テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2020年9月11日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
「今、闇の中でもがく若者達」22歳の男性から、母が中国人ということで、小学校でイジメに遭い中国に留学中、コロナ禍のため帰国中だが、死ぬことが怖くなり吐き気もするという相談。

相談者は22歳男性 独身で中国へ留学中 父(日本人)母(中国人)と一緒に暮らしている

加藤諦三氏の〆の言葉『人間の唯一の義務は自分自身になる事、それ以外の義務はありません。』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

母親への固着

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもしよろしくお願いします。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 22歳です。

加藤諦三:20・・2歳・・まだ独身です・・か?

相談者:はい、独身です。

加藤諦三:ご両親と一緒に暮らしてんの?それとも1人・・暮らし?

相談者:外国に留学してましてぇ、

加藤諦三:あっ、今、外国、留学中・・はい。

相談者:はい、ええ、ちょうど・・今ウイルスの関係で、日本に居て、親と暮してます、今。

加藤諦三:差し支えなければどこの国ですか?

相談者:中国です。

加藤諦三:中国ですか?

相談者:はい。

加藤諦三:はい・・それで?

相談者:悩みがですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:高校の、 2年生の時からぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:死ぬのが怖くなっちゃったんですよ。

加藤諦三:死ぬのが怖くなった?

相談者:はぁい。

加藤諦三:はい。

相談者:人っていうのは、誰でも・・死ぬじゃないですか、

加藤諦三:はぁい・・

相談者:突然その日ですねぇ、なぜかぁ・・思っちゃったんです、ああ、人は・・誰でも死ぬもんなんだなぁ・・って、それから、

加藤諦三:ええ、

相談者:勉強ときとかぁ・・お風呂の時とか、寝るときとかも・・ちょっと怖くなっちゃってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:吐き気がしたりとか、

加藤諦三:はいはい、はい。

相談者:それが、今回帰るまであったんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:今は、外でウイルスとかあるじゃないですか、

加藤諦三:はい。

相談者:将来、仕事が見つからなかったらどうしようかなぁとか、死ぬことを考えると、息苦しくなっちゃったんですよ。

加藤諦三:はいはい。

相談者:はぁい、それでぇ・・

相談者:メンタル的な、死ぬのが怖くて、

加藤諦三:うん、

相談者:アドバイスをいただきたいなぁ・・という、

加藤諦三:うん、中国に行ったのはいつですか?

相談者:中国に行ったのは、中学2年生ですね。

加藤諦三:中学2年生?

相談者:中学3年生終わったあとに、卒業しまして、2年、ちょっとアメリカの方に行ったんです。

加藤諦三:うん、

相談者:その後に、また戻って、高校2年生から、ここ6年を、中国で、過ごしてます。

加藤諦三:中学校2年生の時に中国に行った理由っていうのはなんですか?

相談者:わたしの母が、中国の方で、

加藤諦三:うん、

相談者:学校で、いじめられたんですよ、ハーフだから。

加藤諦三:はい、はい。

相談者:「お前は中国人だ」「だから悪い奴だ」・・って言われてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:いじめられてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:スゥゥ・・小学1年から、中学1年・・までを日本で過ごしたあとにあのぅ・・じゃあ、もう留学しようっていう・・決意をして行きました。

加藤諦三:きょうだいは?

相談者:きょうだいはいません。

加藤諦三:きょうだいいない?

相談者:はい。

加藤諦三:きょうだいはいないけれども、お父さんお母さんあなた3人は、

相談者:はい。

加藤諦三:すごく、団結していて、家族・・の、結び付きは強いですね?

相談者:まぁ特に母との、関係が強いですね、自分は、

加藤諦三:強いですよねぇ。

加藤諦三:でぇ、吐き気・・って言いましたけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:お医者さんに行って、医学的には、原因はないんですよね?

相談者:息苦しさを感じてからぁ・・

加藤諦三:うん、

相談者:行って調べたとこ、なんにも問題がない・・って、

加藤諦三:何も問題はないわけですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:だから、吐き気も、息苦しさも、

相談者:はい。

加藤諦三:心の問題でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:肉体的な、問題ではないですからねぇ、

相談者:あっ、はぁい、心の問題です。

加藤諦三:問題ですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ・・その原因っていうのは、あなたは自分ではわかってんの?

相談者:高校2年生ときに、60代の、老人の先生だったんですよ、あのぅ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、その先生が特に好きでぇ、

相談者:いじめもないし、その頃でしたねぇ、

加藤諦三:そのときあなた解放されたんだよね。

相談者:うん、そうですねぇ、その前までは一切ありませんでしたね、逆にもう・・こんな辛いならもう・・死んじゃったほうがいいんではないかって・・だから、

加藤諦三:うん・・つまりいじめられてるときは、

相談者:はい。

加藤諦三:死ぬのが怖くなかったんですよ。

相談者:そうですねぇ、はい、怖くなかった全然もう、逆に死んでやりたかった・・くらいですよ。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:だからまったく違うんだけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:実は・・あなた自身の口からちょっと言・・ってもら・・ったほうが・・いいなと思って、質問してたんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:原因は、

相談者:はい。

加藤諦三:お母さんです。

相談者:はぁい?

加藤諦三:原因は、母親です。

相談者:母親ですか?

加藤諦三:あなたが一番、固い結びつきを持っていた母親です。

相談者:なんでですかそれは?

加藤諦三:だから最初に・・母親との関係、家族との関係は強かったね・・って言ったのはそこなんですよ。

相談者:でもなぜ母親が、あのぅ、わたしが怖くなる原因なんですか?

加藤諦三:あなたが、実は、

相談者:はい。

加藤諦三:小学校6年の頃とは違います。

加藤諦三:母親固着から離れて来て、

相談者:はい。

加藤諦三:その最愛の人間に対する、最大の憎しみがあなたの中に生まれたの。

相談者:憎しみですか?

加藤諦三:そうです。

相談者:でも最愛でしょ?最愛なのになぜ憎しみが、生まれるんですか?

加藤諦三:フロイドが、

加藤諦三:人間は、

相談者:はい。

加藤諦三:苦しみたがる。

加藤諦三:「always want to suffer」って言ったの、

加藤諦三:人間は、常に苦しみたがる。

・・

相談者:苦しみたがる、

加藤諦三:ところが,

相談者:はい.

加藤諦三:人間は,

加藤諦三:わたし楽しい、

相談者:はい。

加藤諦三:人間は、意識と無意識が違うんです。

相談者:はい。

加藤諦三:だから、あなたが、母親は最愛の人です。

相談者:はい。

加藤諦三:最愛の人に対する最大の苦しみって、これは人間の矛盾なんです。

相談者:じゃあ先生、どうすればいいんでしょうか?わたしは・・はい。

加藤諦三:あなたは、

相談者:はい。

加藤諦三:自立することです・・母親から、

相談者:でも自分は今、大学も、あのぅ・・単身で行ってますし、

加藤諦三:うん、

相談者:自立は・・したってことはないってことですか、これは?

加藤諦三:だから・・そこが問題なんです。

相談者:はい。

加藤諦三:これはフロイドが、

加藤諦三:人間・・として生まれたら、共通の課題が、オイディプスコンプレックス・・って言ってんの、

加藤諦三:それとおんなじように、

相談者:はい。

加藤諦三:人間が生まれたら・・どうしようもなく、対抗と、成長との、

相談者:うん、

加藤諦三:葛藤の中で、成長してく以外にないんです。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、あなたの場合は、特に、

相談者:はい。

加藤諦三:そのことが、明瞭に、出てきたような、

相談者:はい。

加藤諦三:運命を・・に、なったんです。

相談者:はい。

加藤諦三:ですから普通の人以上に、母親との関係は深いです。

相談者:はい。

加藤諦三:同時に、自立していくとき、

相談者:はい。

加藤諦三:最愛の人に対する、最大の憎しみっていうものを乗り越えて、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:最愛の人だけになる。

・・

相談者:はい。

加藤諦三:本当に、自分が自立したときに、人間っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:その矛盾を、克服できるんです。

相談者:はい。

加藤諦三:その苦しみを、体験して乗り越えるたんびに人間は、成熟して行くんです。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、今あなたは・・その最大の成熟をする・・機会なんです。

相談者:ズッ・・先生、ずっとねぇ、あのぅ(涙声)・・なぜ人は生まれて人生というものを過ごさない・・っていけないか・・っていうと、を、聞きたくてぇ、なぜかと言いますとねぇ(涙声)、あのぅ・・みんなが、死んでいくじゃないですか、絶対いつかは、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:僕が言っているように、1つ1つ人生の課題を乗り越えていけば、

相談者:はい。

加藤諦三:死は成熟ですから、

相談者:はい(涙声)。

加藤諦三:老いじゃないんですよ。

加藤諦三:成熟して、

相談者:はい。

加藤諦三:喜んで、

加藤諦三:満ち足りて・・あの世に行けるんです。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:いいですか?

相談者:はい。

加藤諦三:秋になったら、

相談者:はい。

加藤諦三:葉は精一杯、

加藤諦三:紅葉してぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:散って行くんです。

相談者:はい、散って行きます。

加藤諦三:満足して、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:そいで春になると、

相談者:はい。

加藤諦三:若葉になって出てくるんです。

相談者:はい。

加藤諦三:ところが、

加藤諦三:精一杯、秋に咲かなかった人は、

相談者:はい。

加藤諦三:散るのが怖いんです。

相談者:はい。

加藤諦三:精一杯生きれば、

相談者:はい。

加藤諦三:満足して死んで行くんです。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたは、たまたま、

相談者:はい。

加藤諦三:人生のいろんなことを、味わってるから、

加藤諦三:あなたは今、死ぬのが怖くなっちゃった、それは、

相談者:はい。

加藤諦三:本当です。

相談者:はい。

加藤諦三:どうしましょう・・って、

相談者:はい。

加藤諦三:死ぬのは怖くなくなります。

相談者:はい。

加藤諦三:母親に対する最大の憎しみも、今度は憎しみは消えていきます。

相談者:はい。

加藤諦三:きちんと、

加藤諦三:人生の課題を、乗り越えて行けば、

相談者:はい。

加藤諦三:それでは・・回答者の、幼児教育研究の、大原敬子先生に、お話いただきます。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA