テレフォン人生相談
今井通子・坂井眞

坂井眞

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

坂井眞:よろしくお願いします。

相談者:あ、よろしくお願いします。

・・

・・

坂井眞:質問は2つあって、

相談者:はい。

・・

坂井眞:こんな状況で生活保護を、

坂井眞:受けていて、

・・

坂井眞:許されるの?っていう、法律的な、

相談者:はい。

坂井眞:問題が1つと、

相談者:はい。

坂井眞:友人として、そのぅ、ぉ・・まぁ、あなたの友人の男性のほうかな?

相談者:はい。

坂井眞:に、どういう態度を取ったらいいのか?って、こういうことですよねぇ。

相談者:はい、はい、はい。

坂井眞:でぇ、端的に言うと、

相談者:はい。

坂井眞:生活保護は、

坂井眞:世帯単位。

相談者:あっ、

坂井眞:え・・健康で文化的な最低限度の生活ができるラインを下回っちゃってるかとどうかと、その世帯がねぇ。

相談者:はいはい・・はい。

坂井眞:ということで判断をされるのでぇ、

相談者:ええ、

坂井眞:そういう意味では、今のあなたの話だと、

相談者:はい。

坂井眞:お・・友人、と、相手の女性?

相談者:はい。

坂井眞:は(わ)、一緒に住んで、

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、お子さんもできて、

坂井眞:あのぅ、その女性の、お・・前のお子さん2人も一緒にいるのかな?

相談者:そうですね。

坂井眞:5人で?

相談者:はい。

坂井眞:傍から見たら、

相談者:はい。

坂井眞:一家5人で住んでいると、

相談者:はい。

坂井眞:お父さんお母さんと子供3人で住んでいる。

相談者:はい。

坂井眞:生計、つまり、家計ですよね。

相談者:はい。

坂井眞:は(わ)、1つになって住んでるわけですよね。

相談者:はい。

・・

坂井眞:でぇそうすると、世帯単位ってのは生計を共にする同一世帯っていう言い方で、区切られるので、

相談者:ええ、

坂井眞:まさにそれに当たるから、内縁の夫であるあなたのご友人の収入がしっかりあるならば、

相談者:はい。

坂井眞:それも、生活保護が受けられるかどうかの、この判定?基準に、

相談者:はい。

坂井眞:繰り込まれるわけですよ。

相談者:はいはい。

坂井眞:でぇ、ちゃんと給料取ってるんだったら、もらえないですよねぇ、って話になりそうですよね。

相談者:はいはい。

坂井眞:金額わからないから(苦笑)なんとも言えないけど、

相談者:ええ、えぇ、えぇ、

坂井眞:でぇまぁ、だからそういう感覚はわかるんで、

相談者:ええ、

坂井眞:仮に、あのあなたのご友人がちゃんと給料を取っているんだったら、

相談者:はい。

坂井眞:普通は生活保護受けられないよねぇ、

相談者:はい・・

坂井眞:っていうことになりますよね。

相談者:はい、はい。

坂井眞:でぇ、だとして、

相談者:はい。

・・

・・

坂井眞:友達、友人として、

相談者:はい。

坂井眞:どう言うべきか?というところは、

相談者:まぁ、これははっきり言って答えは、な(苦笑)、ないと思うんですけども、シィ・・

坂井眞:うん、だから、わ、わたしの感覚で言うしかないんだけど、

相談者:ええ、

坂井眞:ある言い方をすれば、

相談者:はい。

坂井眞:それ余計なお世話だ、

相談者:はい。

坂井眞:っていう言い方もできるし、

相談者:はい。

坂井眞:だけどあなたとそのご友人が、ホントに近い関係でね。

相談者:はい。

坂井眞:本当に、その友人の、ことを思うんだったら、

相談者:はい。

坂井眞:「そういう違法なことやってちゃマズイんじゃないの?人間としてどうなの?」っていうアドバイスも、それは、あるかもしれないから、

相談者:はい。

・・

・・

坂井眞:でぇ、それを単になんか、そういう相手のことを考えるだけじゃなくてぇ、

相談者:ええ、

坂井眞:なんかこう、取締り的にね、「それ反則じゃないの?」みたいなだけで言うんだったら、

相談者:はい。

坂井眞:なんか友人として言うって話とちょっと違うような感じもするし、

相談者:ええ、はい。

坂井眞:その辺のところのあなたのその、今回のご相談の本音は、どの辺りに?

・・

相談者:まぁあのぅ、本人もですねぇ、子供が、産まれ、たときに、生活保護を、もらい続けるってのも、まぁ良くないことってのはたぶん、わかってるみたいなことを言ってたんでぇ、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ、であれば、

相談者:正々堂々と、というか、すべきじゃないの、って思うんですけども、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ実際その本人から、まぁ転職したばかりでぇ、で、いきなり子供3人の、親になったら、まぁ、生活が大変ってのは、

相談者:そうなのかなぁ・・ってか、まぁ本人がどの程度の収入があるかもわたしはわからないんですけども、

坂井眞:うん、

相談者:スゥ・・ただまぁ、

相談者:ホントに生活できない・・っていうほどでも、ないと思うのでぇ、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ夫婦2人で働けば、

相談者:どうにか生活できると思うんですよね、お子さん3人いても。

坂井眞:うん、

相談者:だから、やっぱ、やってることは間違ってるな、って思いましてぇ、

坂井眞:うん、

相談者:あとは自分でも、どうすべきか、と言いつつ、やっぱこう衝突したらちょっと、嫌だなっていう思いもあったり、

坂井眞:うん、

相談者:だ、本音では、役所とかが、

坂井眞:うん、

相談者:もう、取り締まって、ああ、こういう現状なんだね、じゃあ・・出せませんってしてくれるのが個人、的には一番、いいんですけども、

相談者:はい。

坂井眞:でも、あなた、お友達、

坂井眞:ね、ホント、友人とおっしゃるから、ホントに友人だとしてねぇ、

相談者:ええ、

坂井眞:え・・かと言って、「あそこおかしんじゃないですか?」って、

坂井眞:え・・

相談者:まぁ、そうですよねぇ、

坂井眞:役所に言いに行く、つもりやなんかないんでしょう?

相談者:そう、できないんですけども、

坂井眞:すごく難しいのは、

相談者:はい。

坂井眞:例えば、そのぅ、今はまぁ、

坂井眞:その、傍から見たら、家族のように1カ所に、い・・ま、同居をして、

相談者:はい。

坂井眞:生計を1つにしていると、いうふうにおっしゃるけれども、

相談者:はい。

坂井眞:その前段階が、あ、ある、としてさぁ、

相談者:はい。

坂井眞:そうすると別に、生活を、保護を受けていたその女性?

相談者:はい。

坂井眞:前はだから、そのだん(男)・・あ、んい、あなたのご友人と、

相談者:はい。

坂井眞:同居してたわけじゃないわけでしょ、最初は。

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、そうすると、収入がなければ、お子さん2人抱えて、

相談者:はい。

坂井眞:え・・生活保護受けなきゃ、生活できないから、受けていい立場だったと、するじゃないですか。

坂井眞:そう、

相談者:まぁ、前はそうです。

坂井眞:ねえ。

相談者:はい。

坂井眞:でぇそういうときに、い・・今のご友人が、付き合いはじめてね、

相談者:ええ、

坂井眞:でぇ、ちゃんと収入のある彼と付き合ってるから生活保護受けられないってことにはならないわけですよ。

相談者:ええ、

坂井眞:そこってある意味、ファジーなというか、

相談者:はい。

坂井眞:グレイゾーンがきっとあるじゃないですか。

相談者:まぁ、そうですねぇ、**

坂井眞:同一世帯になっているのかどうか?

相談者:はい。

坂井眞:そういうときに、じゃあ、もう一緒に住んだ瞬間に、生活保護を、は(わ)、もう要りませんと言われなくちゃいけないのか?違法なのか?っていうのは、

相談者:うーん・・はい。

坂井眞:結構、あのぅ、、ファジーな部分があると思うんですよ。

相談者:あ、ああ・・

坂井眞:でぇ、今の、

相談者:はい。

坂井眞:あなたの言った前提だと、

相談者:はい。

坂井眞:どうもなんか、あの、反則気味かなとは思いますけど、

相談者:うーん・・

坂井眞:そのファジーなというか、グレイなゾーンがあるとしたら、

相談者:はい。

相談者:はい。

坂井眞:その中で、その彼のほうが、心を決めて、確かにこれはもう・・あのぅ、家族なんだと、

相談者:はい。

坂井眞:世帯単位で、同一世帯なんだから、もらってちゃいけないんだと、ぉ、おも(思)・・う、までの時間、的余裕が多少あってもいいような気もするからねぇ、

相談者:はい、はい、はい。

坂井眞:その辺はどうなんだろう?例えばそれで、

坂井眞:もう、間違いなく、生計を共にする同一世帯で、

相談者:はい。

坂井眞:世帯単位でいったら間違いないよっていうのが何年も続いていたら、

相談者:はい。

坂井眞:それはもうなんか、ファジーとかグレイとか言ってる場合じゃなくてぇ、

相談者:うん、はい。

坂井眞:おかしいよねと、だけど本人が人間としてどうなの?と、

相談者:ええ、

坂井眞:でぇ、それを、友人ないしは、周りの、お、一市民として、「おかしいじゃないか」と言うべきなのかどうか?

相談者:うん、はい。

坂井眞:ってそういう問題になるんだけど。

相談者:はい、はい。

坂井眞:前提がどうなのかなぁ、っていうことを、

相談者:はい。

坂井眞:ちょっと知りたい気がするし、

坂井眞:あなたが、その友人に言うときに、どういう立場で言うのかってことは考えどころかなぁ、という気がするんですけどね。

相談者:ええ、はい。

・・

相談者:まぁ、聞いてる限りだと、この5人で、

坂井眞:うん、

相談者:旅行とかも行ってたりですねぇ、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ、あと、そのぉ・・できてしまった、赤ちゃん・・

坂井眞:うん、

相談者:についても、まぁ、すごい可愛いって言ってこう、夫婦で育ててるらしいのでぇ、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ、そこの世帯って、まぁ、これもわたしのヒアングベースなんですけども、

坂井眞:うん、

相談者:世帯ってところについては、もう間違いなく、同じ世帯なのかなっていう、

坂井眞:ふぅーん・・

相談者:感じはするんですねぇ、聞いてる限りだと。

相談者:スゥ・・なんで、まぁ、今日教えていただいたのだと、だから、まぁホントに家計として、一世帯になってるんであれば、やっぱり制度にそぐわないっていうのは、わかったんですが、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ、あとは、自分が、そのぅ、

相談者:それをわかった上で、

坂井眞:うん、

相談者:か、彼にどう言うかってところが、まぁ自分次第なのかもしれないんですけども、

・・

坂井眞:どう言うかってことは、よく考えられたほうが良くて、

相談者:うん、

坂井眞:でぇ、おかしいもんはおかしいという立場も、もちろんあると僕はおも、思いますけど、

相談者:はい、はい。

坂井眞:だけどあなたがそのぅ、友人関係っていうのがあるんだったら、

相談者:はい。

坂井眞:そこは、自分がどこに引っかかっていて、誰のために、なんのために言うのか?っていうことは、

相談者:うーん、はい。

坂井眞:ちゃんと、よく考えて、その辺、自分でちゃんとこう、整理をしたほうがいい、という気がするんですけどねぇ。

相談者:まぁ、そうですよ、なぜ、

坂井眞:うん、

相談者:わざわざそんなことをこう、

坂井眞:そうそう、

相談者:言うのか、ってことですよねぇ、

坂井眞:うん、

相談者:はい。

坂井眞:なんで、引っかかって、ご相談を、されているのかというところが、

相談者:うん、はい。

坂井眞:あなたがどう、友人に、ご友人に対応する、のか、という方向性と、

相談者:うーん・・

坂井眞:関係してくるような気がするんでねぇ。

相談者:まぁ本人も、

相談者:まぁ本音なのかどうなのかわからないんですけど、わたしに対しては、

坂井眞:うん、

相談者:まぁそんなのにこう、頼るってのも、よくないと思うし、みたいなことを、一応言ってたのでぇ、

坂井眞:うん、

相談者:まぁでぇあれば、まぁ夫婦2人で、

相談者:もう、どっちも健康なわけですし、

相談者:子供もすんごい小っちゃいわけじゃないのでぇ、

坂井眞:はい。

相談者:まぁ、しっかり働いてぇ、

相談者:普通に生活する、べきなんじゃないの?・・ってホントに・・こう、

相談者:思う部分もあると言いますか、

相談者:はい。

坂井眞:ご友人がそんなふうに自分でおっしゃるんだったら、

相談者:はい。

坂井眞:なんかそういうときに、世帯単位っていうところでいったら、アウトなんだったらね、

相談者:うん、

坂井眞:これ違法なことになるから、もうやめてぇ、

相談者:うん、

相談者:うん、

坂井眞:生きたほうがいいんじゃないの、と、

相談者:うん、

坂井眞:自分のためにも子供のためにも、

相談者:うん、

坂井眞:奥さんのために、

相談者:うん、

坂井眞:胸張って生きれるからいいんじゃないの、っていうのは、間違ったアドバイスじゃないよねぇ。

相談者:うーん・・

相談者:はい。

坂井眞:でぇ、そういう話でできるかどうかだと思うのでぇ、

相談者:ええ、

坂井眞:だけど、言ってみたら、いやいや、そんな、もう、ギリギリなんだよ、って話かもしれないから、

相談者:うん、はい。

坂井眞:話すとしたら、なんかその辺を本音で話せるよう、に、じゃないと、なんか、

・・

相談者:うん、

坂井眞:ねぇ、マズイかなっていう気はするんですが、

相談者:ああ、はい。

・・

坂井眞:その、不正受給っていう、単純な問題だったらねぇ、

坂井眞:それはダメだよねって一般論でいいんだけど、

相談者:はい。

坂井眞:そこで友人関係が絡んでいて、

相談者:スゥゥ・・まぁそうですねぇ、

坂井眞:気になっているというのが、

相談者:はい。

坂井眞:なんでそこまで気になるのかなぁと、

相談者:うーん・・

坂井眞:それは間違ってないんだけど、

相談者:うーん・・

坂井眞:ちょっと気になるところでぇ、

相談者:まぁ、いやでもホント、おっしゃる、通りだと思います(苦笑)、はい。

相談者:自分の・・こと、こう、考えてみると、まぁ少しわたしも・・偏った見方が、もしかしたらあってぇ、

坂井眞:うん、

相談者:まぁ、なんか、生活保護もらってんのに、

相談者:そんなに遊んでいいのかよっていうのが、

坂井眞:うん、ふふふふ・・

今井通子:ふふふ・・

相談者:まぁ、本音ベース、

坂井眞:(笑)うん・・だよね。

今井通子:ふふふ・・

相談者:ちょっとあるのかなぁって、今思いました。それは・・

坂井眞:そう、そこが聞いてみたいところだったんだ。

相談者:ああ、まぁそれは、あるのかなって、今自分でぇ、

坂井眞:うん、

相談者:思いました。なんか、

坂井眞:だけど・・だけど生活保護受けてる人が、

相談者:はい。

坂井眞:なんか苦しそうな顔して歩いてなきゃいけないってのは間違ってると思うから、

相談者:うーん、まぁ、そうですねぇ、

坂井眞:なんかそれは違法だから・・言いつけちゃうぞ、みたいな、は、話だとねぇ、

相談者:うーん・・

坂井眞:なんか、あんまりいい方向ではないような気が、

相談者:うーん・・

坂井眞:するんですけどね。

相談者:わかりました。

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  まぁ 人のことに構わないで ご自身の事を考えた方がよろしいですね、あなたがご友人に忠告したところで 反感を買うだけ 本人は そんなことは百も承知の上でやっていることですから、そのうちほっといても おおきなしっぺがえし ペナルティを食らうのは本人ですから あなたではありません。

     人の事に構うな! 今はやりの 〇〇警察ですね。

  2. 不正なことをして利益を享受してるヤツに対する怒りの感情は理解できる。
    だけどわざわざ自分が火中の栗を拾うことはない。
    「天網恢恢疎にして漏らさず」って言うじゃないか。いつかそのうち天罰が下るだろうから、放っておけばよい。それが賢い人の態度。

    どうしても気が済まないのなら、自分の手を汚さずに誰か他の者にやらせればいい。たとえば当局に匿名の告発文を送るとかな。お奨めはしないけど。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA