テレフォン人生相談
今井通子・坂井眞

今井通子・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年9月1日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
54歳の女性から、幼少期に、親と兄から殴る蹴るなどの虐待を受けて育った。今は親の介護をしているが、親への怒りの感情が抑えられない。どうすればいいか?というご相談です。

相談者は54歳女性、夫54歳 一人息子(中学2年) 父91歳(施設入所) 母92歳 兄62歳

目次

スポンサーリンク

虐待してきた親を介護

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あ、よろしくお願いいたします。

今井通子:はい・・今日は、どういったご相談ですか?

相談者:わたし自身がわからず、どう生きたら良いのか、

今井通子:はい。

相談者:わからないということです。

・・

今井通子:まず、お歳は?

相談者:はい、54歳です。

今井通子:54歳・・ご結婚されてますか?

相談者:ええ、あの、主人と息子がおります。

今井通子:はい、

相談者:はい。

今井通子:ご主人おいくつ?

相談者:はい、同い歳で54歳です。

今井通子:54歳・・

相談者:でぇ息子が、

今井通子:はい。

相談者:中2です。

今井通子:わかりました。

今井通子:でぇ・・そもそもが何?・・ご自身が?

相談者:はぁい、あのぅ、どう生きたら良いのか、わからない、

今井通子:うん・・うん、

相談者:ですね・・でぇ・・親・・と兄から・・虐待を受けて生きてきましてぇ、

今井通子:はい。

・・

相談者:スゥゥゥ・・でぇ・・今の主人と、結婚しましたら・・とても・・心が健康的な人だったものですから、

今井通子:はい。

相談者:訳がわからなくなってしまいましたぁ・・

・・

今井通子:うーん、まず・・ちょっとねぇ、そうすると(苦笑)、

相談者:うん・・ふっ(苦笑)、

今井通子:親、親御さんのあれを、先に聞かなきゃいけないかな?

相談者:はぁい、はい。

今井通子:お父さま・・は、おいくつ?

相談者:っと、91です、はい。

今井通子:お母さまは?

相談者:92です。

今井通子:お兄さんが、いらっしゃる?

相談者:あはぁい。

今井通子:お兄さんおいくつ?

相談者:62です。

今井通子:62歳、い・・

相談者:はい。

今井通子:現在ね。

相談者:はい。

今井通子:でぇ、

・・

今井通子:この、子供んときの話でしょう?

今井通子:虐待を受けたの、

相談者:そうですねぇ、ええ、

今井通子:はい。

相談者:そうですねぇ。

今井通子:うん、どんな虐待受けてたんですか(苦笑)?

相談者:えーっとねぇ(苦笑)、あのぅ・・父が、あのぅ、昔で言う三交代というシフト制で、

今井通子:はい。

相談者:父がいるときには・・みんな、食卓が一緒だったんですが、

相談者:父がいない夕、

相談者:晩の出勤のときはですねぇ、

今井通子:はい。

相談者:一切、あのぅ、食事を与えてもらえなくてぇ、

今井通子:これお母さまってこと?そうすると?

相談者:そうですねぇ、はい。

今井通子:はい・・はい。

相談者:でぇ、あのぉ・・お兄ちゃんと、わたしが食べるのを・・正座して見てなさいと、

・・

今井通子:うん、

・・

相談者:まぁそれが・・夕、朝と続きましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:そしてあとは・・ ・・あのぅ、よ・・湯を沸かすガス・・に、手を・・あぶって、火傷もしました・・とか、そういう日常的にありました。

相談者:お風呂にも入らせてもらえませんでした。

・・

今井通子:でぇ、その、お母さまは、

相談者:ええ、

今井通子:このお兄さんには、そういう虐待をしないのね?

相談者:非常に可愛がってました。

今井通子:うん、この理由は今、わかってますか?

相談者:あっ、いつも言われてました。

相談者:「この家に、女は2人いらない」と。

今井通子:ああ・・なるほどねぇ、

相談者:もう少し、あのぅ・・「お前がブサイクだったら、ご飯をあげても良かった」・・って、

今井通子:はい。

相談者:でぇ、

相談者:「死になさい」

今井通子:はい。

相談者:「あなたは、女の子なのよ。死になさい」

今井通子:はい。

・・

今井通子:でぇこれについて何?・・お父さまには・・何も言わなかったの?

相談者:一度、あのぅ、わたしの記憶の中で、

今井通子:ええ、

相談者:「なぜそんなに・・いじめるだ」と、父が母に言いましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:でぇ、母が無言で・・何かわたしに言って来てるときに、母を1回、父が殴りまして、そのまま飲みに出ちゃうような人だったんですよ。

相談者:でぇ逃げる父親だったんです、現実から、

今井通子:ああ、ああ・・なるほどね。

相談者:そうすると母は、ますますそのストレスが溜まってぇ、

今井通子:はい。

相談者:そのせいもあったんじゃないかなぁと思うんですけど、

今井通子:うーん・・

相談者:はぁい。

相談者:小学校にあがってぇ、あのぅ、母は背が低い人だったので、

今井通子:はい。

相談者:だんだん背があのぅ、近づいて来ると今度兄も参戦しましてぇ、

今井通子:ええ、

相談者:兄と母でぇ、あの殴る蹴るをされました。

・・

今井通子:うーん・・

相談者:でぇそのぅ・・どちらかが、昔、あの、カセットテープっていうやつで、

今井通子:はい。

相談者:あの、2箇所こう、押して録音をしましてぇ、

今井通子:うん、

相談者:今度それを・・殴る蹴るが終わると、2人で笑ってその、再生して聴くっていうのが日常でした。

今井通子:あらぁ・・

・・

・・

相談者:それでもお母さんに振り向いてほしくてぇ、

今井通子:ええ、

・・

相談者:でも振り向いてくれなかったので・・21のときに、二十歳(はたち)・・年上の人を連れて行ってぇ(苦笑)、

今井通子:はい。

相談者:スゥゥ・・「結婚します」って言ったら、「どうぞ」って言われてぇ、

今井通子:はい。

相談者:まぁ、さ、そういう、本当に、あのぅ、不純な動機だったんですね。

今井通子:はい。

相談者:親が振り向いてくれるんじゃないかって、わたしも大人になっていなくてですねぇ、

今井通子:うん、

相談者:ええ・・そうしましたら、あのぅ・・「どうぞどうぞ」・・って、

今井通子:うん、

相談者:それでぇ・・遠くに、嫁いで3ヶ月で、離婚しました。

今井通子:うん?

相談者:でぇ、あとは、

今井通子:うん、

相談者:はい、1人でぇ・・なんとかかんとか、働きながら、

相談者:アパートを借りて、生きてきました。

今井通子:はい。

・・

相談者:そしてぇ・・今の主人と出会ったときに、

相談者:「イヤなことは『イヤだ』って言っていいんだよ」・・って言われたときに、

今井通子:ええ、

相談者:「えっ?こういう生き方ってあるんだ」・・っと思ったら、訳がわからなくなってしましましてぇ、

今井通子:はい。

・・

相談者:でぇ、その頃から、両親から、お金の無心が始まりました。

相談者:黙って最初主人は・・見てたんですけども、

今井通子:うん、

相談者:「金のことで文句を言うつもりはないが、イヤなことはイヤだと言え」と、

今井通子:うん、

・・

相談者:「戸籍上の縁が切れないなら事実上『もう会いたくない』と言え」と、

今井通子:うん、

・・

相談者:背中を押してくれましてぇ、

今井通子:うん、

相談者:一度、思いの丈を父に話しました。

今井通子:はい。

相談者:そうしましたら、翌々日に、宅配便で・・実家に、あ、あるわたしの荷物、全部送られてきましてぇ、

今井通子:ええ、

相談者:そして・・兄にも話しましたら、

・・

今井通子:うん、

相談者:兄は親戚中に・・「変な占いにハマって、おかしくなった」と、

・・

相談者:言われましてぇ、

今井通子:うん、

相談者:ホントに、

相談者:孤立無援になりました。

・・

今井通子:まぁでも、ご主人とは、変わりなく、でしょ?

相談者:ええ、すごく、大事にしてくれます。

今井通子:うん、しんせ・・

相談者:でぇ、

今井通子:親戚一同からの、孤立無援?

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:そうです、はい。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、主人は、「いいじゃないか」と、

今井通子:うん、

相談者:うん、あのぅ・・「自分、の中に正義があればいいじゃないか」と、

今井通子:はい。

・・

相談者:あ、ああ・・ごもっともだなぁと思いましたが、

今井通子:はい。

相談者:その中で、両親の介護が始まってぇ、

今井通子:はい。

相談者:近くにいるわたしが、

相談者:在宅で看る・・形を取りました。

今井通子:取らされましたじゃなくて?

相談者:あのぅ・・

相談者:父が死んだときに、後悔したくないって思いが・・先立ちました。

今井通子:うん、

相談者:うん、

相談者:きっと、無視をしていたらわたしの性格だったら、

相談者:もだえ死ぬような、苦しみを味わうだろうなぁと思って、

今井通子:うん、

相談者:でぇ・・今年・・やっと施設に入ったんですけども、自宅にいるときよりも、施設のほうが、大変になりました。

・・

今井通子:あなたは・・どんなに虐待されても、

相談者:はい。

今井通子:親の愛を、勝ち取りたかったわけよねぇ?

相談者:そうですねぇ、ええ、

今井通子:うん、

・・

今井通子:それでぇ、

今井通子:「20歳も年上の人と結婚します」・・ったら、引き止めてくれるだろうと思ったらそうはいかないで

相談者:はい。

今井通子:「どうぞ」って言われちゃったわけでしょ?

相談者:はい、はい、はい。

今井通子:うん、

・・

今井通子:あなたは、

相談者:はい。

今井通子:もちろん思ってんのは、

今井通子:もう後ろ振り向かず(苦笑)、ご主人と一緒に行ったほうがいいような気がしてるんじゃないかと思うんだけど、

相談者:そうしたいんです。

今井通子:うん、

相談者:したいの、

今井通子:だけど・・

相談者:したい、

今井通子:反対のほうも、引っ張られちゃうわけですよねぇ、

相談者:そうです、そうです。

今井通子:うん、

相談者:はい。

・・

今井通子:でぇ、そうすると今日のご相談は一体なんですか?

相談者:うーん・・この感情の、

相談者:整理を・・してぇ、

相談者:怒りの感情じゃなく、生きて行きたい。

今井通子:うん、

・・

相談者:毎日苦しいのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:はい。

・・

今井通子:今日はですねぇ・・

相談者:ええ、

今井通子:弁護士の、

相談者:ええ、

今井通子:坂井眞先生がいらしてますのでぇ、

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願いいたしまぁす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA