:職場内での、

加藤諦三:はい。

相談者:不倫関係のトラブルに、巻き込まれている件について相談したいんです。

加藤諦三:はい、不倫関係のトラブルに巻き込まれているっていうことは、あなた自身の不倫ではなくて、あなたの関係者の・・

加藤諦三:不倫に、なにかあなたが取り込まれているっていうか、巻き込まれているっていうことですか?

相談者:はい。お店に、

相談者:男性と、まぁ女性が、いまして、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、その、男性の方には、内縁の妻がいて、子供も3人います。

加藤諦三:子供が3人、はい。

相談者:内縁の、お嫁さんとは、わたし自身、元々知り合いなので、

加藤諦三:はい。

相談者:色々と、まぁ連絡を、もらい、不倫、してるんじゃないかと、言われ、

加藤諦三:あっ、

相談者:でぇ職場内でも、

加藤諦三:はい。

相談者:そういう雰囲気があったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしもそうですけど、わたし以外の人も感づいてて、

加藤諦三:はい。

相談者:ま、それで、ま、職場内の空気が悪化して、

加藤諦三:うん、

相談者:実際、ある日、その嫁さんから、今、男性の方が、夜遅くでかけたと、

加藤諦三:はい。

相談者:え、連絡が来て、でぇ今、尾行してると言われたんですよね。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、それに、尾行の現場に、わたしも、近くにいたんで、行ってしまって、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、そこで写真も撮ってしまったんです。

加藤諦三:写真を撮ったって、誰が撮ったわけ?

相談者:わたしと、そのぉ・・嫁さんがです。

加藤諦三:現場ってのはどんな現場ですか?

相談者:公共の場でぇ、誰でも出入りできる、

相談者:24時間やってる・・スーパーみたいなとこです。

・・

加藤諦三:24時間やってるようなスーパーでぇ、不倫の現場っていうのは、

加藤諦三:どういう感じです?要するに24時間、誰でも行けるような場所ですよねぇ?

相談者:それだけでは不倫とは言えないとは思うんですけども、

加藤諦三:はい。

野島梨恵:うん、

相談者:たぶんその、男性の、嫁さん自体は、最近朝帰りも多かったりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:家庭が上手くいってないとかで、元々怪しんでて、

相談者:それに対して、まぁ今回尾行をしてぇ、まぁその現場で、ホントに女と会ってるんだってのを突き止めて。

加藤諦三:うーん・・

相談者:それで、まぁそれが一回目で、その日は終わったんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、二回目も、

加藤諦三:そいでその写真を、あとはもう、お互いに、持ってた、だけの話ねぇ?

相談者:わたしは撮ったやつを、嫁さんに送って、

加藤諦三:ええ、

相談者:その後はすぐ消しちゃいました。

・・

加藤諦三:消しちゃった。

相談者:はい。

野島梨恵:うん、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:お嫁さんの方に、送った・・というのは、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:そのときあなたの気持ちの中に、

相談者:はい。

加藤諦三:そのお嫁さんへの好意かなんかがあったわけですか?

相談者:いや、一切ありません。ただ友だち、で、家庭の状況が複雑で、旦那の、不倫、を暴いて、家庭内を安定させたいとのことだったのでぇ、

加藤諦三:うーん・・そいでぇ、今日のあなたの相談っていうのは、そうすると、どういうことですか?わたし自身が不倫してるわけじゃないし、それを、疑われてるわけでもないわけですよねぇ?

相談者:尾行、と、写真を撮った、

加藤諦三:うん、

相談者:ということに対してぇ、

加藤諦三:対してぇ?

相談者:女のほうが、わたしに対して、その、弁護士を雇って、まっ、書類を送る、まったぶん、訴えるとか、

加藤諦三:あっ、

相談者:慰謝料とかだと思うんですけど。

加藤諦三:あっ、そいでわたしはどうしたらいいでしょうか?ということ、はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあの、スタジオに弁護士の、野島梨恵先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います。

相談者:はい・・はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA