テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2020年8月21日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
60歳の女性から、母と既婚者の男性との間に生まれ、その1、2ヶ月後に父が他界、裁判で死後認知の判決はもらったが50年前に亡くなった父の遺産を受け取る権利は残っているでしょうか?というご相談です。

加藤諦三氏の〆の言葉『お金で人生の価値をはかる人は不幸な人です。』

相談者は60歳女性、夫は60歳、18歳の子供は独立し夫婦二人暮らし。

目次

スポンサーリンク

死後認知でどうなる?父の遺産相続

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いいたしまぁーす。

加藤諦三:はい、最初に、年齢教えてください。

相談者:はい、60歳です。

加藤諦三:60歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:あっ、同じく60歳です。

加藤諦三:うん、60歳、お子さんは?

相談者:はい・・18で、独立しておりまぁす。

加藤諦三:でぇ今、お2人で暮らしてるんですね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:はい、遺産相続の、

加藤諦三:はい。

相談者:権利がまだ残っているかどうか・・お伺いしたくて、お電話させていただきました。

加藤諦三:はい、はい、残っているかどうかっていうのは、どなたの遺産ですか?

相談者:あっ、わたくし・・の、母が、

加藤諦三:はい。

相談者:未婚でぇ、わたしを身ごもりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その方・・があのぅ、家庭があったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:母が・・認知の、裁判を起こしましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしが、まぁ確かに、その人の子供であるという、判決をいただいてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:認知を、した・・んですがぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:その方が、あのわたしが産まれてぇ・・すぐ、亡くなってしまいましたのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:母が、生前、申してたのが・・

加藤諦三:はい。

相談者:あなたには、その父・・の、遺産をもらう権利があるということ、だったんですがぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:もう、その方も亡くなって50年・・以上経っているのでぇ、

加藤諦三:ああ・・はぁ、はい。

相談者:まだその権利が・・わたしにはあるのかどうか・・お伺いしたかったんですが、

加藤諦三:ああ、なるほどね。

加藤諦三:このお父さまは・・何歳ぐらいで亡くなられたんで・・

相談者:あっ、もうわたしが・・産まれて、1、2ヶ月ぐらいで亡くなったそうなんです。

加藤諦三:あっ、そうですか。

相談者:ですからわたしは全然、父というものを、

加藤諦三:はい。

相談者:知らないでぇ、育っておりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:母・・が、1人、子1人でぇ、育ててもらったんですがぁ、

加藤諦三:ああ、そうですか。

相談者:はい、でぇ、母が・・もう亡くなって10年・・以上経つんですがぁ、

加藤諦三:そうすると、あなたからすると、今、この・・実際のところを知ってる方はもう、い、いらっしゃらないんですね?

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:はい・・わかりました。

加藤諦三:え、要するに今・・お父さまが亡くなられてるけれど、その遺産・・相続まだ済んでいないと、

相談者:と、わたしは思っているんですが・・ご家族とは、正直言ってあの・・交流がないものですからぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしとしても、わからないのでぇ、それで、

加藤諦三:ああ、そうすっと相続そのものが・・まだ、

相談者:はい。

加藤諦三:終わってるか、終わってないかも、わからないということですね?

相談者:はいそうです、はい。

加藤諦三:はい、じゃあ、そっからもきちんとして、認知の判決もらってるわけですから、

相談者:はい。

加藤諦三:相続を、どうするかということですね?

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:はい、わかりました。今日はあのぅスタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい・・よろしくお願いいたしまぁーす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA