テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年9月7日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
「今、闇の中でもがく若者達」20歳の頃、駐車場で見知らぬ男性に襲われて以来、性行為の事を考えると怖くなって男性と付き合えないという26歳の女性から、対人恐怖症のような事はないが歓送迎会などの時は、最後までいることなく両親に迎えてにきてもらう。妊娠は男性との行為もなく体外受精でとまで考えてしまう。

相談者は26歳女性(働いている) 両親と暮らしている。

加藤諦三氏の〆の言葉『人間の行動は、背後にある動機となった考え方を強化します。』

目次

スポンサーリンク

男性に誘われた後の行為が怖い

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願い致します。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 26です。

加藤諦三: 26歳・・独身ですか?

相談者:はい独身です。

加藤諦三:今はお一人で暮らしてるの?

相談者:いえ、ええっと、両親と、

加藤諦三:両親と、はいわかりました、でどんな、

相談者:はい。

加藤諦三:相談ですか?

相談者:今まで、 26年間生きてきた中で、

加藤諦三:はい。

相談者:男性と、お付き合いするのが怖くて、

・・

加藤諦三:女性との・・付き合い、はが・・怖いと言うわけではないんですね?

相談者:はい、そのぅ・・

加藤諦三:要するに対人恐怖症で、人の視線が怖いとか、

相談者:はい。

加藤諦三:なんかそういう・・ことではなくて、男性と付き合うのが怖いということね?

相談者:そうなんです、付き合うのもいいんですけれども、夜の、行為が怖くてぇ、

加藤諦三:あっ、

相談者:あ、せい・・

加藤諦三:性が怖いのね?

相談者:はい。

相談者:あの、襲われたことがありまして、

加藤諦三:ああ、ああ、ああ・・

相談者:そっちで怖くなってしまったんです。

加藤諦三:襲われたのは何歳の頃?

相談者:19か20歳(はたち)ぐらいの時だったのでぇ、

加藤諦三:19か20歳(はたち)の頃・・

相談者:はい。

加藤諦三:相手は、どういう人ですか?

相談者:30歳ぐらい・・だということは聞いてました。

加藤諦三:でぇ、

加藤諦三:その襲われた場所はどこですか?

・・

相談者:駐車場が前あってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:そこで・・

加藤諦三:駐車場ね?

加藤諦三:車は、そんなに、たくさんとまってたわけじゃないのね?

相談者:まったくとまってなかったです。

加藤諦三:そうすると、そこは、は(わ)、もう人・・目は、あまり・・気に・・

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:近所の方以外は通らないと思います。

加藤諦三:通らない・・

相談者:はい。

加藤諦三:30歳の男性っていうのは、かなり暴力的な、行為だったの?

相談者:そうですねぇ、無理矢理、後ろから、

加藤諦三:うん、

相談者:前にまわってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:っていう感じです。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:この30歳ぐらいの、男性というのは、以前から、あなたは知ってたの?それとも、

相談者:いいえ。

加藤諦三:初めて・・

相談者:学校の、ある駅のとこからずっと・・ストーカーしてつけてきてたみたいでぇ、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:という事は、この30歳の男性とはあなたは以前に・・

加藤諦三:から知り合っていたわけではないんですね?

相談者:はいまったくないです。

加藤諦三:まったくない、初めて?

相談者:はい。

加藤諦三:そうすっと、それまでは、

相談者:はい。

加藤諦三:男性に対する恐れは・・別になかったわけですね?

相談者:っていうか、そういう、行為をあまりしたことがなかったのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それまでは、

加藤諦三:ええ、

相談者:経験がなかったのでぇ、まったくわからなかったんですけど、

加藤諦三:はい。

加藤諦三:それでね、

相談者:はい。

加藤諦三:問題は、

加藤諦三:この事件があったときに、

相談者:はい。

加藤諦三:このことを、

加藤諦三:誰か、

加藤諦三:本当のことを言える人がいました?

相談者:母・・には言いましたねぇ。

加藤諦三:あっ、

相談者:はい。

加藤諦三:お母さんに、全部言えた?

相談者:ええ、そこから、あの父にも話が行きましたし、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:言える人がいたかいないかっていうのは物凄く・・あとに影響が違ってきてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:誰にも言えないっていう人も中にはいるわけですよね。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、そういう人はもう、

相談者:**・・はい。

加藤諦三:本当に、この事件がトラウマになるんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの場合には、

加藤諦三:お母さんに言えた。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、それ以来、あなたは・・男性が怖くなった?

相談者:そうですねぇ、普通に話したりとか、お食事に行ったりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:遊びに行ったりとかいうことはいいんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:その先・・に夜のことがあると、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱりその、怖くて、

加藤諦三:あっ、今・・26歳、もう働いてる、わけ、ですね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:そうすっと、歓迎会や送別会とかいろいろな・・あってぇ、もし誘われたらどうしようっていう・・怖さがあるんですね?

相談者:はい、あります。会の途中で帰るかとか・・終わる・・直前に母に連絡をしてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:飲み会の場所が、場所から近ければ、

加藤諦三:うん、

相談者:母に、来てもらうとか、父に来てもらうとか、

加藤諦三:そうしますとねぇ、今・・26歳って言いましたね?

相談者:はい。

加藤諦三:この事件が起きたのは、19歳か20歳のときですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:この時点から6年7年経ってるわけですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:次第に・・男性に対する恐怖感は、増して行っていますね?

相談者:はい。

加藤諦三:どうしてだと思う?どんどん怖くなっちゃったっていうのは?

相談者:周りが、結構わたしの歳ぐらいで結婚してたりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:お付き合いされてる方がいたりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:するんですけど、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:わたしもその事件に遭うまでは、結婚したいとか、

相談者:子供を・・出産したいとかっていうのはあったんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱりそれが起きてからは、まっ妊娠っていうのが、怖くてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:できればそのぅ・・そういうことをしないでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:体外受精とかですかね、

加藤諦三:うん、

相談者:ああいうことをする・・の、ようになるのかなぁ・・っていう、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:そいで、今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:26歳になってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:男性が怖いと。

相談者:はい。

加藤諦三:日常生活に、難しさは出てないけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:心の中は、

加藤諦三:恐怖感は持っていると。

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたらいいんでしょうか?っていうことですか?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあのぅ・・スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA